●Kazさんのページ

「英語よもやま話」2012年
ここには、読者の皆様との交流の場でもある巻頭序言を集めてあります。

●2012年1月【滅相もない】

明けましておめでとうございます。

最近の日本では滅多に使われない、「滅相もない」という言い方があります。私が子供の頃、祖母が近所の方に貰い物のお裾分けをして、相手の方から御礼を言われた時に「滅相もない」と、よく言っていたことを思い出します。

この語源を調べると仏教から来ているようで、常に変化し続ける「諸行無常」の人生は、四つの「相」から出来ています。因縁によって<生じ>、<存続し>、<変化し>、<消滅する>、この四つの「相」をそれぞれ、<生相(しょうそう)>、<住相(じゅうそう)>、<異相(いそう)>、<滅相(めっそう)>と呼んでいます。

この消滅してしまう「滅相」は、人にとって死を意味しますから、生き続けたいと思う人にとっては「有ってはならぬこと、思いもよらぬこと」となります。そこから転じて「とんでもないこと」という意味になり、御礼を言われた時など「とんでもございません、どういたしまして」、という気持ちを伝えるために使われるようになったのだそうです。

●2012年2月【宣伝広告等の英語】

広告宣伝等に見られる「ユーモラスな英語の間違い」ばかりを集めて展示している engrish.com というサイトがあります。綴りの子音が抜けているもの(例1)、日本人が苦手な「L」と「R」を間違えたもの(例,2)、綴りがちがうので卑猥になってしまったもの(例3)、発音は同じだが意味が全く違う語句(例4)、などが吹き出しそうな脚注付きで掲載されています。
例1:
Wrong judgEment
例2 :
French FLY in Japan?
例3 :
Lady's CUNTour
...OOPS!!
例4:
Nice to MEAT you!

●2012年3月【光市母子殺害事件に終止符】

13年前に起こった憎むべき光市母子殺害事件に、ようやく最終審判が下りました。加害者が当時18歳の少年だったことから、少年法の保護主義と過去の判例による形式的な「量刑主義」判断で無期懲役という判決に、遺族が世間にその理不尽さと無念さを訴え続け、遂には司法の世界そのものを揺り動かし、最高裁で死刑判決が確定しました。この裁判では被告人にいわゆる「人権」弁護士が21人も付いて、被害者への陵辱を「死者を復活させる儀式だった」などと荒唐無稽な主張を法廷で行い、公判遅延戦術を採ったりして世間の顰蹙を買いました。

また被告も知人宛の手紙に「無期はほぼキマリで、7年そこそこで地上にひょっこり芽を出すでしょう」、「犬がある日かわいい犬と出合った。そのままやっちゃった。これは罪でしょうか」などと書いたり、被告人尋問時に殺した赤ん坊を押し入れに閉じ込めたことについて、「押し入れに、ドラえもんがいると信じていた。4次元ポケットで何とか再生してくれると思った」と供述するなど真摯に反省した様子が見られず、今回の最高裁結審は当然のことと思いました。それにしても、なぜこんな極めて当たり前な判決が確定するまでに、かくも長き年数をかけなければならないのでしょうか?何の罪もない遺族にとって、正義の実現までのこの13年間は、苦しみと悲しみの日々だったに違いありません。

■裁判の経過■
平成11年4月事件発生。山口県光市で主婦(当時23歳)が少年(当時18歳)に殺害後屍姦され、その娘の乳児(生後11カ月)も少年に床に叩きつけられて殺された。
平成12年、山口地方裁判所は、検察側死刑求刑に対し無期懲役判決(一審)。検察控訴。
平成14年、広島高等裁判所は、一審判決を支持し(二審)検察控訴を棄却。 検察上告。
平成18年、最高裁判所は、広島高裁の判決を破棄し審理を差し戻し(三審)。
平成20年、広島高裁は、差し戻し審理で弁護側の死刑回避主張を全面的に退け、検察側主張の死刑を判決(四審)。被告・弁護側上告。
平成24年2月、最高裁判所は、差し戻し二審判決を支持して被告人上告を棄却し、死刑判決確定。(五審=結審)

●2012年4月【暦月の呼び名光市母子殺害事件に終止符】

中学生の時に英語の暦をJanuary, February…Decemberと丸暗記させられた時、どうして1月、2月と単純に数字表記しないのかと思っていましたが、ローマ史を調べると興味深い背景が浮かび上がってきます。

紀元前7世紀にローマのヌマ王が、それまで種蒔き時期の3月を第一ヶ月とし、一年を10ヶ月としていた農事歴を改め、月の満ち欠けに準じた12ヶ月のローマ歴(太陰暦)を定めました。その650年後、ローマ皇帝となったユリアス・カエサル(英名Julius Caesar)が、太陽の周りを回る地球の周期を基にして作ったユリウス歴(太陽暦)は現在の暦の基本となりましたが、各月の呼び名はこの二つのローマ時代の暦に由来するのです。

英語名とそれに対応するラテン語、そして語源について表にしてまとめてみました。9〜12月は以前3月が第一月であったことから、そこから何ヶ月目になるかというラテン語の数詞が頭についたものが、そのまま名称 として残ったようです。1〜8月がそれなりに曰く来歴がある名なのに、残りの月の名は随分いい加減な感じがしますね。(笑)
英語 ラテン語 その由来
1月 January Januarius ヤヌス(Janus)はローマ神話の出入り口と扉の神。
1月が1年の終わりと始まりの境界に位置することから。
2月 February Februarius 家畜を殺す季節であり、清める(Februa)+儀式(ary)から。
3月 March Martius 軍神マルス(Mars)に語源を持つ。
4月 April Aprilis 花が開く(aperire)という動詞から。
5月 May Maius 商業の神 Mercurius(英語でMercury)から。
6月 June Junius 結婚を祝福する女神 Juno から。
6月の花嫁が June Bride と特別扱いされる所以である。
7月 July Julius ユリアス・カエサルの生まれ月であったことから。
8月 August Augustus 初代ローマ皇帝アウグストゥス(Augustus)を記念して。
9月 September September

3月から数えて7番目(Septem)の月であるから。

10月 October October 3月から数えて8番目(Octo)の月であるから
11月 November November 3月から数えて9番目(Novem)の月であるから
12月 December December 3月から数えて10番目(Decem)の月であるから
【参考】「ローマ人の物語I」(塩野七生著:新潮文庫)、Wikipedia、Yahoo辞書

●2012年5月【昭和天皇独白録名】

昭和史の一級資料と言われる「昭和天皇独白録」(寺崎英成編:文春文庫)を読みました。敗戦直後の昭和21年に五人の側近が四日間に渡り、張作霖爆死事件(1928年)から太平洋戦争終結(1945年)に至るまでの歴史を、日本の元首である天皇から直々に聞いた内容をまとめあげたものです。昭和天皇が戦前・戦中身勝手な軍人達の行動に苛立ち、立憲君主としての立場に苦悩し、日本民族滅亡を防ぐためいかに和平のため努力したかという事実を、「私は…」という一人称で驚くほど率直に感情を交えて語られていることに、ある種の感動を覚えました。

◆昭和10年(1935年)天皇機関説問題

国家を人体に譬えれば天皇は「機関」ではなく「器官」という文字を用いれば、我が国体との関係とは少しも差し支えないと話した。私を神だと云うから、私は普通の人間と人体の構造が同じだから神ではない、そういう事を云われては迷惑だと云ったことがある。

◆昭和11年(1936年)二二六事件

叛軍の首領三人が自決するから検視の者を遣わされたいとのいうのであるが、検視の使者を遣わすという事は、その行為に筋の通ったところがあり、之を礼遇する意味も含まれているものと思う。赤穂義士の自決の場合に検死の使者を立てるという事は判ったやり方だが、叛いた者に検視を出すことは出来ないから、この案は採り上げないで討伐命令を出したのである。

◆昭和20年(1945年)8月14日 御前会議

空襲は日々激しくなり加うるに8月6日には原子爆弾が出現し、国民は非常な困苦に陥り、ソビエトは已に満州に火蓋を切った。之でどうしてもポツダム宣言を受諾せねばならぬ事となったのである。豊田軍令部長、梅津参謀総長、阿南陸軍大臣は之では国体護持が出来ぬと云い、東郷外務大臣は出来ると云う。かように意見が分裂している間に、米国は飛行機から「日本はポツダム宣言受諾」の宣伝ビラを撒き始めた。このビラが軍隊一般の手に入ると「クーデタ」の起こるのは必然である。そこで私は何を置いても廟議の決定を少しでも早くしなければと決心し、14日御前11時に会議を開き、私はこの席上最後の引導を渡したわけである。開戦の際東条内閣の決定を私が裁可したのは、立憲政治下に於ける立憲君主として已むを得ぬ事である。もし己が好むところは裁可し、好まざることは裁可しないとすれば、之は専制君主と何等異なるところはない。然し乍ら終戦の際は之とは事情を異にし、廟議がまとまらず、鈴木総理は議論分裂のままその裁断を私に求めたのである。そこで私は国家・民族の為に私が是なりと信ずる所に依って、事を裁いたのである。

◆敗戦の原因は四つあると思う。

  1. 兵法の研究が不充分であったこと。即ち孫子の「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という根本原理を体得していなかった事。
  2. 余りに精神に重きを置き過ぎて、科学の力を軽視した事。
  3. 陸海軍の不一致。
  4. 常識ある首脳者の存在しなかったこと。往年の山形有朋、大山巌、山本権兵衛と云う様な大人物に欠け、軍の首脳者は部下統率の力量に欠け、いわゆる下克上の状態を招いた事。

●2012年6月【フランス国歌(La Marseillaise)】

南仏マルセイユを訪れた時、フランス国歌『ラ・マルセイエーズ』は、マルセイユの町と関係があるのか?と思って調べたところ、フランス革命時にマルセイユの義勇兵が広めた歌が国歌になったようです。1792年フランス革命中にストラスブールに駐屯していた工兵大尉ルージェ・ド・リールが、出征する部隊を鼓舞するために作詞作曲した行進曲が原形で、その年国王逃亡の企てに憤激したフランス国民がチュイルリー宮殿を襲撃した際、パリ入城を果たしたマルセイユ義勇軍によって歌われたのをきっかけとして、現在の『ラ・マルセイエーズ』という名になり、さらに1795年に国歌と制定されたということがわかりました。フランス国歌は最後の繰り返しMarchons ! marchons !(進め!進め!)の部分が印象的ですが、歌詞全体を読むとさすが『革命歌』という感じです。

Allons enfants de la Patrie,
Le jour de gloire est arrivé!
Contre nous, de la tyrannie,
L'étendard sanglant est levé!
L'étendard sanglant est levé!
Entendez-vous, dans les campagnes,
Mugir ces féroces soldats?
Ils viennent jusque dans nos bras
Egorger nos fils et nos compagnes!

Aux armes, citoyens !
Formez vos bataillons !
Marchons ! marchons !
Qu'un sang impur abreuve nos sillons !

いざ祖国の子らよ
栄光の日は来たれり!
我らに向かって、暴君の
血染めの旗が翻る!
血染めの旗が翻る!
戦場で聞こえるか
獰猛な兵士のうなり声を?
彼等は我々の腕の中にまでやって来て
我らの子や妻をを生け贄にしようとする!

武器を取るのだ、我が市民よ!
隊列を整えよ!
進め!進め!
敵の不浄なる血で耕地を染めあげよ!

●2012年7月【テルマエ】

古代ローマ人(=濃い顔族)がタイムスリップして、現代日本(=平たい顔族)の銭湯や温泉に現れ、そのノウハウをローマ帝国に持ち帰るという、奇想天外なコメディー映画「テルマエ・ロマエ」を見ました。

題名はラテン語で「ローマの風呂」を意味するそうで、日本人女性漫画家の原作です。この映画はイタリアの巨大なオープンセットで古ローマの街並みを再現し、日本では東北・伊豆の温泉や、東京の銭湯でロケしたそうです。

ヴェルディやプッチーニのオペラ曲が流れると、主人公がローマの浴場から現代日本にスリップし、ひなびた温泉でトーガ(古代ローマ衣装)から、浴衣に着替える場面に吹き出してしまいました。

電気がなかった紀元二世紀、主人公がローマのハドリアヌス帝のために、奴隷に人力ポンプを回させ泡風呂やトイレ洗浄装置を動かしたり、日本のユニットバスサイズの風呂を貴族の私邸に作ったり、ローマの公衆浴場にベスビオス火山の壁画を描き、脱衣場でフルーツ牛乳をサービスさせる場面には微笑んでしまいます。

また苦戦が続くローマ辺境地戦陣に日本式の湯治場を設営し、傷兵士を癒やして戦場に戻すというアイデアも、史実はともかく有りそうな話だと妙に納得した気分になって、理屈抜きに楽しめました。
【写真は劇場で販売されているパンフレットのものです】

●2012年8月【日本語の面白さ】

日本語は濁点のあるなしで、正反対の意味になることがあります。「ハケに毛あり、ハゲに毛なし」とか、「福にとく(徳)あり、フグにどく(毒)あり」などが良い例です 。おそらく後世江戸時代の講釈師か川柳作家の作だと思われますが、戦国時代のライバル武将、甲斐の武田信玄と越後の上杉謙信の間で、このような句のやりとりがあったという話が伝わっています。

信玄より謙信へ:杉枯れて 竹たぐひなき 朝なりき
(上杉家の杉が枯れて、武田家の竹が どこにも負けない勢いで伸びている朝である)

これに対して謙信から信玄への返歌:杉枯れで 竹たくびなき 朝なりき
(上杉家の杉は枯れず、武田の首が討ち取られた 朝である)

こういう日本語の言葉遊びの面白さを、大切にしたいものです。

●2012年9月【七つの罪】

インド独立の父と呼ばれるマハトマ・ガンジー(Mahatma Gandhi)が、1925年に「七つの社会的罪(Seven Social Sin)」として掲げたのが、次の七項目です。

Politics without principle, 理念なき政治
Wealth without work, 労働なき富
Pleasure without conscience, 良心なき悦び
Knowledge without character, 人格なき知識
Commerce without morality, 道徳なき商業
Science without humanity, 人間性なき科学
Worship without sacrifice. 献身なき信仰

「国民のために」と、心にもないお題目を唱えながら永田町近辺を右往左往し、右顧左眄しつつ恥も外聞もなく自己保身を図る国会議員の「品格なき姿」を見ていると、まさしく「理念なき政治」という言葉がピッタリ当てはまります。

以下「働かなくても生活保護をもらえば食べていける」、「自分さえ楽しければ、周りの人の迷惑は関係ない」、「実力より学歴派閥優先」、「騙しても儲ければ良い」、「人の健康より産業発展」、「奉仕より集金活動」と、自己中心社会となってしまった日本の社会で見られる現象が、残念ながらスラスラと挙げることが出来ます。

かつてアジアの同胞日本が欧米列強のロシアに勝利した(1905)時に、「感動に身ぶるいした」と語ったガンジーは、草場の陰で現在の日本をどう見ているのでしょうか?

●2012年10月【日本文化に根付いた笑い】

「笑う門には福来たる」と言いますが、日本では笑いに結びついた神事・芸能が各地に根付いて伝わっています。

山口県防府市小俣八幡宮の氏子達は、鎌倉時代から毎年12月に収穫に感謝し翌年の豊作を願うために「笑い講」に集まり、順番に榊を持ちながら「ワーハッハッ」と大笑いする行事を続けています。また名古屋の熱田神宮では、飛鳥時代に三種の神器のひとつである草薙の剣が戻ってきた喜びを伝えるため、毎年5月4日夜境内の灯りを消して円陣となった神職達が、一斉に「オホホ」と笑う酔笑人神事(えようどしんじ)を行っています。

「漫才」のルーツといわれる「三河万歳」、或いは「落語」のルーツといわれる滑稽な仏教講話もそうですが、日本人は素朴な土着文化の時代から、豊穣な笑いを日常生活に自然に取り入れているような気がします。

【参考文献】「笑いを科学する」(木村洋二著:新曜社)

●2012年11月【花神】

司馬遼太郎氏の歴史小説の面白さは、氏の考え・歴史観を登場人物に巧みに語らせる点でしょう。

明治維新時に倒幕軍司令長官となった長州藩の村田蔵六(後の大村益次郎)は緒方洪庵の適塾出身の蘭学医で、本人は剣術も出来ず馬にも乗れなかったのに、欧米軍事書を翻訳してその本質を見抜き、百姓兵に最新式銃を持たせて三百年の歴史を誇る江戸幕府の武士集団を打ち破った人物です。

司馬氏は小説「花神」(新潮文庫)の中で、蔵六をとことん理詰めで物事を考える人物として描き、「ゼロは一万個集めてもゼロである。(=馬鹿が何人集まっても無駄である)」、「戦術(タクチーキ)はご存じだが、それを包む大きな戦略(ストラトギー)をご存じない。(=射程距離の短い旧式な大砲を並べて外国軍艦と戦おうとした時)、「当たり前のところまで持って行くのが技術なのです。(=伊予藩主のために初めて蒸気船を製造した時)」などと言わせています。

また氏が思い入れした主人公には魅力的な女性が必ず登場します。「竜馬が行く」で坂本竜馬と連れ添うのは、刺客に襲われた時素っ裸で竜馬を助けたおりょうさん、そして史実かどうかはわかりませんが、蔵六にはシーボルトの娘であるイネが恋慕します。そして日本で最初の女医(産婦人科医)になったイネにも、司馬さんは「学問と技術は一枚の紙の表裏でありながら、実際にはバラバラになりがちでございますね」と嘆かせ、それに対して蔵六に「医学に如何に詳しくても臨床は出来ぬ。それは馬術の本だけ読んで馬を御そうとするようなものだ」と応えさせています。

因みに「花神」とは中国語で花咲爺のことだそうで、氏は村田蔵六を明治維新という偉業を軍事技術という面で花開かせた花咲爺、と位置づけているようです。

●2012年12月【花神】

大晦日(おおみそか)は、古くは「おおつごもり(大晦)」と言いました。この「晦(つごもり)」は「月隠(つきごもり)」が、つまったもので、月の光が見えなくなることから陰暦月の最終日を意味したからです。一年最後の月の『晦』なので『大晦』、それが大晦日になったわけです。

日本の正月はもともと「年の神」を家に迎え、豊作を祈る神聖な日だったので、その前日である大晦日までに身も心も居住まいも清めておかねばならないという考えがありました。それゆえ大掃除をして借金も除夜の鐘の鳴る前に返済しておく、という風習が江戸時代には一般化していました。

古典落語「芝浜」で、大酒飲みで大晦日に借金が払えない魚屋の熊さんが風呂敷をかぶって居留守を使っていると、借金取りが「おかみさん、あの風呂敷震えていますぜ」、と混ぜ返す場面には吹き出してしまいます。今年苦しかったこと、辛かったことは大晦日で忘れ、来年は前向きな気持ちで、新たな一年を迎えたいものです。皆様よいお年を。

 


*

巻頭序言集
20022003200420052006
20072008200920102011
2012・2013201420152016
2017・2018・2019・2020・2021

*