●Kazさんのページ

「英語よもやま話」2018年
ここには、読者の皆様との交流の場でもある巻頭序言を集めてあります。

●2018年1月【金賢姫三十年目の告白】

 30年前に大韓航空機(KAL)爆破事件【注1】の犯人として逮捕され、現在韓国で暮らしている元北朝鮮工作員金賢姫(キムヒョンヒ)が、事件当時から取材を続けてきた産経新聞論説員黒田勝弘氏のインタビューに答えた内容が、文藝春秋2017年12月号に掲載されていました。北朝鮮の非道で残虐なテロ実行手口が、それを実際に行った工作員自身の口から生々しく語られています。(黒=黒田勝弘氏、金=金賢姫)

黒:あなたは何故北朝鮮工作員になったのですか?航空機爆破実行指令が来たのはいつですか?
金:平壌外国語大学で日本語を学んでいた大学二年生の時(1980年)、私は突然スカウトされ実弾射撃や短刀操法など軍事訓練をしながら、日本人になりすますための日本人化教育も受けました。1984年に金勝一を紹介され、それから二人は「蜂谷真一」「蜂谷真由美」父娘として、一緒に欧州各国を回りました。1987年10月27日に「1988年ソウルオリンピックを阻止するために、南朝鮮の飛行機を消せ」という任務が与えられました。平壌からモスクワ、ユーゴスラビアを経由してイラクのバクダッドでKAL858便に乗りました。

黒:そして時限爆弾をKAL機に残したまま、二人はアブダビ空港で降りたのですね?
金:はい、金勝一がラジオを改造した時限爆弾を9時間後に爆発するようタイマーをセットし、ビニール袋に入れて座席上部の手荷物入れに置きました。バクダッドからアブダビまでの僅か1時間足らずのフライトが、千年にも万年にも感じられました。

黒:KAL機の爆発はどこで知りましたか?
金:私と金勝一はバーレーン空港でローマに向かう飛行機に乗ろうとしましたが、搭乗口で「蜂谷真由美さんのパスポートは偽物です」と言われ、私達は隙をついて肌身離さず持っていた毒薬アンプルを口にいれて噛みました。意識が遠のいていくのが分かりました。当初から「爆弾を置いて飛行機から降りるのが困難だったら、乗ったまま一緒に死ね。降りても疑われたらその場で自殺しろ」と命じられていました。私達二人共革命戦士と聞こえはいいけれど、ただの自爆ロボットだったのです。

黒:しかし金勝一は死に、金賢姫は生き残った。あなたは韓国に連行された後、一ヶ月も経ずにすべてを告白しました。どの瞬間に「もう駄目だ」と思ったのですか?
金:韓国が北で教えられていた国と全く違ったからです。韓国の人々は生活が豊かで言論や思想の自由が保証されており、見る物全てが新しかった。そして私は確信したのです。金日成の教育は嘘だ。間違っている。私がやったことは祖国統一の助けになるどころか、罪のない人々の命を犠牲にしてしまっただけだ、と。

【注1】1987年11月29日、イラクから韓国に向かったKAL858便が、経由地アラブ首長国連邦アブダビ空港を発った後にインド洋沖で爆発し、乗客・乗員115人が死亡した事件。その直前アブダビ空港で降りた「蜂谷真一」「蜂谷真由美」と名乗る不審な日本人親娘が逮捕されたが、北朝鮮工作員でKAL機に爆弾を仕掛けた金勝一(当時69歳)と金賢姫(当時25)であることが判明した。両名は服毒自殺を図ったが、金賢姫は一命を取り留め、韓国の裁判で死刑判決を受けたが(1990年)特赦され、その後韓国人男性と結婚し二児の母として韓国の地方都市で暮らしている。(文藝春秋2017年12月号)

●2018年2月【実践日本人の英語】

 「実践日本人の英語」(マーク・ピーターセン著:岩波新書)を読みました。来日25年、自身が教鞭を取る大学の授業で著者が実際に添削した日本人の英文例から、「英語の論理」を理解すれば変な英文を書かなくなるだろうと、コツを披露しています。曖昧な日本語のニュアンスを、「数や時制」にこだわる英語の発想観点から厳密に考えればミスがなくなるというのです。

 具体例として、「彼女はよく大学時代の恋人を思い出す」の英訳を挙げています。この日本文は次の4通りの場合が考えられます。それは英語の単数/複数、 定冠詞 / 不定冠詞の違いで理解できます。
(1)大学時代に恋人が1人しかいなかった。従って思い出すのはその人だけ。
She often recalls the boyfriend she had in college.
(2)大学時代に恋人は複数いて、そのすべての恋人を思い出す場合。
She often recalls the boyfriends she had in college.
(3)大学時代に恋人が複数いて、そのうちの何人かを思い出す場合。
She often recalls boyfriends she had in college.
(4) 大学時代に恋人が複数いて、そのうちたった1人だけは思い出す場合。
She often recalls a boyfriend she had in college.

 また別の具体例として「私は英語を勉強している(したい・していた)」は10通りの場合が考えられると言っています。え?正直言ってここまで考えたことは有りませんでした。。(^^ゞ
(1)I had studied English.
私は過去のある期間英語を勉強したことがあったが、現在はしていない。
(2)I had been studying English for 6 years.
私はかつて6年間英語を勉強したが現在はしていない。
(3)I studied English.
私は過去に英語を勉強したことはるが、現在は行っていない。
(4)I have been studying English for 6 years.
私は6年間ずっと英語を勉強し続け、現在も行っている。
(5)I have studied English.
私は過去に英語の勉強を始めて、(紆余虚説はあっても)現在も行っている。
(6)I study English.
私は英語を勉強している。(いつ始めたかわからないが)
(7)I am going to study English.
私は将来英語を勉強したいと思っている。(かなりその気になっている)
(8)I will study English.
私は将来英語を勉強するだろう。(希望はあるが開始も終わりもはっきりしない)
(9)I will have studied English for 2 years.
私は将来2年間英語を勉強し、そこで終わる。
(10)I will have been studying English.
私は将来英語を勉強し始め、この先ずっと続けるだろう。

 確かに言われてみればその通りですが、こんな細かなニュアンスの違いを過去・現在・完了・未来形の時制の違いから理解することは、普段日本語で考える我々にとって困難なような気がします。

●2018年3月【地口】

 地口(じぐち)とは、諺・成句・故事来歴で発音の似通った語句に置き換えたり、違った意味に読み替えたりして、楽しむ言葉遊びです。例えば「舌切り雀」をもじった「着たきり娘」、「申し訳ありません」と「有馬温泉」を掛けた「申し訳有馬温泉」などです。また「猫に小判 下戸にご飯」、「おそれ入谷の鬼子母神」のように、無駄な言葉を付け足して口調をつけたりして楽しむものもあります。江戸時代から盛んになった駄洒落の一種ですが、現在の親父ギャクの源流かもしれません。

 映画「男は辛いよ」シリー ズでお馴染みの、フーテンの寅さんによる「結構毛だらけ猫灰だらけ」、「田(て)へしたもんだよ蛙の小便。見上げたもんだよ、屋根屋の褌」という啖呵売(たんかばい)も、巧みな話術で客を楽しませて売りさばく一種の地口なのです。

●お前掃くまでわしゃ屑熊手(「お前百までわしゃ九十九まで」から)
●鼻からまたも血(「棚からぼた餅」から)
●やりくり大変ガキ八人(「桃栗三年柿八年」から)
●驚き、桃の木、山椒の木。狸に電気に蓄音機(「き」の連発)
●その手は桑名の焼き蛤(「その手は喰わない」と「桑名名物の焼き蛤」)
●とんだ目に太田道灌(「とんだ目に遭うた」の「おうた」が「太田道灌」に)
●蟻が鯛なら芋虫ゃ鯨(虫と魚の大袈裟な比較)

●2018年4月【リパブリック賛歌】

 淀橋カメラのCFソング「♪丸い緑の山手線、真ん中通るは中央線・・・新宿ヨドバシカメラ」、そして童謡の「♪権兵衛さんの赤ちゃんが風邪引いた・・・そこで慌てて湿布した」、或いは「♪オタマジャクシは蛙の子・・・やがて手が出て足が出る」という歌の元歌は「リパブリック讃歌(The Battle Hymn of the Republic)」です。リパブリック讃歌はアメリカ合衆国南北戦争での北軍の行軍曲で、作詞者は女流詩人ジュリア・ウォード・ハウ(Julia Ward Howe)ですが、この歌が出来るまでには複雑な歴史がありました。

 南北戦争が始まる少し前の1859年、反奴隷主義者(abolitionist)のジョン・ブラウン(John Brown)は仲間と共にヴァージニア州にある軍の兵器庫を襲い武装し、近隣農場の黒人奴隷を解放し、農場主達を人質にしましたが、軍に鎮圧されジョン・ブラウンは処刑されます。この事件をきっかけに南部と北部の対立が強まり、ついに南北戦争になるのですが、その時に北軍の行進曲になったのが、「ジョン・ブラウンの亡骸は墓の下に朽ちても、彼の精神は行進する」という歌で、次の様なものだったとされています。

John Brown's body lies a-mouldering in the ground;
John Brown's body lies a-mouldering in the ground;
John Brown's body lies a-mouldering in the ground;
His soul is marching on.   (ジョン・ブラウンの遺体は土の中に埋められたが、彼の精神は前進し続ける)

 これを聞いた北軍支持者で詩人であった上記のハウ夫人【画像】が、「リパブリック(共和国)賛歌」として次の句に変えたとされています。

Mine eyes have seen the glory of the coming of the Lord; 眼(まなこ)に浮かびし主の栄光
He is trampling out the vintage where the grapes of wrath are stored; 鬱積し怒りの葡萄 主の御足にて踏み潰されん
He hath loosed the fateful lightning of His terrible swift sword; 神速の剣 宿命の稲妻を放てり
His truth is marching on. 主の真理は行進を続ける

Chorus: (合唱)
Glory! Glory! Hallelujah! 栄光あれ!ハレルヤ!
Glory! Glory! Hallelujah! 栄光あれ!ハレルヤ!
Glory! Glory! Hallelujah! 栄光あれ!ハレルヤ!
His truth is marching on. 主の真理は行進を続ける

 話はここで終わりません。「リパブリック讃歌」の歌詞の方はそのまま歴史的愛国歌として後世に伝えられていきましたが、20世紀に入ると南北戦争当時に盛んにもてはやされた「ジョン・ブラウンの遺体(John Brown's body)」は、bodyがbabyに代わって「John Brown's baby」というタイトルのボーイスカウトソングとして歌われるようになりました。

John Brown's Baby(ジョン・ブラウンの赤ちゃん)
John Brown's baby has a cold upon its chest
John Brown's baby has a cold upon its chest
John Brown's baby has a cold upon its chest
And they rubbed it with camphorated oil. (ジョン・ブラウンの赤ちゃんが風邪をひいたので、樟脳油を胸になすりつけた)

 アイディア賞ものの歌詞の変え方だなと感心してしまいますが、このcamphorated oilとは「楠(クスノキ)」から精製される「カンフル」という化学物質を、テレビン油などに溶解させたものです。カゼを引いたときに胸部に塗ると呼吸が楽になる「ヴェポラップ」という薬の主成分ですが、一般的には「トクホンエース」や「メンソレータム」などの貼り薬や塗り薬などの外用薬としてよく含まれているそうです。これが日本語に訳されたのが「権兵衛さんの赤ちゃん」で、John Brownを一般的男性名として捉え、日本人なら「名無しの権兵衛さん」だろうと訳したわけですが、時代を感じます。今だったら「山田太郎さん」ではないでしょうか。(笑)

権兵衛さんの 赤ちゃん
権兵衛さんの 赤ちゃんが 風邪引いた
権兵衛さんの 赤ちゃんが 風邪引いた
権兵衛さんの 赤ちゃんが 風邪引いた
そこで 慌てて 湿布した


*

巻頭序言集
20022003200420052006
20072008200920102011
20122013201420152016
2017・2018・2019・2020・2021

*