●Kazさんのページ

「英語よもやま話」2019年
ここには、読者の皆様との交流の場でもある巻頭序言を集めてあります。

●2019年1月【五箇条の御誓文】

 五箇条の御誓文 慶応4年3月14日(旧暦)(=新暦1868年4月6日)に、明治天皇が天地神明に誓約する形式で公卿や諸侯などに示した明治政府の基本方針として夙(つと)に有名なのが、「五箇条の御誓文」です。明治神宮に外国人観光客のために和英対照で掲げてあったものを、紹介します。

 新しい時代への昂ぶる気持ちが誰にでもわかるような明瞭な表現で伝えられ、昨今の政党による安直かつ偽善的な「マニフェスト」と称するものとは、雲泥の差があることがわかります。それにしても英文から現代文に直訳した日本語を読み返すと、いかに明治時代の日本語が簡潔、かつ無駄なくまとまった表現(=英語のsuccinctという単語がピッタリ)であったのか、つくづく感心します。

 五箇条の御誓文 Charter Oath in Five Articles
1.広く会議を興し、万機公論に決すべし。 
Deliberative assemblies shall be widely established and all matters shall be decided by general discussion based on public sprit.【とことん話合う会議を全国津々浦々で行い、公の精神に基づき、誰でも意見を主張出来る会議の場で議論を尽くして、物事を決定すべきである。】

2.上下心を一にして、さかんに経綸を行うべし。 
All people, regardless of their respective status in society, shall unite their hearts and minds, and vigorously contribute to the development of the country. 【社会的地位の違いはあるとしても、全ての国民が勇気と知力を合わせて、国の発展のために力強く貢献すべきである。】

3.官武一途庶民に至るまで、おのおのその志を遂げ、人心をして倦まざらしめんことを要す。 
It shall be ensured that all people, officials, civilian or military as well as the general public, may accomplish their personal calling and not lose their spirit for life.【官僚であろうと、市民であろうと、軍人であろうと、一般庶民であろうと、全ての国民が自分で望むことを実現させ、自分の生活を失うことのないような国を造るべきである。】

4.旧来の陋習を破り、天地の公道に基づくべし。 
Out-dated and harmful practices shall be broken, and everything shall be based on universal principles.【時代遅れで有害な習慣は破棄し、全ての事は普遍の道理に基づいて対処されるべきである。】

5.智識を世界に求め、大いに皇基を振起すべし。 
The nation's core shall be vitalized b by gathering knowledge from all over the world, while cherishing our beautiful culture and tradition centering the Emperor.【世界中の知識を集める一方で、天皇を頂点とするわが国の美しい文化や伝統を尊重することが、わが国の有るべき姿である。】


*

巻頭序言集
20022003200420052006
20072008200920102011
20122013201420152016
20172018・2019・2020・2021

*