●Kazさんのページ

#01.Aged

#01-1〜10・11〜20・21〜3031~4041〜5051〜60

01-11 Three Old Men
 T
hree old men were sitting around complaining about how much their hands shook.
The first geezer said, "My hands shake so bad that when I shaved this morning I cut my face!"
The second old fogy one-upped him. "My hands shake so bad that when I trimmed my garden yesterday I sliced all my flowers!"
The third old man laughed and said, "That's nothing. My hands shake so bad that when I took a piss yesterday, I came three times."
 三人の老人
 老人が三人腰掛けて、手の震えがいかにひどいかという愚痴をこぼしあっていた。
最初の老いぼれ老人(geezer)が嘆く。「わしは手の震えがひどいもんだから、今朝髭を剃ろうとして手に持ったカミソリで顔を切ってしまったよ。」
二番目の時代遅れ(fogy)が最初の老人の話を上回るエピソードを話す。「わしの手の震えはもっとひどい。何しろ昨日庭の草を刈ろうとしたんだが、ブルブル震えるもんだから植えてある花まで刈ってしまったんだ。」
三番目の老人は笑い飛ばして言った。「その程度ならどうってことない。わしの手の震えがひどいことったらこの上ないぞ。昨日オシッコをしようとオチンチンをつまんだが、オシッコを終えるまでに三回行って(射精して)しまったんだから…。」
手がブルブル震えるものですから結果的に男性器を刺激してしまって、
三回も行ったんだそうです。老人とは思えない精力ですね。

01-12 Pantyhose
 M
aude and Claude, both 91, lived in a retirement community.
They met in their social center and discovered over time that they enjoyed each other's company.
After several weeks of meeting for coffee, Claude asked Maude out for dinner and much to his delight, she accepted.
They had a lovely evening.
They dined at the most romantic restaurant in town, and despite his age; Claude was still a charmer.
Afterward Claude asked Maude to join him at his place for an after dinner drink.
Things continued along a natural course and age being no inhibit or Maude soon joined Claude for a most enjoyable roll in the hay.
As they were basking in the after glow of the magic moment they'd shared, each was lost for a time in their own thoughts.
Claude was thinking: "If I'd known she was a virgin, I'd have been more gentle."
Maude was thinking: "If I'd known he could still do it, I'd have taken off my panty hose."
 パンティストッキング
 モード(女性)とクロード(男性)は共に91歳で、老人タウンでそれぞれ暮らしていた。
二人はこの老人タウンの集会所で出会い、お互いに気が合いそうだということに気付 いた。
コーヒーを一緒に飲むようになってから数週間後に、クロードはモードに「夕食をご一緒しませんか?」と尋ねると、嬉しいことにモードはOKの返事をくれた。
素晴らしい夜を二人で過ごした。
彼等は老人タウンで一番ロマンティックなレストランで食事をした。
年を取ったとはいえクロードはまだまだ魅力的な男性だったので、「食事の後は、私の家で軽く一杯やりませんか?」とモードを誘った。
そういうデートの自然な成り行きとして、年齢は二人にとって少しも障害にはならず、モードはクロードとベッドを共にしたのだった。
男と女の目くるめくような燃える瞬間の後で、二人はお互いに楽しみ合った愛の魔法の瞬間の幸せに、それぞれの思いでひたっていた。
クロードはこう考えていた。「彼女が処女だったと知っていたら、もう少し優しく愛してあげればよかったな。」
そしてモードはこう考えていた。「彼が現実に男性として機能していることを知っていたら、パンティストッキングを脱いでおけばよかったわ。」
91歳同志の激しい愛の営みの舞台裏はこういうことだったんです…。

01-13 Pet names
 A
guy was invited to some old friend's home for dinner.
His buddy preceded every request to his wife by endearing terms, calling her Honey, My Love, Darling , Sweetheart, etc.
He was impressed since the couple had been married almost 70 years, and while the wife was off in the kitchen he said to his buddy, "I think it's wonderful that after all the years you've been married, you still call your wife those pet names."
His buddy hung his head. "To tell you the truth, " he said, "I forgot her name about ten years ago."
 愛称
 ある男が旧友の家に夕食に招かれた。
彼等は結婚して70年近くになるはずなのに、彼の友人は奥さんに物を頼む時は「ハニー」とか、「私の愛する人」、「ダーリン」、「愛しい人」などといつも愛称で呼ぶので感心した。
奥さんが台所に下がった時、彼は友人に言った。
「結婚してこんなに長い年月が過ぎても、君は奥さんのことを愛称で呼ぶなんて素晴らしいことだね」
旧友は頭をうなだれて告白した。「本当のことを言うと、10年前から彼女の名前を思い出せないんだ」

01-14 Picking vegetables
 T
wo elderly ladies meet at the launderette after not seeing one another for some time.
After inquiring about each other's health, one asked how the other's husband was doing.
"Oh! Ted died last week. He went out to the garden to dig up a cabbage for dinner, had a heart attack and dropped down dead right there in the middle of the vegetable patch!"
"Oh dear! I'm very sorry," replied her friend,
"What did you do?" "Opened a can of peas instead."
 野菜採り
 二人の年老いた女性がコインランドリーで久しぶりに出会う。
お互いの健康の様子を聞いた後に、旦那はどうしているかという話になった。
「実はね、テッドが先週死んじゃったの。夕食のために庭にキャベツを掘りに行ってね、そこで心臓発作を起して野菜畑の真ん中で倒れて死んじゃったの」と老女が言うと、「まあ、それはお気の毒に」と、彼女の友達が答えてから尋ねた。
「それであなたはどうしたの?」
「キャベツの代わりに、えんどう豆の缶詰を開けたわ。」
旦那が心臓発作で倒れて死んだのに、平然と夕食を食べられるものですかね?

01-15 Suicide Solution
 A
ging Mildred was a 93 year old woman who was particularly despondent over the recent death of her husband Earl.
She decided that she would just kill herself and join him in death.
Thinking that it would be best to get it over with quickly, she took out Earl's old Army pistol and made the decision to shoot herself in the heart.
Not wanting to miss the vital organ and become a vegetable and burden to someone, she called her doctor's office to inquire as to just exactly where the heart would be.
"On a woman," the doctor said, "your heart would be just below your left breast."
Later that night, Mildred was admitted to the hospital with a gunshot wound to her knee.
 自殺による解決
 93歳になるミルドレッドはつい最近夫のアールに先立たれて、気持ちがずっと沈みっぱなしだった。
彼女は自らの命を絶つことによって、夫のそばに行こうと決意した。
苦しまずにすぐ死ぬために、亡夫アールのものだった軍用拳銃を使って彼女の心臓を打ち抜こうと考えた。
的を外して死に損なって植物人間になったまま他人に迷惑をかけるのは良くないと思ったので、彼女は医者に電話して心臓の正確な位置を尋ねた。
電話の向こうで医者はこう説明した。「女性の場合、心臓は左乳房のすぐ真下にあります。」
その晩遅く、ミルドレッドは膝を撃って病院に運び込まれた。
老婆の乳房は垂れ下がっていたので、その真下にあった膝を撃ち抜いてしまったのです。

01-16 Lingerie
 U
pon getting to work one morning, seventy-five year old Marvin is reminded by his secretary that it his wife's birthday today.
At lunch, Marvin goes to the local mall and tries to find a gift for her.
Unfortunately, he realizes that life has been good and she has everything she needs.
Upon passing a lingerie store, Marvin realizes that his wife has never bought any lingerie in her life.
He gets the idea to buy his wife something sexy to make her feel good and young.
Marvin goes into the store and tells the clerk to wrap up the most expensive, sheerest negligee she has.
Marvin takes the gift and excitedly runs home to his wife.
Upon finding her in the kitchen he tells her to take the gift upstairs and unwrap it.
He'll wait in the kitchen.
His wife thanks him and goes up to the bedroom.
Once the package is opened she realizes that this is something she's never had before.
She also sees that it is so sheer it leaves nothing to the imagination.
She thinks for a moment and then decides that she'll really surprise Marvin and go downstairs without any clothes on at all.
So she leaves the negligee on the bed and starts down the stairs stark naked.
She calls out, "Marvin, come out to the hallway and look."
Marvin walks out to the staircase, looks up at his wife, and exclaims, "Damn it, all that money and they didn't even iron it!"
 ランジェリー(下着)
 75歳になるマービンがある朝、仕事を始めると、彼の秘書が「今日は奥さんの誕生日ですね」と言ってくれた。
彼は昼休みに近くのショッピングモールへ妻へのプレゼントを買いに行った。
けれど二人は豊かな暮らしをしてきたものだから、自分の妻はもう欲しいものを全部買っていることに彼は気が付いた。
ランジェリー(婦人用下着)ショップの前を通りかかった時、「そうだ、あいつもこれは買ったことがなかったな」と思いつき、妻が若返ったような気分になれるセクシーな下着を買ってやろうと思った。
マービンは店に入って行き、「この店で1番高くて1番薄手のネグリジェが欲しい」と女店員に言った。
彼はプレゼントを包んでもらうと、興奮気味に妻のいる家に急いで帰った。
台所にいた妻を見つけたマービンは、「ここで待っているから、二階の部屋に行って包みを開けてごらん」と言った。
彼女は「ありがとう」と言って、二階の寝室に上がって行った。
彼女は包みを開けた途端、夫のプレゼントが今まで自分で買ったことがなかったものだ、というのはすぐに分かった。
それは想像を絶する程生地が薄くてスケスケだった。
それならいっそ何も着ないで下りて行ってマービンを驚かしてやろうと考えた妻は、ネグリジェをベッドに置いたまま、素っ裸のままで階段を下りて行って、「ねぇ、あなた、こっちへ出て来て見て」、と言った。
マービンは階段のところへ出て行き、妻を見て叫んだ。「くそ〜。大枚を払って買ったというのに、店のやつらったら、アイロンもかけていないなんて!」
しわしわなのは、ネグリジェじゃなくて奥さんの肌なんですけど…

01-17 Perjury
 T
wo old guys, Rodger and Chuck, met in their park every day to feed the pigeons, watch the squirrels and discuss world problems.
One day Rodger didn't show up.
Chuck didn't think much about it and figured maybe he had a cold or something.
But after Rodger hadn't shown up for a week or so, Chuck really got worried.
However, since the only time they ever got together was at their park Chuck didn't know where Rodger lived, so he was unable to find out what had happened to him.
 A month had passed, and Chuck figured he had seen the last of Rodger.
But one day, Chuck approached the park and lo and behold there sat Rodger!
Chuck was very excited and happy to see him and told him so.
Then he said, "For crying out loud Rodger, what in the world happened to you?"
Rodger replied, "I have been in jail."
"Jail?" cried Chuck.
"What in the world for?"
"Well," Rodger said, "you know Judy, that cute little waitress at the coffee shop where we sometimes go?"
"Yeah," said Chuck, "I remember her. What about her?"
"Well , one day she filed rape charges against me and at 89 years old I was so proud that when I got into court, I pled guilty.
The Judge gave me 30 days for perjury."
 偽証罪
 年老いたロジャーとチャックは毎日公園で鳩に餌をやり、リスを眺めながら世間話をする間柄だった。
ある日ロジャーが公園に現れなかったが、多分風邪でも引いたんじゃないかとチャックはあまり深く気にかけなかった。
しかし一週間以上もロジャーが現れないので、さすがにチャックは心配になった。
しかしながら二人がいつも会っていたのは公園で、チャックはロジャーがどこに住んでいるかも知らなかったので、彼の身に何が起きたか知るすべがなかった。
 一ヶ月が過ぎ、ロジャーと最後に会ったのはいつのことだったかとチャックが考えていたある日のこと、チャックがいつもの公園に歩いて近づくと、何とそこにはロジャーがベンチに腰掛けているのだ。
チャックは興奮して大喜びでロジャーに話しかけた。「いったい君の身に何が有ったんだい?大声で話してくれよ!」
「実は刑務所に入れられていたんだ」とロジャーが答えた。
「刑務所だって?どうしてそんな所に入ることになったんだね?」とチャックが聞いた。
「あのさぁ、僕らがたまに行く喫茶店で働いているジュディという可愛いウエイトレスのこと覚えているだろ?」とロジャーが言うので、チャックは「あぁ、覚えているよ、で、彼女がどうかしたのかい?」と聞き返した。
「あのさぁ、彼女が僕のことを犯したと訴え出たんだよ。 僕は今89歳だろ?それなのにレイプで訴えられるなんて、男として誇らしいじゃないか。で、僕は出廷して、『確かに彼女を犯しました』っ証言したんだ。そうしたらさ、裁判長の奴、僕のことを『偽証罪』で懲役30日間の刑を下しやがって…」

01-18 Wear an old dress
 D
orothy and Edna, two 'senior' widows, are talking.
Dorothy: "That nice George Johnson asked me out for a date. I know you went out with him last week, and I wanted to talk with you about him before I give him my answer."
Edna: "Well, I'll tell you. He showed up at my apartment punctually at 7P.M., dressed like such a gentleman in a fine suit, and he brought me such beautiful flowers! Then, he took me downstairs, and what's there but a luxury car, a limousine, uniformed chauffeur and all. Then he took me out for dinner, and such a marvellous dinner it was. Lobster, champagne, dessert and after dinner drinks. Then we went to see a show. Let me tell you Dorothy, I enjoyed it so much I could have just died from pleasure! So then, we came back to my apartment and he turned into an ANIMAL. Completely crazy, he tore off my expensive new dress, and had his way with me two times!"
Dorothy: "Goodness gracious! So, are you telling me I shouldn't go out with him?"
Edna: "No, no, no, I'm just saying, wear an old dress!"
 古着を着て行きなさい
 二人の年輩の未亡人ドロシーとエドナがお喋りしている。
ドロシー:「あの素敵なジョージ・ジョンソンが私のことをデートに誘ってくれたのよ。エドナ、あなたは確か先週彼とデートしたわよね。だから私がジョージに返事をする前に、彼について色々聞いておこうかと思ったの」
エドナ:「いいわよ、教えてあげる。彼は夜7時ピッタリに高級紳士服を身に着けて私のアパートにやって来たんだけど、私にプレゼントの花束を持ってきてくれたのよ。彼が私の手を取ってアパートの階段を下りると、入口には運転手付きの高級車が待っていたのよ。そして彼は超豪華なディナーをご馳走してくれたの。伊勢エビとシャンペン、デザートそして食後のお酒でしょ。それから一緒にお芝居を見に行ったの。もう、最高!いいこと、ドロシー、もう楽しくて楽しくて私、死んでも構わないと思うくらい楽しんじゃったのよ。そしてその後、彼が私をアパートまで送ってくれたんだけれど、私の部屋に入るや否や彼は野獣になったのよ。もう、目茶苦茶ワイルドになって、私の新しいドレスを引き裂いて私を裸にすると、二回もセックスしたのよ!!」
ドロシー:「まぁ、なんて凄い男なの!で、あなたはそんな彼とデートしない方が良いと言いたいわけ?」
エドナ:「違う、違うってば。私が言いたかったことは、(私の様な結末になるのだから)デートに行くなら(破かれても川舞わない)古着を着て行きなさいってこと。」

01-19 Write things down
 A
couple in their 90s are both having problems remembering things.
They decide to go to the doctor for a check-up.
The doctor tells them that they're physically okay, but they might start writing things down to help them remember.
Later that night while watching TV, the old man gets up from his chair.
His wife asks, "Where are you going?"
"To the kitchen" he replies.
"Will you get me a bowl of ice cream?"
"Sure."
"Don't you think you should write that down so you can remember it?" she asks.
"No, I can remember it."
"Well, I'd like some strawberries on top, too. You'd better write it down because you know you'll forget it."
He says, "I can remember that! You want a bowl of ice cream with strawberries"
"I'd also like whipped cream. I'm certain you'll forget that, so you'd better write it down!" she retorts.
Irritated, he says, "Honey, I don't need to write it down, I can remember it! Leave me alone! Ice cream with strawberri es and whipped cream - I got it, for goodness sake!"
Then he grumbles into the kitchen.
After about 20 minutes, the old man returns from the kitchen and hands his wife a plate of bacon and eggs.
She stares at the plate for a moment and says - "Where's my toast?"
 メモに書き留めておく
 物忘れが激しくなった九十歳代の老夫婦が医者に相談に行った。
二人共肉体的には問題ないので、医者は記憶に頼らずメモに書き留めておくことを勧めた。
その日の夜老夫婦はテレビを見ていたが、夫が椅子から立ち上がったのを見て妻が「どこに行くの?」と声をかけた。
「ちょっと台所までな」、と夫が答えたので、「アイスクリームをひとつ持って来てもらえる?」と妻が頼んだ。
「いいとも」、と夫が肯いたので「メモに書き留めておかなくて大丈夫かしら?覚えていられる?」と妻が尋ねた。
「大丈夫、覚えていられるよ」と夫が言うと、「でもね、私アイスクリームの上にイチゴを乗せて欲しいのよ。ちゃんと書き留めておいた方が良いと思うけどね」と妻が追加注文を出した。
「覚えていられるってば!アイスクリームをひとつ、上にイチゴを乗せてだろう!」と夫が繰り返すと、「それに、生クリームを塗って欲しいのよね。あなた絶対忘れると思うから、メモしていった方がいいってば」と妻は言い張った。
夫はイライラした表情で「ハニー、メモする必要なんかないと言っているだろう!覚えていられるってば!放っておいてくれよ。いいか、イチゴ付きのアイスクリームに生クリームのトッピングだろう?わかっているからって、いい加減にしてくれよ!」と言うと、ブツブツ文句を言いながら台所へ向かった。
20分後に夫は台所から戻って来て、妻に作りたてのベーコンエッグを一皿手渡した。
妻はお皿をじっと眺めてからこう尋ねた。「それで、私のトーストはどうなってるの?」

01-20 Over the age 60 years old
1. Why should people over the age 60 years old use valet parking?
  Valets don't forget where they park your car.
2. Where can women over the age 60 years old find young, sexy men, who are interested in them?
  Try a bookstore under fiction
3. How can a woman over the age 60 years old avoid spotting a wrinkle every time you walk by a mirror?
  The next time she is in front of a mirror, she should take off her glasses.
 60歳を過ぎると
1.60歳を過ぎた人は、なぜ「係員による駐車サービス」で駐車すべきなのでしょうか?
  係員ならあなたの自動車を駐めた場所を忘れることがないからです。
2.60歳を過ぎた女性が、若くてセクシーで、自分のことに興味を持ってくれる男を見つけられる場所はどこですか?
  本屋の「小説」コーナーの棚で見つけて下さい。
3.60歳を過ぎた女性が鏡の横を歩く時、自分の顔の皺を見ないですむようにするには、どうすれば良いですか?
  鏡の前を通る時、眼鏡を外せば良いだけのことです。

#01-1〜10・11〜20・21〜3031~4041〜5051〜60


*  
*