●Kazさんのページ

#01.Aged

#01-1〜1011〜20・21〜30・31~4041〜5051〜60

01-21 Loss of memory
 T
here are three signs of old age.
The first is your loss of memory, the other two ...I've forgotten.
 忘れっぽくなること
 歳をとると、三つの兆候があらわれます。
一つは忘れっぽくなること。それと、あとの二つは…えーっと、忘れてしまいました。

01-22 Randy old goat
 C
arla was well into her sixties when she went to her doctor complaining of nausea, exhaustion, and occasional cramps.
After a thorough examination the doctor sent her to the hospital for a battery of tests, and finally the doctor confronted her with the results.
"Mrs. Burns, medically impossible at your age, but there's no doubt about it. You're pregnant!"
"Impossible!" she cried and fainted.
When she came to, she staggered to the phone, dialed her 78-year-old husband and screeched, "You've knocked me up! You filthy, randy old goat!"
There was a long pause at the other end of the line and a voice was heard, "And to whom am I speaking?"
 スケベ爺
 60歳代のカーラは吐き気と疲労がひどく、そして時々差し込むように子宮が痛むので医者に診察に行った。
医者は自分で一通りの検査をしてから、更に確認のため彼女を大きな病院に送って一連の検査を受けるように、と指示した。
病院の最終検査結果を受け取った医者は、彼女に面と向かって説明した。「バーンズ夫人、あなたの年齢では医学的にはちょっと考えにくいことですが、貴方は間違いなく妊娠しています」と言うと、「そんな馬鹿な!」とカーラは叫んで気絶してしまった。
彼女は意識を取り戻すと、よたよたと電話器の前まで歩き、78歳になる彼女の夫に電話をかけるなり「あんたって人は…この私を孕ませたなんて!薄汚い、このスケベ爺!」と、金切り声をあげた。
電話の向こうで暫し沈黙した後に、夫の声が聞こえた。
「で、私に電話をかけてきたのはどなた様でしょうか?」
自分の奥さんの声もわからないような78歳のボケ爺さんなのに、生殖能力だけは一人前なのですね。

01-23 No more Karma Sutra
 W
hen you're over 50, you know what's on your bedside table.
Where there were once condoms and the Karma Sutra.
There're now sleeping tablets and "Gone with the Wind."
 カーマスートラが不要になる年
 50歳を過ぎると、就寝時にあなたのベッドの横のテーブルに置くものが変わっていることに気付くでしょう。
若い頃はコンドームと「カーマスートラ」(インドの性秘技書)を置いていたのに、今では睡眠薬と「風と共に去りぬ」の本が置かれています。

01-24 Up or down
 A
t the Senior Citizens' luncheon, an elderly gentleman and an elderly lady struck up a conversation and discovered that they both loved to fish.
Since both of them were widowed they decided to go fishing together the next day.
The gentleman picked the lady up and they headed to the river to his fishing boat and started out on their adventure.
They were riding down the river when there was a fork in the river and the gentleman asks the lady, "Do you want to go up or down?"
All of a sudden the lady stripped off her shirt and pants and made mad passionate love to the man right in the boat.
When finished the man couldn't believe what had just happened, but he had just experienced the best sex that he'd had in years.
They fished for a while and then continued on down the river when soon they came upon another fork in the river.
He asked the lady, "Do you want to go up or down?"
There she went again, stripped off and made wild passionate love to him again.
This really impressed the old gentleman so he asked her to go fishing again the next day.
She said yes and so here they were the next day, riding in the boat when they came upon the fork in the river and the gentleman asks, "Well, do you want to go up or down?"
The woman replied, "Down."
A little puzzled, the gentleman drove the boat down the river when he came upon another fork in the river and he asks the lady, "Do you want to go up or down?"
She replied, "Up."
This really confused the gentleman so he asks, "What's the deal? Every time yesterday that I asked you if you wanted to go up or down you made mad passionate love to me. Now today, nothing."
She replied, "Well, yesterday I didn't have my hearing aid in and I thought you said 'fuck or drown'!"

 上流か下流か?
 老人達の昼食会で、年老いた紳士と淑女が会話を交わして、どちらも釣りに興味があるということがわかった。
二人共それぞれ連れ合いに先立たれ独身の身だったので、翌日一緒に釣りに行こうと話がまとまった。
紳士が淑女の家まで車で迎えに行き、彼の釣り船がもやいである川岸へ案内して、釣り旅へスタートした。
川を下り最初の分岐点に船がさしかかった時、紳士が淑女に「上流に行きますか、それとも下流に行きますか?」と聞くと、突然淑女は着ていたシャツとズボンを脱ぎ捨て、ボートの上で紳士相手に激しいセックスを行った。
突然の行為が終わった後、紳士はさっぱり訳がわからなかったが、彼女のセックスはここ何年かの間で彼が経験した最高のセックスであったことは間違いなかった。
その場所で二人はしばらく釣りを楽しんでから、船は川を下り、また別の分岐点にさしかかった。
上流に行きますか、それとも下流に行きますか?」と紳士が聞くと、またしても彼女は身につけているものを脱ぐと、紳士と激しく愛の営みを交わした。
紳士は大変喜び、翌日も一緒に釣りに行こうと誘った。
彼女も異存はなく、その翌日二人は再び同じ釣り船に乗って川を下った。最初の分岐点で「さて、上流にしますか、下流にしますか?」と紳士が尋ねると、淑女は「下流に!」とはっきり答えた。
予想が外れて一瞬とまどったものの、紳士は船を下流に向けた。
そして次の分岐点にさしかかった時、「上流にしますか、下流にしますか?」と紳士は尋ねた。
淑女が「上流へ」と答えたので紳士はすっかり混乱し、彼女に問い質した。
「一体どういうことなんだね?昨日は『上流か、下流か?』と尋ねる度に、あなたは僕にセックスをしてくれた。なのに今日は同じことを聞いてもセックスをしてくれない。何故だね?」
淑女が答えた。「あのね、昨日私は補聴器をしていなかったの。だからあなたが『上流か下流か?』(Up or Down)と言った時、『セックスさせるか、それとも溺れて死にたいか?』(Fuck or Drown)と聞こえたものだから」

01-25 Get a hot mamma
 A
82 year-old man went to the doctor to get a physical.
A few days later the doctor saw the man walking down the street with a gorgeous young lady on his arm.
A couple of days later the doctor talked to the man and said, "You're really doing great, aren't you?"
The man replied, "Just doing what you said, doctor, 'Get a hot mamma and be cheerful.'"
The doctor said, "I didn't say that. I said you got a heart murmur. Be careful!"
 元気溌剌な奥さんを持ちなさい
 82歳の老人が身体検査のために医者のところにやって来た。
数日後医者はこの老人が若い魅力的な女性と腕を組んで、町を歩いている姿を見つけた。
そのことがあった二、三日後に医者は検診にやって来た老人にこう話かけた。「ずいぶんお元気そうで、ご発展のようですね」
すると老人は「『元気溌剌な奥さんを持って、楽しくやりなさい(Get a hot mamma and be cheerful)』と、先生の言われた通りやっているだけですよ」と、答えた。
医者は私はそんなこと言いませんでしたよ。私が言ったのは『あなたは心臓音が不正なので気をつけて下さい(You got a heart murmur. Be careful!)』ですよ!」
耳が悪いこの老人は医者の言ったことを聞き違えたのです。

01-26 Gangplank
 T
o avoid a catastrophe during a raging storm, the captain of the largest and most expensive cruise ship ever launched, decided to dock at a small port on a Caribbean island.
But it was too far down to the pier below for the ship's standard gangplank to reach, so passengers who wanted to leave the ship were asked to use a makeshift narrow piece of wood as a passageway down to the pier.
All of a sudden Edith, aged 70, appeared at the top of the plank.
The captain just stood there motionless, wondering whether she would make it down safely as there was no room for anyone to assist her.
But to his great relief, she edged along very slowly and eventually reached the pier.
However, as soon as she got down, Edith looked back up to the top of the plank and shouted, "It's OK mummy, you can come down now."
 タラップ(渡り板)
 世界最大の大きさと最高の料金を誇る豪華クルーズ船が激しい嵐に出遭い、海難事故を避けるために船長はカリブ海の島の小さな港に、船を退避させることにした。
しかしクルーズ船に備え付けられたタラップ(=船から陸地へ伸ばす渡り板)では、港の桟橋には届かなかったので、船長は船から上陸しようとする乗客達へ、急ごしらえの長い渡り板を使って渡ってもらうよう要請した。
70歳になるエディスという女性が、いきなりこの急ごしらえの渡り板の端に乗ったので、船長は驚いて身動きもせず、果たしてこの女性が無事に桟橋まで辿り着けるかどうか心配した。
というのは板幅が狭すぎて、彼女を助けるために一緒に別の人が付いていくことは出来なかったからだ。
彼女は非常にゆっくりと、少しずつ足を進めながら、最後に桟橋に到着したので、船長はホっと安堵のため息をもらした。
しかし上陸するやいなやエディスは後ろを振り向いて、渡り板を見上げて大声で叫んだ。「大丈夫よ、ママ、さぁ、続いて降りて来て!」
70歳の老婆の母親ということは、90歳以上でしょうから、
嵐の中、急ごしらえの長い渡り板を一人で無事に歩き通すことは困難でしょう。

01-27 What's the next number?
 T
he retirement center band had finished feeble and not so harmonious selection.
As the perspiring aged musicians sank to their seats after acknowledging the obligatory applause, the trombonist whispered to the clarinetist next to him, "What's the next number?"
The clarinetist replied, "The Stars and Stripes Forever."
"Oh, no!" gasped the trombonist. "I've just played that."
 次の演奏曲は何だっけ?
 老人センターで退職者達のバンドが弱々しく、ちっとも音色が合っていない曲を演奏し終わった。
お義理の拍手に立って応えた後、高齢演奏者達は汗を浮かべながら演奏席にどっこいしょっと座った。
するとトロンボーン奏者が隣のクラリネット奏者に小声で聞いた。「次の演奏曲は何だっけ?」
クラリネット奏者が「星条旗よ永遠なれ、だよ」と答えると、「しまった!」とトロンボーン奏者が息を呑んだ。
「たった今、その曲を演奏したばかりだ!」
トロンボーンが全く別の曲を演奏しているのに気付かないなんて、
一体どんなハーモニーだったんでしょうね?

01-28 Another usage of Viagra
 A
n elderly gentleman went to the local drug store and asked the pharmacist forviagra.
The pharmacist said, "That's no problem. How many do you want?"
The man answered, "Just a few, maybe 4, but cut each one in 4 pieces."
The pharmacist said "That won't do you any good."
The elderly gentleman said, "That's all right. I don't need them for sex any more, as I'm over 80 years old. I just want it to stick out far enough so I don't pee on my shoes".
 バイアグラの使用法
 老人男性が地元の薬局にやって来ると、薬剤師にバイアグラを注文した。
薬剤師が「かしこまりました。何錠必要ですか?」と尋ねると、「少しで結構。多分4錠で充分かな。でも1錠を4つに砕いてくれませんか」と老人が答えた。
薬剤師が「それでは充分な効き目がありませんよ」と言うと、老人は「それでいいんだ。何しろわしは80歳だからね、別にセックスをしたくてバイアグラを買うわけじゃないんだ。オシッコを足元の靴にこぼさないために、自分のオチンチンが上さえ向けばいいだけだから」

01-29 We grew up together
 A
59-year-old man staring mournfully at his prick and said, "We were born together, we grew up together, and we got married together. Why, oh, why, did you have to die before me?"
 一緒に育った仲なのに
 59歳の男が自分の男性器を悲しげに見つめながらつぶやいた。「一緒に生まれ、一緒に育って、一緒に結婚した仲じゃないか。どうして、どうしてお前だけ先に死んでしまうんだ!」

自分の逸物が、もはや男性器として機能しなくなったことを、嘆いていま。


01-30 This hat is brand new
 T
here was a little old lady standing at a corner one windy day.
She was using both hands to hold her hat on while the wind blew her dress up.
A dignified gentleman came up and said, "Ma'am, you should be ashamed of yourself, letting your skirt blow around, like that, while you stand there holding your hat on."
"Look," she said, "everything under the dress is seventy years old; this hat is brand new!"
 この帽子は買ったばかりだから
 強風が吹くある日、ひとりの老婆が道の角に立っていた。
老婆は両手を使って帽子を押さえていたため、ワンピースは強風によってまくられていた。
そこへ品位あふれる紳士がやって来て老婆に話しかけた。「奥さん、お恥ずかしくはないのですか、そのようにスカートを放ったらかしにしておきながら、帽子はしっかりと押さえつけて立っているなんて」
「あのね」、老婆は言った。「ワンピースの下は全て70年前の古い物だけど、この帽子は新品なのさ!」

#01-1〜1011〜20・21〜30・31~4041〜5051〜60


*  
*