●Kazさんのページ

#01.Aged

#01-1〜1011〜2021〜30・31~4041〜5051〜60
01-31 By the year 2050
 T
here is more money being spent on breast implants and Viagra today than on Alzheimer's research.
This means that by 2050, there should be a large elderly population with perky boobs and huge erections and absolutely no recollection of what to do with them.
 2050年までに
 現在のようにアルツハイマー病の研究より多くの鐘が、豊胸手術とバイアグラに使われている状況だと、2050年迄には自分がやっていることは全く思い出せない馬鹿でかいオッパイをした老人女性達と、やたらと勃起する老人男性だらけの社会になってしまうのではないだろうか。

01-32 75 years in the open air
 G
randpa was celebrating his 100th birthday and everybody complimented him on how athletic and well-preserved he appeared.
"Gentlemen, I will tell you the secret of my success," he cackled.
"I have been in the open air day after day for some 75 years."
The celebrants were impressed and asked how he managed to keep up his rigorous fitness regime.
"Well, you see my wife and I were married 75 years ago. On our wedding night, we made a solemn pledge. Whenever we had a fight, the one who was proved wrong would go outside and take a walk."
 75年間外気にさらしてきた
 お爺ちゃんが100歳の誕生日を祝っていた。
出席者誰もがお爺ちゃんが健康で、身体も衰えていないことを誉めた。
「諸君、私の健康の秘訣をお教えしよう。私は75年間、毎日毎日外の空気にこの肉体をさらしてきた」」と、お爺ちゃんはキーキー声で演説した。
皆が感心して、どうやってその厳しい肉体訓練を続けてこられたのか、と質問した。
「私は妻と結婚して75年になるが、結婚式の夜、私達は厳粛な誓いを立てた。それは夫婦喧嘩をして、落ち度は自分にあると思った方が家の外に出て、しばらく散歩することにしようということだったのさ」
夫婦喧嘩の度に、いつもお婆ちゃんが正しいということになり、お爺ちゃんは仕方なく外を歩くしかなく、
その結果75年間健康な肉体を保つことが出来た、というのがジョークのオチです。

01-33 The first sign of old age
 T
he first sign of old age is when you still chase girls but can't remember why.
 老化の初期兆候
 老化の初期兆候とは、未だに女の尻を追い回しているくせに、なぜ自分がそういうことをしているか思い出せなくなることだ。

01-34 How far can you see at night?
 M
orris is in court as one of the witnesses to a burglary.
Because he's an elderly person, they're treating him gently.
"So you say you saw my client commit this burglary?" the defense lawyer asks Morris.
"Yes," replies Morris, "I saw him take the goods from the shop."
"But Morris," says the defense lawyer, "this burglary took place at night. Are you really sure you saw my client commit this crime?"
"Yes," says Morris, "I definitely saw him do it."
"Listen Morris," continues the defense lawyer, "you're 80 years old and your eyes are probablynot as good as they once were. Just how far can you see at night?"
"I can see the moon. How far is that?" replies Morris.
 夜はどの位遠くまで見えるんですか?
 モリスは強盗事件裁判で、証人として出廷していた。
彼は老人だったので法廷では丁重に扱われ、被告人弁護士は「あなたは私の依頼人が強盗を働いているところを、目撃したと仰るのですね?」とモリスに質問した。
「その通り。私は彼が店から商品を持って出てくるところを見ました」と彼が答えると、弁護士は「強盗事件は夜起こりました。あなたは私の依頼人が犯罪を犯した、と断言出来ますか?」と聞いた。
「勿論です。私は確かに彼を見たのですから」とモリスは主張した。
「でもあなたは80歳で、視力は多分以前ほど良くありませんよね。あなたは夜どの位遠くまで見えるんですか?」と弁護士に聞かれ、「私は夜、月を見ることが出来ます。一体月までどの位距離があると思いますか?」と、モリスは答えた。

01-35 Always curious
 10
-year-old Emanuel has always been very curious about almost everything he sees.
One day, whilst out in the park, Emanuel sees their next door neighbour Victor, an elderly man of nearly 80, sitting on a bench reading a book.
So Emanuel immediately runs over to the bench.
"Hello Victor," says Emanuel, looking closely at the book Victor is reading.
"Oh, hello Emanuel," says Victor, looking up.
"What book are you reading?" asks Emanuel.
"I'm reading a history book, Emanuel," replies Victor.
Emanuel has already seen the book's title, so pointing to the book, he says, "But Victor, that's a book about sex, isn't it?"  
"Yes, Emanuel, you're very observant," replies Victor.
"But you see, for me this book really is a history book."
 いつでも興味津々
 10歳のエマニュエルは見る物何でも興味を抱いてしまう、極めて好奇心の強い男の子だった。
ある日エマニュエルは公園で隣家の80歳近い老人であるビクターが、ベンチに座って本を読んでいるのを見つけた。
エマニュエルは早速ベンチまで走り寄ると、「ビクターさん、こんにちは」と言いながら、何の本を読んでいるのか目を近づけた。
「おや、エマニュエル、こんにちは」と言いながら、ビクターは本に注がれていた目線を上げた。
「何の本を読んでいるんですか?」と、エマニュエルが尋ねると「歴史の本を読んでいるんだよ、エマニュエル」と老人は答えた。
エマニュエルはその本の題名を既に目にしていたので本を指さしながら、「でも、ビクターさん、この本はセックスに関する本でしょ?」と言った。
「そうだよ、エマニュエル、君は観察力が鋭いね」とビクターは答えて続けた。「だけどね、わしにとっては、この本で語られていることは、既に歴史に属することになってしまったのだよ」

01-36 Signs of getting old
1. You discover bifocals are stylish!
2. Your arms are almost too short to read the newspaper.
3. You have more hair in your ears and nose than on your head.
4. You run out of breath walking DOWN a flight of stairs.
5. Relatives smile benignly rather than interrupt you as you retell the same story for the zillionth time.
6. Conversations with people your own age often turn into "dueling ailments."
 年を取った証拠
1.遠近両用眼鏡がお洒落だと思うようになる。
2.両腕の長さが新聞を読むにはチト短すぎると思うようになる。
3.耳の穴と鼻の穴にオツムよりももっと毛が生えるようになる。
4.階段を下るのに息が切れるようになる。
5.あなたが同じ話を何千回と繰り返すものだから、親戚の人達が今までのように、あいまいな微笑みで聞き逃してくれず、あなたの話を遮るようになる。
6.同年齢の人達と話すことといえば「どうやって病気と闘うか」ということばかりになる。

01-37 You're next!
 W
hen I was young I didn't like going to weddings, because my grandmother always said to me, "You're next!"
However, she stopped saying so after I started saying the same thing to her at funerals.
 次はあなたの番よ!
僕が若い頃、結婚式に参列するのは好きでなかった。
なぜなら僕の祖母がその席でいつでも「次はあなたの番よ!」と僕に言うからだった。
でも、僕が葬式に参列した時に「次はあなたの番だね」と祖母に言ってから、彼女は二度と同じことを僕に言わなくなった。

01-38 The hearing test
 S
am was convinced that his wife Betty was getting deaf.
She refused to go to an audiologist, so he asked his doctor what could be done.
"Why don't you test Betty without her knowledge? Start at the door of the room. Tell Betty something in a normal tone of voice.If she doesn't respond, keep moving nearer, still using a normal tone of voice. That should tell you just how deaf Betty is."
"Thank you, doctor."
Soon after, Sam saw his chance. He noticed Betty doing the dishes.
He said, "I love you darling."
No response.
He moved a few steps into the room and repeated, "I love you darling."
Still no response.
He moved closer, until he could almost touch her and said, "I love you darling."
With this, Betty turned around and said, "For the third time, I love you too."
 聴力テスト
 サムは妻のベティの耳が聞こえなくなってきていると、確信していた。
彼女が聾唖専門家に見てもらうことを拒んだので、サムは自分の掛かり付けの、医者にどうしたらよいかを相談した。
「ベティが気が付かない方法で聴力テストをしたらどうでしょうか。始めに部屋の扉の場所から、普通の声で何か彼女に喋ってみて下さい。彼女が何の反応もしなかったら、少しずつ近寄ってから同じトーンでもう一度喋ってみて下さい。その距離で彼女の耳の遠さがわかると思います」と言われたサムは、「先生、どうも有難うございます」と礼を言って早速家に戻ると、ベティは皿洗いをしていた。
絶好の機会と思ったサムは「愛しているよ、お前」と言った。
何の反応もないので彼は台所の中へ数歩進み、同じ言葉を繰り返した。
またしても反応がないので、サムは殆どベティに触れ合いそうになるほど近づいて、「愛しているよ、お前」と言うと、ベティは夫に向き直って言った。
「私も愛しているわよ、って言うのはこれで三度目よ」
つまり耳が遠くなっているのは、妻のベティではなくサム自身だったのです。

01-39 Cleverer
 A
grandson is begging his grandmother for money.
"Grandma, give me 5,000 yen."
The grandmother cupped her left hand on the earlobe, saying "I can't hear you well."
Then the grandson talked into her right ear, "Grandma, give me 5,000 yen!"
The grandma shrugged, saying "I can't hear with the right ear, ether."
The boy fetched his father's loudspeaker and shouted at her through the loudspeaker, "Grandma, give me 10,000 yen!"
"Huh? You said 5000 yen, didn't you?"
 一枚上手
 孫がお婆ちゃんにお小遣いをおねだりした。
「お婆ちゃん、5,0000円ちょうだい」
お婆ちゃんは左耳に手をあてて「え、聞こえないよ」と、言った。
孫はお婆ちゃんの右耳に口を近づけ「お婆ちゃん、5,0000円ちょうだい」と言ったら、お婆ちゃんに「この頃こっちの耳も悪くてねぇ、よく聞こえないんだよ」と肩をすくめられた。
孫はパパの拡声器を持ち出してきて、「お婆ちゃん、10,000円ちょうだい」と伝えると、お婆ちゃんは「え、お前、さっきは5,000円って言ったじゃないか」と言った。

01-40 Young man and old man
Young man:A person who has flexible limbs and a stiff shaft.
Old man :A person who has stiff limbs and a soft shaft.
 若者と年寄り
若者 :柔軟な四肢を持ち、固い車軸を持つ者。
年寄り:固い四肢を持ち、ふにゃけた車軸を持つ者。

#01-1〜1011〜2021〜30・31~4041〜5051〜60


*  
*