●Kazさんのページ

#01.Aged
Aged(老人)jokeは年齢から来る体力・記憶力低下を題材にしたもので、
高齢者に対して残酷とさえ言える程手厳しいものもありますが、
思わず微笑んでしまうような爺ちゃん婆ちゃん話もあります。

#01-1〜1011〜2021〜3031~40・41〜50

01-41 Knock the table
 T
hree ladies were discussing the travails of getting older.
One said, "Sometimes I catch myself with a jar of mayonnaise in my hand, while standing in frontof the refrigerator, and I can't remember whether I need to put it away, or start making a sandwich."

 The second lady chimed in with, "Yes, sometimes I find myself on the landing of the stairs and can't remember whether I was on my way up or on my way down."

 The third one responded, "Well, ladies, I'm glad I don't have that problem. Knock on wood," as she rapped her knuckles on the table, and then said, "That must be the door, I'll get it!"

 テーブルを叩く
 三人の女性が、年を取って厄介な問題が増えてきたことについて話合っていた。
一人の女性が「時々私はマヨネーズの瓶を持って冷蔵庫の前に立っている時、ハテ、私はこの瓶を片付けようとしたのだっけ?それともこれを使ってサンドイッチを作ろうとしたのだっけ?とわからなくなってしまうのよ」と言った。

 二番目の女性が話に割り込んで来た。「そうそう、私も時々階段の踊り場で、ハテ、私は上へ登ろうとしていたのかな?それとも下へ降りようとしていたのかな?と、わからなくなってしまうのよね」と続けた。

 三番目の女性が反応した。「二人共大変ね。でも私はそういう厄介な問題がないので幸せだわ。神様に感謝しなくっちゃ」と言って、拳を丸めてテーブルの上をコンコンと叩いた。
そして「あら、誰かが玄関のドアをノックしているわ。すぐに行かなくちゃ」と言った。

knock the woodとはいつまでも運が続くように願う、災難よけに木製品をたたく習慣です。
自分でテーブルを叩いた音を、「誰かが玄関のドアを叩いたみたい」という
三番目の女性の惚け度はかなり重症と言えます。

01-42 Good old days
 A
n elderly man remembers the good old days.
"When I was young, my mom could send me to a shop with a single 1$, and I would bring back 5 pounds of potatoes,
2 breads, a bottle of milk, a piece of cheese and 10 eggs. Nowadays that's impossible - there are simply to many security cameras."

 昔は良かった
 年取った男が昔の良き時代のことを思い出していた。
「わしが若かった頃は、母親がわずか1ドルだけ持たせて店に買い物に行かせたもんじゃよ。それで5ポンドのジャガイモと、パンが二切れ、牛乳一瓶、チーズと卵を10個持ち帰れたのに、最近ではそういうことは不可能なことになってしまった。なにしろ監視カメラが店のあちこち設置されているからのぉ・・・」


01-43 Perfect hearing aid
 A
78-year-old man was telling his neighbor, "I just bought a new hearing aid. It cost me four thousand dollars, but it's perfect. It's state of the art!"
"Really? What kind is it?" asked the neighbor.
"It is 12:30 now," the man replied.

 完璧な補聴器
 78歳の男性が隣人に「新しい補聴器を買ったんだ。4,000ドルかかったけど、それは完璧な補聴器だね。まるで芸術品だ!」
「本当?どういった補聴器なのかね?」と隣人に聞かれて、老人は返事をした。
「今12時30分だよ」

つまり老人が自慢する高価な補聴器は、まるで役に立っていないということです。

01-44 Ne Quiettez Pas
 A
group of 40 year old buddies discuss where they should meet for dinner.
Finally it is agreed upon that they should meet at Ne Quiettez Pas restaurant because the waitress's there have low cut blouses and nice breasts.
10 years laterat 50 years of age, the group meets again and once again they discuss where they should meet.
Finally it is agreed that they should meet at Ne Quiettez Pas because the food there is very good and the wine selection is good also.
10 years later at 60 years of age, the group meets again and once again they discuss where they should meet.
Finally it is agreed that they should meet at Ne Quiettez Pas because they can eat there in peace and quiet and the restaurant is smoke free.
10 years later, at 70 years of age, the group meets again and once again they discuss where they should meet.
Finally it is agreed that they should meet at Ne Quiettez Pas because the restaurant is wheel chair accessible and they even have an elevator.
10 years later, at 80 years of age, the group meets again and once again they discuss where they should meet.
Finally it is agreed that they should meet at Ne Quiettez Pas because that would be a great idea because they have never been there before.

 Ne Quiettez Pas(ヌキテパ=フランス語で”去りがたい“)
 40歳の男性仲間が集まり、どこで夕食を食べるかを議論し、結局レストラン「ヌキテパ」に行くことにした。
何しろこの店のウエイトレス達は、これ見よがしの短いシャツで豊満な胸の谷間を見せてくれるからだ。
10年後に50歳になった彼等は再び集まり、また食事をどこでするかという議論となり結局「ヌキテパ」に決めた。
なぜならこの店の食事は美味く、良いワインが揃っているからだ。
10年後に60歳になった彼等は再び集まり、食事をどこでするかという議論となり「ヌキテパ」に落ち着いた。
何しろこの店は静かで落ち着いて食事が楽しめ、なによりも禁煙でなかったからだ。
10年後に70歳になった彼等は再び集まり、食事をどこでするかという議論となって、結局また「ヌキテパ」に落ち着いた。
この店は車椅子でも食事が出来、エレベーターが設置されていたからだ。
10年後80歳になった彼等は再び集まり、いつものことだがどこで食事をするかという話になった。
結論はレストラン「ヌキテパ」ということになった。なぜなら彼等は一度も行ったこともないこの店に、行ってみるのも悪くないと思ったからだ。

10年ごとに行きたい理由も年相応に変わってくるのですが、
最後はレストランの名前を覚えていられないほど皆呆けてしまった、という落ちは強烈ですね。

01-45 Macrobiotic family
 A
72 year old man goes in the insurance and says to the insurer, "Hi! I want to have a life insurance policy."
Perplexed by the old man, the insurer asks, "Sorry for the indiscretion, but why do you want to make life insurance?"
"Simple. I will travel with my father to Europe."
Even more perplexed the insurer asks, "Again, sorry, but how old is your father?"
"97."
"97? And what will you do in Europe?"
The old man answers, "We will go to the wedding of my grandfather."
Even more shocked the insurer asks, "And how old is your grandfather?"
"He is ,ah..117."
And the insurer ready to hear everything now asks, "That’s amazing! How come your grandfather wants to get married at this age?"
"His parents are pressing him, you know"

 長寿一家
 72歳の老人が保険会社にやって来て、「やあ、生命保険加入に加入したいんだが」と担当社員に申し込んだ。
老人の年齢に少々戸惑った保険会社員は「不躾な質問で恐縮ですが、なぜ生命保険に加入するのか理由をお聞かせいただけますか?」と尋ねた。
「簡単なことだよ。僕は父親と一緒にヨーロッパに行くからさ」と老人が答えた。
ますます訳がわからなくなった保険会社員は、「またまた不躾な質問ですが、あなたのお父さんは何歳になられましたか?」と聞くと、男は「97歳だよ」と答えた。
「お父さんが97歳?で、あなたたちお二人はヨーロッパで何をなさる予定ですか?」と保険会社員は尋ねた。
「僕等は僕のお爺さんの結婚式に参列するため、ヨーロッパへ行くのさ」と男が答えるので、一層驚いた保険会社員が「で、あなたのお爺さまは何歳なんですか?」と聞き返した。
「えーと、僕のお爺さんは117歳だったかな」と男が言ったので、保険会社員はこうなったら全てを聞こうという気になった。
「それは驚きました。で、なぜあなたのお爺さまはその年齢で結婚なさるのですか?」男が答えた。
「だって、お爺ちゃんの両親が、ちゃんと結婚しろよと、プレッシャーをかけたからさ」


01-46 Elderly alphabet
A: Arthritis N: Neuralgia
B: Back pain O: Osteoporosis
C: Cardiac P: Prescription
D: Decline Q: Queasy
E: Eyesight R: Reflux
F: Fissure S: Sleepless
G: Gas T: Tinnitus
H: High blood pressure U: Urinary trouble
I: Internal bleed V: Vertigo
J: Joints W: Wobbling
K: Knees X: X-ray
L: Libido Y: Yawn
M:Memory Z: Zzz
I've survived all the symptoms and my body has deployed by keeping twenty-six doctors fully employed!
 老人のアルファベット
A: Arthritis リュウマチ N: Neuralgia 神経痛
B: Back pain 背骨痛 O: Osteoporosis 骨粗鬆症
C: Cardiac 心臓病 P: Prescription 処方箋
D: Decline 衰弱 Q: Queasy むかむかする
E: Eyesight 視力 R: Reflux 胃液が逆流してもどすこと
F: Fissure び割れ S: Sleepless 睡眠不足
G: Gas おなら T: Tinnitus 耳鳴り
H: High blood pressure 高血圧 U: Urinary trouble 小便漏れ
I: Internal bleed 内出血 V: Vertigo めまい
J: Joints 関節 W: Wobbling ふらつく
K: Knees 膝 X: X-ray X線検査
L: Libido 性欲 Y: Yawn あくび
M:Memory 記憶力 Z: Zzz ズズズ・・・居眠り
私は26人の専属医にかかることで、これら全ての症状を改善し生き延びている。

01-47 Singing telegram
 I
t was the morning of Ralph's birthday and there was a knock on the door.
"Telegram!" Filled with excitement, Ralph opened the door and asked the messenger boy standing before him, "Is it a singing telegram?"
"No Sir. We don't do singing telegrams anymore," the messenger replied.
"Oh, but I've always wanted to receive a singing telegram," a disappointed Ralph moaned.
"Couldn't you just bend the rules a little and make an old man happy?"
"I'm sorry, sir," replied the messenger.
"Please," Ralph pleaded, "after all, today is my birthday."
"Alright, sir, if you insist," the messenger said.
"Dah-dah dah...dah-dah-dah, your sister Rose is dead!"

 音声入り電報
 誕生日の朝、ラルフは家の入り口のドアをノックする音と「電報です!」を声を聞いた。
彼は興奮してドアを開け、そこに立っている電報配達人に「それって、音声入り電報かね?」と尋ねた。
「いいえ、もう音声入り電報はやっていないんです」と配達人は答えた。
ガッカリしたラルフは呻き声をもらした。
「そこのところを、ちょっと融通をきかせてくれんかね、この老人を喜ばせるために?」とラルフが言ったが、「それは無理ですよ」と、配達人はすげない。
「頼むよ、今日は僕の誕生日なんだよ」とラルフは懇願した。
「分かりました、あなたがそこまで主張されるなら」、と配達人が折れて、歌声を上げながら電報を読み上げた。
「♪ダダ、ダ、ダ〜 あなたの姉のローズが死んだよぉ〜」


01-48 I never can remember
 I
n a nursing home, two elderly guys are talking.
"I can't stand it anymore I never can remember what I just said!"
"Oh really? When did this problem start?"
"What problem?"

 何も覚えていられない
 老人ホームで二人の老人が喋っている。
「自分がたった今言ったことをもう覚えていられない、という状況には耐えられんな」
「本当かい?いつからその症状が始まったんだ?」
「症状って?何の症状?」


01-49 We can tell exactly how old you are
 T
hree mischievous old wome were sitting on a bench outside a nursing home.
When an old man walked by.
And one of the old ladies yelled out saying, "We BET we can tell exactly how old you are."
The old man said, "There is no way you can guess it, you old fools."
Another old women said, "Sure we can! Just drop your pants and under shorts and we can tell your exact age."
Embarrassed just a little, but anxious to prove they couldn't do it, he dropped his drawers.
The ladies asked him to first turn around a couple of times and to jump up and down several times.
Then they all piped up and said, "You're 87 years old!" Standing with his pants down around his ankles, the old gent asked, "How in the world did you guess?"
Slapping their knees and grinning from ear to ear, the three old ladies happily yelled in unison.
"We were at your birthday party yesterday!"

 あなたの年をピタリと当てるわ
 養老院の庭のベンチで三人のイタズラな老婦人が座っているところを、一人の老人が歩き過ぎようとした。
一人の老婦人が「あなたの年齢をピタリと当てるてみせるわ!」と大声で叫んだ。
老人は「オバカさん達、私の年をピタリと当てられるわけはないだろう」と答えた。
もう一人の老婦人が「それが出来るのよ!あなたのズボンと下着のパンツをここで下げてみてよ。そうすればあなたの年を正確に当ててみせるから」と言った。
少々恥ずかしいと思いながらも、その老人はこの老婆達にそんなことが出来るわけはないとたかをくくって、ズボンとパンツを下げた。
三人の老夫人は彼に「グルリと一回歩いて戻ってみて」、「そのままピョウンピョン上下に跳んでみて」と注文を出し、彼は言われた通りのことをした。
老婦人達はきいきい声を張り上げながら相談し、「あなたは87歳ね!」と結論を出した。
ズボンとパンツを膝のあたりにまつわらせたまま、老人は「どうしてわかったの?」と怪訝な表情で尋ねた。
三人の老婆は自分達の膝を叩いて大喜びしながら、してやったりという大きな笑顔を浮かべ、幸せそうに三人声を合わせて答えた。
「だって、私達、昨日のあんたの誕生パーティで一緒だったもん!」

この老人は昨日の自分の誕生パーティに、この老婆達が参加したことも忘れているのです。

01-50 The third pair of glasses
 T
wo pensioners, Judith and Leah, meet by chance at s shopping center.
Leah takes one look at Judith and says, "I see you've bought yourself a new pair of glasses."
"That's very observant of you Leah," replies Judith.
"Yes, I've just picked them up from my optician. They are the third pair of glasses I now carryaround with me."
"Your third pair? Why do you need to carry around so many pairs of glasses?" asks Leah.
"One pair I use for long sight, another for short sight, and these new ones I'm going to use to help me to see where these two pairs can't grasp the sight," replies Judith.

 三番目の眼鏡
 ジュディスとリアという二人の年金受給者が、ショッピングセンターでバッタリ出会った。
レアはジュディスを一目見て「新しい眼鏡を買ったのね」と気付いた。
「リア、随分観察力が鋭いわね。そう、この新しい眼鏡を眼鏡屋であつらえたの。これはいつも持ち歩く三番目の眼鏡になっているの」とジュディスは答えた。
「三番目の眼鏡ですって?何故そんなにいくつも眼鏡を持ち歩く必要があるの?」とリアは尋ねた。
するとジュディスは「一番目の眼鏡は遠視用、二番目の眼鏡は近視用、そしてこの新しい眼鏡は一番目の眼鏡と二番目の眼鏡でハッキリ見えなかった時に使うの」と答えた。

#01-1〜1011〜2021〜3031~40・41〜50


*  
*