●Kazさんのページ

#02.Airline

#02-1〜10・11〜20・21〜3031~4041〜50

02-11 Welcome aboard
 D
id you hear about an airline stewardess who turned into a prostitute?
She greeted all her customers, saying, "Welcome aboard."
 ご搭乗ありがとうございます
 もとスチュワーデスが売春婦になった話を聞きましたか?
彼女は自分を買ってくれたお客を迎える時に「ご搭乗ありがとうございます」というそうです。

02-12 Nuclear power
 T
wo strangers were seated next to each other on the plane when the first guy turned to a beautiful blonde and made his move by saying, "Let's talk. I've heard that flights will go quicker if you strike up a conversation with your fellow passenger."
The blonde, who had just opened her book, closed it slowly, and said to the first guy, "What would you like to discuss?"
"Oh, I don't know," said the guy. "How about nuclear power?"
"OK," said the blonde. "That could be an interesting topic. But let me ask you a question first. A horse, a cow, and a deer all eat grass. The ame stuff. Yet a deer excretes little pellets, while a cow turns out a flat patty, and a horse produces clumps of dried grass. Why do you suppose that is?"
"Oh my God," said the guy. "I have no idea."
"Wel l, then," said the blonde, "How is it that you feel qualified to discuss nuclear power when you don't know shit?"
 核エネルギー
 飛行機でたまたま隣の席に座ったブロンドの美女に、男は身を向けて話しかけた。「何かお喋りしませんか?見知らぬ同志でも会話をしていれば、飛行時間が短く感じられるという報告があるくらいですからね。」
本を読もうと思っていたブロンド女性は、ゆっくりと本を閉じると話しかけてきた男に尋ねた。「どんな話題がお好きですか?」
「何でも結構ですけど」、と男は言った後に「核エネルギーの話なんかどうです?」と彼女に聞いた。
「OK、それは面白い話題かもしれませんけど、まず私の質問に答えてくれません?」とブロンドが言った。「馬と牛と鹿が草を食べました。もちろん同じ種類の草ですよ。でも鹿はコロコロの小さな糞をして、牛は平らで円盤状の糞をして、馬は乾いた干し草の固まりのような大きな糞をします。どうしてこの違いが出るのだと思います? 」
「え、な、何ですって?ウーン、僕には全くわかりませんね」と男が答えると、ブロンドは「ウンコの話もわからないような人に、核エネルギーの話をする資格などあると思いますか?」と言った。
ブロンドはこの男と話をしたくないので、ピシャリと断ったのです。
それにしてもこんなに賢いブロンドもいるんですね

02-13 Blonde in the first class
 A
beautiful young blonde woman boards a plane to New York with a ticket for the economy class.
She looks at the seats and then looks into the forward cabin at the first-class seats.
Seeing that the first-class seats appear to be much larger and more comfortable, she moves forward to the last empty one.
The flight attendant checks her ticket and tells the woman that her seat is in the economy class.
The blonde replies, "I'm young, blonde and beautiful, and I'm going to sit here all the way to New York."
Flustered, the flight attendant goes to the cockpit and informs the captain of the blonde problem.
The captain goes back and tells the woman that her assigned seat is economy class.
Again, the blonde replies, "I'm young, blonde and beautiful, and I'm going to sit here all the way to New York."
The captain doesn't want to cause a commotion, and so returns to the cockpit to discuss the blonde problem with the co-pilot.
The co- pilot says that he has a blonde girlfriend, and that he can take care of the problem.
He then goes back and briefly whispers something in the blonde's ear.
She immediately gets up, says "Thank you so much," hugs the co-pilot, and rushes back to her seat in the economy class.
The pilot and flight attendant, who were watching with rapt attention, together ask the co-pilot what he had said to the woman.
He replies, "I just told her that the first class section isn't going to New York."
 ファーストクラス席に移ったブロンド
若くて美しいブロンド女性が、ニューヨーク行きエコノミークラスの切符を持って飛行機に搭乗した。
彼女は自分の席を見つけたが、前方にあるファーストクラスの客席が目に入った。
座席がずっと広くて心地よさそうなので、彼女は歩いて残っていたひとつの空席に腰掛けた。
客室乗務員が彼女の切符をチェックしてあなたはエコノミーの切符ですので、自分の席に移って下さいと言った。
ブロンドはこう言い張った。「私は若くて美しいブロンド女性よ。ニューヨークに着くまでずっとこの席に座らせてちょうだい!」
困った乗務員はコックピットに行って機長にこのブロンドのことを報告した。
キャプテンがブロンドの席にやって来てあなたの席はエコノミークラスですと言うとブロンドは同じ台詞を繰り返した。
「私は若くて美しいブロンド女性よ。ニューヨークに着くまでずっとこの席に座らせてちょうだい!」
機長は騒ぎを大きくしたくなかったので、副操縦士とこの問題を相談するためにコックピットに戻った。
副操縦士は自分の恋人はブロンドだから、ブロンドの扱いは任せてくれと言ってブロンドの席に行き短い言葉を彼女に囁いた。
彼女は途端に席から身を起こし「ご親切に有難う」と副操縦士に抱きつくと、エコノミークラスの彼女の席に走り去った。
あっけに取られてこの光景を見ていた機長と客室乗務員は、副操縦士に彼女に何て言ったんだと尋ねた。
副操縦士がこう答えた。「『お嬢さん、ファーストクラスはニューヨーク方面には行きませんよ』、って言っただけですよ。」
同じ飛行機で別々の方角へ行くと本気で信じるところが、ブロンドのブロンドたる由縁です。

02-14 Volunteers
 A
t the Phoenix airport, they announced that the flight to Vegas was full.
The airline was looking for volunteers to give up their seats.
In exchange, they'd give you a $100 voucher for your next flight and a first class seat in the plane leaving an hour later.
About eight people ran up to the counter to take advantage of the offer.
About 15 seconds later all eight of those people sat down grumpily as the lady behind the ticket counter said, "If there is anyone else OTHER than the flight crew who'd like to volunteer, please step forward..."
 志願者
 フェニックス空港での出来事。
ラスベガス行き便が満席のため、既に予約した方でどなたか、この便を諦めて席を譲っていただけける方を捜していますという航空会社からアナウンスがあった。
席を譲っていただける方には1時間後に出発する便のファーストクラス席と、100ドル相当のサービス券を差し上げますと聞いて、8人がこの申し込みに応じるため、先を競ってこの航空会社のカウンターに並んだ。
15秒後発券係の女性が、「どなたか当社乗務員以外の方で、志願して下さる方は前へお進み下さい」と言うと、この8人は不満そうに後ろに下がって腰掛けた。
真っ先に飛びついたのは飛行機の乗務員だったなんて、
この航空会社の職場のモラル はどうなっているんでしょうね。

02-15 Outrank
 I
once was on a plane where I was served by an obviously homosexual male fligt attendant.
As the plane prepared to descend, he came swishing down the aisle and announced to the passengers, "The captain has asked me to announce that he will be landing the big scary plane shortly, so lovely people, if you could just put up your trays, that would be great."
I did as he had instructed but the woman sitting next to me did not.
A few moments later, our flight attendant came back and said to her, "Ma'am, perhaps you couldn't hear me over the big brute engines, but I asked you to please put up your tray so that the captain can pit-a-pat us on the ground.
She still wouldn't comply. Now he was getting angry and asked her again to put up the tray.
She then calmly turned to him and said, "In my country, I am called a princess. I take orders from no one."
Our flight attendant replied, "Oh yeah? Well in my country, I'm called a queen and I outrank you, bitch, so put the fucking tray up!"
 格が上でしょ
 ある時私が乗った飛行機の客室乗務員は、明らかにホモセクシャルだった。
飛行機が着陸のために下降姿勢に入ると、この乗務員はくねくねと腰をひねりながら客席にやって来ると乗客に、「機長さんがネ、もうじきこの大きな怖〜い飛行機ちゃんが地面 に届くって言っているのヨ。だからさぁ、皆いい子だからさぁ、食事用のトレイを元の位 置に戻してくれない?そうすればアタシ、助かるわぁ」と言うのである。
私は彼に言われたとおりトレイを元の位置に戻したが、私の隣に座っている女性はその指図に従おうとしなかった。
しばらくして私達の席に戻ってきたホモの乗務員は、私の隣の女性に言った。「お姉様、きっとがさつなエンジンの音でアタシの言ったことが、聞こえなかったんでしょうけど、トレイを元の位 置に戻してくれない?そうすれば機長がヒラヒラ〜っと飛行機ちゃんを着陸させることが出来るのよネェ」
こう言われてもこの女性は全く言うことを聞かないので、腹を立てた乗務員が々ことをもう一度言った。
するとこの女性はゆっくり彼の方に向き直って静かに口を開いた。「私の国では、私は王女様と呼ばれているのよ。私は人に命令されたことを聞く習慣がないの」
これを聞いたわれらがホモ乗務員はこう答えた。「あ〜ら、そうなの?でもアタシの国ではアタシは女王様と呼ばれているのよ。アタシの方がアンタより格が上でしょうが、このブスったれめ。さっさとトレイを元の位 置に戻したら!」
ホモセクシャルは俗にQueeen(女王)と呼ばれますので、「アタシは王女よりも格が上よ」と言ったわけです。
われらがホモ乗務員は、ナヨナヨおねえ言葉で喋らせてみました。

02-16 Black box
 A
plane load of holidaymakers is flying across Europe to a holiday destination in Southern Italy.
Suddenly the Captain makes an announcement over the intercom, "I'm afraid to tell you ladies and gentlemen that we are having serious problems with both our engines and we are going to have to crash land into the sea. The weather conditions are good so we should be able to land safely, but I would ask you to now prepare yourselves for a crash landing and the cabin crew will be circulating to help you in any way they can."
A businessman sitting towards the front of the plane notices that the rather glamorous young lady sitting next to him then starts preening herself, combing her hair and applying liberal helpings of make-up.
He says to her "Excuse me miss but what are you doing that for when we are about to crash into the sea?"
She replies "well I've heard that when they come across a crash the rescue crew are usually all men and they rescue the good looking women first".
He then notices a middle-aged lady in front of him get her bag down from the overhead locker and get out loads of expensive looking jewelry and put it on.
He leans forward "excuse me Madame but why are you putting on all your jewelry when we are about to crash?"
She replies "well I've heard that when planes crash the rescue team look for the people that look like they have loads of money and take them out first".
The businessman then notices the big black woman next to him stand up lift her skirt, drop her knickers bend over and press her bum against the window.
"Excuse me what on earth do you think you are doing?" he says.
She replies "Well I've heard that the first thing the rescuers look for is a black box!"
 ブラックボックス
 観光客を乗せた飛行機が目的地の南イタリーに向かってヨーロッパ大陸を縦断中だった。
突然機長が機内放送を通じて、「乗客の皆様にお伝えします。当機のエンジンが二基ともおかしくなり、海上へ不時着せざるを得なくなりました。現在の天候は良好なため着水は順調に行われると思いますが、皆様方におかれましては着陸のショックに備えられますようご準備下さい。客室乗務員は直ちにお客様のお手伝いを開始して下さい」
前方座席に座っていたビジネスマンは、隣の席の若い魅力的な女性が、髪をとかして、化粧を厚めにするなど、身繕いを始めたことに気付いて、こう尋ねた。「失礼ですけれど、お嬢さん、これから飛行機が海に着水しようとしている時に、あなたは何をなさっているんですか?」
「飛行機の遭難現場に救助隊が駆けつけた時、彼等は皆男性だから美人の女性から助けるという話を聞いたものですから」、とこの女性は答えた。
続いてこのビジネスマンは自分の前の席の中年の婦人が座席の上の荷物格納棚からバッグを降ろして、その中にしまってあった高価な宝石類を身に着けだしたことに気付いた。
「失礼ですけど、マダム、飛行機が墜落しようとしている時になぜ宝石類を身に着けるのですか?」と尋ねると、「飛行機の遭難現場に救助隊が駆けつけた時、彼等は金持ちそうな人から救助するという話を聞いたものですから」、と答える。
このビジネスマンはさらに横に座っていた大柄の黒人女性が立ち上がってスカートを引っ張りあげ、婦人用ブルマーを脱ぎ捨て、剥きだしになった彼女の臀部を飛行機の窓に押しつける光景に驚いて尋ねた。「失礼、一体それは何のつもりですか?」
「救助隊員はまずブラックボックスを最初に捜すという話ですから…」
三人の女性は少しでも早く救助隊に救って欲しいので、精一杯工夫をしています。
ブラックボックスとは飛行機のフライトレコーダーで、事故原因究明の手がかりになるので、真っ先に捜すことはその通 りです。
ここで可笑しいのはblack box=黒人の女性器と解釈したこの黒人女性が、剥き出しの臀部を飛行機の窓に押しつけていることです。
「ホラ、見て、これがblack boxよ!」というつもりなのです。Boxは隠語でvaginaの意味です。

02-17 Plane Trouble
 L
adies and gentlemen, this is your captain speaking.
If you look out of the window on the port, or left, side of the aircraft you will see that the inner engine is on fire just below the fuel tanks in the wing.
If you look out at the starboard, or right, wing you will observe that a widening crack has developed at the wing root, making it unlikely that the wing will remain attached to the fuselage.
If you look down at the surface of the sea over which the aircraft is flying, you will notice a small orange dot.
This is a life-raft. In it are your co-pilot, your flight engineer and myself. This has been a recorded anno uncement."
 トラブル
 皆様、私は当機の機長です。機体左側の窓から外を見ると、翼にある燃料タンク下のエンジンの中から火が出ているのがご覧になれると思います。
右側の窓から外を見ると翼のひび割れが拡がって付け根部分にまで達しており、翼はかろうじて胴体にくっついてるのがご覧になれると思います。
飛行機前方にある海の上に小さなオレンジ色の物体が見えると思います。
これは救命ボートで、そこには副操縦士と機関士、そして機長の私が乗っております。この放送は録音されたものを流しております。
墜落寸前の飛行機から乗員達はさっさと逃げ出して、乗客に事後報告しているのです

02-18 I didn't know there was a choice
 A
guy seated next to a Presbyterian minister on the plane.
The plane was delayed at the start due to some technical troubles.
Just after taking off, the pilot offered his apologies to the passengers and announced that a round of free drinks would be served.
When an attractive stewardess came with the wagon, this guy ordered a gin and tonic for himself.
She asked the Presbyterian minister whether he wanted anything.
He replied, "Oh, no thank you. I would rather commit adultery than drink alcohol."
The guy next to him promptly handed back his gin and tonic to the stewardess, saying "Miss, I didn't know there was a choice. I would rather want adultery."
 どちらか選べるなんて知らなかったので
 一人の男が旅客機で米国長老派教会の牧師の隣の席に座った。
その飛行機は機械のトラブルで出発が遅れたため、離陸すると直ぐに、機長は出発遅れをお詫びすると共に飲み物を一杯無料でサービスするというアナウンスをした。
魅力的なスチュワーデスが飲み物のワゴンを運んできたので、この男はジントニックを注文した。
スチュワーデスは男の隣の牧師に「飲み物は何がよろしいですか?」と聞いた。
牧師は「いや、結構。アルコール飲料を飲むくらいなら不倫をする方がまだましだからね」
これを聞いた男は急いでジントニックをスチュワーデスに戻すと、こう言った。「失礼、どちらか選べるなん て知らなかったのでね。僕も出来たらあなたと不倫をする方を選びたいんだけど…」

02-19 Rebooking
 A
crowded United flight was canceled.
A single agent was rebooking a long line of inconvenienced travelers.
Suddenly an angry passenger pushed his way to the desk.
He slapped his ticket down on the counter and said, "I HAVE to be on this flight and it has to be FIRST CLASS."
The agent replied, "I'm sorry sir. I'll be happy to try to help you, but I've got to help these folks first, and I'm sure we'll be able to work something out."
The passenger was unimpressed.
He asked loudly, so that the passengers behind him could hear, "Do you have any idea who I am?"
Without hesitating, the gate agent smiled and grabbed her public address microphone.
"May I have your attention please?" she began, her voice bellowing throughout the terminal.
"We have a passenger here at the gate WHO DOES NOT KNOW WHO HE IS. If anyone can help him find his identity, please come to the gate."
With the folks behind him in line laughing hysterically, the man glared at the United agent, gritted his teeth and swore, "Fuck you!"
Without flinching, she smiled and said, "I'm sorry, sir, but you'll have to stand in line for that, too."
 再発券手続き
 満席のユナイテッド航空機が離陸キャンセルとなったため、ユナイテッド航空カウンターでは代替機振替のための発券事務でてんてこ舞いだった。
あいにく担当事務員が一人しかいないので、カウンターの前は不便を被った客が長蛇の列を作っていた。
突然怒り狂った乗客が列の後ろから飛び出しカウンター机まで近づくと、自分のチケットをカウンター台に叩きつけ、「俺はこの飛行機に乗らなければ困るんだ、しかもファーストクラスなんだぞ!」
女性の事務員は「お客様、お手伝いしたいのは山々なんですが、申し訳ございませんが列にお並びになって順番をお待ち下さい。先に並ばれているお客様から手続きしなければなりませんので。必ずお客様の再発券手続きもいたしますから、暫くお待ち下さい」と、丁寧に断った。
この男は彼女の説明に納得出来ないようで、自分の後ろに並んでいる乗客に聞こえるように、さらに大声で怒鳴った。
「俺のことを知らんのか?俺を誰だと思っているんだ!」
間髪をおかず手元の放送案内用マイクロホンを握った女性事務員は、ニコリと男に微笑みながらこう放送した。
「皆様にご案内申し上げます」と、空港中に響き渡る声で彼女は放送を続けた。
「こちらの搭乗ゲートに、ご自分のことが誰だかわからないと仰有るお客様がいらしています。どなたか、このお客様をご存じの方がいらっしゃいましたら、搭乗ゲートまでお越し下さい」
この放送を聞いて、イチャモンをつけた男の後ろに並んでいた人達がゲラゲラ笑い出した。
男は真っ赤な顔になって、歯をわなわな振るわせながら、「この野郎(Fuck you)!」と女子事務員を罵った。
事務員はこれまた素早くピシャリと言い返した。
「お客様、申し訳ございませんが私と寝たい(Fuck you)とお望みでしたら、その場合でもやはりこちらのお客様の後からということになりますから、どうぞ列の後ろにお並び下さい」

02-20 What just happened here?
 A
military cargo plane, flying over a populated area, suddenly loses power and starts to nose down.
The pilot tries to pull up, but with all their cargo, the plane is too heavy.
So he yells to the soldiers in back to throw things out to make the plane lighter.
They throw out a pistol.
"Throw out more!" shouts the pilot.
So they throw out a rifle.
"More!" he cries again.
They heave out a missile, and the pilot regains control.
He pulls out of the dive and lands safely at an airport.
They get into a jeep and drive off.
Pretty soon they meet a boy on the side of the road who's crying.
They ask him why he's crying and he says "A pistol hit me on the head!"
They drive more and meet another boy who's crying even harder.
Again they ask why and the boy says, "A rifle hit me on the head!"
They apologize and keep driving.
They meet a boy on the sidewalk who's laughing hysterically.
They ask him, "Kid, what's so funny?"
The boy replies, "I sneezed and a house blew up!"
 一体ここで何が起こったんだ?
 軍需輸送機が人口密集地域上空を飛行中に急にエンジンの調子がおかしくなり、飛行機が急速に降下し始めた。
操縦士は必死で機体を上昇させようと努力したが、輸送機に積んである荷物が重すぎて、なかなかうまく行かなかった。
操縦士は積み荷を捨てて機体を軽くするように搭乗している兵士に大声で指示した。
兵士達はピストルを一丁機体の外に投げ捨てた。
「もっと捨てろ!」と操縦士は怒鳴った。
そこで兵士達はライフル銃も一丁投げ捨てた。
「もう少し!」と言われた兵士はミサイルを一機担ぎ上げて、それも機体の外に捨てた。
ようやく機体がコントロール出来るようになったので、操縦士は飛行場に無事輸送機を着陸させることに成功した。
搭乗員達は直ちにジープに乗って辺りの捜索活動に出かけた。
ほどなく彼等は道路の横で泣いている少年を発見した。
彼は「空からピストルが落ちてきて僕の頭に当たったんだ」と泣きながら訴えた。
さらに進むともっと大声で泣いている少年を見つけたので事情を尋ねると、「空からライフル銃が落ちてきて僕の頭に当たったんだ」と言った。
兵士達はこの少年に済まなかったと詫びを言うとさらにジープを前進させた。
すると歩道に座ってゲラゲラ大笑いしている少年がいたので、「坊や、何がそんな可笑しいんだね?」と聞くと、少年は「だって、僕がクシャミしたら、家が吹っ飛んじゃったんだもの!」
最後に投げ捨てたミサイルは、人家一軒を吹っ飛ばしてしまったのですね。

#02-1〜10・11〜20・21〜3031~4041〜50


*  
*