●Kazさんのページ

#02.Airline

#02-1〜1011〜20・21〜30・31~4041〜50

02-21 New pilot
 T
axing down the runway, the passenger jet abruptly came to a stop, turned around and returned to the gate.
Eventually however, after an hour-long wait, the flight finally took off.
A concerned passenger asked the flight attendant, "What was the problem?"
"The pilot was bothered by a noise he heard in the engine ," explained the flight attendant.
"I hope it's all sorted now," the nervous passenger said.
"Oh yes, it's fine now Sir, it just took us a while to find a new pilot."
 新しいパイロット
 離陸に向けて滑走路をゆっくり走っていた旅客機が突然急停止し、出発ターミナルの方向へ戻りだした。
そこで一時間待機後、ようやくこの飛行機は離陸して空に飛び立った。
このことが気になったひとりの乗客が乗務員に尋ねた。「一体何があったんだ?どうして遅れたんだ?」
「エンジンのひとつから気になる音が聞こえたので、機長が気にして離陸を中止して引き返したのです」と、乗務員は説明した。
「それで、その問題は解決したんだろうね?」と少し神経質になった乗客がさらに聞くと、「ええ、新しい機長を見つけるのに少々時間がかかりましたが、現在はもちろん大丈夫です」と乗務員は答えた。
エンジンの気になる音の原因が解決したのではなく、
それを気にした機長を降ろして新しい機長を乗せただけなんですね。

02-22 We're going to get help
 W
hile cruising at 30,000 feet, the airplane shuddered and Ken looked out the window.
"Holy Cow! One of the engines just blew up!"
Other passengers left their seats and came running over when the plane was rocked by a second blast of the engine on the other side.
The passengers got panic and even the flight attendants couldn't maintain order.
Just then, standing tall and smiling confidently, the pilot strode from the cockpit and assured everyone that there was nothing to worry about.
His words and his demeanor seemed to make the passengers feel better and they sat down as the pilot calmly walked to the door of the air craft.
There, he grabbed several packages from under the seat and began handing them to the flight attendants.
"Hey!" spoke up Ken, "aren't those parachutes ?"
The pilot said they were.
Ken went on, "But you said there was nothing to worry about!"
"There isn't," replied the pilot as a third engine exploded. "We' re going to get help. Don't worry about that!"
 助けを求めに行きます
 高度3万フィートで巡航中の旅客機で、乗客のKenは窓の外を眺めていた。
「なんてこった!エンジンの一つが火を噴いたぞ!」その声で他の乗客が慌てて席を離れ、Kenの近くに様子を見にやってきた。
するとエンジンがもう一つ火を噴いて、飛行機がガクンと揺れたので、乗客はパニック状態になってしまった。
客室乗務員さえ冷静さを失い機内は混乱状態になった。
すると操縦席から機長が自信たっぷりの笑顔で現れ、乗客全員に「皆さん、心配することはありません」と語りかけた。
機長の落ち着いた態度が乗客・乗務員をホっとさせ、それぞれが元の席に戻った。
機長は静かに飛行機の脱出扉まで歩み寄ると、座席の下から緊急脱出用のバックを数個取り出し、客室乗務員に配りだした。
「ちょっと待った!」とKenが声を上げた。「それって、パラシュートだろ?」
機長は肯いた。
Kenは「おい、あんたは心配することはないって、言ったばかりじゃないか!」と叫んだ。
「心配することはありませんよ」と機長が答えた時、ドーンと三番目のエンジンが火を噴いた。
「私達はこれから助けを求めに行きますから、どうぞご心配なさらずに、そこで座っていて下さい」

02-23 Brittish Air True Story
 O
n a British Airways flight from Johannesburg, a middle-aged, well-off white South African Lady has found herself sitting next to a black man.
She called the cabin crew attendant over to complain about her seating.
"What seems to be t he problem Madam?" asked the attendant.
"Can't you see?" she said "You've sat me next to a nigger. I can't possibly sit next to this disgusting person. Find me another seat!"
"Please calm down Madam." the stewardess replied. "The flight is very full today, but I'll tell you what I'll do-I'll go and check to see if we have any seats available in business class or first class."
The woman cocks a snooty look at the outraged black man beside her, not to mention many of the surrounding passengers.
A few minutes later the stewardess returns with the good news, which she delivers to the lady, who can not help but look at the people around her with a smug and self-satisfied grin: "Madam, unfortunately, as I suspected, business class is full. However, we do have one seat in first class."
Before the lady has a chance to answer, the stewardess continues. "It is most extraordinary to make this kind of upgrade, however, and I have had to get special permission from the captain. But, given the circumstances, the captain felt that it was outrageous that someone be forced to sit next to such an obnoxious person."
With which, she turned to the black man sitting next to the woman, and said: "So if you'd like to get your things, sir, I have your new seat ready for you."
At which point, the surrounding passengers stood and gave a standing ovation while the black man walked up to the front of the plane.
 英国航空で実際にあった話
 ヨハネスバーグ(南アフリカ)発の英国航空機に、金持ちの南アフリカ国籍の中年白人女性が搭乗したが、彼女の隣の席が黒人だと知ると直ぐに客室乗務員を呼びつけ、文句を言った。
「何かご不満がございますか?」と客室乗務員が尋ねると、「あなた、目が見えるでしょ?なぜ私を黒ん坊の隣の席に座らせるの?こんな汚らしい男の隣に座るなんてご免だわ!別の席を見つけてよ!」
「マダム、そう興奮なさらずに」と、スチュワーデスはなだめて、「あいにく今日のエコノミー席は満席ですが、ビジネス席かファーストクラス席に空席がないかどうか調べてまいりますので、少々お待ち下さい」と答えた。
白人女性は彼女の横で怒りに震えている黒人ばかりでなく、まわりの乗客に向かっても、自惚れた態度で勝ち誇ったような視線を向けた。
数分後に先程のスチュワーデスが、良い知らせを持って戻って彼女にそれを伝えた。
白人女性は満足そうにニヤリと笑い気取った表情で、辺りの乗客を睥睨(へいげい)せずにはいられなかった。
「マダム、残念ながら予想通りビジネスクラスも満席でした。しかしながらファーストクラスに一つだけ空席が残っていました」とスチュワーデスは告げると、白人女性が言葉を返す隙を与えず一気に続けた。
「エコノミー客をファーストクラスにアップグレードするのは極めて異例ですので、私は機長に特別許可をもらいに行きました。事情を説明すると機長は『そのような不快な人物の横に座らざるを得ないという事情は、非常に気の毒である』と判断されました」と言うなり、スチュワーデスは自惚れた白人女性の隣に座っていた黒人男性に向きを変え、「ですからお客様、手荷物をお持ちになって、ファーストクラスにご移動下さい。お席は準備出来ておりますので、私がご案内いたします」と言った。この言葉を聞くやいなや、周りの乗客は立ち上がって拍手喝采し、その拍手の渦の中を黒人男性は機内前方の席へと歩いていったのであった。
翻訳していて、私も思わず拍手してしまいました。【Kaz】

02-24 Disgraceful flag carrier
 I
t was mealtime during a cash-strapped JAL airline flight.
"Would you like dinner?" the flight attendant wearing cheap synthetic-fiber kimono uniform asked a passenger.
"What are my choices?" said the passenger.
"Yes or no," she replied.
 不面目なトップ航空会社
 現金がなくなった日本のフラッグキャリアー(国を代表する航空会社)JAL(日本航空)の機内食案内時の話。
安っぽい合成繊維着物の制服を着たスチュワーデスに「夕食はいかがなさいますか?」と聞かれた乗客が、「何が選べるの?」と尋ねると、スチュワーデスは「食べるか、食べないか、どちらかの選択です」と答えた。
JALは2010年に会社更生法を申請し、日本政府が税金で赤字を補いながら
人員削減、不採算路線撤退などで、再建の道を歩むことになりました。

02-25 True stories
1. Flight number
 I just got off the phone with a man who asked, "How do I know which plane to get on?"
I asked him what exactly he meant, to which he replied, "I was told my flight number is 823, but none of these planes have numbers on them."

2. Pensacola
 A woman called and said, "I need to fly to Pepsi-Cola on one of those computer planes."
I asked if she meant to fly to Pensacola on a commuter plane.
She said, "Yeah, whatever."

3. Take the train to Hawaii
 A client called in inquiring about a package to Hawaii.
After going over all the cost info, she asked, "Would it be cheaper to fly to California and then take the train to Hawaii?"

4. Florida is a very thin state
 A man called, furious about a Florida package we did.
I asked what was wrong with the vacation in Orlando.
He said he was expecting an ocean-view room.
I tried to explain that that's not possible, since Orlando is in the middle of the state.
He replied, "Don't lie to me. I looked on the map and Florida is a very thin state."

 本当の話
1.フライトナンバー
 私が電話を取ると、男の声で「どの飛行機に乗っていいのかわからないんだが」と言うので、「仰る意味がわかりませんので、正確に伝えてくれませんか?」と答えると、男はこう続けた。
「私のフライトナンバーは823だと言われたんだが、そんな番号が入っている飛行機が見あたらないんだよ」
823便は便名であって、飛行機の機体にそんな番号が書かれているはずがありません。

2.ペンサコーラ
 女性が電話をかけてきて「コンピュータ飛行機でペプシコーラまでの切符が欲しいんだけど」と行ったので、私は「それって、ペンサコーラ(アメリカの地名)行きのコミューター(定期便)飛行機のことじゃありませんか?」と聞き返した。
この女性は「あぁ、そう、そういえばそんな名前だったかしら」とノー天気に答えた。

3.ハワイまでは列車で行くわ
 ハワイまでのパッケージ(一括)切符を探している女性客が電話をかけてきた。
値段その他の情報を伝えると、彼女は「カリフォルニアまでは飛行機で行って、そこからハワイまで列車にしたら、少し安くなるかしら?」
カリフォルニアからハワイは太平洋が隔てているんですけど…

4.フロリダって細い州じゃないか
 ある男が当社の販売したフロリダパッケージ旅行について、ガミガミ文句を言ってきた。
「オーランド(フロリダの内陸部の都市)の休暇で、何かご不満な点があったのでしょうか?」と私が聞くと、男は「海が見える部屋を期待していたのに」と言う。
「それは無理ですよ。オーランドはフロリダ州でも真ん中あたりの内陸部ですからね」、と私が説明するとその男は「嘘つくなよ、地図をみたらフロリダってとても細い州じゃないか!」
この男は地図の縮尺観念がわからないんですね…

 


02-26 Fucking lights
 A
s the sun beginning to rise, the cabin of the jetliner was suddenly illuminated.
"Who turned on the fucking lights?" a male passenger snarled at a stewardess.
She had enough of this particular character, because he had been snarling and complaining since boarding.
"These are the breakfast lights, sir," she answered with forced sweetness.
"The fucking lights are much dimmer, and you snored right through them."

 クソッタレ灯り
 太陽が昇り始め夜が明けたので、旅客機室内の灯りが一斉に点けられた。
「誰が、このクソッタレ灯りを点けたんだ!」と、一人の男性客がスチュワーデスを大声で怒鳴りつけた。
この男は旅客機に乗った時から文句ばかり言っているので、スチュワーデスもいい加減頭に来ていた。
「これは朝食のために点けられた灯りです。あなたの仰有るクソッタレ灯りはもう少し薄暗くボンヤリしているんですよ。そうそう、あなたはそのクソッタレ灯りの中で大鼾をかいて寝ていましたけどね」


02-27 Pilot with the seeing eye dog
 I
was flying from San Francisco to Los Angeles.

 By the time we took off, there had been a 45-minute delay and everybody on board was ticked. Unexpectedly, we stopped in Sacramento on the way.
The flight attendant explained that there would be another 45-minute delay, and if we wanted to get off the aircraft, wewould reboard in 30 minutes. Everybody got off the plane except one gentleman who was blind. I noticed him as I walked by and could tell he had flown before because his Seeing Eye dog lay quietly underneath the seats in front of him throughout the entire flight. I could also tell he had flown this very flight before because the pilot approached him and, calling him by name, said, "Keith, we're in Sacramento for almost an hour. Would you like to get off and stretch your legs?" Keith replied, "No thanks, but maybe my dog would like to stretch his legs."

 Picture this: All the people in the gate area came to a completely quiet standstill when they looked up and saw the pilot walk off the plane with the Seeing Eye dog! The pilot was even wearing sunglasses. People scattered. They not only tried to change planes, they also were trying to change airlines!

 盲導犬を連れたパイロット
 私が飛行機でサンフランシスコからロサンジェルスへ行った時の話です。

 出発が既に定刻より45分遅れ、乗客はイライラしていました。さらに飛行途中予定外のサクラメント降りて、乗務員から「更に45分遅れるので、乗客の皆様が飛行機から降りて外でくつがれることを希望されるなら、30分以内にお戻り下さい」というアナウンスがありました。乗客は一人の盲目の男性客を除いて全員飛行機から出て行きました。私はこの飛行機に搭乗して、その盲目の客の横を歩いて通り過ぎた時、彼は何度も飛行機で旅をしていることに気付いていました。というのは彼の盲導犬は彼の座席の足下におとなしく座り、飛行している間ずっとそこに控えていたからです。しかも彼はこの定期便を以前に利用していることもわかりました。というのはパイロットがこの盲目の客に近づいて、「キース、僕らは今サクラメントで一時間弱止まっているんだけど、飛行機の外に出て手足を伸ばしたらどうだい?」と声をかけたからです。キースと呼ばれた男は、「いや、結構。ここでいいよ。でも僕の犬は手足を伸ばしたいだろうな」と答えました。

 さて皆さん、それからの光景はこういうことです。パイロットが盲導犬を連れて飛行機のタラップから降りて来たものですから、飛行機の外に出て搭乗口付近で休んでいた乗客全員の目が点になってしまいました。しかもこのパイロットはご丁寧にサングラスまでかけていたんです!乗客はワっと声を上げて蜘蛛の子を散らすように空港カウンターに殺到し、再びこの飛行機に乗ることをキャンセルしたのみならず、この航空会社以外の飛行機に乗り継ぐよう予約変更を要求したのです。

パイロットが盲人と紛らわしい格好で出てくるから、乗客はパニックになったのです。

02-28 Everyone except a lawyer
 A
n airliner was having engine trouble.
 To avoid panicky situation, the pilot refrained from announcing through intercom, he instructed the cabin crew to have the passengers take their seats and prepare for an emergency landing.
 A few minutes later, the pilot asked the flight attendants if everyone was buckled in and ready.
 "All set back here, Captain," came the reply, "except one lawyer who is still passing out business cards."

 弁護士を除いて
 旅客機のエンジンが故障したが、操縦士はパニックを避けるためそのことを機内放送せずに、客室乗務員に乗客を座席に戻らせて緊急着陸に備えるよう支持した。
 数分後操縦士は客室乗務員に乗客全員が席に着いてシートベルトを締めて、緊急着陸の準備が整ったかどうか尋ねると、「キャプテン、乗客全員準備が整ったのですが、一人の弁護士だけが未だに席に着かずにあちこち自分の名刺を配りまくっているんです」という答えが返ってきた。


02-29 Air sick
 A
n little guy gets on a plane and sits next to the window.
A few minutes later, a big, heavy, strong, mean-looking, hulking guy plops down in the seat next to him.
The huge man glares threateningly at his neighbor, crowds the little guy so much that he's flattened against the window, and immediately falls asleep.
After the plane takes off, the little guy starts to feel a little air sick, but he's afraid to wake the big guy up to ask if he can go to the bathroom.
After a few attempts, he realizes that he can't climb over him, and so the little guy is sitting there, looking at the big guy, trying to decide what to do.
Suddenly, the plane hits an air pocket and an uncontrollable wave of nausea passes over the little fellow.
He just can't hold it in any longer and finally pukes all over the big guy's chest.
About five minutes later the big guy wakes up, looks down, and sees the vomit all over him.
"So," the little guy says brightly, "are you feeling better now?"

 飛行機酔い
 小柄な男性が飛行機の窓際の席に座った。
数分後図体が大きく、重くて強そうな骨格で強面の顔をした大男が、のそっと彼の隣の席に座った。
脅しつけるような目付きで隣の小柄な男を睨みつけて、ぐいぐい自分の身体をはみ出してくるものだから、小柄な男は板の様に平らに窓に押しつけられてしまった。
大男は直ぐに眠ってしまったが、飛行機が離陸した後、小柄な男は飛行機酔いして気持ち悪くなってしまった。
しかしトイレに行くために隣の席を占領している大男を起こすのは気が引けたので、何とかその男を乗り越えて通路に出ようと、何回か試みた。
しかしどうやっても乗り越えられず、小柄な男はどうしようか途方に暮れた。
突然飛行機が気流の谷間に入って揺れがひどくなったため、男はむかつきを堪えることが出来なくなり、必死に押さえようとしたが、結局隣の大男の胸に、ゲロを吐き出してしまった。
分後に大男は目を覚まし、胸元を見下ろすと自分の服が嘔吐物で汚れていることに気付いた。
小柄な男はことさら陽気な調子で、大男に話しかけた。「やぁ、あんたは、吐いたらすっきりしたみたいだね」


02-30 Smoking section
 I
t was actually heard on a West Jet Airline flight;
Ladies and gentlemen, if you wish to smoke, the available smoking section on this airplane is on the wing. If you can light them, you can smoke them. Good luck!

 喫煙コーナー
 以下のアナウンスは実際にウエスト航空で機内案内されたものである。
「お客様、もしお煙草が吸いたい場合は、当機には喫煙コーナーがございます。それはこの飛行機の翼の上にございますので、もしそこに立って煙草に火をつけることが出来ましたら、そこでご自由に喫煙されて結構でございます。ご幸運をお祈りします」

#02-1〜1011〜20・21〜30・31~4041〜50


*  
*