●Kazさんのページ

#02.Airline
Airline(航空機)Jokeはスチュワーデスの立ち振る舞いや、一風変わった乗客など
地上を離れた旅客機の密室空間で起こるさまざまな話を題材にしたものです。

#02-1〜1011〜2021〜30・31~40

02-31 Wing-tip
 O
n a recent flight, an elderly passenger kept peering out the window.
Since it was totally dark, all she could see was the blinking wing-tip light.
Finally, she rang for the flight attendant.
"I'm sorry to bother you," she said, "but I think you should inform the pilot that his left-turn indicator is on and has been for some time."
 翼灯
 ごく最近の飛行機旅行での出来事だった。
一人の女性老人客が座席からじっと窓の外を眺め続けていた。
外は真っ暗だったのでこの老女が認識出来たのはチカチカ点滅する翼灯だけだった。
老女は客室乗務員を呼んでこう告げた。
「お忙しいところをお呼び立てして申し訳ありませんがね、でも機長に左折のランプが点滅し放しですよ、って教えてあげて下さいよ」
老女は飛行機の翼灯の点滅を、自動車のウインカーの点滅と同じだと思っているのです。

02-32 Intercom
 A
fter making his announcement, the captain forgot to turn off the intercom and his next comment to a copilot was heard throughout the cabin.
"Please keep your eye on the gauges. I'll have a cup of coffee and fuck that new stewardess Lisa."
Lisa was astonished and ran toward the cockpit to turn off the intercom.
Halfway down, an old gentleman stopped her, "Can't you wait, Lisa? Let him have his coffee first."
 機内放送
 機長からの報告を終えた後に、機内放送のスイッチを切り忘れたまま機長は副操縦士とお喋りを始めたものだから、その会話の内容は機内に筒抜けになった。
「計器をしっかり見つめて飛行しろ。私はコーヒーを一杯飲んでから新しいスチュワーデスのリサと一発やるからな」
この放送を聞いたスチュワーデスのリサはびっくりして、機内放送のスイッチを切るように慌てて操縦席に向かった。
途中の通路で老紳士が彼女を呼び止めた。
「少しは待っておやりよ、リサ。まず機長にコーヒーを飲ませてから、お楽しみをすればいいでしょ」

02-33 Probability
 A
fter the 9.11 terrorist suicide attack in New York, Bill was fearful about getting on board a plane.
He asked a mathematician the probability of being hijacked.
"It is one out of million that you and a hijacker with a bomb will be on the same plane," the mathematician answered.
"Well, what is the probability that two guys with bombs happen to get aboard on the same plane?" Bill asked.
The mathematician told him it was quite close to zero.
So Bill makes it a rule to carry a bomb himself when he gets into an airplane.
 確率
 9月11日にニューヨークで起こったテロリストによる自爆事件(=2001年9月11日狂信的テロリストが乗っ取った旅客機を世界貿易ビルセンターに突入させた事件)以来、ビルは飛行機に乗ることを極度に恐れていた。
彼は数学者にハイジャックに遭う確率を尋ねた。
数学者が「爆弾を持った飛行機乗っ取り犯と一緒になる確率は、百万分の一だ」と答えると、ビルは「それなら爆弾を持った二人の男が同じ飛行機に一緒に乗る確率は?」と尋ねた。
「それは限りなくゼロに近い」と数学者が答えた。それ以来ビルはいつも飛行機に乗る時、自分で爆弾を抱えて乗ることにしている。

02-34 East Germany and West Germany
 T
wenty years ago, a plane was flying at 20,000 feet over Germany.
If you recall, Germany at the time was politically divided into West Germany and East Germany.
Anyway, during the flight, THREE of the engines failed.
The pilot, realizing that the last remaining engine is also failing, decides on a crash landing procedure.
Unfortunately the fourth engine fails before he has time to attempt an emergency landing, and the plane crashes smack in the middle of "no man's land" between East Germany and West Germany.
Where would you bury the survivors?
In East Germany or West Germany or in "no man's land"?

 Answer: You don't, of course, bury survivors.
If you said ANYTHING else, you are a real dunce and you must NEVER try to rescue anyone from a plane crash.

 東ドイツと西ドイツ
 20年前、ドイツの上空20,000フィートのところを飛行機が飛んでいた。
思い起こせば、その当時ドイツは西ドイツと東ドイツに分かれていた。
それはともかく、この飛行機は飛行中三つのエンジンが故障し、パイロットは残っている一つのエンジンも駄目になりかかっていると悟ったので、胴体着陸を試みるしかない、と決意した。
ところが不運にも緊急着陸を試みる前に四番目のエンジンも止まってしまい、この飛行機は東ドイツと西ドイツの中間の「無人地帯」と呼ばれる領域に墜落してしまった。
あなたはどこに生存者を埋めますか?
東ドイツ?それとも西ドイツ?はたまた中間の「無人地帯」へ?

 答え:もちろん「生存者」を埋めたりなどしません。もしもあなたがこれ以外のどんな答えをしたとしたら、あなたはほんとにどうしようもない愚か者ですから、決して飛行機事故から人を救う、なんてことをしてはいけません。


02-35 AIR DO (Hairdo?)
 A
Japanese low price airways AIR DO jet plane crashed into a mountain in Hokkaido, killing all the 125 passengers and 6 crew members.
The accident inquiry team revealed the cause of the accident through checking the video tapes recorded in the cockpit.
The captain of the plane was so distracted by combing his HAIRDO with a hand mirror, both of his hands left the control stick.

 エアドゥ(髪型?)
 日本の格安航空会社エア・ドゥ(AIR DO)のジェット機が北海道の山に墜落し、125人の乗客と6人の搭乗員全員が死亡した。
事故調査委委員会が操縦席の録画ビデオを分析した結果、機長が操縦中に操縦桿から両手を離して、手鏡と櫛で自分の髪型(hairdo)を直すことに気を取られていたことが原因とわかった。

AIR DOは北海道札幌に本社を置く日本の航空会社です。
AIR DOとHAIRDOの文字遊びです。

02-36 They will find us at any cost
 A
be and Esther are flying to Australia for a two week vacation to celebrate their 40th wedding anniversary.
Suddenly, over the public address system, the Captain announces, "Ladies and Gentlemen, I am afraid I have some very bad news. Our engines have ceased functioning and we will attempt an emergency landing. Luckily, I see an uncharted island below us and we should be able to land on the beach. However, the odds are that we may never be rescued and will have to live on the island for the rest of our lives!"

 Thanks to the skill of the flight crew, the plane lands safely on the island.
An hour later Abe, still shaken from the crash landing, turns to his wife and asks, "Esther, did we pay our American Express card yet?"
"No, sweetheart, I'm sorry I forgot to send the check," she responds.
"Esther, did you remember to send checks for the Visa and Master Card this month?" he asks.
"Oh, forgive me, Abe," begged Esther.
"I didn't send those ones, either."
Abe grabs her and gives her the biggest kiss in 40 years.
Esther pulls away and asks him, "What was that for?"
Abe answers, "Good! Esther, you did a good job! They'll find us at any cost!"

 どんなことをしても見つけるさ
 エイブとエステルは結婚40周年記念に、オーストラリア2週間の旅に出た。
突然彼等を乗せた飛行機の客席に、機長からの緊急放送が聞こえてきた。
「皆様、大変良くないニュースです。当機のエンジンが故障し動かなくなりました。緊急着陸を行います。幸い真下に海図には出ていませんが、島が見えます。この島の浜辺へ着陸させます。ただ無事出来たとしても、果たして我々が捜索隊に発見され救出されるかどうかは、保証の限りではありません。ひょっとすると、我々はこのまま一生残された人生をこの島で過ご
すことになるかも知れません」

 そして乗組員の優秀な飛行技術のおかげで、故障した飛行機はその島の浜辺へ無事着陸することに成功した。
一時間後、まだ事故の恐怖から回復出来ていないエイブが妻に向かってつぶやいた。
「エステル、アメリカンエクスプレスカードの支払いは済ませていたっけ?」
「あなた、ご免なさい。私支払用小切手を送っておくことを忘れてしまったのよ」と妻が答えた。
「エステル、今月のVISAカードとマスターカードの支払のために、小切手は送ってくれたかね?」と続けて質問すると、エステルは「本当にご免なさい、あなた。私そっちも忘れてしまったの。エイブ、お願い、許してちょうだい」と謝った。
するとエイブは妻をギュッと抱きしめ、この40年間したことがないような素晴らしいキスをしてくれた。
ボーっとなったエステルが我に戻ると、「エイブ、どういうつもり?」と尋ねた。
「エステル、よくやった!それなら奴等はどんなことしたって、僕達のことを探しだすだろうから、僕達は助かるぞ!」


02-37 One parachute short
 A
stewardess made an announcement as the airplane underwent serious air turbulence.
"Is there somebody who can pray?"
"I'm a priest," one man raised his hand.
"Good! Father, you better start praying now, because we're one parachute short," said the stewardess.

 パラシュートが一個不足です
 旅客機がひどい乱気流に巻き込まれた時、スチュワーデスが「どなたか乗客の皆様の中で神様にお祈り出来る方はいらっしゃいませんか?」と尋ねた。
「私は神父だが」と一人の男性が手を挙げた。
「まぁ、よかった。神父様、それじゃ直ぐにお祈りを始めていただけます?当機はパラシュートが一個不足しているものですから」とスチュワーデスが説明した。

祈りが通じず墜落した時は神父様の分のパラシュートがないので諦めて下さいね、ということです。

02-38 Clearance time
 A
Lufthansa airplane is waiting for clearance in Munich airport.

Lufthansa(in German): "Ground, what is our start clearance time?"
Ground(in English): "If you want an answer, you must speak in English."
Lufthansa(in English): "I am a German, flying a German airplane, in Germany. You are a German, controlling flights in a German airport. Why must I speak English?"
Unknown voice from another plane(in a beautiful British accent):  "Because you lost the bloody war!"

 離陸時刻
 ルフトハンザ航空機がミュンヘン空港で、離陸許可の指示を待っていた。

ルフトハンザ機(ドイツ語で): 地上管制塔、当機の離陸時刻は何時の予定か?
地上管制塔(英語で): その答えを知りたければ、英語で通話しなければならない。
ルフトハンザ機(英語で): 私はドイツ人で、ドイツの飛行機をドイツ国内で操縦している。君はドイツ人でドイツの空港で、航空機をコントロールしている。なぜ私が英語で喋らなければならないんだ?
見知らぬ他の航空機(見事な英国アクセントの英語で): クソ忌々しい戦争で、お前達は負けたからさ!

02-39 Chicken launcher
 T
he US Federal Aviation Administration (FAA) has developed a unique device for testing the strength of windshields on airplanes.
The device is a gun that launches a dead chicken at a plane's windshield at approximately the speed the plane flies.
The theory is that if the windshield doesn't crack from the carcass impact, it'll survive a real collision with a bird during flight.
The British Airway was very interested in this device and wanted to test a windshield on its brand new, speedy airliner.
The BA's engineers borrowed the FAA's chicken launcher and they loaded a dead chicken and fired.
The ballistic chicken shattered the windshield and it went through the captain's seat, broke an instrument panel and embedded itself in the wall of the cockpit.
The BA engineers were stunned and asked the FAA to recheck the test to see if everything was done correctly.
The FAA reviewed the test thoroughly and had one recommendation: "Use a thawed chicken."

 鳥発射機
 アメリカ連邦航空局(FAA)が、航空機の操縦席風防ガラス強度テストに使う独特の機械装置を開発した。
それは飛行機の操縦席に向けて、航空機巡航速度とほぼ同じスピードで死んだ鳥を発射する装置だった。
死んだ鳥が当たった衝撃で風防ガラスにヒビが入らなければ、理論上は飛行中に本物の鳥が衝突しても、飛行機は墜落しないで済むはずだった。
英国航空はこの装置に非常に興味を持ち、自社の最新高速旅客機の操縦席風防ガラス強度テストに使用したいと考えた。
英国航空の技術者達はFAAから「鳥発射機」を借りて、死んだ鳥を詰め込み自社機に向かって発射した。
ミサイルの様に飛んできた死んだ鳥は風防ガラスを粉々に砕き、機長席を貫き、コックピットの壁にぐっさり突き刺さった。
英国航空の技術者達は肝を潰さんばかりに驚き、結果をFAAに送り、テストが正しく行われたかどうか再チェックするよう依頼した。
FAAから次の回答が寄せられた。「鳥は解凍してから使用すること」

死んだ鳥は冷凍状態のまま飛行機と同じ速度で発射されたので、
弾丸と同じダメージを航空機操縦席風防ガラスに与えてしまったのです。

02-40 Actual preposterous complaints to travel companies from dissatisfied customers
1. "No-one told us there would be fish in the water. The children were scared."
2. "My fiancee and I requested twin-beds when we booked, but instead we were placed in a room with a king-sized bed.
  We hold you responsible and want to be re-reimbursed for the fact that I became pregnant.
  This would not have happened if you had put us in the room that we booked."
3. "The beach was too sandy. We had to clean everything when we returned to our room."
4. "We went on holiday to Spain and had a problem with the taxi drivers as they were speaking all Spanish."
5. "It took us 9 hours to fly home from Jamaica to England. It took the Americans only 3 hours to get home. This seems unfair."
6. " I was bitten by a mosquito. The brochure did not mention mosquitoes.
  It is your duty as a tour operator to advise us of mosquitoes."

 満足しなかった旅行客から旅行社に寄せられた非常識な苦情(実際にあった話)
1.誰も海の中に魚がいると教えてくれなかった。子供達は恐怖の体験をした。
2.私と私の婚約者はツインベッドの部屋を予約したのに、キングサイズのダブルベッドの部屋に案内された。
  私達は妊娠する結果になったが、これは貴社の責任であるので旅行代金を弁済してほしい。
  私達が当初予約していた部屋に泊まれたなら、予定外の妊娠は起こらなかったはずだからだ。
3.海辺は砂が多すぎて、部屋に戻る時は海辺に持って行った全ての物をきれいにしなければならなかった。
4.スペインに旅行したが、タクシーの運転手が喋るのはスペイン語だけだったので困ってしまった。
5.ジャマイカから英国に戻るには9時間かかる。アメリカ人なら3時間で戻れるのに、これは明らかに不公平な差別待遇だ。
6.私は蚊に刺された。旅行案内には蚊がいるということは書かれていなかった。
  蚊に対する対策を前もって注意するのは、旅行企画会社の義務だ。

#02-1〜1011〜2021〜30・31~40


*  
*