●Kazさんのページ

#03.Animal

#03-1〜10・11〜20・21〜3031〜4041〜5051〜6061〜70

03-11 Talking dog
 A
guy goes into a bar with his dog and introduces his dog to the bartender.
"This is Rex, the talking dog. I'll show you. Rex, what's on the top of the house?"
"Roof!"
"That's just a bark." says the bartender.
"Wait! Rex, what does sandpaper feel like?" the guy asks.
"Rough!"
"That's enough!" shouts the bartender.
"One more try. Rex, who was the greatest New York Yankees baseball player?"
"Ruth!"
"You and your dog get out!" The bartender jumps over the counter and tosses the man and the dog into the street.
The dog looks at the guy and says , "Do you think I should have said Dimaggio?"
 言葉を喋る犬
 犬を連れた男がバーに入ってきて、バーテンダーに彼の犬を紹介した。
「この犬はレックスといって、人間の言葉を喋るよからく聞いていてね。レックス、家の上にあるものは何だ?」
『ルーフ!』(屋根)と犬が吠える。
「それって、ただ吠えただけじゃないか」、とバーテンダー。
「ちょっと待って、聞いてよ。いいか、レックス、紙ヤスリの表面ってどんな感じがするかい?」と男が犬に尋ねる。
『ラフ!』(粗い)と犬が吠える。
「もう結構、やめてくれよ」とバーテンダーが叫ぶ。
「もう一回やらせてよ。レックス、ニューヨークヤンキースで最も偉大なプレーヤーは誰だったかな?」
『ルース! 』(ベーブ・ルースの愛称)
「あんたも、犬も出て行ってくれ!」とバーテンダーは、バーを乗り越えてこの男と犬をバーから表の道路に放り出してしまった。
犬は主人に向かって言った。『僕がディマジオって言えばよかったのかなぁ?』
Roof! Rough! Ruth! ではただ犬が吠えているだけみたいに聞こえるので、
バーテンダーはインチキだと思って表へ放り出したのですが、
この犬はちゃんと人間の言葉で 『僕がディマジオって言えばよかったのかなぁ?』と言えるのですから、
間違いなく言葉が喋れるのです。
最後のtwist(ひねり)が効いているジョークです。

03-12 Bilingual dog
 A
n advertisement for a manager to work in a bar near the U.N. with a high salary appears in the New York Times.
The qualifications are; knowledge of accounting, computer literacy, over 5 years experience in the bar business, the abili ty to speak more than one language.
The first applicant is a fox terrier with MBA degree in accounting.
The dog says he has taught computer science at MIT for 5 years and he ran his own bar in New Jersey for12 years.
The bar owner is very impressed with the terrier's qualifications and says, "One more question.
What about the language qualification?" The dog says, "Meow!"
 二カ国語を喋る犬
 ニューヨークタイムス支紙に国連近くのバーが、マネージャーを高給で新規採用するという広告が出た。
採用条件は(1)会計の知識があること、(2)コンピュータが使えること、(3)バーで働いた経験が5年以上あること、(4)母国語以外の外国語を何か喋れること、であった。
最初の応募者は、会計学のMBA(修士号)を持つフォックステリア犬だった。
この犬はMIT(マサチューセッツ工科大学)で5年間コンピューターサイエンスを教えてきたと言った。
また彼はニュージャージー州で自分のバーを12年間経営してきたとも言った。
広告を出したバーのオーナーはこのテリア犬の高い知識にいたく驚いた。
「最後の質問なんだが、外国語は何を喋れるのかね?」テリア犬は答えた。「ニャーン」
つまり犬語(ワンワン)だけでなく猫語(ニャーン)も喋れますよ、ということです。

03-13 Parrot's prayer
 A
lady approaches her priest and tells him, "Father, I have a problem. I have two female talking parrots, but they only know how to say one thing."
"What do they say?" the priest inquired.
"They only know how to say, 'Hi, we're prostitutes. 'Want to have some fun?'"
"That's terrible!" the priest exclaimed, "but I have a solution to your problem. Bring your two female parrots over to my house and I will put them with my two male talking parrots that I taught to pray and read the bible. My parrots will teach your parrots to stop saying that terrible phrase and your female parrots will learn to praise and worship."
"Thank you!" the woman responded.
The next day the woman brings her female parrots to the priest's house.
His two male parrots are holding rosary beads and praying in their cage.
The lady puts her two female parrots in with the male parrots and the female parrots say, "Hi, we're prostitutes, want to have some fun?"
One male parrot looks over at the other male parrot and exclaims, "Put the be ads away. Our prayers have been answered!"
 オームの祈り
 一人の婦人が神父に近づくと、「神父様、私困っておりますの。私、雌のオ−ムを二羽飼っているのですが、この二羽は同じ事しか喋らないんです」
「いったい何て喋るんですか?」と神父が尋ねた。
「この二羽は『やあ、あたい達は娼婦よ、遊ばない?』としか言わないんです」と、この婦人が答えたものだから、神父は「そりゃひどい!」と叫 んだ。
「でも私に解決策があります。その二羽の雌のオームを私の所へ持っていらっしゃい。その二羽を私が飼っている二羽の雄のオームの籠に入れましょう。私のオームはお祈りの仕方と聖書の読み方を私が教えましたからね。あなたの雌のオームにそんなひどい言葉遣いを止めて、神を称えて祈るように、私のオーム達が教育するでしょう。」
「助かりますわ、神父様」と婦人は感謝した。翌日この婦人は問題の二羽のオームを神父の家に持ってきた。
神父の飼っている庭のオームは首からロザリオ(カソリックの数珠)を巻いて一心に祈っていた。
婦人が二羽の雌オームを神父のオームの籠にいれると、雌オームが早速「やあ、あたい達は娼婦よ、遊ばない?」と話しかけた。
雄のオームがもう一羽の仲間に向かって言った。
「数珠を捨てようぜ!ようやく僕たちの願いが叶えられたみたいだ!」
神父の雄オーム二羽は「雌オームとセックスさせてください」と毎日念じていたのですね。

03-14 Two Whales
 T
wo whales, a male and female, are swimming off the coast of Japan when the male whale looks up and sees the whaling ship that killed his father five years ago.
Excited at the opportunity to avenge his father's death, the male whale says to the female, "Let's go underneath the ship and blow air through our blow holes. That ought to knock their boat over, and make them think twice about killing innocent whales."
The female whale agrees, and the plan works perfectly.
Once the whaling ship has completely sunk, the male whale notices that most of the sailors are making their way back to the shore by either swimming or using lifeboats.
Not willing to let them get away so easily, the male whale yells, "They're going to shore - Let's go gobble them up!"
Just then, the female whale becomes less cooperative: "HEY!" she says, "I agreed to the blow job, but there is NO WAY I'm swallowing seamen!"
 二匹の鯨
 雄雌一対の鯨が日本の海岸沖を泳いでいた時、雄鯨が5年前に彼の父親を殺した捕鯨船を見つけた。
父親の敵を討つ絶好のチャンスにはやる気持ちが押さえきれずに、雄鯨は雌鯨に言った。「あの船の下に潜り込んで、我々の吹き上げる潮で船を転覆させよう! そうすれば罪のない鯨を殺すことを反省させてやることになる。」
雌鯨は同意して、この二匹の鯨の作戦は完璧に成功した。捕鯨船が沈没した時、船員達が泳いだり救命艇にしがみついたりして陸地へ向かっているのに気付いた雄鯨は、そう簡単に許してやるものかと思って、「奴らは陸地へ逃げるつもりだ。全員呑み込んでしまえ!」と叫んだ。
その途端雌鯨は非協力的な態度になった。「ちょっと待ってよ!私フェラチオはOKしたけど、精液を呑み込むことまでOKしていないからね!」
最後の雌鯨の台詞がダブル・ミーニングです。
Blow jobは(1)鼻の穴(blow hole) から潮を噴き上げて船を転覆させる、(2)フェラチオをする、の両方に、
swallowing seamenは (1)船員を呑み込む、(2)発音が同じのsemen(精液)を呑み込む、の両方に掛けています。

03-15 Elephant
 W
hat did the elephant say to the guy who has a ten-inch dick?
"Very nice, but can you eat peanuts with it?"
 象
 10インチ(≒25cm)の男性器を自慢する男に対して象は何といったでしょうか?
「立派な道具を持ちですね。でもそれでピーナツを口に運ぶことができますか?」

03-16 THAT question
 A
chicken and an egg are lying in bed.
The chicken is smoking a cigarette with a satisfied smile on its face.
The egg is frowning with disappointment.
The egg mutters to no one in particular, "Well, I guess we answered THAT question!"
 あの質問
 鶏が卵と同衾していた。
鶏は満足そうな表情でタバコを吹かしていたが、その横で卵は不満そうに眉間に皺を寄せていた。
そして誰にというわけでもなくボソリと呟いた。「まぁ、これであの質問の答えが出たわけよね」
「あの質問」とは有名な「卵が先か、鶏が先か」という質問です。
卵と鶏がセックスをした時、先に行った(クライマックスに達した)のは鶏だったというのは、この状況から明らかです。
まだ行っていない卵は満足しておらず、「鶏が先だというのが答えだ ったのよね」と皮肉を言っています。

03-17 Kangaroo
 A
kangaroo kept getting out of his enclosure at the zoo.
Knowing that he could hop high, the zoo officials put up a ten-foot fence.
Again the kangaroo was out the next morning, just roaming around the zoo.
So the fence was extended to twenty-foot.
But the kangaroo was out the next morning.
Frustrated the zoo of ficials built a fence forty feet high.
A camel in the next enclosure asked the kangaroo, "How much higher do you think they'll go?"
The kangaroo said, "About a thousand feet. Unless somebody locks the gate at night!"
 カンガルー
 動物園のカンガルーがいつの間にか檻の外に出てしまう現象が続いていた。
カンガルーは跳躍力が優れているので、動物園の係は檻のフェンスの高さを10フィート(3m)に作り替えた。
しかしその翌朝もカンガルーは檻の外に出て、動物園の中を徘徊していていた。
そこで動物園の係はフェンスの高さは20フィート(6m)まで高くした。
けれどその 翌朝もカンガルーは檻の外にいるところを発見された。
頭に来た係はフェンスの高さを40フィート(12m)にした。
カンガルーの隣の檻のラクダがこれを見ていて、「いったい連中はどこまでフェンスを高くするつもりなんだろうね?」とカンガルーに聞いた。
カンガルーがこう答えた。「多分千フィートまでだって高くするだろうよ。その前に誰かが檻の鍵を掛けるようになれば、話は別 だがね。」
檻に鍵が掛かっていないから、カンガルーは毎日外へ抜け出すことが出来るのです。

03-18 A dog playing the piano
 A
dog sat onstage and played several classical tunes on a piano.
As the audience applauded, a larger dog came up and forced the first dog from its stool and led it into the wings of the stage.
Backstage, the trainer sighed to the theater manager, "That's his mother. She wants him to give up music and go to law school."
 ピアノを弾く犬
 犬がステージのピアノに向かい、クラシック曲を数曲弾いた。
観衆が拍手喝采するとステージの上の犬より大きな犬が現れて、ピアノを弾いていた犬を椅子から引きずり下ろすと舞台の袖に引っ張って行ってしまった。
この風景を舞台の裏から見ていた犬の調教師が、舞台監督にぼやいた。
「あれは、母親の犬なんですよ。おっかさん犬と来たら、彼に音楽なんか止めて学校に行って勉強して弁護士になれ、ってうるさいんですよ」
立身出世を目指す人間ならともかく、
ピアノが弾ける犬だったら、それだけで充分世の中渡っていけるのにねぇ…。

03-19 Two pigs
 T
wo Hawaiian farmers from a small town in the countryside near Hilo were walki ng home together after each purchased a pig.
One said to the other "How are we going to tell them apart?"
The other answered, " We'll cut the left ear off of yours."
After a while the pigs got in a fight and after they had both bitten off each other's ears.
"Now what are we going to do?" one asked to the other.
"We'll cut the tail off of mine."
A little while later the pigs got in anothe r fight and at the end of it they both were missing their tails.
"What will we do now?" one asked again.
After giving it some thought one said, "We'll cut the leg off of yours."
"That is not humane!" the other cried.
So after some more thought he said "Well, lets just call the white one yours and the black one mine."
 二匹の豚
 ハワイのヒロに近い田舎の小さな町からやってきた農民が二人、それぞれ豚を一匹ずつ購入して家に向かって一緒に歩いて帰る途中の出来事だった。
一人の農民が「二匹の豚はどうやったら区別出来るかな?」ともう一人の農民に聞くと、「そうだな、君の豚の耳を切り落とせば区別 できるだろう」と答えたのでそうすることにした。
ところがしばらく歩いているうちに二匹の豚が喧嘩を始め、どちらの豚も両耳をお互い食いちぎられてしまった。
「困ったな、こうなったらどうやって区別出来るかな?」と一人がもう一人の農民に尋ねた。
「じゃ、今度は僕の豚の尻尾を切り落とせば区別出来るよ」と答えたのでそうした。
ところがまたこの二匹の豚が喧嘩を始め、どちらの豚も尻尾がない状態になってしまった。
「さぁ、こんどはどうやって区別しようか?」と一人が言うと、もう一人が暫く考えた末に、「じゃ、次は君の豚の足を切り落としたら?」と提案した。
「それはヒドい!残酷すぎるよ」ともう一人の農民は大声で反対した。
最初の男はまた暫く考え、「それじゃ白い豚を君のものとして、黒い豚を僕のものにすればいいじゃないか」と言った。
最初から白豚と黒豚で色で区別がつくのだから、耳や尻尾を切る必用はなかったのに 。

03-20 Angry Snail
 A
guy hears a knocking on his door. He opens it up, and no one is there.
He looks all around and he finally sees a little snail sitting on the doormat.
He picks it up and throws it across the street into a field.

 One year goes by, and one day he hears a knocking on his door. He opens it up and no one is there.
He looks all around and he finally sees the little snail sitting on the doormat.
The snail says, "What the fuck was that all about?"

 カタツムリが怒った
 ドアをノックする音が聞こえたのでドアを開けたが、誰もいなかった。
男はもう一度隅から隅まで見回して、ドアマットの上に小さなカタツムリがいることに気づいた。
彼はそのカタツムリを拾い上げると、家の前の道路を越えた草むらの中にポーンと放り投げた。

 一年経過して、男は再びドアをノックする音を聞いた。
ドアを開けると誰もいなかったがよく探すと、あのカタツムリがまたドアマットの上にいた。
カタツムリは男に文句を言った。「いったい、どういうつもりで僕のことを放り投げたんだ!」

カタツムリはこの男に放り投げられたことを怒って、
文句を言うために草むらの中から戻って来るのに一年かかったのです。

#03-1〜10・11〜20・21〜3031〜4041〜5051〜6061〜70


*  
*