●Kazさんのページ

#03.Animal

#03-1〜1011〜20・21〜30・31〜4041〜5051〜60

03-21 Afterlife
 A
couple made a deal that whoever died first would come back and inform the other of the afterlife.
Their biggest fear was that there was no afterlife.
After a long life, the husband was the first to go, and true to his word he made contact, "Honey, honey."
"Is that you, Tom?"
"Yes, I've come back like we agreed."
"What's it like?"
"Well, I get up in the morning, I have sex, I have breakfast, off to the golf course, I have sex, I bathe in the sun, and then I have sex twice. I have lunch, another romp around the golf course, then sex pretty much all afternoon. After supper, golf course again. Then have sex until late at night. The next day it starts again."
"Oh, Tom you surely must be in heaven."
"Not exactly, I'm a rabbit in Idaho."

 来世
 ある夫婦は来世が本当にあるのかどうか非常に不安だったで、夫婦がどちらかが先に死ぬ ことになっても、残った相手に来世があるのかどうかを知らせることにしようと約束した。
長い年月を一緒に暮らし、夫が先に冥土に旅立つこととなった。そして約束通 り夫は、あの世から妻に接触を図った。
夫:ねぇ、お前…
妻:え?あなた、トムなの?
夫:そうだよ。約束通り、お前にあの世のことを伝えるため戻ってきたよ
妻:あの世って、どんな暮らしをしているの?
夫:まず朝起きるとセックスをするんだ。そして朝食後にゴルフコースに走って出かけて、そそこでまたセックスをする。陽の光をいっぱいに浴びてさらにセックスを二回する。昼食後にまたゴルフコースを跳ね回って、午後はそこでセックスをし続ける。夕食後もまたゴルフコースに出て夜遅くまでまたセックス三昧。翌日も全く同じパターンで始まる。
妻:へぇー、トム、確かにそれは天国ねぇ。
夫:いや、そいつは正しくない。僕は今アイダホ州の兎になっているだけさ。


03-22 Smartest dog
 F
our men, an engineer, an accountant, a chemist and a government worker, were bragging about how smart their dogs are.
To show off, the Engineer called to his dog. "T-Square, do your stuff".
T-Square trotted over to a desk, took out some paper and a pen and promptly drew a circle, a square and a triangle.
Every one agreed that was pretty smart.
 But the Accountant said his dog could do better. He called his dog and said, "Slide Rule, do your stuff."
Slide Rule went out into the kitchen and returned with a dozen cookies.
He divided them into 4 equal piles of 3 cookies each.
Everyone agreed that was good.
 But the Chemist said his dog could do better. He called his dog and said, "Measure, do your stuff."
Measure got up, walked over to the refrigerator, took out a quart of milk, got a 10 ounce glass from the cupboard and poured exactly 8 ounces without spilling a drop.
Everyone agreed that was good.
 Then the three men turned to the Government worker and said, "What can your dog do?"
The Government Worker called to his dog and said, "Coffee Break, do your stuff."
Coffee Break jumped to his feet, ate the cookies, drank the milk, dumped on the paper, sexually a ssaulted the other three dogs, claimed he injured his back while doing so, filed a grievance report for unsafe working conditions, put in for worker's compensation and went home on sick leave.
Everyone agreed that was awesome!

 一番利口な犬
 技師、会計士、化学者、公務員の四人の男が、自分の犬は利口だと自慢し合っていた。
お互いの犬の芸当を見せることになって、技師は自分の犬にこう呼びかけた。「四角形、おまえの技を見せておやり!」
四角形と呼ばれた犬は机まで歩くと紙とペンを取って きて、円、四角形、三角形を描いてみせた。
見物していた男達はなかなか賢い犬だと言 った。
 次に会計士が「計算尺、お前の技を見せておやり!」と呼びかけた。
計算尺と呼ばれた犬は台所に行って1ダースのクッキーを持ってきた。そしてその12個のクッキーを3つずつ山積みにして、4箇所に分けて置いた。
男達はこの犬は凄いと認めた。
 しかし化学者は自分の犬の方がもっと利口だと言って、「測量、お前の技を見せておやり!」と呼びかけた。
測量と呼ばれた犬は、ピクリと起きあがると冷蔵庫の前に行って扉を開けて1クオートのミルク瓶を取り出し、食器棚の中から10オンスのグラスを取りだした。そして10オンスのグラスに、牛乳を一滴もこぼさずにピッタリ8オンスまで注いでみせた。
誰もがこの犬は優れていると認めた。
 そして最後の一人、公務員に他の三人の視線が集まった。「コーヒータイム、お前の技を見せておやり!」と公務員が自分の犬に呼びかけた。
コーヒータイムと呼ばれた犬はピョンと跳ね起きると、目の前のクッキーを皆食べて、牛乳を飲んで、紙の上に糞をすると、最初の三匹の犬に次々と襲いかかって犯してしまい、他の犬との性交により背中を痛めたと文句を言って、安全でない職場環境で働かされたという上申書を提出し、休業補償を要求し、病気のため欠勤すると言って家に戻ってしまった。
四人の男はこの犬が一番利口だ、大したものだと誉めた。

公務員はこういういい加減なことをして、なおかつ自己正当化するんですかね?

03-23 Two fleas
 T
wo fleas had an arrangement to meet every winter in Miami for a vacation.
Last year when one flea gets to Miami, he's shivering and shaking.
The other flea asks him, "Why are you shaking so badly?"
The first flea says," I rode down here from New Jersey in the mustache of a guy on a Harley."
The other flea responds saying, "That's the worst way to travel. Try what I do. Go to the Newark airport bar. Have a few drinks. While you are there, look for a nice stewardess. Crawl up her leg and nestle in where it's warm and cozy. It's the best way to travel that I can think of."
The first flea thanks the second flea and says he will give it a try next winter.
A year goes by..... When the first flea shows up in Miami he is shivering and shaking again.
The second flea says, "Didn't you try what I told you?"
"Yes," says the first flea, "I did exactly as you said. I went to the Newark airport bar. I had a few drinks. Finally, this nice young stewardess came in. I crawled right up to her warm cozy spot. It was so nice and warm that I fell asleep. When I woke up, I was back in the mustache of a guy on a Harley."

 二匹の蚤
 二匹の蚤が、毎年冬の休暇をマイアミで過ごす約束をしていた。
昨年一匹の蚤がマイアミに到着した時は、寒さのため全身ガタガタ震えていた。
もう一匹の蚤が「どうして、そんなにひどく震えているんだね?」と聞くと、最初の蚤は「僕はニュージャージー州からハーレーオートバイに乗った男の髭の中に入って移動したもんでね」と答えた。
二番目の蚤が言った。「それは、最悪の旅行だな。僕がどうやってここまで旅行したか教えてやるから、次は君も同じようにしてごらんよ。いいかい、まずニューアーク空港のバーに行くんだ。四、五杯飲みながらね、可愛いスチュワーデスを捜すんだよ。その可愛い娘ちゃんの足をツツツっと這い上がって、その奥の暖かくて気持ちいい場所に潜り込む。このやり方が一番快適な移動方法だと思うんだがね」
最初の蚤は二番目の蚤に、「いい話を聞かせてもらって有難う、次回はその方法を使うよ」と礼を言った。
さて一年後……またマイアミで二匹の蚤は再会したが、最初の蚤はやはりガタガタ震えていた。
二番目の蚤が「僕が去年言った通りにしなかったのかい?」と最初の蚤に尋ねると、「もちろん、君の言った通 りにやってみたよ」と最初の蚤は答えた。
「ニューアーク空港のバーに行って四、五杯飲みながらスチュワーデスを物色し、最後にとびきり上等なスチュワーデスがやって来たので、その女の足から這い上がって、彼女の暖かくて心地よい場所に潜り込む、ここまでや良かったんだ。あまりに心地よいのでぐっすり眠ってしまったんだが、気が付いたらハーレー野郎の髭の中に居たんだよ…」

最初の蚤は、とびきり上等なスチュワーデスの局部に入り込んだまでは良かったので すが、
ハーレー野郎が彼女といい仲になって、彼女の局部を唇で愛撫したので、
そこに潜っていた蚤は引っ張り出され、ハーレー野郎の髭に移され、
そして昨年同様吹き曝しの状態でマイアミまで旅行したということです。

03-24 Second language
 A
cat and her four kittens came face-to-face with a large collie.
While the kittens cowered, the cat let out a series of loud barks, scaring the dog away.
Turning to her kittens, the cat said, "You see how important it is to know a second language?"

 第二外国語
 猫が四匹の子猫を連れて歩いていると、向こうから大きなコリー犬が歩いてきて猫達を睨み付けた。
子猫達はすくみ上がってしまったが母猫は犬の鳴き声で大きく吠えた。
コリー犬は驚いて逃げ去ってしまったので、子猫達に向き直ると母猫はこう言った。「ね、第二外国語が、いかに大切かよくわかったでしょ?」


03-25 Movie film
 T
wo goats are out behind a movie studio eating old movie film.
One goat says to the other, "Pretty good, huh?"
The second goat says, "Yeah, but it's not as good as the book."

 映画フィルム
 二匹の山羊が映画スタジオの後ろで、古い映画フィルムをもぐもぐ食べていた。
一匹の山羊がもう一匹に話しかけた。「映画フィルムも、なかなか美味しいと思わないかい? 」
二匹目の山羊が答える。「まぁね、でも原作の本ほどうまくはないね」

二匹目の山羊は「セルロイドの映画フィルムより、紙で出来た本の方が美味しい」と答えたのですが、
同時に「映画よりは、やはり原作の方が優れているよ」という一般論 をさりげなく言っていることにもなります。

03-26 How to tell the sex of a fly
 A
woman walked into the kitchen to find her husband stalking around with a fly swatter "What are you doing?" She asked.
"Hunting Flies" He responded.
"Oh. ! Killing any?" She asked.
"Yep, 3 males, 2 Females," he replied.
Intrigued, she asked. "How can you tell them apart?"
He responded, "3 were on a beer can, 2 were on the phone."

 蝿の雌雄はどうやって区別出来るか?
 妻が台所に歩いて入ると、彼女の夫が蠅叩きをもって蝿を追い回している光景に出くわした。
「あなた、そこで何をしているの?」と妻が尋ねると、「蝿を退治しているのさ」と夫が答えた。
「あぁ、そうなの。で、何匹か殺した?」と妻が聞くと、「うん、雄の蝿を三匹と、雌の蝿を二匹やっつけたよ」と夫が言った。
「どうして蝿の雌雄が区別出来るの?」と対間が質問すると、「三匹は缶ビールの上に止まっていたし、二匹は電話の上に止まっていたからね」


03-27 Bambi's mother
 H
ow do you know Bambi's mother was a prostitute?
She fucked for bucks.

 バンビの母親
 バンビの母親が売春婦だったって?
彼女はドル札(buck)のためにセックスしてたんだから。

Buckには(1)雄鹿、(2)1ドル紙幣という意味があります。

03-28 Panda
 A
prostitute offered her service to a panda.
The panda said "Good. Let's do it ."
Once it was over, the panda turned to leave.
The prostitute stopped him. "Hey, you must pay me."
Panda asked why and she flipped through a dictionary and read the definition of prostitute.
"Someone who offers sex for money."
Then panda turned pages and pointed out the definition of panda; Animal that eats shoots and leaves.

 パンダ
 売春婦がパンダに「一緒に遊ばない?」と声をかけた。
パンダは「いいね!じゃ早速遊ぼう」と答えた。
さてSEXが終わるとパンダはそのまま去ろうとした。
売春婦が「ねぇ、お金払ってくれなきゃ困るわ」とパンダを止めた。
「どうして?」と尋ねるパンダを納得させるため、売春婦は辞書をめくって「売春婦」の定義を読み上げた。
「売春婦=お金をもらうためにSEXする人のこと」
パンダは辞書のページをめくって 「パンダ」が定義されている場所を指差した。
「パンダ=竹の芽と葉を食べる動物」

日本語だと「??」ですが、shootには「植物の芽」という意味の他に
「発射する」 から発展した「射精する」という意味が有ります。
またleavesはleaf(葉)の複数形 ですが、去る(leave)という意味もあります。
「パンダ=竹の芽と葉を食べる動物」は「パンダ=射精して去る動物」とも読めるので、
タダでSEXしてそのままバイバイ、 ということを正当化しようとしています。

03-29 Centipede
 A
man goes into a pet shop and tells the owner that he wants to buy a pet that can do everything.
The owner says, "How about a dog?"
The man replies, "A dog ? That's so ordinary! And a dog can't do everything!"
The owner says, "How about a cat?"
The man replies, "No way! A cat certainly can't do everything. I want a pet that can do everything!"
The owner thinks for a minute and says, "I've got it -- a centipede!"
The man says, "A centipede? I can't imagine a centipede doing everything. But, okay...I'll try a centipede."

He gets the centipede home and says to it, "Clean the kitchen."
Thirty minutes later, he walks into the kitchen and it's immaculate. All the dishes and silverware have been washed, polished, dried and put away.
The countertops have been cleaned. The appliances are sparkling. The floor has been waxed.
He's absolutely amazed.
He says to the centipede, "Go clean the living room."
Twenty minutes later he walks into the living room.
The carpet has been vacuumed, the furniture clean and dusted, the pillows on the sofa plumped and the plants watered.
The man thinks to himself, "This is the most amazing thing I've ever seen. This is truly a pet that can do everything."
He says to the centipede, "Run down to the corner and get me a newspaper."
The centipede walks out the door.
Ten minutes later, no centipede. Twenty minutes later, no centipede. Thirty minutes later, no centipede.
The man is wondering what's going on. The centipede should have been back in a couple of minutes. Forty-five minutes later, still no centipede!
The man can't imagine what happened.
Did the centipede run away? Did it get run over by a car? Finally, he goes to the front door and opens it ...and there's the centipede sitting right outside the door.
The man says, "Hey! I sent you 45 minutes ago to run down to the corner and get me a newspaper. What's the story?"
The centipede says, "I'm goin'! I'm goin'! I'm puttin' on my shoes!"

 ムカデ
 一人の男がペットショップにやって来て、店の主人に何でも手伝ってくれるペットが欲しいと頼んだ。
「犬はどうですか?」と店主が勧めたが、男は「犬だって?平凡すぎるよ。それに犬は何でも出来るわけじゃない」と答えた。
「猫ならどうですか?」と店主が言うと、男は「絶対ダメだね。猫なんて何も手伝いやしないさ」と男は答えた。
店主は暫く考えてから「そうだ、こいつがいた!ムカデならご要望にピッタリですよ!」と言った。
「ムカデ?ムカデが何でも手伝うとは思えないけどなぁ…まぁ、いいや、取り敢えずそれを買おうか」と男は返事をした。

彼は家にムカデを連れて戻ると、「台所を掃除しろ!」と命じた。
30分後に男が台所に足を踏み入れると、そこは塵一つなく掃除されてあった。
すべての皿、フォーク・ナイフ類は洗って乾かし、綺麗に拭かれた後に食器棚に整理されてしまわれていた。
もちろん台所のカウンターも綺麗に磨かれていた。電子レンジや皿洗い機などの道具もピカピカに輝いていたし、床にはワックスまでかけてあった。
男は度肝を抜かすほど驚いてしまった。
男が「居間を掃除しろ!」とムカデに命じて20分後に居間を見に行くと、カーペットはしっかり電気掃除機で掃除され、家具は埃ひとつなく磨かれており、ソファーのクッションはへこみが取れ、部屋の観葉植物にはちゃんと水をやっていた。
「こんなムカデ見たことがない。こいつは今までのペットの中で一番役に立つな」と、男は一人つぶやいた。そして「外の新聞スタンドへ行って新聞を買って来い」と、ムカデに命じた。
ムカデは居間の扉を開けて玄関に歩 いて行った。10分経っても、20分経っても、そして30分経ってもムカデは戻ってこなかった。「一体何を手間取っているのか、こんなこと数分で済むことなのに」、と男は首を捻った。
45分経ってもムカデが来ないので、男は「ひょっとして、逃げてしまったのかな?それとも途中で車に轢かれてしまったのかな?」とあれこれ考えたが、たまらなくなって彼自身が表へ行ってみようと玄関に歩いていくと、そこにムカデが座っているのに気付いた。
「おい、45分前に表の新聞スタンドで新聞を買って来るように言っただろう?一体何をやっているんだ!」ムカデが必死に答えた。
「行きますよ、行こうとしているんですよ。でもまだすべての足に靴が履けていないんですよ」


03-30 The Rabbit
 A
little rabbit is happily running through the forest when he stumbles upon a giraffe rolling a joint.
The rabbit looks at her and says, "Giraffe my friend, why do you do this? Come with me running through the forest, you'll see, you' ll feel SO much better!"
The giraffe looks at him, looks at the joint, tosses it and goes off running with the rabbit.
Then they come across an elephant doing coke, so the rabbit again says, "Elephant my friend, why do you do this? Think about your health. Come running with us through the pretty forest, you'll see, you'll feel SO SO GOOD!"
The elephant looks at them, looks at his razor, mirror and all, then tosses them and starts running with the rabbit and giraffe.
The three animals then come across a lion about to shoot up... "Lion my fri end, why do you do this? Think about your health! Come running with us through the sunny forest, you will feel SO GOOD!"
The lion looks at him, puts down his needle, and starts to beat the shit out of the little rabbit.
As the giraffe and elephant watch in horror, they look at him and ask, "Lion, why did you do this? He was merely trying to help us all!"
The lion answers, "That little fucker makes me run around the forest like an idiot for hours every time he's on ecstasy!"

 ウサギ
 小さなウサギが森を幸せそうに走り抜けていると、ジョイント(=マリファナ)を巻いているキリンに出くわした。
ウサギは、彼女を見て「キリンちゃん、何でそんな事するんだよ?僕と一緒にに森の中を走り回ろうよ。そうすれば、そんなものを吸わなくても最高の気分になれるよ!」と声をかけた。
キリンはウサギとジョイントを交互に見つめると、ジョイントを投げ捨て、ウサギと一緒に走り回った。
すると、二匹はコーク(=コカイン)を吸っている象に出会った。
ウサギは今度も又「象君、何でそんな事するんだよ?自分の健康の事を考えなよ。僕達と一緒に美しい森を走ろうよ。きっと君もとっ ても良い気分になれるよ!」と話しかける。
象はウサギとキリンを見て、(コカインを砕く時に使っていた)剃刀の刃と鏡を見つめ、道具を全て投げ捨てて、ウサギとキリンと一緒に走り出した。
三匹の動物が次に遭遇したのは、ヘロインを打とうとしているライオンだった。
「ライオン君。何でヘロインなんてやるんだよ?体に良くないよ!僕達と一緒に陽の光を浴びて森を走れば、きっと君も良い気分になれるよ!」とウサギは話かけた。
ライオンはウサギを見つめると、自分の腕に打とうとしていた注射針を下に置き、小さなウサギをボコボコに叩きのめした。
キリンと象はあまりの恐ろしさに目を見張り、ライオンを見つめて聞いた。
「ライオン君、な、なんでそんなひどいことするんだよ!ウサギは、単に僕達を助けようとしただけじゃないか!」
するとライオンは答えた。「このバカ、自分がエクスタシー(=幻覚剤)でハイになると、いつだって俺を何時間もバカみたいに森の中を走らせるんだよ!」


#03-1〜1011〜20・21〜3031〜4041〜5051〜60


*  
*