●Kazさんのページ

#03.Animal

#03-1〜1011〜2021〜30・31〜40
41〜5051〜6061〜70

03-31 Cat scan and Lab test
 A
man runs into the vet's office carrying his dog, screaming for help.
The vet rushes him back to an examination room and has him put his dog down on the examination table.
The vet examines the still, limp body and after a few moments , tells the man that his dog, regrettably, is dead.
The man, clearly agitated and not willing to accept this, demands a second opinion.
The vet goes into the back room and comes out with a cat and puts the cat down next to the dog's body.
The cat sniffs the body, walks from head to tail, poking and sniffing the dog's body and finally looks at the vet and meows.
The vet looks at the man and says, "I'm sorry, but the cat thinks that your dog is dead, too."
The man is still unwilling to accept that his dog is dead.
So the vet brings in a black Labrador retriever.
It sniffs the body, walks from head to tail, and finally looks at the vet and barks.
The vet looks at the man and says, "I'm sorry, but this Lab thinks your dog is dead too."
The man, finally resigned to the diagnosis, thanks the vet and asks how much he owes.
The vet answers it costs $650.
"$650? Only to tell me my dog is dead?" exclaims the man.
"Well," the vet replies, "I would only have charged you $50 for my initial diagnosis. The additional $600 was for the CAT scan and Lab tests."

 CATスキャンと研究室での諸検査
 腕に犬をかかえた一人の男が、悲鳴に近い声をあげながら助けを求めて獣医の所へやって来た。
獣医は男と犬を診療室に入れると、犬を診療台の上に置くようにと男に命じた。
獣医はぐにゃっとなったまま身動きひとつしない犬を観察して、一呼吸おいてから「残念だけれど、あなたの犬は死んでいますね」と男に告げた。
この男は明らかに動揺し、犬が死んだということを認めようとせず、もう一人の検診と所見を聞きたいと言った。
獣医は別の部屋へ足を運び一匹の猫を抱えて診療室に戻ると、この猫を診療台の上の犬の横に置いた。
猫は犬の身体をクンクンと嗅いで、犬の頭から尻尾までの回りを歩き、時に横たわったままの犬の身体を突いたりしていたが、最後に獣医の方に顔を向けてニャーンと鳴いた。
獣医は犬の主人に向かって、「お気の毒だが、この猫もあなたの犬は死んでいるという意見のようですよ」と言った。
しかし犬の持ち主は未だ愛犬の死を受け入れたくないようだったので、獣医は黒いラブラドール・リトリバー犬を診療室に連れてきた。
このラブラドール犬は診療台に横たわっている犬の身体を嗅いで、犬の頭から尻尾までの回りを歩きまわり、最後に獣医の方に顔を向けてワン!と吠えた。
獣医は男の顔を見つめて「申し訳ないがこのラブラドール(Lab)犬も、あなたの犬は死んでいると言っている」、と言った。
男はついに診断の結果を受け止めざるをえなくなり、 獣医に「わかった、有難う。で、診断料金はいくらかね?」と尋ねた。
獣医が650ドルだと答えると、男は「650ドルだって?僕の犬が死んだかどうかを確かめて僕に言っただけなのに、何でそんな値段になるんだ?」と大声を出した。
「あぁ、最初の僕の診断だけなら50ドルだけさ。でもその後あなたが再検査を要求したので、CAT scan(Comput erized Axial Tomography:X線体軸断層撮影診断)と、研究室(Lab)による諸検査代が追加されたからだよ」


03-32 Genius Dog
 A
s a butcher is shooing a dog from his shop, he sees $10 and a note in his mouth, reading: "10 lamb chops, please."
Amazed, he takes the money, puts a bag of chops in the dog's mouth, and quickly closes the shop.
He follows the dog and watches him wait for a green light, look both ways, and trot across the road to a bus stop.
The dog checks the timetable and sits on the bench.
When a bus arrives, he walks around to the front and looks at the number, then boards the bus.
The butcher follows, dumbstruck.
As the bus travels out into the suburbs, the dog takes in the scenery.
After awhile he stands on his back paws to push the "stop" button, then the butcher follows him off.
The dog runs up to a house and drops his bag on the stoop.
He goes back down the path, takes a big run, and throws himself -Whap!- against the door.
He does this again and again. No answer.
So he jumps on a wall, walks around the garden, beats his head against a window, jumps off, and waits at the front door.
A big guy opens it and starts yelling and punching the dog.
The butcher runs up screams at the guy: "What the heck are you doing? This dog's a genius!"
The owner responds, "Genius ? Listen, man - that dog's no genius! It's the second time this week he's forgotten his key!"

 天才犬
 肉屋が店に入ってきた犬を追い払おうとしたら、この犬が口に10ドル札と「骨付き子羊肉を10本下さい」と書かれた紙を加えていることに気付いた。
驚いて彼は10ドル札を受け取ると子羊の肉を10本入れた袋を犬の口にくわえさせてやった。
肉屋は急いで店を閉めてこの犬の後をつけると、この犬は横断歩道で信号が緑になるまでちゃんと待って、左右を確かめてから横断歩道を渡り、バス停まで歩いて行くのでビックリした。
犬は時刻表でバスの到着時間を確かめ、バスが到着するとそのバスの前まで歩いて、何番のバスかを確かめ乗車した。
すっかり驚いて口も聞けなくなった肉屋も一緒のバスに乗り込んだ。バスが郊外へ進む間、この犬は窓から景色を眺めて現在位置を確認し、後足二本で立つと前足で「停車」ボタンを押した。
肉屋も慌てて犬の後からバスを降りた。
犬はある家の前まで駆け足で進み、玄関の前に肉の入った袋を置いた。
そしてそこから少し後ずさりし、勢いをつけて玄関に向けて走ってきて体当たりで玄関の扉に、ドシーンとぶつかった。
何回か体当たりを繰り返したが家の中からは誰も出て来なかった。
そこでこの犬はピョンと家の塀に飛び上がり、家の庭に飛び降りて庭を横切り、部屋のガラス窓に頭を打ちつけて家の中の人に合図をした。
体格の大きな男性が窓を開けて、犬を怒鳴りつけるなり一発顔面を殴りつけた。
外で見ていた肉屋は中に走り行ってくるなり、この男に叫んだ。「一体なんてことをするんだ!この犬は天才犬じゃないか!」
犬の飼い主は答えた。「天才だって?いいか、あんた、良くきけよ。この犬は天才なんかじゃない。今週家の鍵を忘れて外に行ったのは、これで二度目だぜ!」

鍵を忘れた位で、この飼い主はこんなに利口な犬をいきなり殴りますかねぇ…。

03-33 Nervous Bull
 A
farm girl was showing some agriculture students how to milk a cow by hand when a bull tore across the meadow towards her.
While the students all ran to the safety of the adjoining paddock, the farm girl didn't bat an eyelid, but continued milking.
As the amazed students looked on, the bull stopped suddenly a few meters away from the girl, turned around and walked forlornly away.
"Weren 't you afraid?" the students all asked, astounded.
"Of course not," the girl replied. "I happen to know that this cow is his mother-in-law."

 神経質な牛
 農場の女の子が雌牛の乳搾りのやり方を農業科の生徒に教えていると、突然一頭の雄牛が牧草地を横切って、彼女を目がけて突っ走ってきた。
生徒達は隣の小さな牧場に駆け込んで逃げたが、その農場の女の子は顔色一つ変えずに乳搾りをし続けた。
びっくりした生徒達は彼女を見ると、雄牛は農場の女の子から数メートル離れたところで突然止まり、くるりと背を向けて、しょぼしょぼと去って行った。
「怖くなかったの?」と生徒全員が驚きを隠せずに聞いた。
「全〜然!」と女の子が答えた。「だってこの雌牛、あの雄牛の姑だってことを知ってたもん」

人間世界と同じで、牛も娘婿は姑(mother-in-law)が苦手なようです。

03-34 Buss accident
 T
here was a terrible bus accident.
Unfortunately, no one survived the accident except a monkey which was on board and there were no witnesses.
The police try to investigate further but they get no results. At last, they try to interrogate the monkey.
The monkey seems to respond to their questions with gestures.
Seeing that, they start asking the questions.
The police chief asks, "What were the people doing on the bus?"
The monkey shakes his head in a condemning manner and starts dancing around; meaning the people were dancing and having fun.
The chief asks, "Yeah, but what else were they doing?"
The monkey uses his hand and takes it to his mouth as if holding a bottle.
The chief says, "Oh! They were drinking, huh??!" The chief continues, "Okay, were they doing anything else?"
The monkey nods his head and moves his mouth back and forth, meaning they were talking.
The chief loses his patience, "If they were having such a great time, who was driving the stupid bus then?"
The monkey cheerfully swings his arms to the sides as if grabbing a wheel.

 バス事故
 バス事故の大惨事が起こった。
たまたまそのバスに乗り合わせた一匹の猿以外には生存者は一人もなく、目撃者も誰もいなかった。
警察は事故現場を検証したが原因が掴めず、最後の手段としてこの猿は人間の質問を理解し、ジェスチャーで応えることが出来るようなので、警察は生き残ったこの猿に尋問してみることにした。
警察署長が「乗客はバスの中で何をしていたのかね?」と聞くと、猿は咎めるような仕草で頭を左右に振りながら、グルグル踊り出した。
おそらく『乗客は浮かれて踊り騒いでいた』という意味なのだろう。警察署長が続けて聞いた。「なるほど、で、他に何をしていたんだ?」
猿は片手で壜を掴むような仕草をして、その手を口に運んでみせた。
署長は「あぁ、連中は酒を飲んでいたんだ、そうだな?わかった。他に何をしていた?」と畳みかけて訊ねた。
猿はわかったというように首を振ると、口を前に出したり引っ込めたりした。
『乗客はお喋りしていた』という意味なのだろう。
署長は辛抱しきれなくなって言った。「いいか、バスに乗っていた連中がそんなに楽しんでいたとしたら、一体誰がバスを運転していたというんだ?」
猿はうれしそうに両腕を前に出して左右でハンドルを操る動作をした。


03-35 White Elephant
 W
hy do elephants want to get sun-tanned?
Because no one wants a white elephant.

 白い象
 何故象は日焼けしたがるのでしょう?
誰も白い象を欲しがらないからです

英語でwhite elephantとは「もらっても持て余す無用の長物」という意味があります。
タイでは白い象は神聖視され、飼うのに費用がかかるため、
王が失脚させたいと思う家臣には白い象を贈ったことがその語源とされています。

03-36 Crunch bird
 A
guy goes into a bar and sees a bird sitting on a perch.
He asks the bartender what kind of the bird is.
"Oh, that's a Crunch bird," replies the bartender.
"I've never heard of a Crunch bird," says the guy.
"Just watch," the bartender takes a newspaper off the bar and throws it down on the floor.
He turns to the bird and says, "Crunch bird, my paper!"
The bird swoops down and attacks the newspaper.
He rips it to shreds until there's nothing left but tiny pieces of confetti.
"Wow! Amazing! Can I try?" says the guy.
"Be my guest," the bartender replies.
The customer takes off his shoe and puts it on the bar and says, "Crunch Bird, my shoe!"
The bird flies down off the perch and picks the shoe up with his beak.
He slams the shoe down on the floor and starts attacking.
In no time, the shoe is reduced to nothing but a few pieces of leather and a shoelace.
Then the bird flies back to his perch behind the bar.
Suddenly a tough-looking guy walks into the bar.
He yells, "Give me a drink, now!"
He looks around the bar, snarling, and yells at the patrons, "What the hell are you clownslooking at? What the hell kind of stupid-looking bird is that?"
"That's a Crunch Bird," replies the bartender.
The tough guy laughs and yells, "Crunch bird !? My ass!"

 噛み砕き鳥
 一人の男がバーに入ると、止まり木にちょこんと乗っている鳥が目に付いた。
男がバーテンに「この鳥は何というのか?」と尋ねると、「あ、こいつは噛み砕き鳥(クランチバード)っていうんですよ」とバーテンが答えた。
「噛み砕き鳥?そんな種類の鳥は聞いたことがないな」と男が言うと、「まぁ、ご覧になって下さい」とバーテンは新聞を取り出して、それをポーンと床の上に投げ捨ててから鳥の止まり木に近付く、「クランチバード、私の新聞を!」と声を出した。
この鳥はサーッと床に舞い降りて新聞を攻撃し始めた。新聞紙は引き裂かれ、細く引きちぎられまるで紙吹雪の様に粉々に噛み砕かれてしまった。
「うわぁ、凄い!僕にも試させてくれよ」と男が言うと、「どうぞ、お好きなように」とバーテンは答えた。
男は靴を片方脱ぐと、バーのカウンターの上に置いて、「クランチバード、私の靴!」と声を出した。
鳥が止まり木からさっとカウンターの上に舞い降り、そこに置かれた靴を嘴でくわえて、床に叩きつけた。
そして床の上の靴を、あっという間に数片の細革と靴紐だけに噛み砕いてしまった。
作業を終えると鳥は再び先程の止まり木に戻って行った。
その時突然、強面の客がバーに歩いて入って来た。
「酒をくれ!」と大声で叫ぶと、バーの中の客達を眺め回しながら「おい、間抜け野郎共、一体何を見ていやがるんだ!一体何だ、この阿呆面した鳥は?」と怒鳴った。
「これはクランチバードですよ」とバーテンが答えると、強面客は大笑いしながら叫んだ。「クランチバード?俺のケツでもやりやがれ!」


03-37 Mad cow disease
 A
female reporter was conducting an interview with a farmer about Mad Cow Disease.
"Mr. Brown, do you have any idea what might be the cause of the disease?"
"Sure. Do you know the bulls only screw the cows once a year?"
"Umm, sir, that is a new piece of information, but what's the relationship between this and Mad Cow?"
"And did you know we milk the cows twice a day?"
"Mr. Brown, that's interesting, but, what's the point?"
"Lady, the point is this: if I'm playing with your tits twice a day, but only screwing you once a year, wouldn't you go mad, too?"

 狂牛病
 女性のレポーターが狂牛病に関して、酪農家にインタビューをしていた。
「ブラウンさん、狂牛病の原因について何かお考えがりますか?」
「もちろんさ。あんたは雄牛が雌牛と年に一度しか交配出来ないということを、知っているかね?」と言われたレポーターは、「えぇっと、それは初めて知りましたがそりが、何かこの狂牛病と関連が有るのでしょうか?」と聞き返した。
「それから、雌牛達は一日に二度搾乳される、ということを知っているかね?」とブラウン氏が言ったので、「ブラウンさん、それは興味深いことですが、話の要点はどういうことですか?」と、女性レポーターは聴いた。
「お嬢さん、要点とはね、もしあんたが毎日二回ずつオッパイを私にいじられるのに、一年に一回しかセックスをさせてもらえないとしたら、あんた気がおかしくならないかい、ということさ」


03-38 Swallow
 A
swallow decides that it is too hard a flight to go south in the winter and refuses to migrate when the other birds leave.
Winter sets in and finally gets so bad that even the swallow realizes he needs to head south.
But he is no sooner in flight than ice forms on his wings and he falls to the ground.
There on the cold, hard ground he is freezing to death until a cow comes by and flops on him.
The warm of the cow's droppings began to warm him up and he feels so good he jumps up and starts singing.
The farm cat hears him and pulls him out of his messy condition, cleans him up and eats him!

 The morals of this story are:
1. Not everybody who shits on you is your enemy.
2. Not everybody who gets you out of shit is your friend.
3. If, and when, you do get out of shit keep your mouth shut!

 ツバメ
 他のツバメが越冬するために南の国へ渡って行く時、一匹のツバメは大変な思いをしてまで飛んでいくのは止めようと決意し、渡り鳥の群れに加わらなかった。
冬がやって来て耐えられないほど寒くなったので、このツバメも南方に向かわねばならないと理解したが、飛び始めてすぐにツバメの翼は凍り付き、そのまま地面に墜落してしまった。
冷たい土の上でツバメは凍死寸前だったが、牛が一匹やって来て、凍ったツバメの上に糞をした。
落下した牛糞の暖かさでツバメは凍死を逃れ、嬉しくなって跳び上がって歌を歌い出した。
すると農家で飼われている猫がツバメの声を聞きつけ、牛糞まみれのツバメを引っ張り出して、きれいに糞を洗い落としてからツバメを食べてしまった。

 この寓話の教訓とは
(1)あなたにひどいことをする(=糞を垂らす)人は、必ずしもあなたの敵だというわけではない。
(2)ひどい状態から救ってくれる(=糞まみれの中から引っ張り上げてくれる)人は、必ずしもあなたの味方とは限らない。
(3)もしひどい状態から救われた時は、声を上げずに黙っていなさい。−ということです。


03-39 Sick of all his lies
 A
man tried to sell his neighbor his dog.
"This is a talking dog," he said. "And you can have him for five dollars."
The neighbor said, "Who do you think you're kidding with this talking dog stuff? There isn't such an aanimal."
Suddenly the dog looked up with tears in his eyes. "Please buy me, Sir," he pleaded.
"This man is cruel. He never buys me a meal, never bathes me, never takes me for a walk. And I used to be the richest trick dog in America. I performed before kings. I was in the army and was decorated ten times."
"Wow!" said the neighbor. "He can really talk. Why do you want to sell him for just five dollars?"
"Because," said the seller, "I'm getting sick of all his lies."

 こいつの嘘つきにはウンザリ
 一人の男が隣人に自分の犬を売りたいと申し出た。
「この犬は言葉を喋るんだ。たった5ドルだからお買い得だと思うけどね」と持ちかけたので、隣人は「言葉を喋る犬だって?信じられんね。冗談もほどほどにしてくれよ」と答えた。
途端にその犬は目に涙を浮かべて隣人を見上げて、「どうか、私を買ってやって下さい、ご主人様、お願いします」と懇願した。
「今のご主人は残酷な男です。僕に餌は食べさせない、身体は洗ってくれない、散歩にも連れて行ってくれないんです。私はかつてアメリカ中で一番芸当が上手な犬だったんですよ。軍隊にも採用されて十回も勲章をもらっているというのにね」と訴える。
「ワオ!本当にこの犬は喋るんだ!」と隣人は驚いた。
「一体全体、なぜこの犬を5ドルで売り払いたいなんて思うのかね?」と尋ねると、「どうしてかと言うとだね」と、犬の持ち主が答えた。
「僕はこいつの果てしない嘘つきぶりにウンザリしているからさ」


03-40 Canine agent
 O
ne day Max sees a sign in front of a house, "Talking Dog for Sale."
He's curious so he rings the bell.
The owner tells Max the dog's name is Cindy.
He takes Max into the back garden where a cocker spaniel is just sitting there.
"Do you really talk?"
Max asks Cindy. "Yes, of course I do,"
Cindy replies. "So can you tell me about yourself?"

 Cindy looks up at Max and says, "I discovered this special gift of speech when I was young and as I've always wanted to help my country, I told MI5 about it. They had sent me to all over the world, sitting in rooms not only with royalties and world leaders but also with spies. No one figured a dog could be eavesdropping, so I was their most valuable spy. But jetting around really tired me out. I wasn't getting any younger and I wanted to settle down. So I resigned and signed up for a job at Heathrow airport to do some undercover security work, mostly wandering near suspicious people and listening in to their conversations. As a result, I uncovered some incredible plots and deals and received seven doggie awards. I had a husband and many puppies. Now, I'm retired."

 Max is amazed and asks the owner how much he wants for Cindy.
The owner says, "$20."
Max says, "This dog is amazing. Why on earth are you selling this dog so cheap?"
The owner replies, "Because Cindy is a liar - she didn't do any of the things she told you."

 犬の諜報部員
 ある日マックスが、「人間の言葉を喋る犬をお売りします」という看板が掛かった家の前を通りかかり、興味を覚えたのでその家のドアベルを押した。
出てきた家の主人がその犬の名前はシンディというのだとマックスに教え、彼を裏庭に案内した。
そこには一匹のコッカスパニエルが座っていた。
「君は本当に喋れるの?」とマックスが聞くと、「もちろん喋れますよ」とシンディが答えた。
「じゃ、君自身について話してくれないか?」と言われたシンディはマックスを見つめてから語り出した。

 「私は若い頃、スパニエル犬としての特別な才能に気付きました。私は国家の役に立ちたいと常に思っていましたから、英国諜報部(MI6)にその旨を伝えました。MI6は私を世界各国に派遣し、皇族や指導者達の部屋や、時にはスパイが居る部屋の中に、ちょこんと私を座らせました。まさか犬が盗み聞きするなんて誰も思いませんからね。だから私は、最も有能なスパイとして活躍したのです。しかしジェット機で世界各国を飛び回る毎日に疲れた私は、少し落ち着きたいと思いMI6を辞めて、ヒースロー空港の秘密警備安全員として働くことにしました。そこでは不審人物の横を歩き、彼等の会話を盗み聞き、その結果信じられないような犯罪や、怪しい取引を暴き、その結果優秀警備犬として、7回も表彰されました。私には夫と沢山の子供がいますが、現在は仕事を引退しました」

 マックスは、この話を聞いてびっくりして、持ち主にシンディをいくらで売るつもりか、と尋ねた。
「20ドルだね」と持ち主が答えたので、「この犬は信じられない能力を持っているのに、なぜそんな安い値段で売りに出すのだね?」とマックスは聞いた。
「なぜって、シンディはひどい嘘つきだからだよ。こいつがあんたに喋ったことなんて、ひとつもやったことがないんだぜ」と持ち主は答えた。

#03-1〜1011〜2021〜30・31〜4041〜5051〜6061〜70


*  
*