●Kazさんのページ

#03.Animal
ありとあらゆるAnimal(動物)はジョークの対象になります。
犬のジョークだけでも本一冊分 は書ける位です。
特に動物がバーに飲みに来るというパターンは非常に面白いものがあります。

#03-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜50・51〜60

03-51 Donkey farts
 A
guy with a donkey walked up to a psychic and asked about his future.
The psychic said, "When your donkey farts 3 times you will die."
So the man walked along with his donkey and the donkey farted.
The man said," Oh, no! Donkey, you mustn't fart again."
So they kept on walking and the donkey farted again.
The man said, "I can't take another chance with this."
So the man then shoved a cork up the donkey's buttocks.
Then the man felt relieved so they continued walking.
The donkey farted yet again, sending the cork flying.
The cork hit the man's head with such speed that he was killed instantly.

 ロバの屁
 ロバを連れた男が超能力を持つ男を訪れ、自分の未来について彼が透視してもらった。
超能力家は「ロバが屁をした時、三発目であなたは死ぬことになる」と告げた。
男の家を辞してロバと歩いていると、ロバが一回目の屁を放った。
「おい、ロバよ、二度と屁をこくなよ!」と男は言った。
ところが歩き始めるとまたロバが屁を放った。
男は「次の一発は命取りになる」と言って、コルクをロバの肛門に押し込み、これで大丈夫だろうとホッとしながら歩き続けた。
しかしまたロバは屁を放った。
その勢いでコルクは空高く舞い上がり、もの凄いスピードで落下し、男の頭に強く当たりアッという間に命を奪ってしまった。


03-52 Defective parrot
 A
guy is browsing in a pet shop and sees a parrot sitting on a little perch.
It doesn't have any feet or legs, so the guy says aloud, "Gee, I wonder what happened to this parrot."
The parrot says, "I was born this way. I'm a defective parrot."
"Holy crap," the guy replies.
"You actually understood and answered me!"
"I got every word," says the parrot.
"I happen to be a highly intelligent, thoroughly educated bird."
"Oh yeah?" the guy asks, "Then answer this... How do you hang onto your perch without any feet?"
"Well," the parrot says, "this is very embarrassing but since you asked, I wrap my 'willy' around this wooden bar like a little hook. You can't see it because of my feathers."
"Wow!" says the guy.
"You really can understand and speak English, can't you?"
"Actually, I speak both Spanish and English, and I can converse with reasonable competence on almost any topic: politics, religion, sports, physics, philosophy. I'm especially good at ornithology. You really ought to buy me. I'd be a great companion."
The guy looks at the $200 price tag.
"Sorry, but I just can't afford that."
"Pssst" says the parrot..."I'm defective, so the truth is, nobody wants me 'cause I don't have any feet. You can probably get me for $20. Just make the guy an offer!"
The guy offers $20 and walks out with the parrot.

 Weeks go by.
The parrot is sensational.
He has a great sense of humor, he's interesting, he's a pal, he understands everything, he sympathizes, and he's insightful.
The guy is delighted.
One day the guy comes home from work and the parrot goes "Psst," and motions him over with one wing.
"I don't know if I should tell you this or not, but it's about your wife and the postman."
"What are you talking about?" asks the guy.
"When the postman delivered today, your wife greeted him at the door in a sheer black lingerie and kissed him passionately."
"What???" the guy asks incredulously.
"Then what happened?"
"Well, then the postman came into the house and lifted up her lingerie, and began petting her all over," reported the parrot.
"My God!" he exclaims.
"Then what?"
"Then he lifted her up on the bed, got down on his knees and began to kiss her all over, starting with her breasts and slowly going down..."
"Well???" demands the frantic guy.
"Then what happened?"
"Damned if I know, I got a hard-on and fell off my perch."

 片輪(かたわ)のオウム
 ペットショップをぶらついていた男が、足が一本もないのに鳥籠の止まり木に止まっているオウムを見つけて、「エー、一体このオームはどうなってるんだ?」と大声で叫んだ。
「僕は生まれつきこうなのです。僕は片輪のオウムなんです。」とオウムが答える。
「ウヒャー、こいつは驚いた。人間の言葉がわかって、俺に答えることが出来るなんて」、と男は感心して言った。
「僕はどんな言葉でもわかります。僕は知能が高い教育を受けたオウムですからね」、とオウムが言う。
「そうかい、じゃ、ひとつ答えてほしいんだが、どうして足がないのに君は止まり木に止まっていられるんだね?」と男が尋ねた。
「それはちょっと言いにくいことなんですが、まぁ、お尋ねとあればお答えしましょう。実はこの止まり木に、自分のオチンチンをくるくるっと丸めて引っかけているんです。その部分は羽根に隠れて見えないでしょうけどね」、とオウムが説明する。
「ウワー、君は本当に英語がわかるんだ!」と男。
「実は英語だけでなく、スペイン語も話します。政治、宗教、スポーツ、物理、哲学など殆ど全ての話題で、話し相手にひけを取らずに喋ることが出来ますよ。特に鳥類学に関してはかなり詳しいですよ。あなたの素晴らしい友達になれると思いますから、ぜひ僕のことを買って下さいよ」とオウムが言うので、男は値札を見ると200ドルと表示されていた。
「悪いけれど、俺にはちょっと高すぎて買えないよ」と男が言うと、「シー、わかっていますよ。僕が片輪だから、僕の足がないから誰も欲しがらないんですよ。だったら店の主人と20ドルで値段を交渉したらどうです?」とオウムが提案した。
結局、この男は20ドルでこのオウムを手に入れることが出来た。

 数週間が経過した。
このオウムは正に掘り出し物だった。
抜群のユーモアのセンスで、好奇心が旺盛なオウムは、すべてを理解し、相手に同情し、洞察力に満ちたすばらしい友であることがわかった。
男は大喜びだった。
ある日男が仕事から家に戻ると、オウムが「シー」と言いながら片方の羽根で、男を手招きした。
「このことを言うべきかどうか迷っているんですが、実はあなたの奥さんと郵便配達人とのただならぬ仲をご存じですか?」
「何を言っているだ?」と男が尋ねた。
「今朝郵便配達人が手紙を運んで来た時、奥さんは黒い下着姿でドアを開けるなり熱烈なキスをして、郵便配達人を出迎えたんですよ」
「な、なんだって?」男は信じられないといった表情を見せた。「で、それからどうなったんだ?」
「郵便配達人は家の中に入ると、奥さんの下着をまくり上げて奥さんの身体を上から下まで愛撫し始めたんです」とオウムが報告すると、男は「まさか!」と絶句した。
「で、それからどうなったんだ?」と男が尋ねると、「それから郵便配達人は奥さんを持ち上げてベッドの上に倒し、自分はそこにひざまずいて、奥さんの身体に舌を這わせ始めたんですよ。胸からだゆっくりと下に下がって。。。」
「で、それから?」男は半狂乱になって尋ねた。
「それから、どうしたんだ!?」
「忌々しいことに、そこまでしか覚えていないんですよ。」とオウム。
「その光景を見て興奮した私は思わず勃起してしまったので、止まり木から落ちて気を失ってしまったものですから。。。」


03-53 Inappropriate question
 A
n elephant asked a camel, "Why are your breasts on your back?"
"Well," said the camel, "I think that's an entirely inappropriate question from somebody whose dick is on his face."

 不適切な質問
 象が駱駝に「君の乳房はなぜ背中にくっついているんだ?」と質問した。
「あのねぇ」、と駱駝が反論する。
「男性器を鼻からぶら下げている奴から、そんな不適切な質問をされるいわれはないと思うけど」


03-54 One more brain cell
 W
hy did God give women one more brain cell than horses?
So they won't shit during parades.
Why did God give men one more brain cell than dogs?
So they won't bump women's legs at cocktail parties.

 脳細胞が一個多い理由
 なぜ神は女性に馬より脳細胞を一個多く与えたのか?
パレードの最中に排便しないようにするため。
なぜ神は男性に犬より脳細胞を一個多く与えたのか?
カクテルパーティの最中に女性の足にからみついて、自分の腰を振ったりしないようにするため。


03-55 Auction
 R
onnie goes to the auction.
He notices a parrot that was on auction.
Ronnie decides to bid for it and so Ronnie starts off with 50 Dollars.
Auctioneer: 50 Dollars
Voice: 100 Dollars
Ronnie: 200 Dollars
Voice: 300 Dollars
Ronnie: 400 Dollars
Voice: 750 Dollars
Ronnie: 800 Dollars
Auctioneer 800 going once, twice and the parrot is sold.
Ronnie to the Auctioneer "I hope this Parrot can speak as I have spent a lot of money on it."
Auctioneer is laughing: "Who do you think was bidding against you.
"

 オークション
 ロニーはオークションに行き、オウムが競られているので50ドルから始めた。
競売人:50ドル 
競り声:100ドル 
ロニー:200ドル
競り声:300ドル 
ロニー:400ドル
競り声:750ドル 
ロニー:800ドル
競売人:800ドル、お後の声がなければ、オウムは落札!
ロニーが競売人に「このオウムは大金払って買ったんだから、喋ってもらわんと困るな」と言うと、競売人は笑いながら、「あんたと競り合って声を出していたのは、誰だと思っているのかい?」と言った。

ロニーと競り合っていたのはオウム自身だったのです。

03-56 It's me, a parrot
"Help me, help me!" a scream was heard on the other end of the line.
"This is the police station. Tell me what's happened."
The officer on duty responded.
"A cat has jumped into the room," the caller shouted.
"A cat? Listen, don't bother us with such a trivial matters. Who is talking?"
"Who's talking? It's me, a parrot."

 僕だよ、オウムだってば
「助けて!助けて!」という悲鳴が電話から聞こえた。
「はい、こちら警察署。何が起こったんですか?話して下さい」と、担当の警官が尋ねた。
「猫が部屋に飛び込んできたんです」という声が電話から伝わる。
「猫だって?いいですか、そんなつまらないことで、いちいち警察に電話をかけないで下さい。一体、あなたは誰ですか?」
「電話を掛けているのは誰かって?俺はオウムだよ」


03-57 $10 bill
 E
ach morning at 5:30, I take my dog for a walk.
He has the bad habit of picking up bits of paper or other trash along the way.
When he does, I always order him to "drop it," and he usually complies.
One morning, though, he absolutely refused to drop a piece of litter.
So I told him to "Sit" and then approached him to see what he picked was.
It was a $10 bill."

 10ドル札
 毎朝5時30分、私は愛犬を散歩に連れて行く。
愛犬は道に落ちている紙屑とか、他のゴミを拾う悪い癖があり、彼がゴミを口にくわえると私は「捨てろ!」と命じる。
彼は通常私の言うことを聞くのだが、ある朝の散歩時に、ゴミを捨てることを拒んだことがあった。
私は彼に「お座り!」と命じて、彼が何をくわえているかを確かめた。
それは10ドル札だった。

利口な犬ですね。

03-58 Squirrel brings a nut home
 I
like hunting fossils, a hobby that isn't exactly my wife's favorite.
On one excursion, I found the petrified bones of a squirrel-like mammal.
When I brought them home and told my wife what they were, she squelched my excitement.
"I've heard of many a squirrel bringing a nut home," she remarked, "but this is the first time I've heard of a nut bringing a squirrel home."

 リスが木の実を持ち帰った
 私は化石を収集するのが趣味だが、私の妻はこれが大嫌いだった。
ある収集旅行で私はリスの形に似た哺乳類の化石とおぼしき骨を見付け、それを家に持ち帰り「この化石はリスみたいだな」と説明した。
妻は私の興奮に水を差すように「多くのリスは木の実を持ち帰ると聞いているけど、木の実(nut)がリスを持ち帰ったというのは初めてだわ」

Nutが(1)木の実、(2)馬鹿者という二つの意味があるので、
「馬鹿な夫がリスを持ち帰ったわ」と皮肉っているのです。

03-59 Junkie
 A
lion walked into a bar and demanded a beer.
But the bartender said, "I'm sorry, sir, we don't serve lions."
Then the lion said, "Give me a beer, you idiot."
The bartender said, "I'm sorry, we don't serve rude lions."
Then the lion shouted, "GIVE ME A BEER, YOU STUPID IDIOT."
The bartender said, "I'm sorry, wedon't serve rude, angry lions."
Then the lion said, "OK, if you don't give me a beer, I'm going to eat that girl over there."
But the bartender said, "Go ahead. I'm still not going to serve you."
So the lion went over and ate the girl.
Then he came back and said, "Right, you idiot, now give me a beer."
But the bartender said, "I'm sorry, we don't serve rude, angry lions that are on drugs."
The lion said, "Hey! I'm not on drugs!"
"Well," said the bartender, "you are now. That was a bar junkie you ate."

 麻薬中毒者
 ライオンがバーに入って来てビールを注文したが、バーテンは「申し訳ないが、ライオンにお酒は出せません」と断った。
ライオンが「馬鹿野郎、ビールを出せよ」と言うと、バーテンは「無礼なライオンにお酒は出せませんよ」と答えた。
ライオンが「おい、間抜けな馬鹿野郎、ビールを出せよ」と言うと、「無礼で怒り狂ったライオンに、お酒は出せません」とバーテンはにべもない。
「ビールを出さないなら、あそこで飲んでいる女を食ってしまうぞ、それでもいいのか?」とライオンが脅すと、バーテンは「お好きにどうぞ。でもあんたに酒は出さないからね」とバーテンが答えた。
ライオンはその女性に近づき食べてしまうと、バーテンのところに戻って来て「な、わかっただろう?早くビールを出せよ」と催促した。
しかしバーテンは「悪いけど、無礼で怒り狂って、麻薬をやっているライオンにや、お酒は出せませんよ」と譲らない。
「何だって?俺は麻薬なんてやってないぞ!」とライオンが言うと、バーテンは「でもね、今は麻薬が体内に入っているよ。何しろあんたがさっき食べた女は、麻薬中毒者なんだからね」と答えた。


03-60 Zebra
 T
here was a zebra who had lived her entire life in a zoo and was getting on a bit so the zoo keeper decided as a treat that she could spend her final years in bliss on a farm.
The zebra was so excited, she got out of the horse float to see this huge space with green grass and hill and trees and all these strange animals.
She saw a big fat weird looking brown thing and ran up to it all excited, "Hi! I'm a zebra, what are you?"
"I'm a cow" said the cow.
"Right, and what do you do?" asked the zebra.
"I make milk for the farmer" said the cow.
"Cool."

 The zebra then saw this funny looking little white thing and ran over to it.
"Hi, I'm a zebra, what are you?"
"I'm a chicken," said the chicken.
"Oh,right, what do you do?" asked the zebra.
"I make eggs for the farmer." said the chicken.
"Right - o, great, see ya round."

 Then the zebra saw this very handsome beast that looked almost exactly like her without the stripes.
She ran over to it and said, "Hi, I'm a zebra, what are you?"
"I am a Stallion," said the stallion.
"Wow," said the zebra.
"What do you do?"
"Take off your pajamas darling, and I'll show you."

 シマウマ
 ほぼ一生を動物園で暮らした雌のシマウマが、かなり年を取ったので、動物園の飼育係はご褒美に最後の数年は広々とした農場で過ごさせてやろうと決心した。
動物園しか知らなかったシマウマは、馬用運搬車から出されて広々とした緑の牧草地や丘、様々な木々や見慣れぬ動物達を目のあたりにしてとても興奮した。
彼女は茶色の太った大きい動物を見つけたので、その動物まで走り寄って「ねぇ!私はシマウマよ。あなたは誰?」と尋ねると、「私は雌牛よ」と牛が答えた。
「あぁ、そうなの。で、あなたって何をするの?」とシマウマが聞くと、牛は「私は農夫のために乳を出してあげるのよ」と言うので、「カッコい〜い!」とシマウマはうなった。

 すると小さな白い変わった生き物が目についたので、シマウマはそこへ走りよると、「ねぇ!私はシマウマよ。あなたは誰?」と聞いた。
「私は雌鳥よ」と鶏が答えた。
「あぁ、そうなの。で、あなたって何をするの?」とシマウマが聞くと、「私は農夫のために卵を産んであげるのよ」と言うので、シマウマは「へぇ、そうなの。すごいわねぇ。じゃ、また後でね」と返事をした。

 次に彼女が見つけたのは、自分と体型が似たハンサムな動物だったが、その動物には縞模様がついていなかった。
「ねぇ!私はシマウマよ。あなたは誰?」と彼女が尋ねると、「僕は種馬さ!」と馬が答えた。
「うわぁ、種馬?あなたって一体何をするの?」とシマウマが聞くと、「あんたのパジャマを脱ぎな。そうすれば僕が何を生業としているか見せてやるから」

種馬(Stallion)は複数の雌馬と交尾して繁殖させるために使われる、精力が強い雄馬です。
このシマウマの縞模様をパジャマと勘違いしているのです。

#03-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜50・51〜60


*  
*