●Kazさんのページ

#05.Blonde

#05-1〜1011〜20・21〜30・31〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜90

05-21 Skinny blonde
 W
hat's the difference between a counterfeit bill and a skinny dumb blonde?
One is a phony buck and the other is a bony fuck.
 痩せたブロンド
 偽札と痩せておつむの弱いブロンドの違いは何ですか?
偽札はインチキのお札(phony buck)で痩せたブロンドは骨っぽいセックス対象(bony fuck)です。
Phony buckとBony fuckとが最初の子音が逆になっている言葉遊びです。

05-22 I'm the fucking goalie
 S
andy, a blonde, began a job as an elementary school counselor, and she was eager to help.
One day during recess she noticed a boy standing by himself on the side of a playing field while the rest of the kids enjoyed a game of soccer at the other.
Sandy approached and asked if he was all right.
The boy said he was.
A little while later, however, Sandy noticed the boy was in the same spot, still by himself.
Approaching again, Sandy said, "Would you like me to be your friend?"
The boy hesitated, then said, "Okay", looking at the woman suspiciously.
Feeling she was making progress, Sandy then asked, "Why are you standing here alone?"
"Because," the little boy said with great exasperation, "I'm the fucking goalie."
 僕はゴールキーパーなんだよ!
 ブロンドのサンディーが小学校のカウンセラーとして働き始めた。彼女は生徒達の相談役として役に立ちたいと熱心に活動を始めた。
ある日の休憩時間に校庭でサッカーゲームを楽しんでいる生徒の中で、一人だけポツンと離れて立っている男の子がいることに気付いたサンディは、その男の子に近づくと「君、大丈夫?」と声をかけた。
男の子は 「大丈夫だよ」と答えた。
しばらくしてから校庭をながめると、さっきの少年はやはり同じ場所で一人だけポツンとしていた。
サンディは再び彼に近づき、「私、君の友達になりたいのよ」と声をかけた。
男の子はもじもじしてから、サンディの顔を疑わしそうに見つめながら「ああ、いいけど」と答えた。
少し心を開いてきたかな、と気を良くしたサンディは「どうして君はここにひとりぽっちで立っているの?」と尋ねた。
「あのねぇ、」と少年は癇癪を起こして怒鳴った。「僕はゴールキーパーなんだよ!」
サッカーのゴールキーパーのことすらわからないとは、さすがブロンドです。

05-23 Brown-dyed blonde
 A
blonde became so sick of hearing blonde jokes that she had her hair cut and dyed brown.
A few days later, as she was out driving around the countryside, she stopped her car to let a flock of sheep pass.
Admiring the cute wooly creat ures, she said to the shepherd, " I have a proposition for you. If I can guess how many sheep you have, can I take one?"
The shepherd, always the gentleman, said, "Sure!"
The blonde thought for a moment and, for no discernible reason, said, "352."
As this was the correct number, the shepherd was totally amazed and exclaimed, "You're right! O.K., Pick out any one your want."
The blonde carefully considered the entire flock and finally picked the one that was by far cuter and more playful than any of the others and she put it in her car.
Upon watching this, the herder approached the woman and offered, "Okay, now I have a proposition for you."
"What is it?" queried the woman.
"If I can guess the real color of your hair... can I have my dog back?"
 茶色に染めたブロンド
 ブロンドジョークをさんざん聞かされてうんざりしたブロンド女性が、髪を短くして茶色に染めた。
数日後、彼女は車を運転して田舎にやって来て道路を横切っていく羊の群れを車を止めて見つめていた。
毛がふさふさした可愛らしい動物を見ていた女性は羊飼いに向かってこう叫んだ。
「ねぇ、ひとつ提案があるの。もしあなたの羊の群れが何匹だか当てたら、私に羊を一匹くださらない?」
羊飼いは紳士の心の持ち主だったので、「いいですよ」と答えた。
ブロンド女性はしばらく考えてから当てずっぽうに「352匹」と答えた。
これが大正解だったものだから、羊飼いはビックリしたが、「当たりだ !わかった、好きな羊を持って行きなさい」と叫んだ。
ブロンドは群れ全体を注意深く見渡して、中でもはるかに可愛らしく他の羊に比べてはしゃぎまくっている一匹を選んで、自分の車に乗せた。
この様子を見ていた羊飼いが彼女に近づいてこう申し出た。「OK、今度は僕から提案があるんだ。」
「それって何?」ブロンドが尋ねる。
「もし僕が君の髪の毛の本当の色を当てたら、僕の犬を返してもらえる?」
羊だと思って犬を選んだオツムの弱さで、
せっかく髪の毛を染めてもブロンドだということがバレバレになってしまったのです。
きっと意味がわからないブロンドは"Sure"と答えて、この羊飼いに牧羊犬を取り戻されてしまったでしょうね。

05-24 Double-decker
 T
wo bowling teams, one of all Blondes and one of all Brunettes, charter a double-decker bus for a weekend bowling tournament in Atlanta City.
The Brunette team rides in the bottom of the bus. The Blonde team rides on the top level.
The Brunette team down below is whooping it up having a great time, when one of them realizes she doesn't hear anything from the Blondes upstairs.
She decides to go up and investigate.
When the Brunette reaches the top, she finds all the Blondes frozen in fear, staring straight-ahead at the road, and clutching the seats in front of them with white knuckles.
She says, "What the heck's going on up here? We're having a great time downstairs!"
One of the Blondes looks up and says, "Yeah, but you've got a driver!"
 二階建てバス
 二つの女子ボーリングチーム、即ちブルーネットチームとブロンドチームが二階建てバス(double-decker)を借り切って、アトランタ市で行われる週末ボーリングトーナメントに出場するため向かっていた。
ブルーネットチームが1階、ブロンドチームが2階に別れて座った。
1階のブルーネットチームはわいわい大はしゃぎで楽しんでいたのに、上から何の声も聞こえて来ないのを不思議がった一人のブルーネットが、上に行って様子を確かめてこようと思った。
彼女がバスの上階に上がると、ブロンド全員が前の座席を手が真っ白になる程しっかり掴み、前方を恐怖の表情で見つめていた。
ブルーネットが「あんたたち、上で何やってんの?私達は下ですごく楽しんでいるのに!」
ブロンドの一人が目を上げて言った。「そりゃそうでしょ、あんたたちの階には運転手がいるんだから!(二階には運転手がいないのよ!それなのに走っているんだから、怖くて、怖くて…)」

05-25 Blonde at School
 A
girl came skipping home from school one day.
"Mommy, Mommy," she yelled, "we were counting today, and all the other kids could only count to four, but I counted to 10. See? 1, 2, 3, 4, 5, 6,7, 8, 9, 10!"
"Very good," said her mother.
"Is it because I'm blonde, Mommy?"
"Yes, it's because you're blonde," her mo ther replied.
 The next day, the girl came skipping home from school.
"Mommy, Mommy," she yelled, "we were saying the alphabet today, and all the other kids could only say it to D, but I said it to G. See? A, B, C, D, E, F,G!"
"Very good," said her mother.
"Is it because I'm blonde, Mommy?"
"Yes, pumpkin, it's because you're blonde."
 The next day the girl came skipping home from school.
"Mommy, Mommy," she yelled, "we were in gym class today, and when we showered, all the other girls had flat chests, but I have these!" And she lifted her tank top to reveal a pair of 36Cs.
"Very good," said her embarrassed mother.
"Is it because I'm blonde, mommy?"
"No, it's because you're 25."
 小学生のブロンド
 ある日小学校からスキップしながら戻って来た女の子が、「ママ、ママ」と叫んだ。
「今日学校で数の数え方習ったのよ。他の子は4までしか数えられないのに、私は10まで数えられるのよ!見て、1,2,3,・・・9,10」
「よかったね」、と母親は言った。
「ねぇ、他の子よりよく出来るのは、もしかして私がブロンドだから?」
「そう、お前がブロンドだからだよ」、母親は答えた。
 次の日この女の子はまたスキップしながら戻って来て、「ママ、ママ、今日学校でアルファベットを習ったの。他の子はDまでしか言えないのに、私はGまで言えたのよ。見て、A,B,C,D,E,F,G」「よかったね」と母親。
「ねぇ、これってもしかして私がブロンドだから?」
「そうだよ、お馬鹿ちゃん、お前がブロンドだからだよ」と母親が言う。
 更に次の日、同じようにスキップしながら学校から戻ったこの女の子は、「ママ、ママ、今日学校で体操の授業の後皆でシャワーを浴びたら、他の女の子は胸がぺちゃんこなのに、私だけ、ほら、こんなに大きいのよ」と、Tシャツの裾を持ち上げて36Cカップの胸を見せた。
「よかったね」と、恥ずかしさをこらえながら母親が言った。
「ママ、これって私がブロンドだから?」
「違うよ!あんたが25歳だからだよ!」
25歳にもなってこのブロンド娘はまだ小学生なんですね。
お母さんが嘆くわけです 。

05-26 Toss a coin
 T
he blonde takes her university final examination which consists of "yes/no" type questions.
She takes her seat in the examination hall, stares at the question paper for five minutes, and then in a fit of inspiration takes her purse out, removes a coin and starts tossing the coin and marking the answer sheet -- Yes for Heads and No for Tails.
Within half an hour she is all done whereas the rest of the class is sweating it out.
During the last few minutes, she is seen desperately throwing the coin, muttering and sweating.
The invigilator, alarmed, approaches her and asks what is going on.
"I finished the exam in half and hour. But I'm rechecking my answers."
 表か裏か
 ブロンドが大学の期末試験を受けていた。それは(はい・いいえ)という二者択一選択問題だった。
彼女は試験が行われている教室の席に座ると、最初5分間じっと試験用紙を見つめていたが、やおら財布から硬貨を1枚取り出すと答案用紙に向かった。
硬貨を転がして表がでれば(はい)、裏が出れば(いいえ)と記入していった。
彼女が30分以内に全ての答案欄が埋め終わった時、他の学生は未だ問題を考えながらウンウンうなっていた。
試験終了数分前に、ブロンドは必死になってまた硬貨を転がし始めた。
ウンウン唸りながら汗をかいて苦戦しているので、試験監督官が不審に思って彼女の席にやって来て何をしているのか、と尋ねた。
ブロンドがこう答えた。「30分で答えは書けたんですけど、今見直して確かめているところなんです。」
最初に硬貨を転がして表が出たって、見直しの時にまた表が出るとは限りませんよね。
こんなことでウンウンうなって汗をかくなんて…。ブロンドの面目躍如です。

05-27 Losing a finger
 A
gorgeous blond went to the doctor's office with the end of her finger missing.
When asked what had happened she answered that she had shot it off while trying to kill herself.
"How could that happen? Shooting yourself in the hand would not kill you!" said the doctor.
"Well, you see," she responded... "First I was going to shoot myself in the heart but when I put the gun between my breasts I thought I could not ruin $20,000 worth of surgery."
"So, I put the gun in my mouth. But I didn't want to mess up $10,000 worth of teeth."
"Finally I put the gun in my ear. And because I knew it was going to make a very loud noise... I put this finger in the other ear!"
 指を無くす
 指の先を無くした美人の金髪女性が医者の所にやって来た。
医者がどうしてこうなったかと聞くと、彼女は自殺しようとして指を撃ち飛ばしてしまったと答えた。
「どうやったらそうなるんですか?手を撃ったって自殺なんか出来ないでしょう?」と、医者が尋ねると、金髪女性は「ですから、その、最初は心臓を撃とうと思って胸に銃を当てたんだけれど、2万ドルもした豊胸手術が台無しになるから止めにしたの」と答えた。
彼女は話し続ける。「次に銃を口に入れたのよ。でも今度は1万ドルも掛けた歯の矯正がぐちゃぐちゃになっちゃうでしょ。それで、次に銃を耳に当てたのよ。で、撃つとすごく大きな音がするのが分かっていたから、この指で反対側の耳を塞いだの!」
ブロンドの頭は空っぽなので、左の耳へ発射した弾丸は空間を通 り抜けて右耳へ抜け、
そこを押さえていた指先を、吹き飛ばしたため、彼女の指先が無くなってしまったのです。
ブロンドの頭は空っぽで空気が通り抜けるという、こんな短いジョークもあります。

What do you call five blondes standing in a row?
A wind tunnel.
ブロンドが5人並んで立っていることを何と呼びますか?
風洞
How can you give a blonde a brain transplant?
Blow through her ear.
ブロンドに脳移植するにはどうすればよいですか?
耳から空気を吹き込みなさい。

05-28 Hurt all over
 A
young woman said to her doctor "You have to help me. I hurt all over."
"What do you mean?" asked the doctor.
The woman touched her right knee with her index finger and yelled, "Oh!"
Then she touched her left cheek & again yelled "Ouch! That hurts too!"
Then she touched her right earlobe. "Oh, even THAT hurts ."
The doctor asked the woman "Are you a natural blonde?"
"Why yes," she said.
"I thought so," nodded the doctor. "You have a sprained finger."
 体中が痛い
 若い女性が医者に「なんとかして下さい。体中が痛いんです」と訴えた。
「どうしたんですか?」と医者が聞くと、彼女は右の膝を人差し指で触り「痛いっ!」と叫んだ。
次に彼女は左頬を同じ指で触り、「痛い!ここも痛いわ」と叫んだ。
更に彼女は右の耳たぶを触って「ああ、ここまで痛い」と言った。
医者が女性に聞いた。「あなたは天然の金髪でしょう?」
「そうだけど、なんで?」と彼女は答えた。
「そうだと思いましたよ」と、医者は肯いた。「あなたは突き指をしているだけですよ」
突き指した人差し指で、身体のあちこちを触ってその度に、ここも痛い、あそこも痛いとわめいていますが、
痛いのは身体ではなく指なのがわからないのだから、
これは生まれつき馬鹿なブロンドに違いないと医者は判断したのです。

05-29 I can't work in the dark
 I
urgently needed a few days off work, but I knew the Boss would not allow me to take a leave.
I thought that maybe if I acted "CRAZY" then he would tell me to take a few days off.
So I hung upside down from the ceiling and made funny noises.
My coworker (who's blond) asked me what I was doing.
I told her that I was pretending to be a light bulb so that the Boss would think I was "CRAZY" and give me a few days off.
A few minutes later the Boss came into the office and asked "What are you doing?"
I told him I was a light bulb.
He said: "You are clearly stressed out. Go home and recuperate for a couple of days."
I jumped down and walked out of the office.
When my blond coworker followed me, the Boss said to her, "And where do you think you're going?"
She said, "I'm going home too, I can't work in the dark."
 暗闇では仕事出来ません
 私は仕事を四、五日休みたくてたまらなかったが、ボスが休暇を取らしてくれないのはよくわかっていた。
多分私が気が狂ったふりをすれば、ボスは数日休むようにと言ってくれるに違いないと考えた。
そこで、私は天井から逆さにぶら下がり、大声で騒ぎ立てた。
私の同僚のブロンド女性が「一体何をしているの?」と聞いてきたので、「僕は電球になったんふりをしているのさ。そうすればボスが僕のことを気が狂ったと思って、四、五日休みを取らせてくれると思うんだ」と答えた。
数分後にボスが部屋に入ってくるなり「お前、一体何をしているんだ?」と私に尋ねた。「僕は、電球で〜す」と言うと、ボスは「お前、ちょっとストレスが溜まっているな。家に帰って二、三日身体を休めてこい」と言った。
私はサッと床に飛び降りると、すたすた家に戻った。同僚のブロンド女性が私の後を追って部屋から出そうになったので、ボスは慌てて「ちょっと、君はいったいどこに行くつもりなんだ?」とブロンドに聞いた。
「私も家に帰らせてもらいます。暗闇では仕事ができませんからね」、と彼女は答えた。
「電球役の男がいなくなったから、部屋は真っ暗になってしまったので私も家に帰る」と言い出すなんて、
このブロンドは本当におめでたいのか、それともトボけて一緒にさぼろうとしているのか、どっちなんでしょうね?

05-30 Fresh news
 W
hy does a blonde keep newspaper in her refrigerator?
She wants to read "fresh" news every day.
 新鮮なニュース
 なぜ金髪娘は新聞を冷蔵庫にしまっているのか?
毎日フレッシュなニュースを読みたいから。

#05-1〜1011〜20・21〜30・31〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜90


*  
*