●Kazさんのページ

#05.Blonde

#05-1〜1011〜2021〜30・31〜40・41〜5051〜6061〜7071〜8081〜90

05-31 Toilet paper
 W
hile a blonde and a brunette were walking on a beach, a seagull unloaded on the blonde's shoulder.
"Too bad," the brunette said, "You want me to get some toilet paper?"
"No," the blonde replied with a shrug. "It's probably a mile away now."
 トイレットペーパー
 ブロンドとブルーネットが海岸を散歩していた時、上空のカモメがブロンドの肩に糞を落とした。
「あらあら、お気の毒に、トイレットペーパーを持ってきましょうか?」とブルーネットが言うと、「要らないわ」とブロンドが肩をすくめながら答える。
「あのカモメは多分1マイル先に飛んでいってしまっているでしょうから」
ブルーネットはブロンドの肩についてカモメの糞を拭き取るために「トイレットペーパーが要りますか?」と聞いたのに、
ブロンドは「カモメのお尻をふくためにトイレッ トペーパーを持ってきても無駄 よ。
もう1マイル先に行ってしまったもの」と答えたと ころがブロンドらしいですね。

05-32 House Fire
 A
blonde's house is on fire so she runs outside to use a payphone to call for help.
She gets the 911 operator, and gets transferred to the firehouse.
"Mr. Fireman, my house is on fire! You have to help me!" The Fireman replies, "Yes, yes Miss, how do I get to your house?"
The blonde pauses a moment, and replies, "Umm, it's the house that's on fire."
Realizing he is now talking to a blonde, the fireman comes back with "No, Miss, how would you like me to get to your house?" to which the blonde replies, "Duh, big red truck."
 火事
 ブロンドの家が火事になったので、近所の公衆電話から911番を呼び出して助けを求めた。
「消防士さん、私の家が燃えているの!助けに来て!」と彼女が叫ぶと、消防士は「わかりました。あなたの家へはどこですか?」と聞いた。
ブロンドは一瞬答えに詰まって、「えーっと、それは、今火事で燃えている家なんですけど…」
消防士は電話の向こうで話しているトンチンカンな女性がブロンドだということに気付き、こう言い換えた。
「いえ、お嬢さん、つまり、どうやって貴女の家に行けば良いのですか、と尋ねているんですよ」
これを聞くとブロンドはこう答えた。「あー、それは、ほら赤いトラック(=消防車のこと)に乗ってくればいいじゃない。」
get to your house(家にたどり着く)なんて言い方で聞くから、ブロンドにはさっぱり通 じないんですね。

05-33 A blind man in a blonde bar
 A
blind man enters a Ladies Bar by mistake.
He finds his way to a bar stool and orders a drink.
After sitting there for a while, he yells to the bartender, "Hey, you wanna hear a blonde joke?"
The bar immediately falls absolutely quiet.
In a very deep, husky voice, the woman next to him says,
"Before you tell that joke, sir, you should know five things: 1 - The bartender is a blonde girl. 2 - The bouncer is a blonde gal. 3 - I'm a 6-foot tall, 200-pound blonde woman with a black belt in karate. 4 - The woman sitting next to me is blonde and is a professional weight lifter. 5 - The lady to your right is a blonde and is a professional wrestler."
"Now think about it seriously, Mister. Do you still wanna tell that joke?"
The blind man thinks for a second, shakes his head, and declares, "No. I don't want to explain it five times."
 ブロンドバーに入った盲目男
 目が見えない男が間違ってレスビアンバーに入ってしまった。
バーの止まり木を手探りで探して腰掛けると飲み物を注文した。
飲み物を待っている間にバーテンダーに大声で 話しかけた。「ねぇ、ブロンドジョーク聞いてみないか?」
途端にシーンとバーが静まりかえった。
この男の隣に座っていた女性が、太いハスキーな声で彼にこう言った。
「ジョークを言う前に、五つの注意を聞きな! 1.バーテンはブロンド女性 2.用心棒もブロンド女性 3.私は身長6フィート(≒180cm)、体重200ポンド(≒90kg)の空手有段者 4.私の横に居る女性はブロンドでプロの重量 挙げ選手 5.あんたの右隣りの女性はブロンドのプロレスラー。わかったか、さあ、これでもまだあんたはブロンドジョークを喋ろうっていうのかい?」
盲目の男は少し考えてから首を振ってこう言った。「いや、やめておこう。同じジョークを5回も説明するなんて面 倒だからね」
この男はブロンドージョークを喋って屈強なブロンド女に痛い目にあうよりも、
ジョークを理解出来ない馬鹿なブロンド一人ずつにジョークのオチを説明する方が煩わしいから、
ブロンドジョークは喋らない、と言っています。

05-34 Like U.S. Army
 W
hy are promiscuous blondes like the U.S. Army?
Both they are open to any men between 18 and 35.
 アメリカ陸軍のように
 色情狂のブロンドはアメリカ陸軍と同じだという理由は何か?
どちらも18歳から35歳の男性なら、誰でも迎え入れてくれるから。

05-35 Skip a day
 A
blonde is terribly overweight, so her doctor put her on a diet.
"I want you to eat regularly for 2 days, then skip a day, and repeat this procedure for 2 weeks. The next time I see you, you'll have lost at least 5 pounds."
When the blonde returned, she shocked the doctor by losing nearly 20 pounds.
"Why, that 's amazing!" the doctor said, "Did you follow my instructions?"
The blonde nodded... "I'll tell you though, I thought I was going to drop dead that 3rd day."
"From hunger, you mean?" asked the doctor.
"No, from skipping."
 一日抜かしなさい
 太り過ぎのブロンドは、女医からダイエットを命じられていた。
「二日間は普通に食事してください。そして次の一日は食事を抜かす(skip)。これを二週間繰り返してください。次に来られる時には、少なくとも5ポンド(約2.2kg)は減っているはずですから」
次にこのブロンドが来院した時、この女医はたまげてしまった。何と20ポンド(約9kg)近く痩せていたのだ。
「これはすごい!私の指示した通りにやったんですか?」
ブロンドが頷きながら答えた。「ええ、でもね本当のこと言うと、いつも三日目には死んじゃうじゃないかと思ったのよ」
「お腹が空きすぎて?」
「じゃなくて、一日中スキップしているために」
医者は「三日目は一日食事を抜かしなさい」という意味で、"skip a day"と言ったのですが、
ブロンドは"skip a day"を「一日中スキップしていなさい」と解釈したのです。

05-36 T-G-I-F
 A
business man got on an elevator in a building.
When he entered the elevator, there was a blonde already inside and she greeted him by saying, "T-G-I-F" (letters only).
He smiled at her and replied, "S-H-I-T" (letters only)."
She looked at him, puzzled, and said, "T-G-I-F" again.
He acknowledged her remark again by answering, "S-H-I-T."
The blonde was trying to be friendly, so she smiled her biggest smile and said as sweetly as possibly "T-G-I-F" another time.
The man smiled back to her and once again replied with a quizzical expression, "S-H-I-T"
The blond finally decided to explain things, and this time she said, "T-G-I-F, Thank God It's Friday, get it?"
The man answered, "S-H-I-T, Sorry, honey, it's Thursday today."
 花キン(花の金曜日)
 ビルのエレベーターにビジネスマンが乗り込んだ。
先に乗っていたブロンド女が、軽く声をかけて挨拶する。
「TGIF(ティー・ジー・アイ・エフ)」彼はにこやかに笑って答える。
「SHIT(エス・エイチ・アイ・ティー)」
ブロンドは怪訝そうに彼を見て、もう一度「TGIF」と言った。
また喋りかけられたビジネスマンが再び同じ答えを送る。「SHIT」
怒らないでおこうと思ったブロンドは、精一杯の笑顔を作って、出来る限りの優しい声でもう一度「TGIF]と言う。
微笑みを返したあと、当惑した表情でもう一度男が「 SHIT」と言う。
ブロンドは説明することにして、今度はこう言う。「T-G-I-F。Thank God. It's Friday. あぁ、嬉しい、今日は花キンよ、って言ったの。わかった?」
男が答える。「S-H-I-T Sorry, Honey, It's Thursday. ゴメンよ、お嬢さん、今日は木曜日だよ」
TGIF(あぁ、嬉しい、今日は花キンよ)というブロンドの挨拶に男はSHITと返事しましたが、
この単語はそのままだと「くそったれ!」ですから、ブロンドは当惑したのです。
でも男は「Sorry, Honey, It's Thursday. ゴメンよ、お嬢さん、今日は木曜日だよ」という意味で、
頭文字をつなげてSHIT(エス・エイチ・アイ・ティー)と言った のです。
木曜日なのに「花キンよ」と言っているのですから、さすがブロンドです。

05-37 Turn off the big fan
 A
blonde went to a flight school insisting that she wanted to learn to fly.
As all the instructors were currently on duty, the owner agreed to instruct her by radio on how to pilot the solo helicopter.
He took her out, showed her how to start it and gave her the basics, and sent her on her way.
After she climbed 1000 feet, she radioed in.
"I'm doing great! I love it! The view is so beautiful, and I'm starting to get the hang of this."
After 2000 feet, she radioed again, saying how easy it was to fly.
The instructor watched her climb over 3000 feet, and was beginning to worry that she hadn't radioed in.
A few minutes later, he watched in horror as she crashed about half a mile away.
He ran over and pulled her from the wreckage.
When he asked what happened, she said, "I don't know! Everything was going fine, but as I got higher, I was starting to get cold. I can barely remember anything after I turned off the big fan!"
 大きな扇風機を止めたら
 ブロンドが飛行機の操縦をマスターしたくて、航空学校に申込みに行った。
あいにくその時すべての教官が指導中で、彼女の飛行機に同乗出来る者がいなかった。
航空学校のオーナーは無線指導でよければ、すぐに一人乗りのヘリコプターの操縦することが出来ると提案し、ブロンドがOKした。
オーナーは彼女を一人乗りのヘリコプターの操縦席に乗せると、エンジン始動方法と基本操作を教え、そのままぶっつけ本番で彼女に操縦させた。
千フィートの高さまでヘリコプターは上昇し、操縦席からブロンドが無線で嬉し そうに連絡してきた。
「すごくいい調子よ!操縦は楽しいわ。景色はきれいだし、これって病みつきになりそう!」
二千フィートまで上昇した時彼女から再び連絡があった。「操縦はとっても簡単ね!」
三千フィートの高さになった時、彼女が何も連絡してこないので、地上のオーナーは少し不安になった。
すると彼女のヘリコプターが失速してぐんぐん下がって来て、滑走路の半マイル先に墜落するのを目撃して、大あわてで事故現場に駆けつけた。
ヘリコプターの残骸のなかから、ブロンドを引っ張りだすと、何が起こったのか彼女に尋ねた。
「さっぱりわからないの。何の問題もなく飛行していて、高くなって少し寒くなっとので、大きな扇風機を止めたところまでは覚えているんだけど…」
ブロンドは扇風機を止める感覚で、ヘリコプターのローターを切ってしまったのです。

05-38 Curtains
 A
blonde walks into a store that makes curtains.
She says to the clerk, "I want curtains the size of my computer screen."
The clerk says, "Why the size of you computer screen?"
The woman replies, "Because I've got windows!"
 カーテン
 ブロンドがカーテンを作っている店に入って来て店員に「私のコンピュータ画面 と同じ 大きさのカーテンをつくってほしいの」、と言った。
店員が「なぜコンピュータ画面サイズなんですか?」と聞くと、ブロンドは答えた。
「だって、ウインドウズ(窓)だからよ」
コンピュータソフトのWindowsを文字通 り「窓」と思ったブロンドは、カーテンが必要だと思ったのです。

05-39 All men are men
 A
n attractive blonde from Dublin arrived at the casino and bet twenty-thousand dollars on a single roll of the dice.
She said, "I hope you don't mind, but I feel much luckier when I'm completely nude".
With that, she stripped from the neck down, rolled the dice and yelled,"Come on, baby, Mama needs new clothes !"
As the dice came to a stop, she jumped up and down and squealed..."YES ,YES , I WON, I WON!" She hugged each of the dealers and then picked up her winnings and her clothes and quickly departed.
The dealers stared at each other dumbf ounded.
Finally, one of them asked, "What did she roll?"
The other answered, " I don't know - I thought you were watching."
MORAL OF THE STORY; Not all blondes are dumb, but all men are….men.
 所詮男は…
 ダブリンからやって来た魅力的なブロンド美女がカジノに現れ、サイコロ賭博一回勝負に2万ドル賭けた。
「皆さん、私は素っ裸になって勝負した方がツキに恵まれるので、スッポンポンになりますけど、お気になさらずにネ」と宣言すると、ブロンドは首から下の衣装一切を脱ぎ捨て、「さぁ来い、ベイビー!ママが新しい洋服を買えるように!」と大声で叫ぶとサイコロを転がした。
コロコロと回転していたサイコロの動きが止まると、ブロンドは賭博テーブルに飛び上がり、サイコロの上にかがみ込むと、「やった、やった!勝った、私勝ったわ!」とキャーキャー大騒ぎして喜んだ。
そしてテーブルの両端にいたディーラーにそれぞれ抱きつくと、彼女が稼いだ賭け金と脱いだ洋服を素早く引っつかんで、サーっとその場から走り去った。
茫然とした二人のディーラーは、お互いの顔を見合わせていたが、一人がようやく口を開いた。「で、サイコロの目はいくつだったんだ?」
聞かれたもう一人のディーラーが答えた。「わからなかった。君が見ていると思ったんで…」
この話の教訓:全てのブロンドが間抜けというわけではないが、所詮男は、男でしかありえない。
こういう状況なら、男は皆素っ裸の美女に見とれて、誰もサイコロなんか見やしないということです。

05-40 Blonde Swimmer
 A
man met a beautiful blonde lady and decided he wanted to marry her right away.
She said, "But we don't know anything about each other."
He said, "That's all right, we'll learn about each other as we go along."
So she consented, they were married, and off they went on a honeymoon at a very nice resort.
One morning they were lying by the pool, when he got up off of his towel, climbed up to the 10 meter board and did a two and a half tuck, followed by three rotations in the pike position, at which point he straightened out and cut the water like a knife.
After a few more demonstrations, he came back and lay down on the towel.
She said, "That was incredible!"
He said, "I used to be an Olympic diving champion. You see, I told you we'd learn more about each other as we went along."
So she got up, jumped in the pool and started doing lengths.
After seventy-five lengths she climbed out of the pool, lay down on her towel, and was hardly out of breath.
He said, "That was incredible! Were you an Olympic endurance swimmer?"
"No," she said, "I was a prostitute in Memphis but I worked both sides of the Mississippi."
 ブロンドの水泳選手
 美しいブロンド女性に出会った男は、即この女性と結婚しようと決意し、プロポーズした。
ブロンドが「でも私達って会ったばかりで、お互いのことを何も知らないでしょ?」と言うと、男は「その通りだけれど、一緒に暮らしていればお互いのことはだんだん判ってくるから心配ないよ」と答えた。
ブロンドはそれもそうだと思って、二人は結婚することになって、二人は豪華なリゾート地での新婚旅行に出かけた。
そこのホテルである朝新婚の二人はプールの脇でノンビリくつろいでいたが、男が身体に覆ったタオルを押しのけ、スっと立ち上がると、プールに備え付けられた10mの跳び込み台に登っていった。
男は跳び込み板を蹴ると、空中で見事な二回転半捻りを演じ、息継ぐ暇もなく身体を横にグルグル三回転させ、続いて身体を二つに折って鉾の形にしたかと思うと、水面直前で全身を一直線にしたまま、まるでナイフのように鋭い形で水面下に沈んで行った。
男はさらに違った演技を数回披露してから、新妻の横に何事もなかったかのような顔をして戻り、濡れた身体を敷いてあるタオルの上に横たえた。
「信じられない! !凄ぉ〜くカッコいい〜!」と妻は目を見張った。
「僕はオリンピックのダイビング競技金メダリストだったんだ。結婚する時君に言ったこと、覚えている?『一緒に暮らしていればお互いのことはだんだん判ってくる』って言っただろう?」
するとブロンドの新妻はスっと立ち上がるとプールに飛び込み長距離泳法を始めた。
プールの長さを75回分泳いでから息も切らさずに涼しげな顔で水から出てきた妻を見て、男は「こりゃ驚いた!君はオリンピック水泳競技の長距離選手だったのかい?」と聞いた。
「いいえ違うわよ。私は(テネシー州)メンフィスで売春婦だったの。でもミシシッピー川の両岸で商売をしていたからよ」
ミシシッピー川に面する町メンフィスで売春婦をしていたこのブロンドは、
川を泳いで横切って両岸で客を取っていたということです。

#05-1〜1011〜2021〜30・31〜40・41〜5051〜6061〜7071〜8081〜90


*  
*