●Kazさんのページ

#05.Blonde

#05-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜50・51〜60・61〜7071〜8081〜90

05-51 Hobbyhorse
 A
blond had a near death experience the other day when she went horseback riding.
Everything was going fine until the horse started bouncing out of control.
She tried with all her might to hang on, but was thrown off.
With her foot caught in the stirrup, she fell head first to the ground.
Her head continued to bounce on the ground as the horse did not stop or even slow down.
Just as she was giving up hope and losing consciousness, the Wal-Mart manager came out and unplugged it.
 木馬
 先日馬に乗っていて危うく死にそうになったブロンドがいたそうです。
それまで問題なく動いていた馬が、突然上下に揺れだしてコントロールが効かなくなり、ブロンドは必死にしがみつこうとしたのですが、馬から投げ出されて、あぶみに足を引っかけたまま頭から先に地面に落ちたそうです。
馬が動きを止めたりスピードを緩めなかったため、ブロンドはそのままの状態で頭をボコボコ地面に打ち続け、もはやこれまでと諦めるまでもなく気を失ってしまいました。
そこに(ショッピングセンターの)ウオールマートのマネージャーが飛んで来て、木馬の電源を引き抜いたので死なずに済んだそうです。
てっきり本物の馬に乗っていて振り落とされたのだと思ったら、
最後に「電源を引き抜いたので」という言葉が出てくるので、
これは遊園地やショッピングセンターにある木馬なのだということがわかります。
それにしても木馬から落馬してそのまま頭をボコボコ打ち続けるなんて、
やっぱりブロンドは普通の人と違っています。

05-52 Breaststroke
 T
here was a Blonde, a Brunette, and a Redhead standing on the beach.
They had decided the previous evening whilst in the pub to try and swim the English Channel.
After some discussion, they decided the quickest way would be to do the breaststroke, so off they set.
One day later the Redhead reached the French coast.
Having lost sight of the other two swimmers just off the English coast she decided that they couldn't be far behind so sat on the beach looking out to sea waiting for the other two.
After a cold night of waiting, the Brunette finally came into sight.
"What took you so long?" inquired the Redhead.
"There were some strong currents out there! But I'm here now! Am I the last?" replied the Brunette.
"No. Blondie is still out there somewhere."
They decided to wait.
Day after day the two swimmers sat on the beach until on the 5th day Blondie came into view.
Once on dry land the Brunette asked the blonde "What took you so long?"
"What do you expect? You guy's cheated," replied the indignant blonde, "You used your hands!"
 平泳ぎ
 ブロンドとブルーネットと赤毛の女が、イギリスの海岸で海を見つめて立っていた。
彼女達は前の夜パブで一緒に飲んだ時、英仏海峡を泳いで渡ろうという話で盛り上がったのだった。
三人で話を詰めて、一番確実に速い泳法は平泳ぎ(breast stroke)だろうということになり、それで海峡を横断することにして、一斉に海に向かった。
一日経過して赤毛は向こう岸にあるフランスの浜に辿り着いた。
一緒にイギリスの海岸を離れた残りの二人の姿が未だ見えなかったが、お互いそれほど大きく離れてはいないだろうと思って、赤毛は海岸に腰を下ろして、海を注意深く見つめながら待つことにした。
寒さが身にしみる夜だったが、赤毛はじっと二人を待っていると、ブルーネットがこちらに向かって泳いで来る姿が目に入った。
「どうして、こんなに遅れたの?」と赤毛が尋ねると、ブルーネットは「途中で強い海流の動きに進路を邪魔されて、ようやくここまで辿り着いたのよ。私が一番最後かしら?」と言った。
「未だ、ブロンドがやって来ていないよの。どの辺りを泳いでいるのかしらね?」と赤毛が答えた。
二人はブロンドを待つことに決めた。
それから毎日二人は海岸に腰掛けてブロンドを待ち続けたが、ようやく5日後にブロンドが泳いで来る姿が視界に入った。
ブロンドが陸地に到着するなり、ブルーネットが「どうして、こんなに時間がかかったの?」と聞いた。
「何言っているのよ。あなたたち、ズルイわ」とブロンドが、口を尖らせて抗議した。「あなたたち、手を使って泳いだでしょう!」
おバカなブロンドはbreast stroke(平泳ぎ)を言葉通り breast(胸)を stroke(かくこと)と理解して、
手を使わずオッパイの動きだけで英仏海峡を横断して泳いできたのです。

05-53 Blonde applicants
 T
hree Blondes were all applying for the last available position on the Texas Highway Patrol.
The detective conducting the interview looked at the three of them and said, "So y'all want to be cops, huh?"
The blondes all nodded.
The detective got up, opened a file drawer and pulled out a folder.
Sitting back down, he opened it and pulled out a picture, and said, "To be a detective, you have to be able to detect. You must be able to notice things such as distinguishing features and oddities, such as scars and so forth."
So saying, he stuck the photo in the face of the first blonde and withdrew it after about two seconds.
"Now," he said, "did you notice any distinguishing features about this man?"
The blonde immediately said, "Yes, I did. He has only one eye!"
The detective shook his head and said, "Of course he has only one eye in this picture! It's a profile of his face! You're dismissed!"
The first blonde hung her head and walked out of the office.

 The detective then turned to the second blonde, stuck the photo in her face for two seconds, pulled it back and said, "What about you? Notice anything unusual or outstanding about this man?"
"Yes! He only has one ear!"
The detective put his head in his hands and exclaimed, "Didn't you hear what I just told the other lady? This is a profile of the man's face! Of course you can only see one ear!! You're excused too!"
The second blonde sheepishly walked out of the office.

 The detective turned his attention to the third and last blonde and said, "This is probably a waste of time, but..."
He flashed the photo in her face for a couple of seconds and withdrew it, saying, "All right, did you notice anything distinguishing or unusual about this man?"
The blonde said, "I sure did. This man wears contact lenses."
The detective frowned, took another look at the picture and began looking at some of the papers in the folder.
He looked up at the blonde with a puzzled expression and said, "You're absolutely right! His bio says he wears contacts! How in the world could you tell that by looking at his picture?"
The blonde rolled her eyes and said, "Well, with only one eye and one ear, he certainly can't wear glasses."

 ブロンドの応募者
 テキサス高速警察が新人刑事を応募した時、最後の一つの職場に三人のブロンドが応募してきた。
面接担当刑事が三人のブロンドを見回しながら、「さて、君達は刑事になりたいというんだね?」
三人のブロンドは全員が肯いた。
担当官は立ち上がると書類キャビネットを開き一冊の書類セットを取り出し、再び三人の前に座ってその書類セットの
中から一枚の写真を取り出して説明した。
「刑事になるためには、ものごとを調査解明する能力が必要だ。写真を見て顔の傷だとか、何かその人間を特徴付けるものや人と違う点に気付かねばならない」そう言うと刑事はその写真を最初のブロンドの応募者の目の前に突きつけ、二秒後にさっとその写真を引っ込めて「さて、何かこの男の特徴に気が付いたかね?」ブロンドは即座に「えぇ、彼は片目しかないわ」
刑事は横に首を振って言った。「もちろんこの写真の男は片目だが、それはこの男の顔の輪郭の一部にすぎない。ダメ、失格!」
最初のブロンドは頭をうなだれて面接室から出て行った。

 刑事は二番目のブロンドの方に向き直り、同じ写真を彼女の顔の前に突き出し二秒後に、さっと手元に戻してから質問した。「君はどうかね?この男で何か変わっている点に気付いたかね?」
「ええ、彼は耳がひとつしかないわ!」
面接担当刑事は自分の頭を両手で抱えこんでから、大声で怒鳴った。「そうさ、彼は片耳さ。君はさっきの女性に僕が言ったことを聞いていなかったのか?そういうことはこの男の顔の輪郭の一部だろう?片耳だということは誰だって見ればわかることさ!君も失格!」
二番目のブロンドはおどおどしながら、面接室を出て行った。

 刑事は最後の三番目のブロンドに向かって、「まぁ多分、時間の無駄かも知れないけど、まあ、一応…」と言いながら、サッと写真を突き付け、2秒後にそれを引っ込めて言った。
「じゃ、始めるか。この男で何か変わった点に気付いたかね?」
三番目のブロンドが答えた。「えぇ、気付きましたよ。この男はコンタクトレンズを使っていますね!」
刑事は眉をひそめて自分でこの男の写真を見つめ、それから書類セットの中にあった書類を取り出して眺めてからこのブロンドを見上げ、当惑したような言い方で答えた。「その通りだ。この男の調書を読むと、確かにコンタクトレンズを使用していると書かれている。いったいどうやって、写真を見ただけでそれがわかったのかね?」
ブロンドは目をくりくり動かしながら答えた。「それはね、片目と片耳だったら、眼鏡をかけることが出来ないことは明らかでしょ?」


05-54 Blonde's Interview
Interviewer(I) : Give me the opposite words.
Blonde(B): Ok
(I):Made in India
(B):Destroyed in Pakistan
(I):Good... Keep it Up
(B):Bad.... Put it Down
(I):Maximum
(B):Mini Dad
(B):Enough! Take your Seat
(B):Insufficient! Don't Take my seat
(I):Idiot! Take your Seat
(B):Clever! Don't take my Seat
(I): I say you get out!
(B):You didn't say I come in
(I):I reject you!
(B):You Appoint me
(I):Oh, my GOD!!!
(B):Ho, you Devil!!!

 ブロンドの就職面談
面接担当者(面):私の言う言葉と反対の意味を持つ言葉を言いなさい。
ブロンド(ブ):わかりました。
(面)インド製(Made in India)。
(ブ)パキスタンで破壊されたもの(Destroyed in Pakistan)。
(面)よろしい(Good)。その調子で続けましょう(Keep it up)。
(ブ)良くない(Bad)。そこに置いて(Put it down)。
(面)最大限(Maximum)。
(ブ)最小の(Mini)お父さん(Dad)。
(面)もう結構!(Enough!)椅子に座って(Take your seat)。
(ブ)不十分!(Insufficient!)私の椅子に座らないで(Don't take my seat)。
(面)馬鹿!(Idiot! )椅子に座れ(Take your seat)。
(ブ)お利口!(Clever!)!私の椅子に座らないで(Don't take my seat)。
(面)あんたにここから出て行けと言っているんだ!(I say you get out!)
(ブ)あなたは私が入る、とは言わなかった(You didn't say I come in)。
(面)私はあなたを拒否する!(I reject you!)
(ブ)あなたは私と契約する(You appoint me)。
(面)なんてこった!(Oh my GOD!!!)
(ブ)ホー、あんたは悪魔!(Ho, you Devi!!!)


05-55 Suicide Attempt
 D
id you hear about the blonde who tried to kill herself?
She jumped out a basement window!
 自殺の試み
 自殺を試みようとしたブロンドの話を聞きましたか?
彼女は地下室の窓から飛び降りたそうです。
地下室の灯り取り用窓から、下へ飛び降りようとしたって無理ですよね

05-56 We'd both still be alive
 T
wo blondes were waiting at the Pearly Gates and struck up a conversation.
The first blonde says "How did you die?"
The second blonde says, "I froze to death".
The first blonde says "Must have been awful."
The second blonde says "How did you die?"
The first blonde says "I had a heart attack. I knew my husband was being unfaithful so I came home unexpectedly one day and rushed to the bedroom and found my husband alone reading. I rushed to the basement and nobody was hiding there, I rushed to the attic and still no one, and after all that rushing around I had a heart attack and died."
The second blonde says, "If only you'd looked in the freezer we'd both still be alive!"
 二人とも生きていられたのに
 二人のブロンドが天国の門で待っている最中に、会話を始めた。
最初のブロンドが「あなたはどうして死んだの?」と聞いたので、二人目のブロンドが「凍え死んだの」と答えた。
最初のブロンドが「それはひどいわねぇ〜」というと、二人目のブロンドが「で、あなたはどうして死んだの?」
最初のブロンドが「心臓発作よ。私は旦那が浮気をしてるって知っていたので、何も告げずにこっそりと家に帰って寝室に走って行ったら、旦那が一人で本を読んでいたの。それで地下室に走って行ったけど誰もいなくて、次に屋根裏部屋に走って行ったけど、ここも誰もいなくて、そんなこんな走り回っていたら心臓発作に襲われて死んじゃったの」
二人目のブロンドが「もしそのときあなたが冷凍庫の中を見てくれていたら、私達二人ともまだ生きていられたのに!」

05-57 Intercourse
 D
id you hear dumb blonde student thought the time between her classes was intercourse?
 性交(授業の合間?)
 間抜けなブロンド女学生は、授業の合間のことはIntercourse(性交)というものだと思っていたようです。
Inter(…の間)+course(授業)をくっつければ、確かにintercourseですけど。

05-58 Time flies
Q: Why did the blonde throw her clock out the window?
A: She heard time flies.

 時は飛んでいく
 なぜブロンドは時計を窓から放り投げたのですか?
彼女は「時間は飛んでいく(Time flies)」と聞いたからです。

このブロンドは Time flies を文字通り「物理的に空を飛ぶ」と勘違いして、
時計を空中に放り投げたのです

05-59 Only three doors
 A
blonde was late for a meeting on her first business trip.
Her boss called the hotel room and she apologized for being late but said she had a problem.
"There are only three doors in my room," she cried.
"One is a closet door, one is a bathroom door and the third has a 'Do not disturb sign 'on it."

 扉が三つしかありません
 ブロンドが初めて仕事で出張した時、ミーティングの時刻に遅れたので彼女のボスが彼女の泊まっているホテルに電話した。
ブロンドは「遅れてすみません。でも私のホテルの部屋に問題があるのです。この部屋には扉が三つしかありません。一つが洋服ダンスの扉、もう一つがトイレの扉、そして三番目の扉には『邪魔しないで下さい』という札がかかっているから出られないんです」


05-60 Shakespeare
BLONDE #1: "Have you ever read Shakespeare?"
BLONDE #2: "No, who wrote it?"

 シェークスピア
ブロンド1:シェークスピアを読んだことある?
ブロンド2:いいえ。それを書いたのは誰なの?

ブロンドは「シェークスピア」が人名であるか書名であるかもわからないのです。

#05-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜50・51〜6061〜7071〜8081〜90


*  
*