●Kazさんのページ


#06.Business

#06-1〜10・11〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜90

06-11 How he became rich
 W
hen I was a young man I asked an old rich man if he could tell me how he made his money.
In response, the gentleman fingered his worsted wool vest and said ...
"Well, son, it was 1932. The depth of the Great Depression. I was down to my last nickel. I invested that nickel in an apple. I spent the entire day polishing the apple and, at the end of the day, I sold the apple for ten cents. The next morning, I invested those ten cents in two apples. I spent the entire day polishing them and sold them at 5:00 pm for 20 cents. I continued this sys tem for a month, by the end of which I'd accumulated a fortune of $1.50. Then my wife's father died and left us two million dollars."
 どうやって彼は金持ちになったか
 私が若い頃、ある金持ちのお年寄りに、どうやってお金を稼いだのか聞いたことがあった。
その紳士はウーステッド(上質の羊毛)のベストを指でつまんで、こう答えた。
「そうだな、お若いの、あれは1932年、大恐慌の真っ只中の事じゃった。わしは最後の5 セント硬貨1枚しか残っていなかった。その5セントで、わしはリンゴを一個買った。その日1日、リンゴを丹念に磨き上げ、夕方になってそのリンゴを10セントで売ったのじゃ。次の日の朝、この10セントで2個のリンゴを買った。そしてまた1日それらのリンゴを磨き上げ、夕方5時になってそれらを20セントで売ることが出来たのじゃ。このやり方を1ヶ月間続けて月末には1ドル50セントのお金を手に入れたのじゃ。そうこうしているうちにわしの嫁さんの父親が亡くなって、遺産として200万ドルがわしたち夫婦に転がり込んで来たのじゃ。」
もったいぶった話方で、爪に火をともすようにしてお金を貯めた苦労話をするのかと思ったら、
なーんだ、遺産がころがりこんだだけなんですね。

06-12 Copier or Shredder?
 A
young executive was leaving the office at 6 p.m.
when he found the CEO standing in front of a shredder with a piece of paper in hand.
"Listen," said the CEO, "this is important, and my secretary has left. Can you make this thing work? "
"Certainly," said the young executive.
He turned the machine on, inserted the paper, and pressed the start button.
"Excellent, excellent!" said the CEO as his paper disappeared inside the machine.
"I just need one copy."
 コピー機それともシュレッダー?
若い重役が夕方6時にオフィスを離れて帰ろうとしていた時、会長(CEO)がシュレッダーの前で紙を一枚持って立っている姿が目に入った。
「聞いてくれないか、この書類は非常に重要なんだ」、と会長が若い重役に語りかける。
「あいにく秘書が帰ってしまってね、悪いけど君、これやってくれないかな?」
「かしこまりました」、と若い重役は答えてシュレッダーのスイッチをONにして、スタートボタンを押した。
「結構、結構」と会長は書類が機械の中に吸い込まれていくと肯いた。
「コピーは1部だけでいいんだ 。」
大変です。
重要書類をコピーしたかったのにシュレッダーに入れてしまったわけですから…。

06-13 Do you believe in life after death?
"Do you believe in life after death?" the boss asked one of his employees.
"Yes, sir," the clerk replied.
"That's good," the boss said.
"After you left early yesterday to go to your grandmother's funeral, she stopped in to see you."
 死後の世界を信じるか?
「君は死後の世界を信じるか?」と、上司が部下の一人に尋ねた。
「もちろんです」と部下は答えた。
「よろしい」、と上司は言葉を続けた。
「君が祖母の葬式に参列するためだと言って会社を早退した後で、君のお婆さんがたまたま君のことを訪ねて来たんだけど、彼女はあの世からやって来た幽霊なのかね?」
お婆さんの葬式のためと嘘をついて会社を早退したのが、バレてしまいました。

06-14 Job Interview Question
 Y
ou are driving along in your car on a wild, stormy night.
You pass by a bus stop, and you see three people waiting for the bus:
1. An old lady who looks as if she is about to die.
2. An old friend who once saved your life.
3. The perfect man (or) woman you have been dreaming about.

 Which one would you choose to offer a ride to, knowing that there could only be one passenger in your car.
Think before you continue reading. This is a moral/ethical dilemma that was once actually used as part of a job application. You could pick up the old lady, because she is going to die, and thus you should save her first; or you could take the old friend, because he once saved your life, and this would be the perfect chance to pay him back. However, you may never be able to find your perfect dream lover again.

 The candidate who was hired (out of 200 applicants) had no trouble coming up with his answer.
He simply answered: "I would give the car keys to my old friend, and let him take the lady to the hospital.
I would stay behind and wait for the bus with the woman of my dreams.

" Never forget to "Think Outside of the Box."
 口頭試問
 ひどい嵐の晩、あなたは車を運転していてバス停の横を過ぎた時に、三人の人がバスを待っていることに気付いたと仮定して下さい。
その三人の人物とは
1.今にも死にそうな老婆、
2. かつてあなたの命を救ったことがある旧友、
3. あなたの理想の結婚相手男性(あなたが男性なら理想の女性)、です。

 ではここで問題です。あなたの車にはあと一人しか乗せられませんが、いったいこの三人のうちの誰を乗せることを選びますか?
この問題は以前就職試験口頭試問に実際出題された道徳・倫理感を問うものです。
では続きを読んで下さい。

 もし老婆を乗せるとすれば、その理由は彼女が死にそうな状態であるため、最優先しなければならないからでしょう。
もし旧友を乗せるならばかつて命を救ってくれたことに対することをお礼する絶好のチャンスだからでしょう。
でもそうするとあなたの理想の恋人に会うチャンスは二度とめぐってきません。

 200人の応募者の中から選ばれたこの就職試験合格者の解答を教えましょう。
彼はこの問題に何ら悩むことなく、いとも簡単にこう答えました。「車の鍵を旧友に渡して、死にそうな老婆を病院に運ぶように頼みます。
僕はバス停でバスが来るのを待つ間、理想の女性と一緒にいることが出来ます」

思考の殻を破って考えることをお忘れなく!


06-15 Cash register
 A
man owns a supermarket.
Although his store was very busy, it didn't seem to be making any money.
He hired a private detective to figure out what was happening.
A week later the owner said to the detective, "You've been walking around the store for a week, but it still doesn't make money. Something is wrong."
"I don't know," replied the detective.
"I've watched all the employees and all the doors. I've been watching everywhere, but nothing has been stolen. All five cash registers are quite busy."
"Five?" interrupted the owner. "I only have four registers!"
 レジ
 スーパーマーケットのオーナーは自分の店が非常に繁盛しているにもかかわらず、儲けがちっとも増えないので、探偵を雇ってどうして儲からないのか調査させることにした。
一週間後にこのオーナーが探偵に尋ねた。
「君は一週間僕の店をずっと調べていたが、相変わらず儲けが出ない。何かがおかしいはずだ。」
「私にもわかりません」と探偵は答えた。
「私はこの一週間従業員全員を見張っていましたし、店のすべての出入り口も見ていました。お店の全てを見ていたにもかかわらず、何も盗まれた形跡はありませんでした。5台のレジ(金銭登録機)はいつも忙しそうに稼働していましたしね‥‥」
「5台だって?」オーナーは探偵の報告を遮った。
「うちには4台しかレジがないんだよ!」
誰か頭の良い従業員が店のレジを1台増やし、そこに集められた現金をくすねていたわけです。

06-16 Advertising
 H
ere's a great way of convincing you of the importance of advertising.
"Doing business without advertising is like winking at a pretty girl in the dark. You know what you're doing, but nobody else does."

 広告宣伝
 広告宣伝の重要さを認識させる素晴らしいキャッチフレーズ。
『宣伝広告なしにビジネスを行うことは、闇夜で可愛らしい女の子にウインクする様なものだ。あなたは自分のやっていることは分っているが、他の誰もそのことを分っていない。』

06-17 Why I Fired My Secretary
 T
wo weeks ago was my 45th birthday, and I wasn't feeling too hot that morning anyway.
I went to breakfast knowing my wife would be pleasant and say "Happy Birthday," and probably have a present for me. She didn't even say "Good Morning," let alone any "Happy Birthday."
I thought, "Well, that's wives for you. The children will remember." The children came in to breakfast and didn't say a word.
When I started to the office I was feeling pretty low and despondent.
As I walked into my office, my secretary, Janet said, "Good Morning Boss, Happy Birthday." And I felt a little better; someone had remembered.
I worked until noon. Then, Janet knocked on my door and said, "You know, it's such a beautifu l day outside and it's your birthday, let's go to lunch, just you and me."
I said, "By George, that's the greatest thing I've heard all day. Let's go." We went to lunch.
We didn't go where we normally go; we went out into the country to a little private place. We had two martinis and enjoyed lunch tremendously.
On the way back to the office, she said, "You know, it's such a beautiful day. We don't need to go back to the office, do we?"
I said, "No, I guess not."
She said, "Let's go to my apartment." After arriving at her apartment she said, "Boss, if you don't mind, I think I'll go into the bedroom and slip into some thing more comfortable."
"Sure," I excitedly replied.
She went into the bedroom and, in about six minutes, she came out carrying a big birthday cake, followed by my wife, children, and dozens of our friends.
All were singing Happy Bir thday...and there on the couch I sat... naked.

 なぜ私は秘書をクビにしたか
 二週間前、私は45歳の誕生日を迎えたがその日の朝とても浮き浮きするような気分になれなかった。
朝食のテーブルで妻がニコニコしながら「お誕生日おめでとう」と言ってプレゼントをくれるものと期待していたら、彼女は「誕生日おめでとう」どころか「おはよう」とすら言ってくれなかった。
「まぁ、女房なんてそんなものだろう。でも子供達は私の誕生日を覚えてくれているだろう」と私は自分に言い聞かせた。
子供達が朝食にやってきたが、ひとことも口を聞かなかった。会社に向かう時、私はガッカリしてとても落ち込んでいた。
会社に歩いて入ると私の秘書のジャネットが、「ボス、おはようございます。そして誕生日おめでとう」と言ってくれたので、私は少し気分が晴れた。
少なくとも私の誕生日を覚えていてくれた人がいたのだ。
正午まで働いて昼休みになったら、ジャネットが私の部屋のドアをノックして入って来て言った。
「今日は天気が素晴らしいし、あなたの誕生日でもあるから、外で二人だけで食事しません?」
「うわぁ、なんて嬉しいことを言ってくれるんだ。今日聞いた言葉の中で一番素晴らしい言葉だよ。さぁ、一緒に表へ出よう」と二人で食事に出かけた。
私はありきたりの場所ではつまらないので、郊外にある個室のあるレストランに行った。食前酒にマティニを頼み、二人だけの素晴らしい昼食を楽しんだ。
会社へ戻る途中でジャネットが「ねぇ、こんなに素敵な日なんですもの、もう会社へ戻るのやめましょうよ?」と言ったので、「そりゃ、そうだね」と私は答えた。
「じゃ、私のアパートへ行きましょう」とジャネット。彼女のアパートに着くと、「ボス、もし構わなければ私、寝室に行ってもっと楽な格好になりたいんですけど」とジャネット。
「結構だねぇ」と興奮して答えた私。彼女は寝室に入り約6分後に、大きな誕生ケーキを抱えて戻って来た。
その後ろには私の妻が、そして子供達が、それに大勢の友人達が…。皆で「ハッピーバースデー」と歌いながら…。そしてそこにはソファの上で素っ裸になっていた私が……。

06-18 Always Check Your Lotto Numbers!
 A
t a Christmas party in Melbourne last year the staff decided to pull a practical joke on their boss who had a habit of playing serious jokes on everyone else.
When he went to the toilet, they went through his wallet and found his Lotto Ticket.
Then, they wrote down his numbers and called over the waitress to set up a little prank.
She came back half an hour later and asked if anyone wanted to know the night's Lotto numbers and proceeded to read them out aloud, before setting the numbers on the table.
The boss looked at the numbers, then casually pulled out his from his wallet and compared them.
He became really silent, put his wallet back in his jacket and sat down again, and checked the numbers, very carefully.
Then, he sculled his drink, stood up on his chair and shouted out to the whole room, "I just want to let you all know something. I've been having an affair with my secretary for months. I don't like any of you, and I have hated working for this company. You can all go to Hell, because I've just won a shit-load of money, and I'm leaving"
End of job.
End of marriage.
End of story.

 宝くじの当選番号確認を忘れずに!
 メルボルンに部下に対して誰にでも悪ふざけのする上司がいたが、昨年のクリスマスパーティで部下達がその上司に対してちょっとした悪戯をすることにした。
上司がトイレに行っている間、部下達は彼の財布の中を調べて宝くじが入ってるのを見つけ、彼らはその番号をメモした。
そして近くに居たウェイトレスを呼び、悪戯の相談をし た。
ウェイトレスは30分後に戻ってくると、皆に今夜の宝くじの当選番号を知りたいかを聞いた。そして彼女は番号を順に大声で読み上げ、その番号をテーブルの上に置いていった。
上司は番号を見ると、財布から自分の宝くじを何気なく取り出して番号を見比べた。
彼はとたんに静かになり、財布を自分のジャケットに戻すと、椅子に座り直し、もう一度番号を慎重に確認した。
自分のドリンクを一気に飲み干すと、彼はやにわに椅子の上に立ち上がり、部屋中の皆に聞こえるように大声で叫んだ。
「皆に知ってもらいたいことがある。俺は秘書とこの何ヶ月もの間不倫関係にある。お前らなんか皆嫌いだ。この会社で働くのも大嫌いだった。皆地獄に堕ちやがれ。俺はたった今大金を手にしたんだから、この会社を辞めてやる!」この上司は仕事を失って、結婚生活を失って、このお話はおしまい。

06-19 Fairy Tales
 A
little girl had just listened to her mother reading her one of her favorite fairy tales.
"Mommy," asked the child, "do all fairy tales begin with Once Upon a Time...?"
"No, dearest," replied the mother, "sometimes they start with 'Darling, I have to work a little late at the office tonight'"

 お伽話
 母親が読んでくれるお気に入りのお伽話を聞きながら、小さな女の子が質問した。
「ママ、お伽話(fairy tale)はいつも『昔、あるところに』で始まるの?」
「そうとばかりは限らないわよ」、と母親が応える。『ダーリン、今日は仕事で少し遅くなるよ』って始まる時もあるのよ。」
fairy taleは妖精の話・お伽話という意味から皮肉っぽく「とても信じられない話」という意味にも使われます。
『ダーリン、今日は仕事で少し遅くなるよ』というのは、自分の旦那さんの「とても信じられない話」なんですね。

06-20 Fish head
 A
customer at Green's Grocery marveled at the proprietor's quick wit and intelligence.
"Tell me, Green, what makes you so smart?"
"I wouldn't share my secret with just anyone,"
Green replies, lowering his voice so the other shoppers won't hear.
"But since you're a good and faithful customer, I'll let you in on it. Fish heads. You eat enough of them, you'll be positively brilliant."
"You sell them here?" the customer asks.
"Only $4 apiece," says the customer.
The customer buys three.
A week later, he's back in the store complaining that the fish heads were disgusting and he isn't any smarter.
"You didn't eat enough, " says Green.
The customer goes home with 20 more fish heads.
Two weeks later, he's back and this time he's really angry.
"Hey, Green," he says, "You're selling me fish heads for $4 apiece when I just found out I can buy the whole fish for $2. You're ripping me off!"
"You see?" says Morris. "You're smarter already."

 魚の頭
 グリーン食料品店を訪れた客が、店の主人であるグリーンは頭の回転が速いのと博識なのにビックリして尋ねた。
「グリーンさん、何であんたはそんなに頭が良いの?」
「それはちょっと秘密なんでね、他人に教えたくはないんだ」とグリーンは店の他の客には聞こえないように声をひそめて言った。
「けれどあんたはうちの店の上得意だからね、特別に教えたあげよう。その秘訣は魚の頭を食べることなんだ。魚の頭を沢山食べるとあんたも賢くなるよ」
「それって、ここで売っているのかい?」とこの客は尋ねる。
「ひとつたった4ドルさ」と主人が答えたので、客は3つ買っていった。
一週間後にこの客はグリーンの店にやって来て、魚の頭はまずくて、しかも食べてもちっとも頭が良くならないと文句を言った。
「あんたは、食べた量が充分でないのさ」とグリーンは 言った。
そこでこの客は今度は魚の頭を20も買って帰った。
2週間後に再びグリーンの店に現れたこの客はカンカンに怒っていた。
「おいグリーン、お前は4ドルで魚の頭を売りつけたけど、魚一匹全体で2ドルで買えるのに、頭だけで4ドルというのは、どう考えてもぼり過ぎじゃないか?」
「ほーらね、」とグリーンは言った。「あんた、賢くなったじゃないか」

#06-1〜10・11〜20・21〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜90

*  
*