●Kazさんのページ


#06.Business

#06-1〜1011〜2021〜30・31〜40・41〜5051〜6061〜7071〜8081〜90

06-31 My Resume
1. My first job was working in an Orange Juice factory, but I got canned, because I wasn't able to concentrate.
2. Then I worked in the woods as a Lumberjack, but I just couldn't hack it, so they gave me the axe.
3. After that, I tried to be a Tailor, but I just wasn't suited for it - mainly because it was a sew-sew job.
4. Next, I tried working in a Muffler Factory, but that was too exhausting.
5. Then, I tried to be a Chef - figured it would add a little spice to my life, but I just didn't have the thyme.
6. Next, I attempted to be a Deli Worker, but any way I sliced it I couldn't cut the mustard.
7. My best job was a Musician, but eventually I found I wasn't noteworthy.
8. I studied a long time to become a Doctor, but I didn't have any patience.
9. Next, was a job in a Shoe Factory. I tried but I just didn't fit in.
10. So then I got a job in a Workout Center, but they said I wasn't fit for the job.
11. I managed to get a good job working for a Pool Maintenance Company, but the work was just too draining.
12. I became a Professional Fisherman, but discovered that I couldn't live on my net income.
13. After many years of trying to find steady work, I finally got a job as a Historian - until I realized there was no future in it.
14. So I'm unemployed and ready for any kind of job now. Do you have any suggestion?

 私の履歴書
1・最初に就いた仕事はオレンジジュース製缶工場でしたが、私は集中することが出来ず(注:concentrateは集中する/濃縮する)、クビになりました。(注:get canned:クビになるという表現は、缶詰にする=cannedを掛けている)
2・次に私は木樵として山林で働きましたが、うまくやって行くことが出来ず(注:hackは木を切り倒す/うまくやって行く)、クビになりました。(注:axは斧/クビになる)
3・その後洋服屋になろうと努力しましたが、この職業がそこそこの仕事だった(注:sew-sewは縫う−縫うという文字が、so-so(そこそこの)と発音が同じ)という理由で、私は仕事に馴染めませんでした。(注:suitは洋服の上着/適している)
4・さて次に働いたのは自動車部品のマフラーを造る工場でしたが、ここでの仕事はきつく疲れ果ててしまいました。(注:exhaustは疲れ果てる/自動車の排気ガスに掛けている)
5・そこで私は料理人になろうと努力しました。私の人生に多少の趣を与えることにはなりましたが、この職業にずっと留まる時間はありませんでした。(注:spiceは人生の趣と、料理のスパイス、tymeは料理に使う香辛料タイムと、同じ発音のtime(=時間)を掛けている)
6・次は惣菜屋で働こうとしましたが、食材をどんなに上手に切ろうとしても店主の期待に添うことが出来ませんでした。(注:cut the mustardは基準を満たしていないという意味だが、もちろん惣菜屋のmustard:芥子と掛けている)
7・私が一番良い職業だと思ったのは音楽家ですが、それほど注目するような仕事でないということがわかりました。(注:noteは音符という意味があるので、noteworthyは正しい音符/注目すべきという両方の意味が掛かる)
8・私は医者になるため長い期間勉強しましたが、結局辛抱出来ずに医者になれませんでした。(注:patienceは辛抱、またpatientは病人という意味がある)
9・次に働いたのは製靴工場です。努力はしてみましたが、どうしても馴染めませんでした。(注:fit inは職場環境に馴染む/靴が身体にピタっと合う、の二つに掛けている)
10・そこでフィットネスセンターに勤めるようになりましたが、同センターのスタッフから私はその仕事に向いていないと言われました。(注:fit は仕事に適していない/運動で身体をシェープアップする、の二つの意味がある)
11・私はなんとかして貯水池清掃会社で仕事を見つけましたが、この仕事はきつすぎました。(注:drainingは精魂使い果たす/貯水池での作業"排水する"の二つに掛けている)
12・そして私はプロの漁師になりました。でもこの職業で得られる手取り(注:netは漁師の網/正味、手取り)の額では暮らして行くことは出来ませんでした。
13・長年安定した職業を探し続けてきた私は、遂に歴史家という職業を見つけました。しかしこの職業には未来がないということに気付きました。(注:過去の歴史を調べる歴史家は未来のことは関係ない)
14・そういう訳で私は現在失業中なので、どんな種類の仕事でも紹介していただきたいのですが、何か私に向いている仕事ってありますか?

06-32 Latex production
 A
fellow is going on a tour of a factory that produces various latex products.
At the first stop, he's shown the machine that manufactures baby-bottle nipples.
The machine makes a loud 'hiss-pop!' noise.
"The hiss is the rubber being injected into the mold," explains the guide.
"The popping sound is a needle poking a hole in the end of the nipple."
Later, the tour reaches the part of the factory where condoms are manufactured.
The machine makes a noise:'Hiss. Hiss . Hiss. Hiss-pop!'
"Wait a minute!" says the man taking the tour.
"I understand what the 'hiss, hiss,' is, but what's that 'pop!' every so often?"
"Oh, it's just the same as in the baby-bottle nipple machine," says the guide. "It pokes a hole in every fourth condom."
"Well, that can't be good for the condoms!"
"Yeah, but it's great for the baby-bottle nipple business!"

 ゴム製品
 一人の男が様々なゴム製品を製造している工場見学ツアーに参加していた。
最初に案内されたのは哺乳瓶の乳首を製造している部門だった。
「キリキリーポン!」という音を立てて機械が動いていた。
案内する社員が「キリキリーっという音はゴムを鋳型に差し込む音です。ポン!という音は針がゴムを貫いて穴を開けた時の音です」と説明した。
見学ツアーはコンドームを製造している部門にやって来た。
そこで機械は「キリキリー、キリキリー、キリキリー、キリキリーポン!」というリズムで音を立てていた。
「ちょっと待って!」とツアー客の男が社員に尋ねた。
「『キリキリー、キリキリー』という音は、ゴムを鋳型に差し込む音だから理解出来るけれど、『ポン!』という音が一定のリズムで聞こえるのは何故なんですか?」
「あぁ、その音は哺乳瓶用乳首を作る機械の音と同じです。コンドーム4個に1個ずつ穴を開けているんです」と、案内する社員が答えた。
「それはコンドームとしては欠陥品になるじゃないか!」とツアー客が気色ばんだ。
「仰る通りです。でもうちの哺乳瓶用乳首生産部門の売上げも増やさねばなりませんので…」

06-33 He's gone to your funeral
 T
he chief clerk answered the telephone, and an aged quivering voice said, "Excuse me, but can I speak to Parker, the messenger boy?"
"Who is it speaking?" a sked the chief clerk.
"This is his grandfather."
Then the chief said, "Well, Parker isn't here. He's gone to your funeral!"

 あなたの葬儀に出席しているはずです
 事務主任が電話を取ると、受話器の向こうから震え声の老人の声が聞こえた。
「も、もしもし、そちらで使い走りしているパーカーと代わっていただけますかな?」
「どちら様でいらっしゃいますか?」と事務主任が尋ねた。
「わ、私は彼の祖父なんじゃがの」と老人が行ったので主任はこう答えた。
「実はパーカーはここにおりません。あなたの葬儀に出席しているはずです。」

06-34 NEW STOCK MARKET TERMS
CEO -- Chief Embezzlement Officer. (Chief Executive Officer)
CFO -- Corporate Fraud Officer. (Chief Financial Officer)
BULL MARKET -- A random market movement causing an investor to mistake himself for a financial genius.
BEAR MARKET -- A 6 to 18 month period when the kids get no allowance, the wife gets no jewelry, and the husband gets no sex.
STOCK SPLIT -- When your ex-wife and her lawyer split your assets equally between themselves.
CASH FLOW -- The movement your money makes as it disappears down the toilet.
BROKER -- A slick guy who has made me a broke.
FINANCIAL PLANNER -- A guy whose phone has been disconnected.
STOCK ANALYST -- Idiot who just downgraded my stock.
PROFIT -- An archaic word no longer in use.

 新しい市場経済用語辞典
CEO:Chief Embezzlement Officer(横領執行責任者)
【注】CEOはChief Executive Officer、企業執行責任者:代表権を持つ社長のこと。

CEF:Corporate Fraud Officer(企業犯罪責任者)
【注】CFOはChief Financial Officer、財務責任者のこと。

Bull Market:投資家が自分自身を金融の天才だと思わせてしまうような滅茶苦茶な相場
【注】Bull Marketは「強気の相場」のこと。

Bear market:6〜18ヶ月続く下降相場で、その時は子供にはお小遣いを与えられず、妻には宝石を買ってやれず、夫はセックスをしてもらえない。
【注】Bear marketは「弱気の相場」のこと。

Stock split:離婚した奥さんと彼女の弁護士が、あなたの財産を均等に分けて持っていってしまうこと。
【注】Stock splitは株価分割のことで、株主構成を変えずに株数を増やすテクニック。

Cash flow:あなたのお金をトイレットに入れて流すようなもの
【注】Cash flowは企業の現金の流れを指し、アメリカ企業では重視されている。

Broker:僕を一文無し(broke)にした口先のうまい奴のこと
【注】Brokerは株式仲買人のこと。

Financial Planner:いくら電話をかけても出ようとしない奴のこと
【注】Financial Plannerは金融機関であなたの資産運営をアドバイスする人。

Stock analyst:私の株を低く見積もる阿呆野郎のこと
【注】Stock analystは株式評論家、株式分析のプロ。

Profit:もはや現在では使われなくなった昔の言葉。
【注】Profitは利益のこと。


06-35 Best hotel
 T
here are 3 hotels on the same block in Tokyo.
Competition for business is so fierce that one of the hotels puts up a big sign in the front door: BEST HOTEL IN TOKYO.
A week later, the second hotel puts up a bigger sign: BEST HOTEL IN THE WORLD.
A week after that, the third hotel puts up a relatively modest little sign that said: BEST HOTEL ON THE BLOCK.

 最上級ホテル
 東京の同じ地区に三軒のホテルが有り、商売の競争は熾烈だったので、三軒のうちの一 軒のホテルが入口のドアに「東京で最上級のホテル」という大きな看板を出した。
その一週間後、二軒目のホテルが「世界で最上級のホテル」というより大きな看板を掲げた。
そしてその一週間後に、三軒目のホテルは比較的控えめで小さい看板に、「当地区で最上級のホテル」と書いた。

同じ地区に東京一と、世界一のホテルがあるのですから、
その地区で最上級というこの三番目のホテルが、結局最高のホテルということになりますよね。(笑)

06-36 Buy out
 A
very successful businessman had a meeting with his new son-in-law.
"I love my daughter, and now I welcome you into the family," said the man.
"To show you how much we care for you, I'm making you a 50-50 partner in my business. All you have to do is go to the factory every day and learn the operations."
The son-in-law interrupted, "I hate factories. I can't stand the noise."
"I see," replied the father-in-law. "Well, then you'll work in the office and take charge of some of the operations."
"I hate office work," said the son-on-law. "I can't stand being stuck behind a desk all day."
"Wait a minute," said the father -in-law. "I just made you half-owner of a moneymaking organization, but you don't like factories and won't work in a office. What am I going to do with you? "
"Easy," said the young man. "Buy me out."

 会社買取り
 大金持ちのビジネスマンが義理の息子と話し合っていた。
「私は娘を愛しているので、娘の夫となった君を我が家の一員として迎えることを歓迎する。わが一族がどの位君のことを大切にしているか、ひとつ証拠を見せよう。私はパートナーとして、私の事業の二分の一を君に任せよう。君がやらねばならぬことは毎日工場に行って工場経営を学ぶことだ」と言うと、義理の息子は言葉を遮って「僕、工場は嫌いです。あの音には耐えられません」と言った。
「わかった」と、義理の父親は肯くと「では君には事務所の仕事を任せよう。いくつかの企業の責任者になってもらう」、と言った。
「僕、事務所の仕事も嫌いです。一日机のうしろにへばりついて働くなんて耐えられません」と義理の息子が答えた。
「ちょっと待った」、と義理の父親が言った。「私は君に金儲けをする組織を半分やると言っているんだぞ、わかっているのか?それなのに君は工場も嫌だ、事務所も嫌だといって働こうとしない。一体私は君に何をすればよいのかね?」と口を尖らせると、義理の息子は「簡単ですよ。僕の会社を買い取って下さい」としゃあしゃあとして答えた。


06-37 E-mail
 A
businessman from Wisconsin went on a business trip to Louisiana.
Upon arrival, he immediately plugged his laptop into the hotel room port and sent a short E-mail back home to his wife, Jennifer Johnson, at her address, JennJohn@world.net.
Unfortunately, in his haste, he mistyped a letter and the E-mail ended up going to JeanJohn@world.net, a Jean Johnson in Duluth, the wife of a preacher who had just passed away and was buried that day.
The preacher's wife took one look at the E-mail and promptly fainted.
It read, "Arrived safely, but it sure is hot down here!"

 Eメール
 ウイスコンシン州のビジネスマンが、ルイジアナ州へ出張した。
ルイジアナに着くと彼 は直ぐにホテルの部屋のインターネットに持参したラップトップコンピューターを繋ぎ、妻に短いEメールを送った。
『ジェニファー・ジョンソン宛:メールアドレスJennJohn@world.net』と。
ところが急いでタイプしたのでJeanJohn@world.netと一字間違えたアドレスに彼のメールは届いてしまった。
このメールアドレス持ち主はドルスに住む牧師の奥さんであるジーン・ジョンソンさんで、彼女の夫は死亡したばかりで、丁度その日に埋葬されたのだった。
彼女は間違って送られてきたセールスマンのメールを読んで、その場で失神してしまったそうだ。
そこには『無事到着。しかしここは炎熱地獄だ!』

埋葬されたばかりの牧師が天国ではなく地獄に到着し、
そこから彼女にEメールを送ってきたと、未亡人はショックを受けて倒れたのですね。

06-38 I need a promotion
 D
ear Boss,
People who do lots of work make lots of mistakes.
People who do less work make less mistakes.
People who do no work make no mistakes.
People who make no mistakes get promoted.
That's the reason why I spend most of my time or playing computer games or dozing off in the office.
I need a promotion. Best Regards,

 昇進願い
拝啓 上司殿
沢山の仕事をする人は、沢山の間違いを犯します。
あまり働かない人は、あまり間違いを犯しません。
全く働かない人は、間違いをひとつも起こしません。
間違いを犯さない人は昇進します。
上記論理の当然の帰結として、私はオフィスでの就業時間中の殆どをパソコンでゲームをしたり、居眠りをしたりして働かないようにしているのです。
私を昇進させて下さい 。 敬具


06-39 Shitty haircut
 A
man was getting a haircut prior to a trip to Rome.
He mentioned his trip to the barber, who responded, "Why would anyone want to go there? It's crowded and dirty and full of Italians. You're crazy to go to Rome. So, how are you getting there? "
"We're taking TWA," was the reply. "We got a great rate!"
"TWA!" exclaimed the barber.
"That's a terrible airline. Their planes are old, their flight attendants are ugly, and they're always late. So, where are you staying in Rome?"
"We'll be at the downtown International Marriott."
"That's dump! Thats's the worst hotel in Rome. The rooms are small, the service is surly and they're overpriced. So, what are you doing when you get there?"
"We're going to go to see the Vatican and we hope to see the Pope."
"That's snobbish," laughed the barber.
"You and a million other people trying to see him. He'll look the size of an ant. Boy, good luck on this lousy trip of yours. You're going to need it!"

 A month later, the man again came in for his regular haircut.
The barber asked him about his trip to Rome.
"It was wonderful," explained the man, "not only were we on time in one of TWA's brand new planes, but it was overbooked so they bumped us up to first class. The food and wine were wonderful, and I had a beautiful 28-year-old stewardess who waited on me hand and foot. And the hotel! Well, it was great! They'd just finished a $25 million re-modeling and now it's the finest hotel in Rome. They, too, were overbooked, so they apolog ized and gave us the presidential suite at no extra charge!"
"Well," muttered the barber, "I know you didn't get to see the Pope."
"Actually, we were quite lucky, for as we toured the Vatican, a Swiss Guard tapped me on the shoulder and explained that the Pope likes to meet some of the visitors, and if I'd be so kind as to step into his private room and wait, the Pope would personally greet me. Sure enough, five minutes later, the Pope walked in. As I knelt down he spoke a few words to me."
"What'd he say?"
He said, "Where'd you get the shitty haircut?"

 下手くそな散髪
 一人の男がローマへ旅立つ前に床屋で散髪することにした。
彼は床屋の主人に自分の旅行について話し出すと、床屋の主人は「あんな所へ行きたがる奴の気が知れないね。ごみごみして、不潔で、イタリア人であふれかえっているローマに行こうなんて、あんた気がふれてないかい?で、どうやってローマへ行くつもりかね?」と言った。
「TWA航空で飛ぶよ。格安料金チケットが手に入ったんだ」と、客が答えると、「TWAだって?」と床屋の主人は大声を出した。そして「ありゃ、ひどい航空会社だぜ。飛行機は旧式、スチュワーデスは醜女(ブス)ばかり。いつでも定刻を遅れて離着陸だからな。で、あんたはローマで、どのホテルに泊まるのかね?」と聞くので、客は「町中にあるインターナショナル・マリオットホテルに宿泊する予定だよ」と答えた。
「ひゃー、あのクソホテル。あのホテルはローマでは最悪だぜ。部屋は狭いし従業員のサービスはつっけんどん、値段はどう考えてもぶったくりにボっているし。で、ローマではどこを見物するつもりかね?」と、どこまで行っても床屋の主人の悪口は続く。
「バチカンへ行ってローマ法皇に会おうと思っているんだ」と客が答えると、「おやおや、鼻持ちならない俗物根性だね」と、床屋の主人は声を立てて笑った。
「どうして猫も杓子もローマ法皇に会いたがるんだろう。蟻ほどの価値もないっていうのに。まぁ、せいぜい酷い旅行を楽しんでらっしゃいな、どうしても行きたいんだろうから」と、最後の最後まで嫌味を言った。

 一ヶ月後この客が床屋にやって来て、いつもの散髪を頼んだ。
床屋の主人はこの客にローマ旅行について聞き始めた。「いやぁ、素晴らしい旅だったね。TWAは最新型の飛行機で定刻通り運行したし、予約ミスでエコノミー席が重なってしまったので、僕等はファーストクラスに格上げになったんだ。さすがに機内食もワインも上等だったねぇ。それからホテルも豪華だったぜ!2500万ドルかけて改装したばかりで、今やローマ一の最上級ホテルになっていたんだ。ここでも予約ミスで部屋がダブルブッキングだったので先方は平謝りして、追加料金なしで我々に最上級スイートルームを使わせてくれたよ」と、客がまくしたてるので、床屋の主人は「へぇ、そうですかい」と口ごもりながら、「でもローマ法皇には会えなかったでしょ?」とこの客に聞いた。
「いや、実に運が良かったんだが、僕達がバチカン市内を観光している時、一人のスイス人衛兵が僕の肩を叩き『ローマ法皇が観光客と会ってみたいと仰有っていますので、よろしければ法皇の個室へお越しいただけませんか。そこで待っているとローマ法皇が現れ、あなたに親しく言葉をかけて下さいます』というんだよ。そこで控え室で5分間待っていると、ローマ法皇が現れたので、僕は法皇の前に跪(ひざまず)いた。法皇は確かに僕にお言葉を下さったね」と客は語った。
「で、法皇は何て言ったのかね?」と床屋の主人が身を乗り出して聞くと、客が短く答えた。「『いったい、この下手くそな散髪をどこでしたのかね?』って法皇は仰有ったよ」


06-40 Mail order
 A
n elderly fisherman wrote to a mail order house the following: "Please send me one of those gasoline engines for my boat you show on page 438, and if it's any good, I'll send you a check."
In a short time he received the following reply: "Please send check. If it's any good, we'll send the engine."

 メールオーダー
 
年配の漁師がメールオーダーで次の注文をした。「カタログ438ページに載っているガソリンエンジンを送って下さい。もし希望通りの品物であることがわかったら支払小切 手を送ります」
直ぐにこの男の元へ返事が届いた。「まず小切手をお送り下さい。小切手が本物なならばエンジンを送ります」


#06-1〜1011〜2021〜30・31〜40・41〜5051〜6061〜7071〜8081〜90


*  
*