●Kazさんのページ


#06.Business

#06-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜70・71〜80
81〜90

06-71 Turkey
 A
woman walks into a butcher's shop just before closing time and asks, "Do youhave any turkey?"
The butcher opens his fridge, takes out his only turkey and puts it on the weighing scales.
It weighs three kilograms.
The woman looks at the turkey and at the scales and asks, "Do you have one that's a bit bigger than this one, please?"
The butcher puts the turkey back into the fridge and then takes it out again, but this time when he puts it on the scales he keeps his thumb on the turkey.
The scales now show four kilograms.
"That's wonderful," says the woman.
"I'll take the both of them, please."

 七面鳥
 一人の女性が肉屋に閉店時間直前に入ってきて、「七面鳥は有るかしら?」と尋ねた。
肉屋は冷凍庫を開き最後の七面鳥を取り出し秤の上に置くと、3キログラム有った。
女性は七面鳥と秤を見て、「これよりももう少し大きなものは有るかしら?」と言ったので、肉屋は取り出した七面鳥を再び冷凍庫に戻し、それからもう一度同じ七面鳥を取り出したが、今度は秤に乗せる時に自分の親指を七面鳥の乗せたままにしておいた。
すると秤は4キログラムを指した。
「いいわね」、とその女性は言った後で、「さっきの七面鳥と両方ください」と注文した。

さぁ〜、七面鳥は一羽しか残っていないので、
この肉屋はどうやって言い逃れるのでしょうかねぇ。

06-72 I work for IRS
 T
he local bar was so sure that its bartender was the strongest man around that they offered a standing $1,000 bet.
The bartender would squeeze a lemon until all the juice ran into a glass, and hand the lemon to a patron.
Anyone who could squeeze one more drop of juice out would win the money.
Many people had tried over time (weight lifters, longshoremen, etc.) but nobody could do it.
One day this scrawny little man comes in, wearing thick glasses and a polyester suit, and says in a tiny, squeaky voice, "I'd like to try the bet."
After the laughter dies down, the bartender says OK, grabs a lemon, and squeezes away.
He hands the wrinkled remains of the rind to the little man.

 But the crowd's laughter turned to total silence as the man clenches his fist around the lemon and six drops fall into the glass.
As the crowd cheers, the bartender paid the $1,000, and asks the little man," what do you do for a living? Are you a lumberjack, a weightlifter, or what?"
The man says, "I work for the IRS*."

 *IRS = Internal Revenue Service

 私は税務署員です
 ある地方のバーで、ここのバーテンダーがこの辺りでは一番腕っぷしが強いから、彼に勝てる奴がいるならば1,000ドルやろうという賭になった。
バーテンダーは片手でギュっとレモンをつぶして、その果汁をグラスに注ぐとお客に絞り滓のレモンを渡した。
その絞り滓から一滴でも果汁を絞れたら賞金をもらえるので、重量挙げの選手だの、港湾労働者など腕自慢達が次々と挑戦したが、誰も出来なかった。
ある日のこと貧相なやせ細った男がバーに入って来た。
分厚い眼鏡をかけて、ポリエステルの安手の上着を着たその男は、ネズミの鳴き声のような小さな声で「僕もその1,000ドルの賭に挑戦したいな」と言った。
回りにいた酔客達の大笑いが収まるとバーテンダーは、「いいよ、やってみろよ」とレモンを掴むとギュっと絞り、しわくちゃになったレモンの滓を小さな男に渡した。

この貧相な男がバーテンダーの絞り滓から、なんと六滴も果汁をグラスの仲に絞り出すのを見て、笑い顔の観客達はシーンと静まりかえってしまった。
やがて観客は拍手大喝采となり、バーテンダーは約束通り1,000ドルの掛け金をこの小男に払わざるを得なかった。
「あんたの職業は、いったい何なんだね?木こりかい?重量挙げの選手?そうじゃないとしたら。。。」とバーテンダーが尋ねると、貧相な男は答えた。
「私は税務署員です。」

税務署員は最後の一滴まで見逃さない、取れるものはとことん取るということです。

06-73 Made in
 A
larm clocks rings for 6AM (MADE IN JAPAN).
While his coffeepot (MADE IN CHINA) was perking, he shaved with his electric razor (MADE IN HONG KONG).
He put on a dress shirt (MADE IN SRI LANKA), designer jeans (MADE IN SINGAPORE) and tennis shoes (MADE IN KOREA).
After cooking his breakfast in his new electric skillet (MADE IN INDIA), he sat down with his calculator (MADE IN MEXICO) to see how much he could spend today.
After setting his watch (MADE IN TAIWAN) to the radio (MADE IN INDIA), he got in his car (MADE IN GERMANY) and continued his search for a good paying AMERICAN JOB.
At the end of yet another discouraging and fruitless day, Joe decided to relax for a while. He put on his sandals (MADE IN BRAZIL), poured himself a glass of wine (MADE IN FRANCE), turned on hisTV (MADE IN INDONESIA), and then wondered why he can't find a good paying job in...AMERICA!

 外国製
 朝6時に時計(日本製)のアラームが鳴る。
ジョーはコーヒーメーカー(中国製)がコポコポ沸いている間、電気カミソリ(香港製)で髭を剃る。
彼はシャツ(スリランカ製)を着て、デザイナージーンズ(シンガポール製)とテニスシューズ(韓国製)を履く。
朝食を電気鍋(インド製)で調理した後、座ると電卓(メキシコ製)で今日はいくら使っても大丈夫か計算する。
腕時計(台湾製)の時刻をラジオ(インド製)の時報で合わせ、車(ドイツ製)に乗り込み、給料が高いアメリカの仕事を探しに行く。
またまた収穫が無く落胆してその日が終わり、ジョーはしばらくリラックスすることにした。
サンダル(ブラジル製)を履き、ワイン(フランス製)をグラスに注ぎ、テレビ(インドネシア製)を付けると、考え始める。
なんで給料が高い仕事を見つける事が出来ないのだろう...アメリカで!

日常商品の殆ど全てが外国製品で、アメリカの産業は太刀打ち出来ないので、
ジョーも職がみつからないのです。

06-74 Wife and Mistress
 A
doctor, a lawyer and a real estate agent were discussing the relative merits of having a wife or a mistress.
The lawyer says, "For sure a mistress is better. If you have a wife and want a divorce, it causes all sorts of legal problems."
The doctor says, "It's better to have a wife because the sense of security lowers your stress and is good for your health."
The real estate agent says,"You're both wrong. It's best to have both so that when the wife thinks you're with the mistress and the mistress thinks you're with your wife. You can go and sell two houses."

 妻と愛人
 医者と弁護士と不動産屋が、妻と愛人のどちらの方が良いかという議論になった。
弁護士は「愛人の方がいいに決まっている。妻を持って離婚しようとしたら法律の上で色々めんどうな手続きが必要だからね」と言った。
医者は「妻を持つ方が家庭は安全だし、ストレスもなく健康には良いからお勧めだね」と言った。
不動産屋は「君達二人共間違っているよ。妻と愛人を同時に持つことだよ。妻は僕が愛人と一緒だと思うし、愛人は僕が妻と一緒だと思うろ?だからそれぞれの所へ行って、それぞれに家を売ることが出来るじゃないか」


06-75 Invitation
"I'm going to marry a woman who works in my office.
Which coworkers should we invite?"
"Only those who are in a position (1)advance your career or (2)give you an expensive wedding gift.
These usually coincide.

 招待客
「職場の同僚女性と結婚する予定なんですけど、仕事仲間の誰を結婚式に招待すればよいのでしょうかね?」
「次の二種類の人間ですね。(1)あなたの上司、(2)金額の張る結婚祝いをくれる人です。普通(1)と(2)は同じ人々になりますけどね」


06-76 Nearly the same amount of money
 A
fter 40 years of hard work, a man retired with which he had gained $4,999,900 through courage, diligence, initiative, skill, devotion to duty, thrift, efficiency, shrewd investment. And the death of an uncle who left him $5,000,000.

 ほぼ同じ金額
 40年間勤めて退職した男が4,999,900ドルの退職金を受け取った。
彼が勇気を奮って勤勉に仕事をこなし、リーダーシップを取りながら、持てる技術を全て活かして仕事に没頭し、倹約し、効率的に行動し、巧みな投資で会社に貢献した故である。
ところで彼の叔父さんが死んだ時、彼は5,000,000ドルの遺産をなんの苦労もなく相続した。


06-77 Scholarship loan
 D
id you hear about a successful Wall Street investment banker who won $10,000 in the lottery?
He's so happy that he could pay back his scholarship loan.

 奨学金
 ウオールストリートで大金持ちになった投資家が、1万ドルの宝くじに当たった話を聞きましたか?
彼は奨学金を返済出来るのでとても喜んだそうです。

大金持ちにとって1万ドルの奨学金返済などいつでも出来るのに、
自分の金を使うのはいやなので、宝くじが当たるまでは返さなかったのですね。(>_<)

06-78 Plumber
 A
plumber attended to a leaking faucet at the neurosurgeon's house.
After a two-minute job the plumber demanded $150.
The neurosurgeon exclaimed," I don't charge this amount even though I am a surgeon."
The plumber replied, "I agree, you are right. I too, didn't either, when I was a surgeon. That's why I switched to plumbing!"

 配管工
 神経外科医の家の水漏りする水道管蛇口を修理するため、配管工がやってきた。
2分程で修理を終えた配管工は150ドルの料金を請求した。
神経外科医は大声で文句を言った。「私は外科医だけど、こんな高い料金は請求しないぞ!」
配管工は答えた。「あなたの言う通りだと思います。私だって自分が外科医時代、こんな高い料金は請求しませんでしたよ。だから私は今配管工をしているんですよ」


06-79 The promotion
 G
oldberg is the owner of a hugely successful chain of upmarket menswear shops.
One day Goldberg calls in one of his staff and says, "Bernie, when you first joined the company, you started as tea boy. Then, within 3 weeks, I promoted you to assistant sales and 3 months later you became chief buyer. And 3 years Iappointed you as our General Manager. I've now decided to retire and after careful deliberation I've decided to give you my job as Chairman and Chief Executive Officer of the company. What do you say about that?"
"That's fine," says Bernie.
"Is that all you've got to say?" asks Goldberg.
"You're right," replies Bernie, "I am sorry I should have said, 'Thank you dad, that's fine.'"

 昇進
 ゴールドバーグは高級紳士服チェーン店を経営しており、商売は大繁盛していた。
ある日彼は一人の部下を呼んで「バーニー、君は入社して初めての仕事はお茶くみの給仕だった。その君を3週間でセールス補助に昇進させたのは私だ。さらに3ヶ月後購買主任に出世させたのも私だ。3年後に私は君を筆頭部長に指名した。さてあれこれじっくり考えた末に、私は社長兼最高指導責任者の地位を退き、君にその地位を譲りたいと思っている。君の気持ちを聞かせてくれないか?」と言った。
「それはどうも」としかバーニーが答えなかったので、「言うことはそれで全てか?」とゴールドバーグが聞き返す。
「失礼、僕は『それはどうも、パパ』と言うべきでしたね」と、バーニーは言った。


06-80 A Balloonist
 A
man flying in a hot air balloon suddenly realizes he's lost.
He reduces height and spots a man down below.
He lowers the balloon further and shouts to get directions, "Excuse me, can you tell me where I am?"
The man below says: "Yes. You're in a hot air balloon, hovering 30 feet above this field."
"You must work in Information Technology," says the balloonist.
"I do" replies the man.
"How did you know?"
"Well," says the balloonist, "everything you have told me is technically correct, but it is of no use to anyone."
The man below replies, "You must work in management."
"I do," replies the balloonist, "But how'd you know?"
"Well", says the man, "you don't know where you are or where you're going, but you expect me to be able to help. You're in the same position you were before we met, but now it's my fault."

 気球乗り
 熱気球に乗っていた男が現在の位置がわからなくなった。
慌てて高度を下げ、地上に人がいることを確かめ、さらに下に降りてその男に向かって叫んだ。
「すみませーん、僕がどこにいるかわかりますか?」
下にいた男が「あんたは地上から30フィート上空の熱気球の中にいるだろ」、と答えた。
「あなたって、IT関係の会社で働いているでしょ?」と気球に乗っていた男が地上の男に質問した。
「そうだけど、どうしてそれがわかるんだ?」と地上の男が尋ねた。
「だって、さっきあなたの言ったことは技術的には正しいけど、誰にも役立たないことじゃないですか」と気球の男が答えると、地上の男がこう言い返した。
「あなたは経営者でしょ?」
「そうだけど、どうしてそれがわかったのですか?」と気球に乗った男が聞くと、地上の男が答えた。
「あんたは自分がどこにいて、これからどこに行くのかわかっていない。それなのに私が何かあなたを助けてくれるものと期待している。私が助けにならなければ、それは私が悪いと言うことになり、あんたは責任を取ろうとしないくせに、そのままの地位に留まれるからさ」

#06-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜70・71〜8081〜90


*  
*