●Kazさんのページ

#08.Celebrity

#08-1〜1011〜20・21〜30・31〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110111〜120

08-21 Divorced Barbie
 A
man walks into a store to buy a Barbie doll for his daughter.
"How much is that Barbie in the window?" he asks the shop assistant.
In a manner she responds, "Which Barbie? We have Barbie Goes to the Gym for $19.95, Barbie Goes to the Ball for $19.95, Barbie Goes Shopping for $19.95, Barbie Go es to the Beach for $19.95, Barbie Goes Nightclubbing for $19.95, and Divorced Barbie for $395.00. "
The guy asks, "Why is Divorced Barbie different from all the others?"
"That's obvious," the assistant states, "Divorced Barbie comes with Ken's house, Ken's car, Ken's boat, Ken's furniture... "

 離婚したバービー
 娘にバービー人形を買ってあげようと考えた男がお店に入り、「ウインドーに飾ってあるバービー人形はいくらですか?」と女店員に尋ねた。
店員はちょっと気取った言い方で、「どちらのバービー人形でしょうか?スポーツジムに行くバービーでしたら19.95ドル、舞踏会へ行くバービーでしたら19.95ドル、買い物へ行くバービーでしたら19.95ドル、海岸へ行くバービーでしたら19.95ドル、ナイトクラブに行くバービーでしたら 19.95ドル、そして離婚したバービーでしたら395ドルでございます」と答えた。
「なぜ離婚したバービーだけが、他のバービー人形違ってそんなに高いんだね?」と男が尋ねる。
「それは、当然でございますわ」、と女店員が説明する。
「離婚したバービー人形 には、別れた亭主Kenから慰謝料で取った家、車、ボート、家具、等々が一緒についておりますので…」

いかにもアメリカ、というジョークです。

08-22 Henry Ford
 T
he three Cohen brothers entered the posh offices of Henry Ford, the automobile tycoon.
"Mr. Ford," announced Norman Cohen, the eldest of the three, to speak for his brothers.
"We have a remarkable invention that will revolutionize the automobile industry."
Ford looked skeptical, but their threat to offer it to the competition kept his interest piqued.
"We would like to demonstrate it to you in person."
After a little cajoling, they brought Mr. Ford outside and asked him to enter a black automobile that had been baking in the hot summer sun in front of the Ford building.
 Hyman Cohen, the middle brother, opened the door of the car.
"Please step inside, Mr. Ford.
"
"What !" shouted the tycoon, "Are you crazy ? It must be two hundred degrees in that car !"
"It probably is," smiled the youngest brother, Max, "but don't worry, Mr. Ford, just get in and push the white button."
 Intrigued, Ford pushed the button.
All of a sudden, a whoosh of freezing air started blowing from vents all around the car and within seconds the automobile was not only comfortable, it was quite cool.
"This is amazing !" exclaimed Ford.
"How much do you want for the patent ?"
Norman spoke up. "The price is one million dollars." He paused and added, "and there is something else, the name Cohen Brothers Air Conditioning must be stamped right next to the Ford logo !"
"Money is no problem," retorted Ford, known for his anti-semitism, "but there is no way will I have any name next to my logo on my cars, particularly a Jewish name !"
 They haggled back and forth for a while and finally they settled. Five million dollars, but the Cohens' name would be left off.
However, the first names of the Cohen brothers would be forever emblazoned upon the console of every Ford air conditioning system.
 And that's why even today, whenever you enter a Ford vehicle, you will see three names clearly printed on the air conditioning control panel: "NORM, HI and MAX !"

 ヘンリーフォード
 コーエン三兄弟が自動車界の大物ヘンリーフォードのぜいたくなオフィスに入っていった。
「Mr.フォード、」と長男のノーマン(Norman)・コーエンが三人を代表して話の口火を切った。
「私達兄弟は自動車業界を革新する素晴らしい発明をしました。」
フォードは三人をうさん臭そうに見つめたが、フォードが採用しないならライバル会社へ売り込むという彼等の脅しには腹立たしいながらも耳を傾けざるを得なかった。
「あなたご自身でお試しになったらいかがですか?」と、この三人は言葉巧みに勧めて(cajoling)フォードをビルの外に連れ出して、夏の熱い陽射しの下にずっと置かれていた彼等の黒い自動車の中に入ってみてほしいと、フォードに頼んだ。

 二番目のハイマン(Hyman)・コーエンが車のドアを開けて、「Mr.フォード、どうぞ中にお入り下さい」と促した。
「何バカなこと言ってるんだ!」と自動社会の大物は大声で怒鳴った。
「車の中は華氏200度(=93℃)はあるぞ!」
「そのくらいの温度でしょうね」と三番目のマ ックス(Max)・ハイマンが微笑みながら言葉を続ける。
「でもご心配なく、Mr.フォード 。中に入ってその白いボタンを押してみて下さい。」
 興味をそそられたフォードはその白いボタンを押すと突然車の全ての換気口からシューっと冷気が噴き出して来て、数秒後に車内は快適温度を通り越して極めて涼しい温度になった。
「これは凄い!」とフォ ードは感心して直ぐに「特許料をいくら払えば売ってもらえるのかね?」と交渉に入った。
長男のノーマンがきっぱりと言った。「値段は100万ドルです。」
ノーマンは息をついでこう付け加えた。
「それともうひとつ、コーエン兄弟のエアコンという名前を車のフォードロゴの次に必ず刻印してほしい。これが条件です。」
「金額に問題はない、 」とユダヤ人嫌いで知られていたフォードがやり返す。
「しかしフォードのロゴの隣りにユダヤ人の名前を加えることは絶対認めん!」
 フォードとコーエン兄弟は、さんざん交渉した結果次の条件で折り合った。
即ち特許買い取り金額は500万ドルまで上げるが、コーエンという名前は表示しない。その代わりにコーエン兄弟のファーストネームを、フォードが搭載するエアコン操作盤の上に未来永劫に記すこととする。
 このことが、それから今日に至るまでフォードの車を購入すると、エアコンの操作パネル盤に「NORM ,HI and MAX!」(通常・強め・最強)の表示がハッキリとプリントされている理由なのです。

如何にもありそうな話ですが、もちろんジョークです。

08-23 Return to Sender
 A
t a local funeral home, families are given the chance to choose the music they would like to enter the service to.
One family asked to enter to Elvis Presl ey's hit, "Love me Tender."
The day of the funeral arrived and the music started for the family to walk in to the service.
Unfortunately the wrong track number was entered into the CD player, and the family found themselves walking in to, "Return to Sender."

 差出人に戻してよ
 お葬式が始まる時に流す音楽に関しては、家族が好きな曲を選べる葬儀社がありました。
ある家族はエルビスプレスリーのヒット曲「優しく愛して」(Love me Tender)を希望したそうです。
葬儀の日遺族が入場して着た時、不幸なことに葬儀社の係がCDプレーヤーのトラックナンバーを間違えてしまったそうです。
家族が棺を持って歩んで来ると流れて来た音楽は「差出人に戻してよ」(Return to Sender)でした。


08-24 Yellow leg
 W
hy was Helen Keller's leg yellow?
Because her dog was blind, too.

 黄色い足
 なぜヘレン・ケラーの足は黄色いのでしょうか?
彼女の犬も盲だからです。

彼女の犬も盲なので、
電信柱と飼い主の足と区別がつかずにオシッコをかけてしまうからです。
ヘレン・ケラー(1880-1968)は
目・耳・口が不自由な三重苦のハンディキャップを負いながら大学を卒業し、
生涯を通じて自分と同じ視聴覚障害者のために働いた、アメリカの女性です。
こういう偉い人まで上記の様なジョークの対象にしてしまうようで、
「ヘレンケラージョーク」という本まで出ています。

08-25 Yoko Ono
 H
ow did Yoko Ono get her name?
When she was born, her father cried, "Oh, No!" because he couldn't tell her face from her ass.

 オノ・ヨーコ
 オノ・ヨーコ(ビートルズのジョン・レノンの妻となった日本人)は、どうしてそういう名前をつけられたのでしょうか?
彼女が生まれた時、顔とお尻が区別がつかないくらい醜かったので、父親が思わず「オー、ノー!」と叫んだからです。

オノ・ヨーコはビートルズメンバーが不仲になった原因とも言われ、
美人とは言い難い丸い東洋人顔のせいもあって、
欧米人のビートルズファンからは嫌われているようで す。

08-26 Awe
 J
ohn Wayne was acting in a movie based on the Bible.
In the crucifixion scene, as the cameras rolled, he went up to the cross and said in his deadpan manner, "He's the Son of God."
"Cut!" yelled the director, who called John Wayne aside and told him, "John, John, I need you to say that line with a sense of awe. All right?"
"Awe?" said the big star.
"Yes, awe," confirmed the director.
"Ok ay, gotcha." So John Wayne prepared himself and when the director yelled, "Action!"
The lanky star looked up at the holy figure and said, "Awe, he's the Son of God!"

 Awe(オー)
 ジョン・ウエインが聖書を下地にした映画に出演したいた時の話。
キリストが十字架に磔になる(crucifixion)シーンの撮影で、カメラがスタートしジョン・ウエインが登場 してぶっきらぼうな言い方で(磔になっているキリストに向かって)「彼は神の子だ」と台詞を言った。
「カット!」と監督が怒鳴った。
監督はジョン・ウエインを呼びつけると、「ジョン、ジョン、ここのところは畏敬(awe:オー)の念を込めて言わなくっち ゃダメだよ。わかったかい?」
「Awe(オー)?かい」と大スターは聞き返す。
「そうだ、Awe(オー)だ」と監督はダメを押す。
「OK、わかったよ(gotcha)」と答えたジョン・ウエインは再び演技の準備にかかると、監督が「スタート!」と叫んだ。
手足のひょろ長い大スターは、キリスト役の役者を見上げてこう言った。「オー(Awe)、彼は神の子だ!」

Aweと監督に言われたジョン・ウエインは、
Ohのつもりで「オー、彼は神の子だ」と 、ただ「オー」という間投詞をつけただけで、
相変わらずぶっきらぼうに台詞を言ったのです。

08-27 Jewish holiday
 A
dolf Hitler consulted a clairvoyant to find out on what day he would die.
He almost fell off his chair when she informed him that his death would fall on a Jewish holiday.
"Jewish holiday? Oh, no!" protested Hitler, "which Jewish holiday would it be?"
"Mein Fuhrer," she pointed out, "any day you die will be a Jewish holiday."

 ユダヤ教の祝日
 アドルフヒットラーが、透視能力者に自分の死ぬ日を占ってもらった。
透視能力者が「あなたの死ぬ日はユダヤ教の祝日の日にあたります」と予言するのを聞いた時、ヒットラーは椅子から落ちそうになるほど驚いた。
「ユダヤ教の祝日だって?それは絶対困る!」とヒットラーは抗議した。
「いったい何のユダヤ教祝日にあたるんだ?」
「総統閣下、あなたが死ぬ日はいつであろうと、ユダヤ教祝日になりますよ」、と透視能力者は指摘した。

ユダヤ人を大量虐殺したヒットラーが死ねば、
その日は恨み骨髄のユダヤ人にとっては祝うべき日になるでしょう、ということ。

08-28 Cindy Crawford
 A
young single guy is on a cruise ship, having the time of his life.
On the second day of the cruise, the ship slams into an iceberg and begins to sink.
Passengers around him are screaming, flailing, and drowning but our guy manages to grab on to a piece of driftwood and, using every last ounce of strength, swims a few miles through the shark-infested sea to a remote island.
Sprawled on the shore nearly passed out from exhaustion, he turns his head and sees a woman lying near him, unconscious, barely breathing.
She has also managed to wash up on shore from the sinking ship.
He makes his way to her, and with some mouth-to-mouth assistance he manages to get her breathing again.
She looks up at him, wide-eyed and grateful, and says, "My God, you saved my life!"
He suddenly realizes the woman is Cindy Crawford!
Days and weeks go by.
Cindy and our guy are living on the island together.
They've set up a hut, there's fruit on the trees, and they're in heaven.
Cindy's fallen madly in love with our man, and they're making passionate love morning, noon and night.
Alas, one day she notices he's looking kind of glum.
"What's the matter, sweetheart?" she asks, "We have a wonderful life together. I'm in love with you. Is there something wrong? Is there anything I can do?"
He says, "Actually, Cindy, there is. Would you mind, putting on my shirt?"
"Sure," she says, "If it will help."
He takes off his shirt and she puts it on. "Now woul d you put on my pants?" he asks.
"Sure, honey, if it's really going to make you feel better," she says.
"Okay, would you put on my hat now, and draw a little mustache on your face?" he asks.
"Whatever you want, sweetie," she says, and does.
Then he says, "Now, would you start walking around the edge of the island?"
She starts walking around the perimeter of the island.
He sets off in the other direction.
They meet up half way around the island a few minutes later.
He rushes up to her, grabs her by the shoulders, and says, "Dude! You'll never believe who I'm sleeping with!"

 シンディ・クロフォード
 一人の独身青年が豪華客船の旅を楽しんでいた。
航海二日目に客船は氷山に衝突し沈み始めた。
乗客達は泣き叫び、体力が尽きて溺れていったが、我らが青年は流木をがっちり掴み体力を振り絞って鮫がうようよ近寄ってくる海域を泳ぎ抜き、数マイル先の離れ小島に辿り着いた。
岸に這い上がると手足を伸ばして寝ころんだが、死ぬほど疲れていた。
ゆっくり首をまわしてあたりを見回すと、彼のそばにかろうじて呼吸はしているものの、意識を失った女性が横たわっているのに気付いた。
彼女もあの沈没した船から波に運ばれて、やっとの思いでこの島に打ち上げられたようだった。
よろよろと彼女に近づき彼女の口に自分の口をあてて、人工呼吸を行って意識を吹き返させた。
彼女は大きく目を開け感謝の気持ちを込めて、彼を見つめながら言った。
「あぁ、あなたが私の命を救って下さったんですね!」青年は突然気がついた。
なんと彼が助けた女性は女優のシンディ・クロフォードだったのだ!
シンディと我らが独身青年がこの島で一緒に暮らし始めて、何日かが過ぎた。
二人は小屋を作った。果物はあたりの木々にたわわに実っており、毎日の生活はまるでエデンの園のアダムとイヴのようなものだった。
シンディは我らが独身青年と激しい恋に落ち、二人は毎朝・毎昼・毎晩熱烈に愛を確かめ合った。
ところがある日シンディは彼女の愛する人がふさぎ込んでいるのに気付き、「どうしたの?私の愛しい人。二人でこんなに楽しい毎日を過ごしているじゃないの。私はあなたに首ったけなのに、何か気に入らない事があるの?私で出来ることがあるなら、何でもしてあげるわ」と言った。
「実はね、シンディ、やってもらいたいことがあるんだ」と青年は答えた。
「君が僕のシャツを着てくれないか?」
「お安いご用よ、そんなことなら」と彼女が答えたので、青年は自分のシャツを脱いで彼女に着せた。
「さて次に僕のズボンをはいてくれないか?」
「いいわよ、ハニー。それであなたが元気になるなら」とシンディは答える。
「オッケー。じゃ次は僕の帽子を被って、それから君の顔にヒゲを描かせてくれないかな?」
「 あなたがお望みなら何でもどうぞ」、とシンディ。
「それじゃ、その格好で島の海岸線に沿ってずっと歩いて行って」、と彼はシンディに要求した。
彼女が島の反対側に向かって歩き出すと、彼は海岸沿いに逆方向に歩き始めた。
数分後に島のほぼ真ん中で二人は出会い、我らが青年はシンディに走り寄ると、男装している彼女の両肩を掴んでこう行った。
「おい、お前、信じられないかもしれないけどさぁ、俺が誰といい仲になったか知ってるか?」

「(男なら誰でも一度は寝てみたいと思う)シンディ・クロフォードと、俺は恋人関係になったんだぜ!」と
男達に自慢したかったのに、この島には誰もいないのでシンディに男役を務めてもらったということです。

08-29 Clinton, Yeltsin, and Bill Gates
  G
od called Bill Clinton, Boris Yeltsin, and Bill Gates to come to a conference.
When they got together, God said: "I've got good news and bad news. The bad news is that I'm really fed up with the way things are on Earth. So I've decided to destroy it. The good news is that I'm giving you one week's notice."
So Bill Clinton called into session the joint houses of Congress and announced: " I've got good news and bad news. The good news is that there is a God. The bad news is that He's going to destroy the Earth in one week."
Boris Yeltsin called his cabinet members and announced: "I've got bad news and worse news. The bad news is that there is a God after all. The worse news is that He's going to destroy the Earth in a week."
Bill Gates, meanwhile, called all of his programmers, marketing experts, and administrators together and announced: "I've got good news and better news. The good news is that God thinks I'm one of the 3 most important men on Earth. The better news is that we don't have to fix Windows 95."

 クリントン、エリツィン、ビル・ゲーツ
 神がビル・クリントン、ボリス・エリツィン、ビル・ゲーツの三人に会議をしたいので集まるように命じた。
三人が一同に揃うと神は言った。「良いニュースと悪いニュースがある。悪いニュースとは、わしは人間がこの地球上で行っていることにウンザリしているので、この地球にあるすべてのものを破壊することに決めた。良いニュースとは、お前達に一週間の猶予期間を与えるということだ。」
 ビル・クリントンは早速上院・下院議員全員を集めて演説した。「良いニュースと悪いニュースがある。良いニュースとは神が存在していたということだ。悪いニュースとは神が一週間以内に地球を滅ぼすつもりだ、ということだ。」
 ボリス・エルツィンはロシアの全閣僚を集めて、「悪いニュースと、もっと悪いニュースがある。悪いニュースとは、とにもかくにも神が存在するということだ。もっと悪いニュースとは神が一週間以内に地球を滅ぼすつもりだ、ということだ。」
 一方ビル・ゲイツは自分の会社のプログラマー、営業担当者、管理職を集めてこう言った。「良いニュースともっと良いニュースがある。良いニュースとは、神は世界で最も重要な人間三人の一人として私を選んだ。もっと良いニュースとは我が社のソフトウンドウズ95のバグを直さなくても済むということだ。」


08-30 Einstein
 W
hen Albert Einstein was making the rounds of the speaker's circuit, he usually found himself eagerly longing to get back to his laboratory work.
One night as they were driving to yet another rubber-chicken dinner, Einstein mentioned to his chauffeur (a man who somewhat resembled Einstein in looks & manner) that he was tired of speechmaking.
"I have and idea, boss," his chauffeur said.
"I 've heard you give this speech so many times. I'll bet I could give it for you."
Einstein laughed loudly and said, "Why not? Let's do it!"
When they arrive at the dinner, Einstein donned the chauffeur's cap and jacket and sat in the back of the room.
The chauffeur gave a beautiful rendition of Einstein's speech and even answered a few questions expertly.
Then a supremely pompous professo r asked an extremely esoteric question about anti-matter formation, digressing here and there to let everyone in the audience know that he was sagacious.
Without missing a beat, the chauffeur fixed the professor with a steely stare and said, "Sir, the answer to that question is so simple that I will let my chauffeur, who is sitting in the back, answer it for me."

 アインシュタイン
 (相対性原理発見で有名な)アルバート・アインシュタインが名声を得て、あちこち講演旅行をしている時代の話。
アインシュタイン自身はこんな宣伝活動より、早く住み慣れた実験室に戻りたいと思っていた。
ある晩、アインシュタインとその取り巻き連中が、味気ない鶏肉の夕食付きの講演に向かう途中だった。
アインシュタインは自分の運転手に向かって、毎度毎度宴席でのスピーチを考えることにうんざりした、と言った。
この運転手は容貌や仕草が主人であるアイン・シュタインと何となく似ていた。
そして運転手が、「ボス、私に考えがあります。私はあなたが行う今回の演説何度も聞いています。大丈夫、私があなたの代わりに演説出来ます。」と言ったので、アインシュタインは嬉しそうに大声で笑い、「それは面白い。よし、それで行こう!」と決めた。
車が会場に着くと、アインシュタインは運転手の帽子と上着を借りて、部屋の隅っこに目立たないように座った。
運転手はご主人の代わりに、非の打ち所のない講演をして会場の参加者からの質疑応答にも専門用語でテキパキと答えていった。
ところが気取った大学教授が、非常に特殊な分野に関することについて質問した。彼は非物質の組成について問い糾し、あちこち論理を飛躍させ、参加者全員にこの質問者はかなり物知りだと認めざるを得なかった。
返答にしどろもどろになる前に、アインシュタインの運転手はこの男をじっと見据えて、ピシャリと言った。
「貴方の質問に対する答えは余りに簡単すぎるので、私の運転手に答えさせようと思います。ほら、あそこの後ろに座っている男、あの男が私のために答えてくれますよ。」

#08-1〜1011〜20・21〜30・31〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110111〜120

*  
*