●Kazさんのページ

#08.Celebrity

#08-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜50・51〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110111〜120

08-41 Microsoft
 W
hat did Bill Gates' wife say to him on their first night of the honeymoon?
"Honey, now I know why you named your company MicroSoft."

 マイクロソフト
 ビルゲイツの妻が新婚旅行初夜の時に、彼に何と言ったでしょうか?
「ハニー、なぜあ なたが自分の会社の名前をマイクロソフトとつけたか、よくわかったわ」

ビルゲイツの逸物はMicrosoft、即ちマイクロソフト(極小フニャフニャ)だったのです。

08-42 SECRET CODE
 A
fter numerous rounds of "We don't even know if Osama is still alive," Osama himself decided to send George Bush a letter in his own handwriting to let him know he was still in the game.
Bush opened the letter and it appeared to contain a coded message: 370HSSV-0773H.
Bush was baffled, so he e-mailed it to Condi Rice.
Condi and her aides had no clue either, so they sent it to the FBI.
No one could solve it so it went to the CIA, then to the NSA.
With no clue as to its meaning, They eventually asked Britain's MI-6 for help.
MI-6 cabled the White House: "Tell the president he's holding the message upside down."

 暗号
「オサマ・ビンラーディンが生きているかどうかすら、判らない」という報道が繰り返されるので、ビンラーディンは未だ自分が戦いに加わっていることを知らせるため、ジョージブッシュ大統領に手書きの手紙を送った。
ブッシュが受け取った手紙を開くと そこには370HSSV-0773Hという暗号が書かれていた。
ブッシュはさっぱり訳がわからず 、この内容をコンディ・ライス国務長官にeメールで送った。
コンディと彼女の部下も全く理解が出来ず、FBIに解読を依頼した。
FBIでも誰も解読出来なかったので、彼等は CIAに転送したが、こちらでも解読出来ず、さらにNSA(国家安全保障局)へ回されたがだめだった。
アメリカは途方に暮れて同盟国であるイギリスの諜報機関MI-6に解析を依頼した。
MI-6からホワイトハウスに電報が入った。「大統領はこのメッセージを上下逆さまに読んでいたと伝えて下さい」

手書きの370HSSV-0773Hを上下ひっくり返すと、HELLO-ASSHOLE(まだ生きてるよ、クソったれ野郎め!)となります。
アメリカ中の諜報機関をたらい回ししても、こんな簡単なことが判らなかったのですね…。

08-43 Crush on Santa
 S
anta started down a chimney on Christmas Eve.
Little did he know waiting inside was a woman who has had a crush on him for some time.
She had planned ahead this year, she was waiting on him in a sexy teddy.
Santa came sliding down th e chimney, he looked up and the woman said, "Santa can you stay?"
Santa replied, "Ho, ho, ho Santa's gotta go got to deliver presents to all the children you know."
The woman slid one side of her teddy off and asked Santa again, "Can you stay Santa?"
Once again Santa said, "Ho, ho, ho Santa's gotta go gotta deliver presents to all the children you know."
The woman took the rest of the teddy off, and asked him again, "Santa can you stay now?"
Santa replied, "Ho, ho , ho Santa's gotta stay, can't go up the chimney with my dick this way".

 サンタに惚れた女性
 クリスマスの晩サンタクロースが煙突を通って部屋に降りてきた。
彼はその部屋にサンタのことがずっと好きだった女性が待っていることは露いささかも知らなかった。
彼女はサンタをものにしようと、一年がかりでプランを練って、セクシーな女性下着(teddy)を着て待ち受けていた。
サンタが暖炉から部屋に入るとこの下着姿の女性が目に入っ た。
「サンタさん、ここでゆっくりしていらしてよ」と女性が誘う。
「ホーホーホー、サンタはよい子にプレゼントを配らなければならんのでのぉ」とサンタは丁重にお断りする。
女性は下着の片方をパラリと外して、再びサンタを誘惑する。「サンタさん、ここでゆっくりしていってよ」
サンタは再び同じ台詞を繰り返す。「ホーホーホー、サンタはよい子にプレゼントを配らなければならんのでのぉ」
女性は下着のもう片方もパラリと外して再び尋ねる。「サンタさん、これならどう?一緒に過ごしませんこと?」
サンタが答える。「ホーホーホー、サンタはあそこが大きくなったので煙突から出られなくなったので、ここに居るかのぉ…」


08-44 Aa aahaahaaa!
 D
o you know how Tarzan got his famous yell?
He found Jane surrounded by a tribe of hungry cannibals.
Grabbing a handy vine, he swung down to her rescue, shouting, "Jane, grab the vine, Jane the vine, No, the vine....Aa aahaahaaa!"

 アーアーアー
 なぜターザンはあの有名な「アーアーアー」という雄叫びを発するようになったか知っていますか?
彼は恋人のジェーンが腹を減らした人食い人種部族に囲まれているのを見て、木の上から手頃なツタを掴んで救いに行こうとしました。
ヒューと大きく揺れてジェーンを見事救い出しましたが、ジェーンはツタでなくターザンのオチンチンを掴んでしがみついたのです。
だからターザンはこう叫んだのです。「ジェーン、ツタを掴め、ジェーン、ツタだってば!違う、それは違うんだ、引っ張るなって言うのに…。アーアーアー」

アーアーアーと、ターザンは絶頂感に達してしまったのです。

08-45 Read my lips
 S
ophie Ellis Bextor has been found head-butted to death in the French World Cup team's hotel.
Police are saying it was murder on Zidane's floor.

 何て言ったか当ててごらん
ソフィー・エリス・ベクスター(イギリスのポップ歌手)が、フランスワールドカップチームが宿泊していたホテルで、頭突きをされて死んでいた。
警察ではジダン(フランスチーム主将)の部屋の床で起こった殺人事件とみている。

2006年のワールドカップ決勝戦で終了間際に、対戦相手イタリアのマテラッチ選手から暴言を吐かれて感情的になったジダンは、同選手の胸に頭突きをくらわし、退場になりました。
マテラッチ選手がどんな暴言を吐いたかは明らかになっていませんが、ジダンの家族を冒涜する言葉だったようです。ソフィー・エリス・ベクスターのデビューアルバムのタイトルは"Read my lips"(唇を読め、即ち私の唇の動きを読んで、私が何て言ったか当ててごらんという意味)でした。マテラッチがジダンに言った暴言は彼の唇の動きを読めば判読できます。このジョークはRead my lipsと言われたジダンが、またしてもカッとなってか弱い女性ポップ歌手に頭突きをくらわしたので、可哀想に彼女は死んでしまったということです。

08-46 Lone Ranger
 T
he Lone Ranger and Tonto stopped in the desert for the night.
After they got their tent all set up, both men fell sound asleep.
Some hours later, Tonto wakes the Lone Ranger and says, "Kemo Sabe, look towards sky, what you see?"
The Lone Ranger replies, "I see millions of stars."
"What that tell you?" asked Tonto.
The Lone Ranger ponders for a minute then says, "Astronomically speaking, it tells me there are millions of galaxies and potentially billions of planets. Astrologically, it tells me that Saturn is in Leo. Time wise, it appears to be approximately a quarter past three in the morning. Theologically, it's evident the Lord is all-powerful and we are small and insignificant. Meteorologic ally, it seems we will have a beautiful day tomorrow. What does it tell you, Tonto?"
Tonto is silent for a moment, then says, "Kemo Sabe, you dumber than buffalo poop. It means someone stole tent."

 ローンレンジャー
 ローンレンジャー(=アメリカTV西部劇映画の主人公)とトント(=ローンレンジャーを助けるインディアン)が、砂漠で一晩明かすことになった。
テントを組み立てその中に入って二人はぐっすり眠った。
数時間経ってトントは目を覚ますと、隣に寝ているロ ーンレンジャーをつついて起こした。
「キモサベ!(=トントの口癖で『驚いた!』の意)空をご覧よ、何が見える?」と尋ねた。
ローンレンジャーは「何百万という星が見えるけど」と答えると、トントは「何だって?何言ってるの?」と言い返した。
ローンレンジャーは暫し考えてから、こう説明を続けた。「天文学的に言えばだな、銀河には数百万の星が輝いているし、おそらく数十億の惑星が有ることは考えられる。占星術的に言うと、土星が獅子座の位 置に来ている。この星の位置から時刻を推定すると、午前3時15分前後ではないかと思われる。神学的に考察すれば、神は全能であり我々人間は取るに足らない位 小さな存在である、ということを実感出来る。気象学の見地から言うと明日は快晴の天気になるだろう。トント、君にはどう見えているのかね?」
トントは一瞬息を飲んでから、一気にまくしたてた。「キモサベ!お前は野牛のウンコよりバカだよ。これって、誰かが僕らのテントを盗んだってことじゃないか!」

「偉そうにウンチクをたれる前に、テントを盗まれたってことに気がつかないのかよ !」と、トントは頭に来ているのです。
このジョークの別バージョンとして、ローンレンジャーとトントの代わりにシャーロックホームズとワトソン博士を登場させるものも有ります。

08-47 Faster than speeding bullet
 W
hy did Lois Lane divorce Superman?
It turned out he was faster than a speeding bullet in bed, too.

 弾よりも速く
 なぜロイス・レーンはスーパーマンと離婚したのでしょうか?
彼はベッドの中でも弾よりも速かったからです。

ロイス・レーンはクラーク・ケント(=スーパーマン)と同じ新聞社に勤める恋人です。

08-48 Empire State Building
 O
n the observation deck of the Empire State Building, a Polish tourist was complaining to two Americans nearby him.
"The cloud was so thick that I can't see anything."
"You may not be able to see, buddy, but the thick cloud has its be nefits," a tall American replied.
"The cloud is so thick that you would hit the cloud and bounce back again if you fell off here."
"Don't be silly!" protested the Polish.
"Oh, it's true. I'll prove it." The American jumped off the building and, amazingly enough, he bounced back again.
"Wow, seeing is believing! I'll have a go!" The Polish guy jumped over the rail and hit the cloud through and fell down until he was stopped forever by the concrete pavement.
On the observation deck, the silent American turned to the other and said, "You led him on. What a bastard you can be, Superman."

 エンパイアステートビルディング
 (ニューヨークの)エンパイアステートビルディングの展望階で、ポーランド人の旅行客がそばに居た二人のアメリカ人に不満をたれていた。
「雲がこんなに厚くては外の景色が何も見えないよ」
それを聞いた背の高いアメリカ人が「景色は良く見えないかもし れないけどね、でも雲が厚いということは良いこともあるんだよ」と答えて、話を続けた。
「こんなに雲が厚いから、ここから下に見える雲の上に飛び降りれば、跳ね返って戻ることが出来るんだ」
「冗談はよせよ、」とポーランド人が言い返すと、「いや、本当だってば。僕がやってみせるから」背の高いアメリカ人はビルの展望階から表へ飛び出ると、驚くべきことに厚い雲に跳ね返って元の場所に戻って来たのだ。
「ウワー凄い !論より証拠、僕もやってみよう」とこのポーランド人旅行客は手すりを飛び越えて雲めがけて飛び降りたが、雲を貫いてそのまま落下して地上の歩道に叩きつけられて絶命した。
ビルの展望階では先ほどから何も喋らなかったもう一人のアメリカ人が、実演してみせたアメリカ人に向かってこう言った。
「あの男を騙してこんな目に遭わせるなんて、スーパーマン、君はなんてひどい男なんだ!」


08-49 PROOF: Santa Claus Does NOT Exist
 T
here are approximately two billion children (persons under 18) in the world. However, since Santa does not visit children of Muslim, Hindu, Jewish or Buddhist (except maybe in Japan) religions, this reduces the workload for Christmas night to 15% of the total, or 378 million (according to the population reference bureau). At an average (census) rate of 3.5 children per household, that comes to 108 million homes, presuming there is at least one good child in each.

 Santa has about 31 hours of Christmas to work with, thanks to the different time zones and the rotation of the earth, assuming east to west (which seems logical). This works out to 967.7 visits per second. This is to say that for each Christian household with a good child, Santa has around 1/1000th of a second to park the sleigh, hop out, jump down the chimney, fill the stockings, distribute the remaining presents under the tree, eat whatever snacks have been left for him, get back up the chimney, jump into the sleigh and get onto the next house.

 Assuming that each of these 108 million stops is evenly distributed around the earth (which, of course, we know to be false, but will accept for the purposes of our calculations), we are not talking about 0.78 miles per household; a total trip of 75.5 million miles, not counting bathroom stops or breaks. This means Santa's sleigh is moving at 650 miles per second--3,000 times the speed of sound. For purposes of comparison, the fastest man made vehicle, the Ulysses space probe, moves at a poky 27.4 miles per second, and a conventional reindeer can run (at best) 15 miles per hour. The payload of the sleigh adds another interesting element. Assuming that each child gets nothing more than a medium sized LEGO set (two pounds), the sleigh is carrying over 50 thousand tons, not counting Santa himself. On land, a conventional reindeer can pull no more than 300 pounds. Even granting that ''flying reindeer can pull 10 times the normal amount, the job can't be done with eight or even nine of them---Santa would need 36,000 of them. This increases the payload, not counting the weight of the sleigh, another 54,000 tons, or roughly seven times the weight of the Queen Elizabeth (the ship, not the monarch).

 A normal reindeer weighs up to 650 pounds. Thus a herd of 36,000 reindeers add s another 23.4 million pounds into Santa's team. A mass of nearly 113,000 tons traveling at 650 miles per second creates enormous air resistance -- this would heat up the reindeer in the same fashion as a spacecraft re-entering the earth's atmosphere. The lead pair of reindeer would absorb 14.3 quintillion joules of energy per second each. In short, they would burst into flames almost instantaneously, exposing the reindeer behind them and creating deafening sonic booms in their wake. The entire reindeer team would be vaporized within 4.26 thousandths of a second, or right about the time Santa reaches the fifth house on his trip. Not that it matters, however, since Santa, as a result of accelerating from a dead stop to 650 m.p.s. in .001 seconds, would be subjected to acceleration forces of 17,000 Gs. A 250 pound Santa (which seems ludicrously slim considering all the high calorie snacks he must have consumed over the years ) would be pinned to the back of the sleigh by 4,315,015 pounds of force, instantly crushing his bones and organs and reducing him to a quivering blob of pink goo. Therefore, if Santa did exist, he's dead now. MERRY CHISTMAS!!!

 論理的帰結:サンタクロースの存在はあり得ない
 地球上に住んでいる18歳以下の子供の人口はおよそ20億人と言われる。しかしサンタクロースはイスラム教国、ヒンズー教国、ユダヤ教国、そして仏教国(日本を除く)は訪れないので、クリスマスの夜に訪れる子供の数は地球上総数の15%、人口統計局の正確なデータに基づけばおよそ3億7,800万人となる。統計によれば一家当たりの子供数平均 は3.5人であるから、1億8百万軒の家庭数となるが、少なくとも各家庭に一人は良い子がいるはずである。

 地球の自転による時差のおかげで、サンタがクリスマスの日、東から西まで配達に使える時間は24時間でなく31時間となる。ということは1秒当たり967.7家庭を訪問しなければならなくなる。(=108,000,000÷(60x60x31))このことを別 の言い方をすれば、キリスト教国家の全ての家庭に居るであろう一人の良い子のために、家の上空でトナカイの橇を止めて飛び降り、家の煙突から下に滑り降り、居間のクリスマスツリーにかかっているストッキングの中にプレゼントを押し込んで、入らなかった分はツリーの下に置いて、子供達がサンタのために準備してくれたお菓子をパクっと食べて、煙突の中を駆け上って家の上空で待機していた橇に飛び乗り、次の家庭に向かう動作を、約1/1000秒 で行わなければならない計算になる。

 地球上の1億800万箇所に平均1/1000秒ずつしか滞在できないというのは、もちろん不可能であるが計算の便宜上この数字を受け入れることにしよう。なにしろサンタは1軒当たり0.78マイル(=約1.2km)、総距離にして7,550万マイル(=約1208万km)を、トイレに行く時間も、一休みする時間も取らずに走り続けなければならないのだから。逆算すればサンタの橇は秒速650マイル(=約1,040km)、つまり音速の3,000倍のスピードで走らなければならなくなる。わかりやすい数字で比較すると、人類が作り上げた最速の乗り物である宇宙観測船ユリシーズでさえ、たった秒速27.4マイル(=約43.8km)、普通 のトナカイの橇のスピードに至ってはせいぜい時速15マイル(=時速約24km、秒速して毎秒6.66m)にすぎない。

 橇に載せるプレゼントの重量を考えるとさらに興味深い事実が浮かび上がる。すべての子供に1ポンド(=約453g)の普通 サイズのレゴ(=組み立てブロック玩具)を、プレゼントすると仮定しよう。サンタの橇は5万トン近く(0.453kg x 108,000,000=48, 924,000kg)の玩具を運ばなければならない計算になる。ところが普通 のトナカイが橇で運べる荷物はせいぜい300ポンド(=約135kg)以下である。百歩譲って「サンタの空飛ぶトナカイ」は普通 のトナカイの10倍運べるとしても、空飛ぶトナカイ8,9匹ではとても間に合わない計算となる。単純に計算すれば、橇を引くためには3万6千匹の「空飛ぶトナカイ」がサンタにとって必要となる。(1350kg x 360,000 = 48,600,000kg)このトナカイの数が荷重を更に増やすが、これには荷物を積むために必要な橇の重量 は含まれていない。橇の重量はおよそ54,000トンと計算される。これはクイーンエリザベスの重さの約7倍にもなる。あ、これは船の重量 であって、女王陛下の体重のことではありません、念のため。

 トナカイ一匹の体重は650ポンド(=約294kg)なので、3万6千匹のトナカイはさらに2,340万ポンド(=約10,600トン)の重量 をサンタ軍団に追加することになる。11万3千トンの質量が秒速1,040kmで飛行するということは、とてつもない空気抵抗を呼び起こし、ちょうど宇宙船が地球の大気圏に突入する時に受けるのと同じ熱がトナカイに襲いかかることになる。先頭のトナカイが感じる摩擦熱量 は14.3x10の13乗ジュール/毎秒である。端的に言えば空飛ぶトナカイ達は、耳が聞こえなくなる程の超音速の爆音の中で、あっという間に炎に包まれてしまうのである。サンタ軍団全ては4.26/1000秒以内に蒸発してしまうのである。つまり1/1000秒に一軒配達する予定のサンタが未だ5軒目に届かぬ うちに、である。それよりももっと重大なことがある。サンタは秒速1,040kmで飛んでいて毎回1/1000秒毎に急停止しなければならないので、17,000Gの圧力を受ける。サンタの体重を250ポンド(=約113kg)と仮定すれば(注:長い年月にわたってカロリーの高い菓子ばかり食べているサンタにしては、驚くべきスリムな体重だが)、橇の最後尾にいるサンタの体重は加重のためは4,315,015ポンド(=約1,954kg)となり、あっという間に骨と内臓が破裂して桃色のどろどろした塊になってしまう。それゆえ、サンタクロースが仮に存在するとしても、それは生きていることはありえないということです。メリークリスマス!

一見物理学の精緻な計算の様な錯覚を覚えますが、大前提が間違っています。
「サンタクロースが一人で世界中1億を超す家庭をクリスマス一晩ですべて回るためには?」から出発するため、
一秒間で967軒の家を回らなければならない。
そのためのスピードは音速の3000倍、橇に積む玩具の総重量5万トン、
それを引くにはトナカイ36,000匹が必要と、もっともらしい計算をして、
最後は「それだけの質量がそのスピードで動いたら、摩擦熱で蒸発してしまう!」という結論なのですから…
余程暇な人が考えたのでしょうね。

08-50 Snow White & the seven dwarfs
 O
ne evening Snow White said to the seven dwarfs that she went to bed and went upstairs.
Immediately all the seven dwarfs rushed outside and began standing on each other's shoulders beneath Snow White's bedroom window.
Tonight was Grum py's turn to be on the top.
As he was the only one who could see in the window, it was his duty to inform the other dwarfs what she was doing.
"She's taking off her skirt!" Grumpy hollered.
This was echoed down the stack, "taking off skirt,"
"taking off skirt." Next Grumpy yelled, "She's taking off her bra!" which was followed by the echoes, "taking off bra," "taking off bra."
Then he shouted, "She's taking off her panties!" which again cascaded down the dwarf tower.
Finally Grumpy looked around and from his vantage height he saw someone coming through the woods.
So he yelled, "Someone's coming!"
From the next dwarf to the bottom dwarf was heard, "Me too," "Me too," "Me too."....

 白雪姫と7人の小人
 ある晩白雪姫は7人の小人に「もう寝ますから」と言って、二階に上がっていった。
小人達は急いで表に飛び出すと、二階にある白雪姫の寝室の窓の下で、一人ずつ肩車で上に登って行った。
その晩最上段で覗ける順番に当たっていた小人は、グランピーだった。
中が覗けるのは彼しかいないので、中の様子を他の小人に伝えるのはグランピーの任務となっていた。
「スカートを脱いだぞ!」とグランピーが叫ぶと、「スカートを脱いだぞ」、「スカートを脱いだぞ」という伝言が上から下へ順番に伝わって行った。
次にグランピーが「ブラジャーを取ったぞ」と叫ぶと、「ブラジャーを取ったぞ」、「ブラジャーを取ったぞ」という声が上から下へとこだましていった。
次にグランピーが「パンティーを脱いだぞ」と叫ぶと、これまた同じように小人の塔の上から下へと伝わった。
最後にグランピーが周りを見回すと、二階の高さに目の位置があるものだから、はるか彼方にある森の中を誰かがこちらに向かって歩いてくるのが見えた。
そこで彼はこう叫んだ。「誰か来るぞ!(Someone's coming!)」彼のすぐ下にいた小人は「誰かエクスタシーに達したぞ!(Someone's coming)」と勘違いしたものだから、「僕も達したぞ (Me, too)」と叫んだ。
「僕も達した」、「僕も達した」という声は一番下まで伝わって行った。

Somone's comingのcomeは「性的興奮がエクスタシーに達する」、いわゆる「行く!」という意味もあります。
Grumpyは「誰か見知らぬ人が(森の中を通って こちらへ)来るぞ!」という意味でcomeと言ったのですが、
白雪姫の裸身を想像して興奮していた下の小人達は「あー、僕も行っちゃった!」となったわけです。

#08-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100
101〜110111〜120


*  
*