●Kazさんのページ

#08.Celebrity

Celebrity(有名人)jokeは映画スター、政治家、歴史上の人物 などをおちょくるものです。
最近圧倒的に多かったのがスキャンダルまみれのクリントン前米大統領でしたが、
ブッシュ大統領に代わるとたちまちBush Jokeというのも次々と登場しています。
また、アメリカポップ界のスーパースターマイケル・ジャクソンも
その奇癖と異常な美容整形がジョークの対象となっています。


#08-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100・101〜110

08-101 Donald Trump's Wake
 W
hen Donald Trump died, an elaborate wake was planned.
Mrs. Trump called the undertaker aside for a private little talk.
"Please be sure to secure his toupee to his head very securely. No one but I knew he was bald," she confided, "and he'd never rest in peace if anyone found out at this point. Our friends are sure to hold his hands and touch his head before they're through paying their last respects."
"Rest assured, Mrs. Trump," comforted the undertaker.
"I'll fix it so that toupee will never come off."
Sure enough, the day of the wake the old timers were giving Donald's corpse quite a going over, but the toupee stayed firmly in place.
At the end of the day, delighted Mrs.
Trump offered the undertaker an extra thousand dollars for handling the matter so professionally.
"Oh, I couldn't possibly accept your money," protested the undertaker.
"Only for a few nails?"

 ドナルドトランプの葬式
 ドナルドトランプが死んだので壮大な葬式が計画されていた。
トランプ夫人が葬儀屋を呼んでこっそりと頼んだ。
「彼の頭髪かつらがズレないようにしっかり止めて下さいね。彼が禿頭だったことは私しか知らないのですから」と夫人は打ち明け、「そのことを他の人に知られたら、彼はあの世でゆっくり休めないでしょう。葬儀では友人達が最後のお別れをする前に、ドナルドの手を握り、頭に触れるでしょうから」と付け足した。
「ご安心ください、ミセス・トランプ、かつらは絶対ズレ落ちないようにセットしますから」と葬儀屋は彼女を慰めてそのことを請け負った。
葬儀屋の言葉通り葬儀の時、彼の古くからの友人達がドナルドの遺体に触れたが、かつらは少しもズレなかった。
葬儀が無事終わり、喜んだドナルド夫人が、プロフェッショナルな葬儀屋に感謝して1,000ドルの謝礼を差し出した。
「このお金は受け取れません」と葬儀屋は謝礼を拒んだ。
「だって、釘を数本使っただけですから・・・」


08-102 Donut shop
 D
uring the presidential race, Hillary Clinton and Donald Trump walk into a bakery in New York.
As soon as they enter, Hillary steals 3 donuts and puts them in her pocket.
She says to Trump, "See how clever I am? The owner didn't see anything and I don't even need to lie."
Donald says to Hillary, "That is the typical dishonesty you have displayed throughout your entire life, crooked Hillary. I am going to show more honest way to get the same result."
Donald goes to the owner of the bakery and says, "Give me a donut and I will show you a magic trick."
Intrigued, the owner gives him a donut.
Tramp swallows it and asks for another one.
The owner gives him another one.
Then Donald asks for the third donut and eats it, too.
The owner is staring at him and asks him, "Show me what the trick is? What did you do with the donuts?"
Trump replies, "Look in Hillary's pocket. You can find three donuts in it."

 ドーナツ店にて
 大統領選挙戦中に、ヒラリー・クリントンとドナルド・トランプがニューヨーク州にあるパン屋に歩いて入った。
店の中に入るやいなやヒラリーは3個のドーナツを盗んでポケットにしまい込んだ。
彼女はトランプに「見た?私って賢いでしょう。この店の主人はまるで気がつかなかったから、私は(盗んでいないと)嘘をつく必要もないわ」と言
った。
トランプはヒラリーに「悪人ヒラリー、これはあんたが生涯繰り返してきた不正直さの、まさしく典型的な事例だ。俺はもっと正直なやり方で同じ結果が得られることを、あんたに見せてやろう」と言って、トランプはパン屋の主人に「ドーナツを一個くれたら、手品を見せてあげるよ」と頼み込んだ。
主人は興味を覚えて彼にドーナツを一個渡した。トランプはパクっとドーナツを食べると、もう一個欲しいと頼んだ。
主人がドーナツをもう一個渡すとこれも食べてしまい、さらに三個目のドーナツを要求し、計三個のドーナツを食べてしまった。
主人は彼をじっと見つめながら尋ねた。「手品というのは、一体何だね?今食べたドーナツをどうしたのかね?」
トランプが答えた。「ヒラリーのポケットを探してごらん。ドーナツが三個入っているから」


08-103 Donald Trump Riddle
Q1. If Hillary Clinton and Donald Trump are in a boat and it capsizes, who survives?
A1. America.
Q2. How is Donald Trump going to get rid of all the Mexicans?
A2. Juan by Juan.
Q3.What is 18 inches long and hangs in front of an asshole?
A3.Donald Trump's tie.
Q4. Why is Melania eager for Donald's winning?
A5. Because she can call herself the First Lady instead of the third wife.
Q5. Why hasn't Trump ever got hemorrhoid?
A5. Because he is a perfect asshole.

 ドナルドトランプクイズ
Q1.ヒラリークリントンとドナルドトランプが乗っていたボートが転覆した。誰が助かったか?
A1.アメリカ。
Q2.ドナルドトランプが全てのメキシコ人を追い出すには、どういう手段を取るか?
A2.一人ずつ追い出す。(典型的ラテンネームのJuan by Juan は one by oneに掛けている)
Q3.尻(asshole)の前にぶら下がる18インチ(約45cm)のものは何か?
A3.ドナルドトランプのネクタイ。(Assholeを馬鹿者=トランプと考えるとこの答になる)
Q4.(ドナルド夫人の)メラニアは何故ドナルドが選挙に勝つことを望んだか?
A4.そうすれば自分のことを"三番目の妻"ではなく"ファーストレディ"と呼ぶことが出来るから。
Q5.トランプはなぜ痔病になったことがないのでしょうか?
A5.彼は完璧な尻を持っているからです。(ドナルド=asshole馬鹿者だから)


08-104 Trump helps with Earthquake Relief
 A
big earthquake with a strength of 8.1 on the Richter scale hit the Middle East and one million Muslims died.
President Donald Trump, wanting to help as much as possible, has decided to send back 2 million replacement Muslims to the Middle East from the United States.

 トランプ地震救援活動を行う
 震度8.1の巨大な地震が中東を襲い、100万人のイスラム教徒が死亡した。
ドナルドトランプ大統領は出来る限りの援助をしたいと考え、アメリカ国内にいる200万人のイスラム教徒を代替人員として中東に送り返すこととした。


08-105 Secret job (Real news)
 W
illem-Alexander, the king of the Netherlands, revealed that he has flown for the past 21 years as a co-pilot of the national carrier KLM.
The 50-year-old king said in an interview with De Telegraaf newspaper on Wednesday (May 17, 2017) that he had taken to the skies twice a month on short haul services.

 The monarch to 17 million Dutch citizens said, "Flying is my "hobby" and it lets me leave my royal duties on the ground and fullyconcentrate on something else. You have an aircraft, passengers and crew. You have responsibility for them. That, for me, is the most relaxing part of flying."
The king never uses his name when addressing passengers through the intercom and he is rarely recognized by passengers in his uniform and wearing KLM cap.
"The advantage is that as a copilot I can always say I am speaking on behalf of the captain and crew to welcome passengers on board. So I don't have to say my name. Moreover, most people don't listen, anyway," the king said.

 秘密の仕事(本当の話)
 オランダのウィレム・アレクサンダー国王(50歳)が、オランダの国営航空会社KLMで21年間商用飛行機の副操縦士として、月に二度近距離輸送機の操縦をしてきたことを、水曜日(2017年5月17日)付のデ・テレグラフ紙とのインタビューで明らかにした。

 1,700万人のオランダ国民の君主は「飛行機操縦は私の趣味で、何か他のものに全力集中することで皇族として地上で行う様々な仕事を忘れさせてくれる。飛行機があって、乗客乗員の安全責任を負うことは、私にとってはむしろストレスを発散させてリラックスする結果になっている」と語った。
国王は操縦席からインターコムを通じて案内する時に、自分の名を名乗ったことは一度もなく、制服を着てKLMの帽子を被った副操縦士が国王だと気付かれることは滅多になかった。
「副操縦士であるということの利点は、いつも『機長と乗組員一同を代表して、お客様のご搭乗を心より歓迎いたします』と言えばいいことで、自分の名前を名乗る必要がないし、第一殆どの客は挨拶を殆ど聴いていないものだよ」と国王は述べた。


08-106 Macron? Macaron?
 T
he French take their food very seriously.
Therefore it came as no surprise when people started confusing the last name of the French President-elect Emmanuel Macron with Macaron or Macaroon.
Emmanuel Macron, the youngest president of France, has been in the news for his love story with 25-year-elder wife, but French people cannot stop obsessing over the similarity of Emmanuel's last name to Macaron - the French confectionery and Macaroon - a coconut cluster cake.

 マクロン?マカロン?マカルーン?
 フランス人は食べ物にこだわる国民なので、今回大統領に選ばれたエマニュエル・マクロンの姓がマカロンだったのか、マカルーンだったのか混乱してしまっていることは、とりわけ不思議ではない。
エマニュエル・マクロンはフランス最年少大統領となったが、25歳年上の奥さんとの熱烈な恋愛が話題となっている。けれどフランス人は大統領の姓がマカロン(フランスのお菓子)或いはマカルーン(ココナツの塊のケーキ)と似ていることが、どうしても気になってしまうようである。


08-107 Submarine
 T
rump, Putin, and Merkel are walking along a waterfront when Trump starts to brag that American submarines can stay submerged for two months.
Not to be outdone, Putin says: "That's nothing. Russian submarines can stay submerged for two years."
Merkel is just about to open her mouth when a large sub surfaces.
The hatch opens and a man in a swastika military uniform sticks his head out and says: "Heil Hitler, is the war over yet?"

 潜水艦
 米大統領トランプ、ロシア大統領プーチン、ドイツ首相メルケルが水辺を一緒に歩いていた。
トランプが「アメリカの潜水艦は、2ヶ月浮上せずに水面下で航行出来る」と自慢すると、プーチンはひるむことなく「そんなこと大したことじゃない。ロシアの潜水艦は2年間浮上せずに水面下で航行出来る」と言い返した。
メルケルが喋ろうとした時に、突如海面下から潜水艦が浮かび上がり、逆卍の軍服を着た兵隊が乗降口(ハッチ)の扉を開けて表に顔を出しながら叫んだ。「ハイル、ヒットラー!戦争はもう終わったんですか?」

Swasticka(逆卍)はナチスのシンボルです。
このドイツ潜水艦はナチス時代(1940年)から70年以上ずっと水面下に潜っていた、というのが
途方もないジョークのオチです。

#08-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100・101〜110


*  
*