●Kazさんのページ

#10.College

#10-1〜10・11〜2021〜3031〜40

10-1 I would do anything
 A
student comes to a young professor's office hours.
She glances down the hall , closes his door, kneels pleadingly.
"I would do anything to pass this exam. "
She leans closer to him, flips back her hair, gazes meaningfully into his eyes .
"I mean..." she whispers, "...I would do... **anything**!!! "
He returns her gaze and asks, "Anything???"
She replies "Yes,... Anything!!!"
His voice turns to a whisper. "Would you study?"
 何でもしますから
  女子大生が若い教授の研究室を訪れる。
彼女は研究室の中に誰もいないことを確かめ、ドアを閉めると教授の椅子の前にひざまずき、意味ありげに訴える。
「今度の試験を受かるためなら、私、何でもします」
女子大生は教授の方へもたれかかるように近づき、長い髪を思わせぶりに振って、教授の目を意味ありげに見つめる。
「私が言いたいことは、」と彼女がつぶやく。「・・・つまり、先生が望むことは何でも!! 」
教授は彼女の燃えるような視線を感じながら問い返す。「何でも、って言ったよね?」
「そう、先生がお好きなことなら何でもしてさしあげますワ!」
教授は意味ありげにささやく、「それじゃ、君、しっかり勉強してくれないか?」
絶対にこれは研究室でエッチなことになりそうだ、と読者の想像力をいやが上にも高めておいて
最後に全く違った方向へストーン、と外す。これをtwistと言います。
このtwistが鮮やかなほど、ジョークの印象は強烈になります。

10-2 Season pass
 I
n the first day of college, the Dean addressed the students, pointing out some of the rules:
"The female dormitory will be out-of-bounds for all male students, and he male dormitory to the female students. Anybody caught breaking this rule will be fined $20 the first time."
He continued: "Anybody caught breaking this rule the second time will be fined $60. Being caught a third time will incur a hefty fine of $180. Are there any questions?"
At this point, a male student in the crowd inquired: "How much for a season pass?"
 年間割引
 大学新学期の最初の日、学部長は学生を集めて大学の規則をいくつか挙げて注意を促した。
「男子学生は女子学生寮に入ってはならないし、女子学生は男子学生寮に入ってはならない。この規則を破って捕まった者は20ドルの罰金を課せられる。それでも懲りずに再びこの規則を破って2回目に捕まった者は60ドルの罰金、3回目だと罰金額はなんと180ドルとなる。何かこの件に関して何か質問があるか?」
それを聞いた男子学生がこう尋ねた。「年間割引だといくらになりますか?」
1回、2回と分けて罰金を払うのは面倒だ。
いっそ年間割引、つまり年中フリーパスにしてもらうにはいくら払えばよいのかと聞いている。

10-3 Logic
 T
wo rednecks decided that they weren't going anywhere in life and thought they should go to college to get ahead.
The first goes in to see the counselor, who tells him to take Math, History, and Logic.
"What's Logic?" the first redneck asks.
The professor answers by saying, "Let me give you an example. Do you own a weed cutter?"
"I sure do."
"Then I can assume, using logic, that you have a yard," replied the professor.
"That's real good!" says the redneck.
The professor continues," Logic will also tell me that since you have a yard, you also own a house."
Impressed, the redneck says, "Amazing!"
"And since you own a house, logic dictates that you have a wife."
"That's my Betty! This is incredible!" The redneck is obviously catching on.
"Finally, since you have a wife, logically I can assume that you are heterosexual," said the professor.
"You're absolutely right! Why that's the most fascinating thing I ever heard! I can't wait to take that logic class!"
The redneck, proud of the new world opening up to him, walks back into the hallway, where his friend is still waiting.
"So what classes are ya takin'?" asks the friend.
"Math, History, and Logic!" replies the first redneck.
"What is logic?" asked his friend.
"Let me give you an example. Do ya own a weed cutter?" asked the first redneck.
"No," his friend replied. "SO YOU LIKE GUYS, Don't ya?"

 論理学
 二人の田舎者がこのまま成り行きの人生を過ごしてはいけない、人生で成功するためには大学に入って学ばねば、と決心した。
最初の田舎者が大学のカウンセラーに相談に行くと、カウンセラーは彼に数学と歴史と論理学を学ぶことを勧めた。
「論理学ってどういうものなんですか?」と田舎者が尋ねると、カウンセラーの教授はこう答えた。
教授 :「わかりやすい例で説明しよう。君は草刈り機を持っているかね?」
田舎者:「えぇ、もちろんです。」
教授 :「ということは、論理的には君は庭を持っているということになる。」
田舎者:「その通りです。」
教授 :「さらに論理を押し進めると、庭を持っているということは家を持っているということになる。」
田舎者:(感心して)「凄い、その通りです!」
教授 :「論理的に言えば、君が家を持っているということは君には奥さんがいる、ということになる。」
田舎者:(明らかに教授の話に魅せられて)「そりゃ、私のべティのことですね。先生は何でもわかっちゃうんですね。信じられない!」
教授 :「最後にだね、君に奥さんがいるということで君はホモセクシャルでない、と論理的に推測できるわけだ。」
田舎者:「先生、全くその通りです。論理学ってすごいんですね、今まで聞いた中で一番魅力的な話みたいです。僕、絶対論理学の授業を取ります!」
この田舎者は新しい未知の世界が開けたことを誇りに思いながら、彼の友人が待っている廊下へと歩いて行った。
「で、何の授業を取ることにした?」と二番目の田舎者が 尋ねると「数学、歴史、そして論理学に決めた!」と一番目の田舎者が答える。
田舎者2:「論理学って何だい?」
田舎者1:「例を挙げて説明しよう。君は草刈り機を持っているかね?」
田舎者2:「いや、持っていないけど。」
田舎者1:「じゃ、君は女より男の方が好きだな、そうだろう?」
いわゆる論理の飛躍ってやつですね。

10-4 Forgetful professor
 T
he forgetful professor had left his umbrella in his hotel room when he checked out.
He missed it on the way to the train station and, having time to spare, he hurried back.
He found the room and when he was about to ask a passing chambermaid to open it for him, he became aware of voices within.
He realized that the room had been let to new occupants in the brief time since his departure.
"Whose little baby are you?" a youthful male voice was heard from behind the door.
And following the sound of kisses, a girlish giggle was heard; "Your little baby."
"And whose little hands are these?" asked the man in the room.
"Your little hands," responded the girl with more giggles of delight.
"And whose little knees... and whose little...."
The professor outside the room interrupted through the door, "When you get to an umbrella, it is mine!"

 忘れ物をしがちな教授
 忘れ物をしがちな教授がホテルをチェックアウトする時に、自分の傘を部屋に置き忘れてきてしまった。
駅に向かう途中で気づいて置いてきた傘が惜しくなり、時間も有ったので急いでホテルに戻ることにした。
自分の滞在していた部屋を見つけ、通りかかった部屋室係の女性に部屋のドアを開けてもらうことを頼もうとした時、部屋の中から声がすることに気づいた。
教授が出発してからほんの僅かしか経っていないが、既にこの部屋は新しい客が使用していたのだ。
ドアの向こうから若い男性の声が聞こえた。「かわいいベイビ ー、君は誰のもの?」
チュッ、チュッというキスの音が続き、女の子がクスクス笑う声が聞こえた。「あなたのものよ」
「じゃ、この可愛い手は誰のもの?」部屋の中の男が尋ねている。
「あなたのものよ」女の子はもっと嬉しそうに笑い声を上げる。
「じゃ、この可愛い膝は?それから、この可愛い・・・。」
ドアの外から教授が答えを遮って叫んだ。「傘の番になったら、それは私のものですからね!」

10-5 Japanese universities
  I
n Japan "University" indicates an amusement place filled with sports activities, parties and sprees, opportunities for dates, and boring lectures offered by archaic scholars called professors.

 日本の大学
 日本では「大学」とはスポーツ活動やパーティを楽しみ、酒を飲んで大騒ぎし、デート相手を見つける遊興施設のことを意味します。
この遊興施設で退屈な講義を提供する古ぼけた学者は「教授」と呼ばれています。

10-6 Absent-minded professor
 O
ne of the world's greatest scientists was also recognized as the original absent-minded professor.
One day, on board a train, he was unable to find his ticket.
The conductor said, "Take it easy. You'll find it." When the conductor returned, the professor still couldn't find the ticket.
The conductor, recognizing the famous scientist, said, "I'm sure you bought a ticket. Forget about it."
"You're very kind," the professor said, "but I must find it, otherwise I won't know where to get off."

 専門以外は何も知らない教授
 世界でも指折りの科学者は、自分の専門分野以外は何も知らない「専門バカ」としても有名だった。
ある日彼が列車に乗って車掌が検札に来た時、切符が見つからないことがあった。
「ご心配なさらずに、ゆっくり切符を探して下さい。」と車掌は一旦その場を離れた。
もう一度戻って来た時も、教授は未だ切符を発見出来ていなかった。
車掌はこの男が有名な科学者であることを知っていたので、「あなたは間違いなく切符を買ったでしょうから、見つからなくても結構ですよ。」と言った。
「それはどうもご親切に」と教授は礼を述べた。
「でも切符を見つけないと私も困るんだ。だって、どの駅で下車すればよいのかわからんのだから…」

10-7 Are You Paying Attention?
 A
professor is giving the first year medical students their first lecture on autopsies, and decides to give them a few basics before starting.
"You must be capable of two things to do an autopsy. The first thing is that you must have no sense of fear."
At this point, the lecturer sticks his finger into the dead man's anus, and then licks it.
He asks all the students to do the same thing with the corpses in front of them.
After a couple of minutes silence, they follow suit.
"The second thing is that you must have an acute sense of observation: I stuck my middle finger into the corpse's anus, but I licked my index."

 気をつけて見ていましたか?
 一年生に人体解剖の最初の授業を行おうとしていた医大教授が、実際に解剖に入る前に基本的な心構えを与えようと思って、「解剖を行うためには二つのことに気を付けなければならない」、と注意を促した。
「第一に怖がってはいけないということだ」、と言いながら教授は生徒の見ている前で、彼の指を目の前の死体の肛門に突っ込み、そして彼の指を自分でなめた。
教授は生徒全員に自分の目の前の死体を使って、同じことをしてみろと命じた。
生徒達はシーンとなって、しばしためらったが結局教授の言うとおりにした。
全員が命令通りの作業をしたことを確かめた後に、教授は言った。
「第二に、しっかり観察しなければいけないということだ。私が死体の肛門に突っ込んだのは中指で、なめたのは人差し指だ。君達も私の動作をちゃんと見て、同じようにしたかね?」

10-8 Campus Queen
 T
he college dean telephoned a student's father at home and told him that he had good news and bad news about the student."
"Tell me the bad news first," said the father.
"Your son is a homosexual," replied the dean. "What's the good news, then?" asked the dismayed father.
"Your son was elected the Campus Queen."

 キャンパスの女王
 大学の学部長が一人の生徒の父親に電話して、大学に通っているあなたの息子について良い知らせと悪い知らせがあると言った。
「悪い知らせとは?」と父親が聞くと、「あなたの息子さんはホモセクシャルです」、と学部長が答えた。
「じゃ、良い知らせとは?」とうろたえながら父親が尋ねた。
「息子さんはキャンパスの女王に選ばれました」
このホモの男子学生は女装してキャンパスの女王に選ばれたのですね。

10-9 Ornithology test
 J
oe, a college student, was taking a course in ornithology, the study of birds.
The night before the biggest test of the semester, Joe spent all night studying.
He had the textbook nearly memorized.
He knew his class notes backward and forward.
Joe was ready.
The morning of the test, Joe entered the auditorium and took a seat in the front row.
On the table in the front was a row of ten stuffed birds.
Each bird had a sack covering its body, and only the legs were showing.
When class started, the professor announced that the students were to identify each bird by looking at its legs and give its common name, species, habitat, mating habits, etc.
Joe looked at each of the birds' legs.
They all looked the same to him.
He started to get angry.
He had stayed up all night studying for this test and now he had to identify birds by their LEGS?
The more he thought about the situation, the angrier he got.
Finally he reached his boiling point.
He stood up, marched up to the professor's desk, crumpled up his exam paper and threw it on the desk.
"What a ridiculous test!" he told the professor.
"How could anyone tell the difference between these birds by looking at their legs? This exam is the biggest rip-off I've ever seen!"
With that, Joe turned and stormed toward the exit.
The professor was a bit shocked, and it took him a moment to regain his composure.
Then, just as Joe was about to walk out the door, the professor shouted out,
"Wait a minute, young man, what's your name?"
Joe turned around, pulled up his pant legs and hollered, "You tell me, Professor! You tell me!"

 鳥類学テスト
 大学生のジョーは鳥類学の講座を選び、期末試験の前の夜徹夜で勉強して、教科書を殆ど丸暗記してしまった。
また授業ノートも隅々に至るまで読み返していたので、ジョーは万全の態勢で期末試験日の朝を迎えた。
ジョーは試験が行われる大教室に入り、最前列に座った。
教壇のテーブルには十羽の剥製の鳥が並べられていたが、それぞれすっぽりと袋をかぶせられ鳥の足先だけが見えていた状態だった。
試験が始まると教授が受験学生にこう告げた。「ここに並べられた鳥の足を見て識別 し、それらの鳥の名前、種名、生息地、交尾の形態などを記せ。」
ジョーは目を皿の様にして袋をかぶせられた鳥の足を見比べたが、彼にはすべて同じ形にしか見えなかった。
ジョーは段々腹が立ってきた。
彼は前の晩徹夜して今日の試験に備えてきた。それなのにこの試験は足を見て鳥を識別 しろだって?考えれば考えるほど腸(はらわた)が煮えくりかえってきた。
もう我慢の限界だ、と思ったジョーはさっと立ち上がって教授が座っている教壇へ歩み寄って、教授の目の前で答案用紙をクシャクシャに丸めて、ポーンと教壇へ投げ捨てた。
「こんなアホらしい試験なんて、やってられませんよ」、とジョーは教授に文句を言った。
「足を見ただけで、鳥の違いを言えだなんて。こんな試験は今まで見たことがない。最悪のペテン、ひどいインチキだ!」
彼は一気に憤懣を吹き出すと出口の扉へとまっしぐらに向かった。
教授はショックを受けたが、一呼吸おいて平常心を取り戻した。
ジョーが出口の扉に手をかける寸前に彼に呼びかけた。「そこの学生、ちょっと待ちたまえ。君の名前は何ていうんだ?」
ジョーは振り返って教授を睨みながら自分の両足を叩いて怒鳴り返した。
「ホラ、この足を見て!先生、あんたなら名前を当てることが出来るでしょ?え、出来ないって言うの?」

10-10 Arkansas Students
 T
hese questions and answers are from a test for 16-year-old students in Arkansas.
Don't laugh too hard - one of these may be the president someday.
Q1: Explain one of the processes by which water can be made safe to drink.
A1: Flirtation makes water safe to drink because it removes large pollutants like grit, sand, dead sheep and canoeists.
Q2: What causes the tides in the oceans?
A2: The tides are a fight between the Earth and the Moon.
  All water tends to flow towards the moon, because there is no water on the moon, and nature abhors a vacuum.
Q3: In a democratic society, how important are elections?
A3: Very important. Sex can only happen when a male gets an election.
Q4: How can you delay milk turning sour?
A4: Keep it in the cow.
Q5: What is a turbine?
A5: Something an Arab wears on his head.

 アーカンソーの学生
 以下に掲げた質問とそれに対する回答は、アーカンソー州の16歳の学生に対して行われたものである。
決して大笑いしないように。ひょっとしたらこの中の一人がいつの日か大統領になるかも知れないのだから。【注:クリントン大統領はアーカンソー州出身】
Q1.水を安全に飲むために行われる処理方法を説明せよ。
A1.それは男女のいちゃつき(Flirtation)【注:filtration濾過の誤り】と呼ばれる。これを行うことで砂利や砂、死んだ羊や溺れたカヌーの漕ぎ手など、水に含まれる大きな汚染物を取り除くことが出来る。
Q2.海の潮の満ち引きはなぜ起こるか?
A2.潮の満ち引きは地球と月の喧嘩によって起こる。月には水が一切ないので、地球の水は月に向かって流れようとするが、地球は水が無くなって空っぽになるのを嫌うのでそうはさせまいと引きもどそうとする。
Q3.民主主義社会では選挙がどの位重要か?
A3.大変重要である。なぜなら男が選挙(election)をする時【注:erection勃起の誤り】、初めてセックスは可能になるからである。
Q4.牛乳が腐敗することを防ぐにはどうすればよいか?
A4.乳牛の中に止めておけばよい。
Q5.タービン(Turbin)とは何か?
A5.アラブ人が頭に巻くもののことである。【注:turbanターバンの誤り】

#10-1〜10・11〜2021〜3031〜40


*  
*