●Kazさんのページ

#10.College

#10-1〜10・11〜20・21〜3031〜40

10-11 Final Exam
 T
wo guys were taking Chemistry at the University of Alabama.
They were doing well in the class and thought that going into the final they had a solid "A".
They were so confident that the weekend before finals week, they went to the University of Tennessee to party with some friends.
They had a great time. Howev er, with hangovers and everything, they overslept all day Sunday and didn't make it back to Alabama until early Monday morning, the day of the exam.
Rather than taking the final then, they found their professor after the final to explain to him why they missed the final.
They told him that they went up to the University of Tennessee for the weekend, and had planned to come back in time to study, but that they had a flat tire on the way back, and didn't have a spare, and couldn't get help for a long time, so they were late in getting back to campus.
The professor told them they could make up the final on the following day. They were elated and relieved.
At the final, the professor placed them in separate rooms, handed each of them a test booklet and told them to begin.
The first problem, worth 5 Points, was something simple about Molarity & Solutions. "Cool," they thought. This is going to be easy."
The next problem was worth 95 Points. It asked: "Which tire?"
 期末試験
 アラバマ大学で化学を専攻している二人の学生は授業中しっかり勉強していたので、期末試験で間違いなく「優」を取れると考えていた。
彼等は試験には自信があったので、試験前の週末に友人達とパーティをするためテネシー大学に遊びに行った。
そこで大いに楽しんだが、飲み過ぎて二日酔いとなり日曜日中そこに居たため、二人は試験当日である月曜日の朝早く、アラバマにようやく辿り着いたのであった。
遅刻して期末試験を受けられなかったので再試験を願い出たところ、担当教授になぜ期末試験に遅れたのか説明するように言われた。
二人は週末テネシー大学に行って期末試験までには戻る予定だったが、帰路車のタイヤがパンクして、あいにくスペアタイヤを積んでいなかったために、他の人に助けてもらって時間がかかったので、アラバマ大学キャンパスに戻るのが遅れてしまった、と教授に言い訳した。
すると教授は二人に翌日再試験を行うと言ったので、二人はホッとして喜んだ。
さてその翌日、教授はこの二人に別々の部屋で受験するようにと言ってテスト用紙をそれぞれに渡し、すぐに取りかかるように命じた。
第一問目の配点は5点で、モル濃度(注)と溶液に関する簡単な質問だった。
「ピッタリ予想通り!」二人は簡単に解いた。
二問目は95点配点で、その質問は「で、どっちのタイヤがパンクしたのかね?」だった。
教授は二人の嘘をお見通しです。
(注)モル濃度=溶質の物質量÷溶液の体積で、溶液の濃度を示します。

10-12 Does you mother feed you like this?
 A
college student picked up his date at her parent's home.
He'd scraped together every cent he had to take her to a fancy restaurant.
To his dismay, she ordered almost everything expensive on the menu.
Appetizers, lobster, champagne. Finally he asked her, "Does your Mother feed you like this at home?
"No," she said, "but my Mother is not looking for getting laid, either."
 君のお母さんはこんなにご馳走してくれるの?
デートの相手の女性を彼女の家まで迎えに行った男子大学生は、これまで1セントの小銭も無駄 にせず貯めてきたお金を懐に入れて、彼女を高級レストランに連れて行った。
驚いたことに彼女はメニューに載っている前菜、ロブスター、シャンペンなど値段の高いものばかりを注文した。
彼は呆気にとられていたが思い切って彼女に質問した。「君のお母さんは家で、いつもこんなご馳走を出してくれるの?」
「まさか」、と彼女は答えた。「でもママはご馳走の見返りに、ベッドに誘い込もうなんてしないもの」

10-13 2B or not 2B?
Teacher : Today we will read Shakespeare's Hamlet.
Class : But sir, our class has already finished reading Hamlet.
Teacher : Oh!? Is this room 2B or not 2B?
 クラスは2Bかそうでないか?
教師:今日はシェークスピアの「ハムレット」を読みます。
クラスの生徒:でも、先生、僕等のクラスはもう「ハムレット」を読みましたよ。
教師:え、そうだっけ?この教室は2B、それとも2Bじゃなかったのかな?
シェークスピアの戯曲ハムレットの名台詞
"To be , or not to be, that's the ques tion." (生きるべきか死するべきか、それが問題だ)を文字って、
この教師は2B(Two be)or not 2Bと言っているのです。

10-14 Cheating
Teacher: Mark, you copied from Tom's paper, didn't you?
Mark  : How did you find out, sir?
Teacher: Tom's paper says, "I don't know," and yours says, "Neither do I."
 カンニング
先生 :マーク、君はトムの答案を書き写しただろう?
マーク:先生、どうしてわかったんですか?
先生 :トムの答案は「僕はわかりません」と書いてあり、君の答案は「僕もわかりません」と書いてあるからだよ。
日本語で「カンニング」と言いますが、英語では試験をごまかすという意味で、cheatingと言います。
cunningは「狡猾でずる賢い」という形容詞で使われます。

10-15 Chemistry background
 I
've often been asked, "What do you do now that you're retired?"
"Well, I have a chemistry background and I enjoy refining things. One of the things I enjoy the most is turning beer, vodka and wine into urine and, I'm pretty darn good at it - although my chemistry grade at school exam was 'D.'"
 化学の知識
 「退職された現在、何をなさっているのですか?」と訊ねられることがよくあるので、私はこう答えることにしている。
「いや、私は化学の知識があるので、物質の精製工程に関わって悠々自適の生活をしているよ。特に面 白いのがビールやウオッカやワインを尿に変える化学変化に関しては、私が最も得意とするところだね。学生時代の化学の成績はいつもD(5段階評価の2)だったけどね」

10-16 Let bygones be bygones
"Now my motto in life," said the school chaplain, "is work hard, play hard and pray hard. How about you, Harriet?
"My motto is let bygones be bygones."
"That's good. Why did you choose that?"
"Then I wouldn't have to take any history classes!"
 済んだことはもう済んだことにしようよ
 学校の司祭が「私の人生のモットーは、熱心に働き、熱心に遊び、熱心に祈ることだ。ハリエット、君のモットーは何かね?」と尋ねた。
ハリエットは「僕のモットーは『済んだことはもう済んだことにしようよ』です」と答えた。
「なかなかよろしい。で、なぜこのモットーを選んだのかね?」と司祭が聞くと、ハリエットは答えた。
「そうすれば、歴史の授業を取る必要がないでしょ!」
Let bygones be bygones.は「過去のことは水に流せ」という格言ですが、
それを逆手に取って「過去のことは水に流すのだから、過去のことを学ぶ歴史の授業は必要ない」
という正当化のために使っています。

10-17 Blind date
 T
his student couple goes out on a blind date and halfway through dinner the guy decides he can't take another minute.
He excuses himself to go to the bathroom, then seeks out his waiter and says, "Call me to the telephone when I get back to the table."
The waiter does and the guy excuses himself and goes to the phone.
He comes back to the table and says to his date, "I'm sorry, but I've got to leave. My grandmother just died."
"Thank God," his date says. "If yours hadn't, mine was about to."
 ブラインドデート(未知の男女の初デート)
 ブラインドデートをした男女学生だったが、食事の途中で男の方がこれ以上一緒に居るのは耐えられなくなり、「失礼、ちょっとトイレに行くので」と席を外した。
彼は彼女に見えない場所でウエイターを呼んで、「僕がテーブルに戻ったら、『お電話がかかっています』と呼びに来てくれ」と頼んだ。
ウエイターは言われた通りにしたので、男子学生はまた席を外して電話に答えたふりをして、テーブルに再び戻って相手の女性に告げた。
「申し訳ないけど、今日はこれで失礼しなければならないんだ。実は祖母が亡くなったという連絡が入ったんだ」
「助かったわ」、と相手の女性が言った。「もしあなたのお祖母ちゃんが亡くならなかったら、私のお祖母ちゃんに死んでもらおうと思っていたところだったので」

10-18 I've been loafing, too
 T
he boys were arriving back at the college after the summer vacation.
"What ha ve you been doing this summer?" one asked another.
"Working in my dad's office. And you?"
"I've been loafing, too."
 僕もブラブラ遊んでいたよ
 夏休みが終わって大学で再会した二人の男子学生が話をしていた。
「君は夏休みに何をしていたのかい?」と一人が友人に尋ねると、「パパの会社でアルバイトしていたよ。で、君は?」と友人が言った。
最初の学生は「君と同じさ。僕もブラブラ遊んでいたよ」と答えた。

10-19 Extra money
 A
student called up his Mom one evening from his college and asked her for some money, because he was broke.
His Mother said, "Sure, sweetie. I will send you some money. You also left your economics book here when you visited two weeks ago. Do you want me to send that up too?"
"Uhh, oh yeah, O.K." responded the kid.
So his Mom wrapped the book along with the checks up in a package, kissed Dad goodbye, and went to the post office to mail the money and the book.
When she gets back, Dad asked, "Well how much did you give the boy this time?"
"Oh, I wrote two checks, one for $20, and the other for $1,000."
"That's $1020!! !" yelled Dad, "Are you going crazy???"
"Don't worry honey," Mom said, kissed Dad on the on top of his bald head, "I taped the $20 check to the cover of his book, but I put the $1,000 one somewhere between the pages in chapter 15!"
 小遣いの追加
 ある晩大学生が自宅の母親に電話をかけて、一文無しになってしまったと言って小遣いの無心をした。
母親は「わかった、お金を送るわ。それから二週間前にあなたが家に戻った時、経済学の教科書を家に忘れていったわね。これも一緒に送りましょうか?」と訊ねた。
「あぁ、あの本ね。じゃそれもお願いします」と息子は言った。母親は息子の本と小切手を封筒に入れると、旦那さんにキスをして「じゃ、ちょっとこれを郵送してくるわ」と郵便局に本とお金を出しに行った。
彼女が家に戻ってくると旦那が「いったいいくら息子に送ったんだ?」と聞いてきた。
「私、二種類の小切手を送ったの。一枚 は20ドル、そしてもう一枚は1000ドルよ」と母親が答えたので、夫は「え、1020ドルも?お前、気でも違ったのか?」と大声を出した。
「心配しないで、あなた」と母親は夫の禿頭にキスしながら言った。
「20ドルの小切手は経済学の教科書の表紙に貼り付けておいたの。でも1000ドルの小切手は教科書の15章のページの中に貼り付けたから」
息子がちゃんと教科書を読んで勉強しないと、1000ドルの小切手は見つかりませんね。

10-20 Professor's Joke
 A
college professor always starts his class with a dirty joke.
After one particularly vulgar story, all the women decide to leave the next time he starts telling a joke.
The next day the professor comes into the class and says, "Did you hear about the shortage of whores in India?"
With that all the women got to their feet and headed toward the door.
"Wait," cried the professor, "the boat doesn't leave until tomorrow!"
 教授のジョーク
 授業の始めに、汚いジョークを話すのが常だった大学の教授がいた。
その日は非常に下品なジョークを言ったので、女子学生は次もこんなひどいジョークを言ったら、一斉に授業をボイコットしようと一致団結した。
翌日その教授が教室に現れ、「インドでは売春婦が不足しているという話を聞きましたか?」と、いつもの下品なジョークを始めたので、教室の全女子学生が一斉に立ち上がって、出口の扉へと向かった。
「ちょっと待った!」と教授は女子学生達に叫んだ。「君達、(インド向けの)船は明日まで出発しないよ!」

#10-1〜10・11〜20・21〜3031〜40


*  
*