●Kazさんのページ

#10.College

#10-1〜1011〜20・21〜30・31〜40

10-21 Psychological analysis of lying
 O
ne day in the quiet afternoon in a certain campus, a professor said at the last of the class of psychology.
"Next class I plan to teach about the psychologicall analysis of lying. To help your understanding, I want you all to read chapter VI paragraph VIII of your text."
The following class, the professor said , "As I prepare to start this class, I want to know how many of you read chapter VI paragraph VIII. If you did it, please raise your hand."
Some students' hands went up.
The professor smiled and said, "In chapter VI, there are only seven. Then, let's start the class."
 嘘をつくことの心理的分析
 静かなある日の午後、キャンパスで教授が心理学の授業の最後にこう言った。「次回の授業では、皆さんに嘘をつくことの心理的分析について教えようと思います。そこで教科書の6章8小節を事前に読んできて下さい。クラス全員、必ず予習してくること!」
さてその授業の日教授は、「この授業のために皆さんに予習をして来るように言いまし たね。6章8小節を読んできた人は手を挙げて下さい」と、言った。
数人の生徒が手を挙げた。
教授はにっこり笑ってこう言った。「6章には7小節しかありません。(手を挙げた人は嘘つきですね)では、授業を始めます。」

10-22 Having Mom over for dinner
 B
rian invited his mother over for dinner.
During the course of the meal, Brian's mother couldn't help but keep noticing how beautiful Brian's roommate, Step hanie, was.
Brian's Mom had long been suspicious of a relationship between Brian and Stephanie, and this had only made her more curious.
Over the course of the evening, while watching the two react, she started to wonder if there was more between Brian and Stephanie than met the eye.
Reading his mom's thoughts, Brian volunteered, "I know what you must be thinking, but I assure you Stephanie and I are just roommates."
About a week later, Stephanie came to Brian saying, "Ever since your mother came to dinner, I've been unable to find the beautiful silver gravy ladle. You don't suppose she took it, do you?"
Brian said, "Well, I doubt it, but I'll send her an e-mail just to be sure."
So he sat down and wrote: I'm not saying that you "did" take the gravy ladle from the house. I'm not saying that you "did not" take the gravy ladle. But the fact remains that one has been missing ever since you were here for dinner. Love, Brian.
Several days later, Brian received an e-mail back from his mother that read: Dear Son: I'm not saying that you "do" sleep with Stephanie. I'm not saying that you "do not" sleep with Stephanie. But the fact remains that if Stephanie is sleeping in her own bed, she would have found the gravy ladle by now. Love, Mom Lesson of the day..... NEVER LIE TO YOUR MOTHER
 母親を夕食に招待する
 ブライアンは母親を夕食に招待した。
食事中、母親はブライアンのルームメイトのステファニーはなんて美人なんだろうと思わずにはいられなかった。
母親はブライアントとステファニーの関係を怪しいな、と以前から思っていたのでこんなに彼女が美しいなら、きっと二人は深い仲に違いないと、疑いをますます深くした。
若い二人の食事中のお互いの反応を見ていると、目に映っている以上にブライアンとステファニーの間には何かもっとあるな、と確信した。
ブライアンは母親が何を考えているのかを読み取り、自分から「お母さん、何を考えているかわかってるよ。でもねステファニーと僕とはただのルームメイトだって、それだけは保証するよ」
そして一週間後、ステファニーがブライアンに、「ねぇ、あなたのお母さんが夕食にいらしてから、綺麗なシルバーのお玉が無くなってるのよ。あなたのお母さんが持っていっちゃったっていうことはないでしょうね?」と言いに来た。
ブライアンは、「え、そうなの?うちの母親がねぇ…でも手紙を送って確かめてみるよ」と言って、は椅子に座って手紙を書き始めた。
「僕はお母さんがお玉を『盗った』って言ってるんじゃありません。そしてお母さんが『盗ってない』と言ってるわけでもないのですが、でもお玉が一つ、お母さんが夕食に来てからなくなっていることは事実なんです。お母さん、お玉の行方をご存じですか?愛するブライアンより」
数日後ブライアンは母親から返事の手紙を受け取った。それにはこう書かれていた。「いとしい息子へ。私はあなたがステファニーと『寝てる』、なんて言ってるんじゃないの。そして『寝てない』と言ってるわけでもないの。でもね、もしステファニーが自分のベッドで寝ているんだったら、今ごろはもうお玉を見つけてるはずなのよね。愛を込めて、母より」
そして本日の教訓は「決してお母さんに嘘をつかないように」、です。

10-23 Mid-term exam
 A
college professor had a strict rule regarding mid-term exams - anyone seen writing after the bell would automatically be given zero marks(!)
On this occasion, the bell sounded for the end of the exam, but while everybody else stopped writing, one student carried on regardless for another five minutes before calmly handing in his paper.
"That's a zero for you," said the professor sternly.
"Do you know who I am?" said the student.
"I don't care who you are. You could be the president's nephew, but you get zero," snapped the professor.
"So you don't know who I am?" persisted the student.
"No!" said the professor.
"Good" the student smiled and slipped his exam paper into the middle of the stack of the other students' papers and walked out of the room.
 中間試験
 大学教授が中間試験に関して、試験終了ベルの後も答案用紙に書き込んでいた者はゼロ点にする(!)、という厳しい通達を出した。
実際の試験が行われ終了ベルが鳴った時、他の生徒がすべて答案用紙から手を離しているのに、一人の生徒だけはしつこく答案を書き続け、ベルが鳴ってから5分経ってから、ようやっと答案用紙を黙って提出した。
「君はゼロ点だ」と、教授は厳しい表情で言った。
「僕が誰だかわかっていますか?」とその生徒が聞くものだから、教授は「君が誰だろうと、知ったこっちゃない。大統領の甥だろうと特別扱いはしない。君はゼロ点だ」と言い放った。
「つまり、僕が誰だかわかっていないのですね?」とその生徒はしつこく聞いた。
「君が誰だかなんて私は知らんね!」と教授が答えると、「それは良かった」と言うなり、彼は自分の答案用紙を束になった他の生徒の答案用紙の真ん中あたりに、スルっと滑り込ませてから教室を歩いて出て行った。

10-24 Guillotine
 T
hree students from Michigan, Kentucky, and Texas on summer vacation in France were caught smuggling cocaine and sentenced to death by guillotine.
The judge asked the boy from Michigan, "Do you have any final words, son?" "Fuck you!" snapped the student.
Hearing this, the judge signaled for the sentence to be carried out.
The executioner pulled the lever, and as the crowd gaped in astonishment, the giant blade came to a screeching halt three inches from the victim's throat.
"It's God's will! Let him go!" cried the judge.

 Next guy from Kentucky was put on the block and the judge asked again, "And what are your final remarks, my boy?"
"Go to hell!" shouted the student and the judge signaled. The razor-sharp blade fell and miraculously stopped just a quarter inch from the condemned boy's neck.
"It's the will of God!" exclaimed the judge. "Set him free!"

 Finally the Texan was put into position. "Before you're beheaded," said the judge, "do you have any last words?"
"Oh, yeah," replied the Texan. "If you just put a little more grease on the grooves, the blade will come down a whole lot easier!"

 ギロチン
 ミシガン州、ケンタッキー州、そしてテキサス州出身の三人の大学生が夏休みをフランスで過ごしたが、コカインを隠し持っていたため逮捕され、ギロチンによる絞首刑に処されることになった。
判事がミシガン州出身の男子学生に、最後に言い残すことはないかと尋ねた。
「糞ったれ!」とその学生は悪態をついた。
判事は直ちに死刑執行の合図を送った。死刑執行人がギロチンの刃を止めていたレバーを引っ張って外すと、見物人達は思わず息を呑んだ。
ところが巨大なギロチンの刃はギギギギと音を立てて、犠牲者の喉の手前3インチのところで止まってしまった。
「これは神の思し召しだ!この男を釈放してやれ」と判事が怒鳴った。
 次にケンタッキー出身の男子学生が同じように判事から最後の言葉を聞かれると、「地獄に行きやがれ!」とわめいた。
判事が死刑執行の合図を送り、ピカピカに研がれたギロチンの刃が上から下へストーンと落ちた。
ところが今回も奇跡的に犠牲者の首の手前1/4インチの場所で止まったため、判事は「神の思し召しだ!この男を釈放してやれ」と叫んだ。
 最後にテキサス出身の学生がギロチン台の処刑位置に座らされ、「首を落とされる前に、何か最後に言いたいことはあるか?」と判事に聞かれた。
「えぇ、ひとつだけ」とこの学生は答えた。「ギロチンの刃が落ちる溝に、もう少し機械油をつけると刃がもっとスムーズに落ちて来ると思うんだけど」
テキサス出身の学生は、自分で自分の首を落とすことに加担してしまいましたね。

10-25 Epithelial cheek cell
 
A biology major was taking a cell biology course.
The task of the day was examining epithelial cheek cells under a microscope.
They had to scrape the inside of their mouths with a toothpick and make a slide from it and record the different types of cells that were found.
One blonde girl in the class was having some trouble identifying some cells.
She called the professor over to ask him.
After a moment or two of peering in her scope, he looked up and said in a loud voice, "'Those are sperm cells."

 口腔表皮細胞
 生物学専攻の学生達が細胞学の授業を受けていた。
その日の研究課題は口腔表皮細胞を、顕微鏡で観察することだった。
学生達は自分達の口の中から、楊枝で頬の裏の表面の細胞をすくい取り、ガラスのスライド版で挟んでから顕微鏡で観察し、異なる細胞の記録をノートしていった。
一人のブロンド女学生は細胞の種類が判定出来ず困った様子で、担当教授を呼ぶと、「先生、この細胞は何なのでしょう?」と教えを請うた。
教授は彼女の顕微鏡を覗くと、顔を上げて彼女に向かって大声で叫んだ。「これは精子細胞だよ」
女性がオーラルセックスをした名残なのですね。

10-26 Bribery
 O
ne day a professor was giving a test to his students.
He handed out all of the tests and went back to his desk to wait.
Once the test was over, the students all handed the tests back in.
The professor noticed that one of the students had attached a $100 bill to his test with a note saying "A dollar per point."
The next class the professor handed the tests back out.
This student got back his test and $56 change.

 賄賂
 ある日大学教授がテストを行った。
教授はクラス全員にテスト用紙を配って、教室の自分の机に戻り、生徒が書き終えるのを見守った。
テストが終わり生徒達は教授の机へやって来て、答案用紙を渡した。
その中に一枚100ドル紙幣が添えられた答案用紙があり、「1ドルにつき1点お願いします」というメモが付いていた。
次の授業の時間、教授は採点した先日のテストを生徒に返した。
件の生徒の答案用紙には56ドルのお釣りが付けられていた。
この生徒は100ドルで教授を買収して100点をもらおうと思ったのですが、
教授はしっかり44点と採点し、
44ドルはしっかりいただいてお釣りの56ドルを返したのです。

10-27 Look natural
 I
t was graduation day and Mom was trying to take a picture of their son in a cap and gown, posed with his father.
"Let's try to make this look natural "she said. "Junior, put your arm around your dad's shoulder."
The father answered, "If you want it to look natural, why not have him put his hand in my pocket?"

 自然なポーズで
 大学卒業式の日、母親は帽子とガウンを着た息子を父親と一緒の写真を撮ろうとしていた。
「自然なポーズがいいわ。ジュニア、パパの肩に手をかけて。」と母親が息子に言うと、父親が口をはさんだ。
「自然なポーズというならば、息子の手を僕のポケットに突っ込んでいるポーズの方がいいと思うけどね。」

10-28 A letter from loving daughte
 D
ear Mother and Dad:
 It has now been three months since I left for college. I have been remiss in writing to you and am very sorry for my thoughtlessness in not having written before. I will bring you up to date now, but before you read on, please sit down. You are not to read any further unless you are sitting down... Okay?

 Well, then, I am getting along pretty well now. The skull fracture and the concussion I got when I jumped out of the window of my dormitory when it caught fire shortly after my arrival are pretty well healed now. I only spent two weeks in the hospital and now I can see almost normally and only get three headaches a day.

 Fortunately the fire in the dormitory and my jump were witnessed by an attendant at the gas station near the dorm and he was the one who called the Fire Department and the ambulance. He also visited me at the hospital, and since I had nowhere to live because of the burnt-out dorm, he was kind enough to invite me to share his apartment with him. It's really a basement room, but it is kind of cute. He is a very fine boy and we have fallen deeply in love and are planning to get married. We haven't set the exact date yet, but it will be before my pregnancy begins to show.

 Yes, Mother and Dad, I am pregnant. I know how much you are looking forward to being grandparents and I know you will welcome the baby and give it the same love and devotion and tender care you gave me when I was a child. The reason for the delay in our marriage is that my boyfriend has some minor infection which prevents us from passing our premarital blood tests and I carelessly caught it from him. This will soon clear up with the penicillin injections I am now taking daily.

 I know you will welcome him into our family with open arms. He is kind and although not well educated, he is ambtious. Although he is of a different race and religion than ours, I know you expressed tolerence will not permit you to be bothered by the fact that his skin color is somewhat darker than ours. I am sure you will love him as I do. His family background is good, too for I am tol
d that his father is an important gunbearer in the village in Africa from which he comes.

 Now that I have brought you up to date, I want to tell you that there was no dormitory fire, I did not have a concussion or skull fracture, I was not in the hospital, I am not pregnant, I am not engaged, I do not have syphillis and there is no boyfriend in my life. However, I am getting a "D" in History and an "F" in Science, and I wanted you to see these marks in the proper perspective.

 Your loving daughter, Dorothy

 愛する娘からの手紙
 ママとパパへ
 大学に入学してから3ヶ月になります。無精してお便りを差し上げず、大変申し訳ありません。もう少し前にお二人にお便りを書くべきだったと反省しております。現在の暮らしについて私が語り始める前に、どうかまずお座り下さい。必ず座ってからこの手紙を読み始めて下さいね。いいですか?

 今のところ私は元気でやっています。入学直後に女子寮で火事が起こり、慌てて窓から飛び降りた時に脳震盪を起こし、頭蓋骨にヒビが入りましたが今はすっかり直りました。二週間入院を余儀なくされましたが、現在では一日に三度頭痛が起きる程度で、殆ど正常に戻っています。

 女子寮で火事が起きて私が窓から飛び降りたことが幸いして、私は女子寮の近所にあるガソリンスタンドの店員と知り合うことが出来ました。彼が消防署に電話をかけて救急車を呼んでくれたのです。彼は病院に私を見舞いに来てくれました。そして女子寮が燃え落ちて住む場所がなくて困っていた私に、親切にも彼のアパートで一緒に住もうと言ってくれました。彼のアパートはせまい地下の部屋でしたが、それはそれなりに住み易い環境でした。彼は好青年だったので私達は直ぐに恋に落ちて、結婚を誓い合う仲になりました。結婚式をいつ挙げるか未定ですが、妊娠したお腹が目立って来る前にしようと考えています。

 そうなの、ママとパパ、私って赤ちゃんを身籠もっているのよ!ママとパパはお婆ちゃんとお爺ちゃんになるの!お二人が孫の誕生を喜び、私が子供だった時に注いでくれた愛情を、そのまま新しく生まれる孫にも注いでくれることと信じています。私達の結婚が遅れている理由は、彼がちょっとした病気に感染していたため、結婚前の血液検査がOKとならなかったからです。私もうかつにも彼からその病気を移されてしまいました。毎日ペニシリン注射を受けていますので、直にこの病気も完治すると思いますが。

 ママとパパは私の彼氏のことを、両手を上げて歓迎してくれると信じています。学歴はありませんが、とても親切で、上昇志向の人物です。彼は私達一家とは人種も、宗教も異なりますが、私の両親は彼の皮膚の色が私達より黒いという事実をいちいち気にするようなことはない、と寛大な態度を示してくれることと信じています。私が彼を愛しているのと同じように、ママもパパも彼を愛してくれると思っています。彼の育った家庭環境は悪くありません。彼の父親は出身地のアフリカの部落で、銃を運ぶことを仕事にしている、重要人物です。

 さてこうやって一部始終お話したことで、ママとパパにこれ以上心配をかけることは心苦しいので、本当の事を言います。女子寮で火事は起こりませんでしたから、私が脳震盪と起こしたり、頭蓋骨にヒビが入ったというのも嘘です。もちろん入院もしていません。妊娠したというのも、婚約したというのも、梅毒に感染したというのも嘘です。ボーイフレンドなんていません。でも大学の授業で歴史はD、科学はFという成績を取ってしまいましたが、ママもパパもそんなことは大したことではない、と思っていただけるものと信じています。

 パパとママを愛するドロシーより


10-29 Teach a dog how to talk
 A
young boy from outback Queensland went off to university, but halfway through the semester he foolishly had gone through all of his money.
He called home.
"Dad," he said, "You won't believe what modern education is developing. They actually have a program here in Brisbane that will teach our dog Ol' Blue how to talk."
"That's amazing!" his Dad said.
"How do I get Ol' Blue in that program?"
"Just send him down here with $2,000," the young boy said.
"I'll get him in the course."
So his father sends the dog and $2,000.

 About two-thirds through the semester, the money again ran out.
The boy called home again.
"So how's Ol' Blue doing, son?" his father wanted to know.
"Awesome! Dad, he's talking up a storm. But you just won't believe this. They've had such good results with talking, they've begun to teach the animals how to read."
"Read?!" exclaimed his father.
"No kidding! How do we get Ol' Blue in that program?"
"Just send $4,500. I'll get him in the class."
The money promptly arrived.

 But our hero has a problem.
At the end of the year, his father will find out the dog can neither talk nor read.
So he shot the dog.

 When he arrived home at the end of the year, his father was keen to see his old dog.
"Where's Ol' Blue? I just can't wait to have a yarn with him, and see him read something!"
"Dad," the boy said, "I have some grim news. Yesterday morning, just before we left to drive home, Ol' Blue was in the living room, kicked back in the recliner, reading the Financial Review. Then he suddenly turned to me and asked, "So, is your dad still messing around with the little redhead barmaid at the pub?''
The father groaned and whispered, "I hope you shot the bastard before he talks to your Mother!"
"I sure did, Dad!"
"That's my boy!"

 The young man went on to be a successful lawyer.

 犬に読み書きを教える
 オーストラリアのクイーンズランド州の山奥出身の男子学生が、大学に入学したが一学期の半ばで、彼は愚かにも仕送りの金を全部使い果たしてしまった。
そこで彼は両親の家に電話すると、「父さん、現代教育の進歩と来たら信じられないくらいだよ。ここブリスベーンでは我が家の愛犬オルブルーに、人間の言葉を喋れるように教育するんことだって、出来るんだよ」と言った。
「それは凄い!」と父親は驚き、「で、どうすればオルブルーは、その教育プログラムを受けられるんだ?」と息子に尋ねた。
「2000ドルと一緒に、オルブルーをこっちに送ってよ」と息子が答えたので、父親は愛犬と2000ドルを息子の所へ送った。

 一学期の三分の二が過ぎた頃、この息子はまたお金を使い果たして困ったので、また両親に電話をかけた。
父親が「なぁ、オルブルーはどうしている?」と聞くと、「父さん、ビックリしちゃったよ!オルブルーは、まるで嵐のように喋りまくるんだ。でももっと驚いたのは、ここの研究者達は動物に文字を読めるように教育することを始めたんだよ」と息子は答えた。
「文字を読むって、本当か?嘘じゃないだろうな?どうやったらうちのオルブルーも文字が読めるようになるんだ?」と父親はわめいた。
「4500ドル送ってよ。オルブルーをその特別クラスに入れるから」と息子が答え、そのお金はすぐに届いた。

 ところがこの息子には困った問題が待ち受けていた。大学一年が終わろうとしているのに、オルブルーは言葉を喋ることも、文字を読むことも出来ないことで、父親がそれを知ったらひどく怒るに違いないということだった。
そこでこの息子はオルブルーを射殺してしまった。

 学年末になって息子が家に戻ると、オルブルーの様子を知りたくて仕方ない父親が「オルブルーはどうした?あいつが文字を読めるところを早く見せてくれ!」と急かせた。
「父さん、嫌な知らせがあるんだ。昨日の朝、車で実家に帰ろうとしていたら、居間のソファーに寝そべってファイナンシャルレビュー誌を読んでいたオルブルーが、突然僕に向かってこう話しかけたんだよ。『あんたの親父は、未だにあの赤毛のバーのホステスと、ズルズル肉体関係を続けているのかい?』って」
父親は低いうなり声をあげると、小声で息子にささやいた。「母さんにその話をする前に、そのバカ犬を撃ち殺してやれ!」
「言われなくてもわかっているさ。だから僕はオルブルーを撃ち殺したんだ」と息子が言うと、「さすがはわが息子だ!」と父親は喜んだ。

 さてこの息子は、その後弁護士として大成功したそうだ。


10-30 Physics
 O
ne day a physics professor was discussing a particularly complicated concept.
A pre-med student rudely interrupted to ask "Why do I have to learn this stuff? I'm pre-med, I'll never need it."
"You'll need it to save lives." the professor responded quickly.
"So, how does physics save lives?" the student persisted.
"It keeps the idiots out of medical school," replied the professor.

 物理学
 ある日、物理学の教授は超複雑なテーマについて討論していた。
医学部進学課程の学生が無礼にも教授の話を遮って、こう言った。
「何故こんな七面倒くさいことを勉強しなければならないんですか?僕は医学部進学課程の学生だからこんな難しいことは必要ないと思うんですよ」
「この授業は、命を救うために必要なのだ」と、教授はすぐさま答えた。
「物理学がどうして命を救えるんですか?」と、この学生はしつこく聞いた。
「物理学についていけない能無し学生を、大学の医学部から追い出してくれるからさ」と、教授は答えた。

#10-1〜1011〜20・21〜30・31〜40


*  
*