●Kazさんのページ

#10.College
College(大学)joke。
風変わりな大学教授、セクシーで魅力的な女子学生、
女子寮に潜り込む男子学生などキャンパスライフのあれこれをジョークでどうぞ!

#10-1〜1011〜2021〜30・31〜40

10-31 The newspaper under the front tire of the car
 
A parents had just given their teenage daughter family-car privileges.
On Saturday night she went to a party and returned home early next morning.
On Sundaymorning her father went out to the driveway to get the newspaper and came back into the house frowning.
After 11:30, the girl sleepily walked into the kitchen, and her father asked her, "Sweetheart, what time did you get in last night?"
"Not too late, Dad." she replied nervously.
Dead-panned, her father said, "Then I'll have to talk with the paperboy why he put the newspaper under the front tire of the car."

 自動車の前輪の下に置かれた朝刊
 十代の娘に両親は家族の自家用車を使ってもよい、という特権を与えた。
土曜日夜娘はパーティに出かけて、翌朝早く家に戻った。
日曜日の朝早く、娘の父はガレージに通じている家の中の道を歩き、朝刊を取って家に戻るとその眉間にはしわがよっていた。
日曜日の朝11時30分になると娘は寝ぼけ眼で起きてくると、台所にやってきた。
そこに居た父親が「娘や、昨晩何時に帰宅したのかね?」と彼女に尋ねたので、「そんなに遅くはなかったわよ、パパ」と娘は少し神経質そうな表情で答えた。
すると表情を変えずに父親は言った。「それなら、私が新聞配達少年に、なぜ今朝の朝刊は自家用車の前輪の下に置かれていたか聞かねばならんな」
朝早く家の中の道に放り込まれた朝刊の上に、朝帰りした娘が駐車したから、朝刊は前輪の下に挟まれていたのです。
つまり娘が帰宅したのは朝刊が配達された後の時間帯だった、ということです。

10-32 No outside assistance
 O
n the examination paper the Professor demanded that the students sign a form stating that they had not received any outside assistance.
Unsure of whether he should sign the form, a student stated that he had prayed for the assistance of God.
The Professor carefully studied his answer sheet and told him, "You can sign it with a clear conscience. God did not assist you."

 他人の助けを借りなかった
 大学教授は試験の時、学生に対して答案用紙に「他人の助けを借りなかった」と署名するように命じた。
署名をすべきかどうか迷った一人の学生が、「私は神のご加護をお祈りしたのですが、この場合も他人の助けを借りたことになるのですか?」と言った。
大学教授はその学生の答案用紙を注意深く読んでから、「良心に恥じることなく署名して大丈夫だ。神は君を助けなかったようだから」と言った。

10-33 Chemistry test
 T
he following is an actual question given on a University of Washington chemistry mid-term exam.
The answer by one student was so "profound" that the professor shared it with colleagues via the Internet.
This is, of course, why we nowhave the pleasure of enjoying it as well.

 Question:
Is Hell exothermic (gives off heat) or endothermic (absorbs heat)?
Most of the students wrote proofs of their beliefs using Boyle's Law (gas cools when it expands and heats when it is compressed) or some variant. One student, however, wrote the following:

 "First, we need to know how the mass of Hell is changing in time and the rate at which they are leaving.
I think that we can safely assume that once a soul gets to Hell, it will not leave.
Therefore, no souls are leaving.
As for how many souls are entering Hell, let's look at the different Religions that exist in the world today.
Most of these religions state that if you are not a memberof their religion, you will go to Hell.
Since there is more than one of these religions and since people do not belong to more than one religion, we can project that all souls go to Hell.
With birth and death rates as they are, we can expect the number of souls in Hell to increase exponentially.

 Now, we look at the rate of change of the volume in Hell because Boyle's Law states that in order for the temperature and pressure in Hell to stay the same,the volume of Hell has to expand proportionately as souls are added.
This gives two possibilities:

  1. f Hell is expanding at a slower rate than the rate at which souls enter Hell, then the temperature and pressure in Hell will increase until all Hell breaks loose.
  2. If Hell is expanding at a rate faster than the increase of souls in Hell, then the temperature and pressure will drop until Hell freezes over.

 So which is it?
If we accept the postulate given to me by Teresa during my Freshman year that, "it will be a cold day in Hell before I sleep with you", and take into account the fact that I slept with her last night, then number 2 must be true, and thus I am sure that Hell is exothermic and has already frozen over.
The corollary of this theory is that since Hell has frozen over, it follows that it is not accepting any more souls and is therefore, extinct ...leaving only Heaven and thereby proving the existence of a divine being - which explains why last night Teresa kept shouting "Oh my God."

 THIS STUDENT RECEIVED THE ONLY A+

 化学の試験
 ワシントン大学の化学の授業中間試験で実際に出された問題です。
一人の学生の解答があまりにも奥深い知識に裏付けられていたので、試験を採点した教授がインターネットと通じてこの「奥深い」解答を同僚に伝えました。
ですからこうやって我々もその学生の解答内容を楽しむことが出来るのです。

 【問題】
地獄は熱を放出する場所か、それとも熱を吸収する場所か?
殆どの学生が「ボイルの法則」(=一定温度で一定量の気体の体積は圧力に反比例する。即ち気体の体積が増えると温度は下がり、気体の体積が減ると温度が上がる)及びその変数を応用した答えを出したのだが、一人の学生は次の様な答案を書いた。

 最初に地獄の質量が時間の経過と共に変化することと、その変化の割合を知る必要がある。
死んだ人の魂が地獄にたどり着くとそこから離れることはないという仮説は、充分根拠のあるものと思える。
それ故地獄に入った魂はすべてそこから離れない、と定義する。
次に地獄にどれだけの魂が入るかということを計算するために、現在世界各地で信仰されている様々な宗教について考えてみよう。
これらの宗教の多くはその宗派を信じない人は地獄へ落ちると布教している。
世界中には他の宗教の教えを否とする宗教が数多く存在し、世界の人々がそれぞれ異なった宗教に帰依している事実を考えると、すべての魂はすべて地獄へ落ちると考えられる。(=管理人注:Aという宗教がBという宗教を認めず、B宗教徒はすべて地獄へ落ちるというならば、同様にB宗教からみればA宗教徒はすべて地獄に落ちるという論理になるので、結局すべての人が地獄に行くことになる
そして出生率と死亡率が現在の水準を保つならば、地獄へ行く魂の数が幾何級数的に増加すると想定出来る。

 さて地獄における質量の変化についてボイルの法則に鑑みて考察しよう。
ボイルの法則に従えば、地獄における温度と気圧を一定に保つためには地獄の質量は魂が増加するのに比例して増大せねばならない。
このことから次の二つの可能性が考えられる。

  1. もし地獄にやってくる魂の割合よりも多い割合で地獄の質量が増えるなら、地獄の温度と気温は上昇し続け、熱の限界を越えた地獄は崩壊せざるを得なくなる。
  2. 或いはもし地獄にやってくる魂の割合よりも少ない割合で地獄の質量が増えるなら、当然のことながら地獄の温度と気圧は落ちざるを得ない。その結果地獄一面が凍ってしまうということになる。

 この二つの仮定のどちらが正しいだろうか? 
私が大学一年生の時にガールフレンドのテレサによって経験したことに照らし合わせてみよう。
彼女は「あなたと一緒に寝られなかったら、私のアソコは地獄の様に寒くなるだろう」と言った。
昨晩彼女と一緒に寝た事実から演繹すれば、地獄の質量変化に関しては2番目の仮定が正しいということになる。というのは、地獄(=彼女のアソ)は既に熱を吸収して氷河状態になっていることを確かめたからだ。(=彼女の反応は氷のように冷たかったのだ
この理論を推し進めていけば、地獄はこれ以上の魂を受け入れることが出来ないという必然の結果となり、地獄は存在が成り立たなくなる。
それゆえ結果として天国のみが残ることとなる。
そのことは神の存在が証明されることである。それは昨晩テレサが「オーマイゴッド、あぁ神様」と叫び続けていたということで傍証される。

 この学生一人だけが、この試験で成績A+(優)をもらえたそうです。


10-34 Which instinct is stronger - Hunger or Sex?
 A
Sidney attends a lecture on the subject of: "Hunger or Sex, which instinct is the stronger?"
The lecturer describes to the audience of a series of tests he had conducted to find a scientific answer.
"For my tests," he says, "I used one healthy male and one healthy female chimpanzee. Before each test, I kept them apart so they could not see or hear each other. I also starved the male of both food and sex for a week. For my 1st test, I put a bowl of food in the middle of my lab and then placed the male in one corner and the female in the opposite corner. The male looked at the female, then looked at the food, then rushed to the bowl of food and devoured it. So, ladies and gentlemen, it looked like hunger prevailed over the sexual instincts of the male. But as a true scientist, I did a 2nd test to see whether the earth's magnetic field had influenced the outcome. Again I kept the apes separate, starved the male and put the bowl of food in the middle of the lab. Then I put the male in the Southwest corner and the female facing him in the Northeast corner. The male immediately looked at the female, then at the food, then rushed to the bowl of food and devoured it. So once again the male preferred food to sex. But I wanted to be absolutely sure of the results so I carried out a 3rd test, this time placing the male much closer to the female than to the food. The result was the same. The male looked at the female, then at the food, then rushed to the bowl of food and devoured it. So, ladies and gentlemen, I can say with some confidence that hunger is a much stronger drive than sexual instincts in the male animal. Thankyou."

 After the applause has died down, Sidney stands up and says aloud, "I have a question for you, mister lecturer. Have you tried doing the experiments with a different female ape?"

 食欲と性欲はどちらが強いか?
 シドニーは「食欲と性欲はどちらが強いか?」というテーマの講義を受けていた。
講師は彼が科学的結論を得るために行った一連の実験について、聴講者に説明をした。
「私の実験では健康的な雌雄のチンパンジーを、被験者としました。テストを行う前にこの雌雄チンパンジーを一匹ずつ隔離し、お互いの姿を見たり声を聞いたり出来ないように保っておきました。そして雄のチンパンジーには一週間餌も与えず、セックスもさせませんでした。この状態から行った第一番目の実験は次の通りです」、と講師は話を進める。
「私は部屋の真ん中に食料が入ったお椀を置いて、この部屋の片隅に雄を、反対側の隅に雌を置きました。雄のチンパンジーは最初雌に目を向け、次に食料に目を向けるとそちらに全速力で近寄り、椀の中の食べ物をがつがつ食べたのです。ですから皆さん、食欲が性欲より強いということがわかりした。しかし私は真理を求める科学者です。地磁気がこの結果にはたして影響するかどうかを調べるために第二の実験を行いました」、と話は続く。
「私は再びこの二匹のチンパンジーを隔離し、雄のチンパンジーを飢えさせてから、また同じ様に部屋の真ん中に食料の入った椀を起きました。そして雄を西南の隅へ、雌を北東の隅に置きました。雄のチンパンジーは彼に面と向かっている雌に、すぐ気が付きました。しかし食料に気が付くと、雄はまたしても食料に飛びついてがつがつ食べ始めたのです。この実験でも雄のチンパンジーは性欲より食欲を優先させた、ということが明らかになりました。しかし、私はこの結論が絶対間違いないかどうかを確かめたくて、三番目の実験を行いました。今回は雌のチンパンジーを食料の入った椀よりも、雄のチンパンジーの近くの位置に置いたのです。その結果も前二回の時と同じでした。雄は雌にまず視線を向けるが、次に食料に飛びついてがつがつ食べたのです。ですから、皆さん、私はこの一連の実験から動物の雄において食欲は性欲に勝る、自信を持って断言できます。ご静聴有難うございました」と、言葉を結んだ。

聴衆の賞賛の声がおさまったところで、シドニーは立ち上がって大声で質問した。
「ところで先生、ひとつ質問があります。先生はその実験を別の雌のチンパンジーで、行ってみようと思いませんでしたか?」

相手が変われば、性欲が食欲に勝ることも起こるのではないか、と質問しています。

10-35 Make believe
 A
One day, as Rachel is cleaning her daughter's bedroom, she notices a letter onthe pillow addressed to her.
With a worried feeling, Rachel reads the letter.
This is what it said.

 Dear Mum,
I'm sorry to have to tell you this, but I've eloped with my new boyfriend.
He's so different, Mum.
What with his pierced tongue, his tattoos and his big motorcycle, I've found real passion with him.
But that's not all.
I'm pregnant.
But don't worry, Mick says that we will be very happy living in his caravan.
He even shares my dream of having a big family and he wants to have more children with me.
He's taught me how to grow marijuana and I agree with him that it doesn't hurt anyone.
So we'll be growing it not only for us but also all his friends.
Don't worry about our finances.
Mick has arranged for me to appear in some homemade video films.
I can earn $150 per scene, more if there are three men involved.
But don't worry, I'm 18 years old and know how to take care of myself.
In the meantime, Mum, please pray that science will soon find a cure for AIDS.
Mick deserves to get better.
Love, Rebecca

 P.S.
This letter is not true.
It's all make believe.
Actually, I'm at our neighbor's house.
I just wanted to prove to you that there are worse things in life than denting your Lexus car.

 食フリをする
 ある日レイチェルは娘の寝室を掃除していて、枕の上に母親宛の手紙が残されていることに気付いた。
心配になったレイチェルはその手紙を読むと、こう書かれていた。

 愛するママへ
ママ、残念なことを伝えなければなりません。
私は新しいボーイフレンドと駆け落ちしました。彼は他の男性とは全く違うんです。
刺青をして舌にピアスを付けて、大型バイクを乗り回す彼こそ、情熱のかたまりだということがわかりました。
れだけではありません、実は私、彼の子供を孕んでいるのです。
でも心配しないで、ミックは自分のトレーラーで暮らせば幸せになれると言ってくれています。
私の子供が沢山欲しいという彼なら、大家族を持ちたいという私の夢を叶えてくれそうです。
彼はどうやってマリファナを栽培するかを教えてくれましたし、マリファナは他人に害を及ばさないという彼の意見に私も賛成です。
だから自分達用だけでなく、彼の友人のためにもマリファナを栽培しようと考えています。
経済生活については心配しないで大丈夫です。
ミックと私の性生活を撮影したビデオ映画を何本か製作するつもりです。
一本150ドル位稼げるし、三人絡みのセックスシーンになれば、もっと稼げます。
私は18歳ですから、どうすればよいか位はわかっていますから、心配しないで!
でも、ママ、どうかエイズの治療方法が見つかるようにと、科学の進歩を祈ってくれませんか。
そうすればミックの身体も良くなるはずです。
愛するレベッカより

 追伸
この手紙に書かれたことは真っ赤な嘘です。
そういうフリをしてみせただけで、私、本当は隣の家に居るんです。
この手紙を書いたのは、世の中にはママのレクサス車をぶつけてへこませることより、もっとひどい出来事があるものだということを、わかってほしかったからです。


10-36 Monomania
 A
n English Teacher complained about one of his students to the manager of the college, saying that he got really fed up with that student because the student never made it in English Composition.
The Manager asked, "Why? He doesn't write properly?"
"The problem is that he writes proper sentences, but he always finds a connection to the camel. Here're his essays," the teacher showed the trouble student's essays to the school manager.

 Essay Title 1: Agricultures.
Agriculture is one of the most important things in our recent life whether to human beings or to animals, specially camels who eats from it. And the camel is an animal of great patience. It lives in a harsh climate and Arabs name it as the ship of desert, because it can survive for days and weeks without food or drinks and withstand the travel. Arabs like Camels and they utilize them for, etc, etc.....

 Essay Title: Buildings nowadays.
 Buildings are improved nowadays more than before, but Arabs prefer from time to another to live in tents in deserts where they raise Camels. The camel is an animal of great patience. It lives in a harsh climate and Arabs name it as the ship of desert because it can survive for days and weeks without food or drinks and withstand the travel. Arabs like Camels and they utilize them for etc, etc.....

 Essay3: Space and Science.
 Praise God how he is so great, and how he created the huge space and stars. Human beings with science they have reached many planets, nowadays, Arabs are trying to find how to reach planets using Camels. And as we all know the camel is an animal of great patience, it lives in a harsh climate and An uneasy path abroad Arabs name it as the ship of desert because it can survive for days a
nd weeks without food or drinks and withstand the travel. Arabs Like Camels and they utilize them for etc, etc.....

 Fourth Essay: Cars.
 Cars are one of the most important transportation methods in our daily life, but Arabs prefer the Camel and the camel is an animal of great patience, it lives in a harsh climate and Arabs name it as the ship of desert because it can survive for days and weeks without food or drinks and withstand the travel. Arabs like camels and they utilize them for etc, etc.....

 The Manager then received a letter from the student complaining about his teacher saying:

 Dear Manager,
 I am writing this letter to you, because the teacher made me fail in English Composition and to let you know that I was so patient on him. Just as the camel is so patient and you obviously know that the camel is an animal of great patience, it lives in a harsh climate and Arabs name it as the ship of desert because it can survive for days and weeks without food or drinks and withstand the travel. Arabs like Camels and they utilize them for etc, etc.....

 偏執狂
 英語の教師が、一人の生徒についての不満を大学の管理主任に述べていた。
「この生徒にはウンザリです。まともな英語の論文が一枚も書けないんです」と訴えるので、管理主任は「え?彼は英語を正しく書くことが出来ないということですか?」と尋ねた。
「英語は正しく書けるのですが、問題はその内容です。どんな論文でも必ずラクダのことにつなげてくるんです。ここの彼の論文が幾つか有りますから、ご覧になって下さい」と、教師は問題の生徒の論文を管理主任に見せた。

 論文1:農業
 農業は近代生活に欠くことが出来ない最も重要な産業であり、それは人間にとっても動物にとってもである。動物でも特にラクダについては農業に深い関わりがある。ラクダは非常に忍耐強い動物であり、厳しい気候の中で暮らしアラブ人はラクダを「砂漠の舟」と名付けている。なぜならラクダは飲まず喰わずでも何日も、何週間も旅行を続けながら生きることが出来るからだ。アラブ人はラクダが大好きで、こんなことにも、あんなことにもラクダを使う。例えば。。。。

 論文2:現代建築
 昨今の建築は以前よりずっと進歩している。しかしアラブ人はラクダを飼育し、砂漠のテントで暮らし、あちこちと移動する。ラクダは非常に忍耐強い動物であり、厳しい気候の中で暮らしアラブ人はラクダを「砂漠の舟」と名付けている。なぜならラクダは飲まず喰わずでも何日も、何週間も旅行を続けながら生きることが出来るからだ。アラブ人はラクダが大好きで、こんなことにも、あんなことにもラクダを使う。例えば。。。。

 論文3:宇宙科学
 偉大なる神を称えよ!神が広大な宇宙と星を創造したのだ。人類は科学の進歩により今日では幾つかの惑星に到達したが、アラブ人はラクダを使って惑星に旅行する方法を探している。我々が知っての通りラクダは非常に忍耐強い動物であり、厳しい気候の中で暮らしアラブ人はラクダを「砂漠の舟」と名付けている。なぜならラクダは飲まず喰わずでも何日も、何週間も旅行を続けながら生きることが出来るからだ。アラブ人はラクダが大好きで、こんなことにも、あんなことにもラクダを使う。例えば。。。。

 論文4:自動車
 自動車は、重要な運送手段の一つとして我々の毎日の生活に欠くことが出来ない。しかしアラブ人は車よりラクダを好む。ラクダは非常に忍耐強い動物であり、厳しい気候の中で暮らすので、アラブ人はラクダを「砂漠の舟」と名付けている。なぜならラクダは飲まず喰わずでも何日も、何週間も旅行を続けながら生きることが出来るからだ。アラブ人はラクダが大好きで、こんなことにも、あんなことにもラクダを使う。例えば。。。。

 実はこの管理主任はその後、この問題の生徒からも不満を訴える手紙を受け取った。

 親愛なる大学管理主任殿
 私は担当の英語教師が英語の作文試験を不合格にしたことに、大いなる不満を持ちつつも我慢しているということをお伝えするために、この手紙を書きました。私はラクダと同じように辛抱強いのです。ご存じの通りラクダは非常に忍耐強い動物であり、厳しい気候の中で暮らしアラブ人はラクダを「砂漠の舟」と名付けている。なぜならラクダは飲まず喰わずでも何日も、何週間も旅行を続けながら生きることが出来るからだ。アラブ人はラクダが大好きで、こんなことにも、あんなことにもラクダを使う。例えば。。。。


10-37 Nebraska State University
Q1: How many Nebraska State University freshmen does it take to change a light bulb?
A1: None, it's a sophomore course.

Q2: What did a Nebraska State University graduate say to a Nebraska State University student?
A2: "Welcome to McDonald's. May I take your order, please?"

Q3 Why do Nebraska State University graduates keep their diplomas on their dashboards?
A3: So they can park in handicap spaces.

Q4: How can you tell when there's been a Nebraska State University student in your backyard?
A4: The garbage is gone and your dog's pregnant.

 ネブラスカ州立大学
Q1:電球一個を取り替えるのに、何人のネブラスカ州立大学一年生が必要か?
A1:一年生には出来ない。何故なら電球の取り替え方は大学二年生からの授業で教えるから。

Q2:ネブラスカ州立大学卒業生は、在校生にどう呼びかけるか?
A2:「いらっしゃいませ、マクドナルドへようこそ。何を差し上げましょうか?」
ネブラスカ州立大学は卒業してもマクドナルドの店員程度の仕事しかない、ということ。

Q3:何故ネブラスカ州立大学卒業生は卒業証書を、車のダッシュボードに入れておくのでしょうか?
A3:それがあれば身障者用スペースに車を停められるからです。

Q4:あなたの家の裏に住んでいるのは、ネブラスカ州立大学の学生だということがなぜわかるのですか?
A4:あなたが出したゴミはなくなっているし、飼い犬が妊娠してしまうからです。
そんなにネブラスカ州立大学は程度が低いんでしょうかね?


10-38 Movie theatre
 A
college student went to a movie theatre and asked a clerk at the ticket booth how much the fee was.
"1,200 yen for a student," the clerk said.
" I only have 600 yen. I promise I will watch the movie with one eye closed. Please cut down the fee to 600 yen."
The clerk smiled at him, "Well, you can see the moviefree if you close both your eyes."

 映画館
 映画を見ようとした大学生が窓口で料金を尋ねた。
「学生1人ですね。1,200円です」と切符売りが答えた。
「僕、600円しか持ってないのです。ずっと片目だけで見ていますから600円にまけて下さい」と言うと、切符売りがにっこり笑いながら答えた。
「そういうことならタダでいいですよ。でもずっと両目をつぶっていて下さいね。」


10-39 Look out the window!
 
A student was going over to pick up his girlfriend at her parent's house.
He had never met the parents before, and was hoping to make a good impression.
So this young man of high school age rang the doorbell and was met by the girl's father.
He introduced himself and was invited inside.
The girl and her mother appeared and the four of them were doing the routine of standing inside the doorway talking just before the boy and the girl were to go out on their date.
As they were standing there conversing, the boy glanced down and, much to his embarrassment, he realized that his fly was down.
Not knowing what to do, the boy blurted out, "Look out the window!"
He didn't even look out first himself, he just quickly said, "Look out the window!"
They all turned their heads and the boy rapidly zipped his pants up.
The girl and her parents turned back from the window and looked at him with sour looks of distaste on their faces.
Confused, the boy looked out the window.
What he saw was two dogs screwing in the front yard.

 窓の外を見て!
 高校生がガールフレンドをデートに誘い、両親と住んでいる彼女の家に迎えに行った。
彼は彼女の両親と会うのは始めてなので、良い印象を与えたいものだと願っていた。
さてこの高校生が彼女の家のドアベルを鳴らすと、彼女の父親が顔を出した。
彼が自分の名前を告げると、彼女の父親は彼を家の中に招き入れた。
そこに彼女と彼女の母親がやって来て、若い二人がデートに行く前に、四人で玄関の近くの廊下で立ったまま少しお喋りをするという、お定まりのコースになった。
立ってお喋りをしている間に、この高校生が何気なく目線を下げると、恥ずかしいことに、何と自分のズボンのジッパーが開いたままなのに気付いた。
どうやって対処してよいかわからず、彼は思わず「窓の外を見て!」と言ってしまった。
窓の外など全然見ていないくせに、彼は再び「窓の外を見て!」と急かせた。
彼女と両親は窓の方へ顔の向きを変えたので、彼は大急ぎでジッパーを上げてズボンの前を閉じた。
自分の方へ振り返った三人の表情は明らかに不快感が漂っていたので、彼は慌てて窓の外を眺めた。
彼の目に映ったのは裏庭で交尾している二匹の犬の姿だった。
デートの直前に「見て!見て!」と交尾最中の犬を見させるようでは、
こんなさかりのついた男に、娘の両親がいい顔などするはず有りませんよね。

10-40 Geography Class
Teacher: What is the axis of the earth?

Student: The axis of the earth is an imaginary line which passes from one poleto the other, and on which the earth revolves.
Teacher: Very good. Now, could you hang clothes on that line?
Student: Yes, Sir.
Teacher: Really? What sort of clothes?
Student: Imaginary clothes, Sir.

 地理の授業
先生:地球の軸(地軸)とは、どういうものですか?
生徒:地軸とは北極と南極を結ぶ仮想上の線のことで、その軸に沿って地球が回転すると考えられています。
先生:大変よろしい。ところで、その線の上に洋服を洗って干せると思いますか?
生徒:はい、先生。
先生:本当に?どんな種類の洋服ですか?
生徒:仮想上の洋服です。

#10-1〜1011〜2021〜30・31〜40


*  
*