●Kazさんのページ

#12.Doctor


#12-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜50・51〜6061〜7071〜8081〜9091〜100


12-41 Viagra
 A
woman walks into her sex therapist's office and tells her that her husband is not a very good lover, and they never have sex anymore, and asks what to do about it.
The therapist tells her that she has a new drug called Viagra that might do the trick.
She tells the woman to give her husband one pill that night and come back in the morning and tell her what happened.
The next day, the woman comes in ecstatic telling the therapist that the Viagra worked and she and her husband had the best sex ever.
She asks her therapist what would happen if she gave her husband two pills and the therapist says she doesn't know, but to go ahead and try it.
The next day, the same thing happens, the woman comes in telling the therapist that the sex was even better than the night before and what would happen if she gave him five pills.
The therapist says she doesn't know, but to go ahead and try it.
The next day, the woman comes in limp but happy, and tells the therapist that the sex just keeps getting better and what would happen if she gave her husband the rest of the bottle.
The therapist says she doesn't know; it's a new drug and she doesn't know what a full bottle could do to a person.
Anyway, the woman leaves the therapist's office and puts t he rest of the bottle of pills in the husband's morning coffee.
A week later, a boy walks into the therapist's office and says: "Are you the moron who gave my mother a bottle of Viagra?"
"Why, yes, young man, I did. Why?"
"Well, mom's dead, my sister's pregnant, my ass hurts, and dad's sitting' in the corner going "Here, kitty, kitty, kitty..."
 バイアグラ
 一人の女性がセックスカウンセラーの所へやって来て、彼女の夫はセックスが下手くそで夫婦の性生活はずっとなされていないと告白し、何か良い対策はないかと相談した。
カウンセラーは、バイアグラと呼ばれる新薬が効くかもしれないと提案した。今晩一粒ご主人に飲ませてみて、その結果 を明朝報告してほしいと処方箋を書いた。
翌日その女性が興奮した表情でカウンセラーの所へやって来て、「バイアグラは確かに効きました。昨晩の夫との営みは、今までのセックスの中で最高でした。
バイアグラを二粒に増やしたいと思いますが、大丈夫でしょうか?」と言った。
カウンセラーは「わかりませんが、試してみる価値はあると思います」と答えた。
翌日、昨日同様興奮してカウンセラーのところにやってきた女性は、「昨晩はその前の時より、もっと良かったですわ。次は五粒に増やしてみたいと思っていますが、どうでしょうか?」と聞いた。
カウンセラーは「わかりませんが、試してみる価値はあると思います」と答えた。
その翌日ゲッソリした表情で、がに股気味で現れた女性は「薬を増やすほど、ますます良くなります。いっそ薬瓶の残りを全て夫に飲ませてみようと思いますが、どうでしょうか?」と尋ねた。
「これは新薬ですですので、そんなに一度に大量に服用するとどうなるか、未だ誰も分かっていません」と、カウンセラーは答えた。
ともかくその女性はカウンセラーの診療所を後にし、その日夫が飲むコーヒーの中に、薬瓶に残っていたバイアグラ全てを入れて飲ませた。
一週間後、一人の少年がカウンセラーの診療所にやって来て尋ねた。
「あなたが、私の母にバイアグラの薬瓶を渡したバカ医者かい?」
「え?坊や、なぜ、そんなことを聞くの?確かにバイアグラは渡したけれど…」とカウンセラーは聞いた。
「僕のママは悶絶しました。僕のお姉ちゃんはパパに妊娠させられるし、僕のお尻は焼ける程ヒリヒリしているし、パパは部屋の隅にうずくまってペットの雌猫に『可愛い子猫ちゃん、猫ちゃん、ここへお出で』と、声をかけて襲いかかろうとしているんですよ!」

12-42 How do I look?
 Y
ou've been guilty of looking at others your own age and thinking, "Surely I can't look that old?"
I was sitting in the waiting room for my first appointment with a new dentist. I noticed his DDS diploma, which bore his full name. Suddenly, I remembered a tall, handsome, dark-haired boy with the same name had been in my high school class some 40 odd years ago. Could he be the same guy that I had a secret crush on, way back then? Upon seeing him, however, I quickly discarded any such thought. This balding, gray-haired man with deeply lined face was way too old to have been my classmate. Hmmmmm... Or could he? After the examined my teeth, I asked him if he had attended Morgan Park High School.
"Yes. Yes, I did," he gleamed with pride.
"When did you graduate?" I asked.
He answered, "In 1969. Why do you ask?"
"You were in my class," I exclaimed.
He looked at me closely. Then, that ugly, old wrinkled son-of-a-bitch asked, "What did you teach?"
 私、どういう風に見える?
 自分と同年代の人を見て「自分はこんなに老けて見えるわけない」、と思うことは罪だろうか?
私は初めて行く歯医者さんに第一回目の予約を取り、待合室に座って待っていた。そしてそこに掲げられたDDS(Doctor of Dental Science:歯科医)終了証書に書かれている歯医者のフルネームを読んで、突然40年以上前高校の同じクラスにいた、同じ名前の背が高いハンサムで黒髪の少年の名を思い出した。私がずっと以前に秘かに心を寄せていた、あの男の人と彼は同一人物なのだろうか?しかし実際に彼を見ると私はそんな考えを直ぐに捨て去ってしまった。顔に深い皺があって禿げかかった白髪のこの男は、私の同級生にしては年を取り過ぎている。う〜ん、でも、もしかして彼のような気もする。歯の診察が終わったとき、私は彼に尋ねてみた。「モーガン・パーク高校にいました?」
すると彼は「えぇ、えぇ、その高校に通っていました」と、誇らしげに目を輝かせて答えた。
「いつ卒業なさったんですか?」と私が尋ねると、彼は「1969年です。でも、どうしてそんなこと聞くのですか?」と彼は言った。
「あなた、私のクラスにいたでしょ〜!」と、私は大きな声で叫んだ。
すると彼は私をじっくりと見つめました。そして、醜い、年取った皺だらけのあのバカは、私にこう聞いたのだった。「あなたは何の教科を教えていらしたんでしたっけ?」
同級生なのに、先生と間違えられるなんて…
こんな皺くちゃの老いぼれ爺に、女性である私の方が年上だなんて思われるなんて、ショック!

12-43 Final Payment
 H
aving made a miraculous recovery from a life-threatening illness, a grateful patient shook his doctor's hand and said, "Thank you for saving my life! Since we are best friends, I do not want to insult you by offering payment. But I'd just like you to know that I have mentioned you in my will."
"That is so kind of you," said the doctor tearfully, and then after a pause added, "Could you give me back that prescription I just gave you for a second? I'd like to make a little change..."
 最後の支払い
 命にかかわる病気から奇跡的に回復した患者が、医者の手を取り、感謝の気持ちを込めて言った。
「命を助けてくれて本当にありがとう!僕たちは親友だから、お金を支払うことで君の気持ちを損ねるようなつもりはないんだけど、実は遺言書に君へ渡すべき分については、ちゃんと書いておいたんだ」
「それは、どうもご親切に」と医者は涙を浮かべて礼を言った。そして少し間をおいてから、こう付け加えた。「ところで、さっき渡した処方箋を返してくれる?やっぱり少し変えたいから…」
「お金を遺贈される」ことがわかった医者は、
せっかく回復したこの患者の処方箋に毒を盛るつもりなんでしょうかね?

12-44 Ask them to undress
 A
lawyer was constantly annoyed at dinner parties when guests asked him for free legal advice.
He asked a doctor if he had the same experience. "Oh, yes," replied the doctor.
"How do you squelch them ?" asked the lawyer.
"I have found a perfect method. When they begin to describe their ailments, I ask them to undress," said the doctor.
 裸になって見せて下さい
 ディナーパーティでたまたま一緒になった人が、いつも無料で法律相談を持ちかけることに辟易していた弁護士が、医者に「あなたも無料相談されて困りませんか?」と尋ねた。
「いやぁ、まさしくその通りなんですよ」と医者が答えたものだから、「どうやってそういう図々しい連中を追い払うんですか?」と弁護士が聞いた。
「絶対間違いなく効くやり方を見つけたんですよ。相談してきた連中が自分の病状について説明し始めたら、いつもこう言ってやるんです。『わかりました。じゃ裸になって見せて下さい。』ってね」

12-45 Test results
 A
man suspected of pestilence was lying in bed with a mask over his mouth.
A young nurse appeared to sponge his face and hands.
"Nurse," he mumbled from behind the mask, "Are my testicles black?"
Embarrassed the young nurse replied, "I don't know sir. I only come here to wash your face and hands."
He asked again, "Nurse, Are my testicles black?"
Again the nurse replied, "I can't tell. I'm only here to wash your face and hands."

 The Head Nurse was just passing and saw the man getting a little distraught so she marched over to inquire what was wrong.
"Nurse," the man mumbled, "Are my testicles black?"
Being a nurse of long-standing, the Head Nurse was undaunted and whipped back the bedclothes, pulled down his pajama trousers, moved his penis out of the way, had a right good look, pulled up his pajamas, replaced the bedclothes and announced, "Nothing wrong with your testicles!!!"
At this the man pulled off his mask and yelled at her, "I SAID....'Are my TESTS RESULTS BACK ?' "

 検査結果
 伝染病感染の疑いがある男が、口にマスクをしてベッドの上に横たわっていた。
この男の顔と手を濡れたスポンジで拭くために、若い看護婦が病室にやって来た。
男はマスクをかけたまま「看護婦さん、僕の睾丸は黒いかね?(Are my testicles black?)」と、もごもごした口調で尋ねた。
露骨な質問に驚いた若い看護婦は、「わかりません。私はあなたの顔を手を拭くためにここに来ただけですから」と答えた。
「看護婦さん、僕の睾丸は黒いかね?」と再びこの男が聞くものだから、看護婦も「知るわけないでしょ!私はあなたの顔を手を拭くためだけに、にここに来たのですから」と同じ様に答えた。

 偶然看護婦長がこの場所を通りかかり、男がうちひしがれているのを見て、彼が寝ているベッドまで足を運ぶと、「何か問題があるのですか?」と患者に聞いた。
「看護婦さん」と、男はマスク越しに口ごもりながら、「僕の睾丸は黒いかね?」と同じ質問をした。
看護婦経験が長い婦長はこんなことにはびくともせずに、ベッドカバーをまくり上げ、患者のパジャマのズボンを下げて男のペニスを引っ張りだすと、しっかり眺めてからパジャマを元に戻し、ベッドカバーを掛け直してからハッキリした口調で告げた。「あなたの睾丸は、何の問題もありませんよ!」
これを聞いた男は、マスクを外してから大声で婦長にまくしたてた。「僕は、検査結果は戻ってきたかね?(Are my tests result back?)、って聞いていたんだけど…」


12-46 Good News to All Smokers
 T
he International Tobacco Corporation, on its 50th Anniversary, wishes to invite smokers of all ages to join in its biggest anniversary draw, where every smoker is a sure winner!
All smokers have the chance of winning the following major prizes.

Grand Prizes: Lung cancer, Bronchitis, Cerebral hemorrhage,
Second Prizes: Asthma, Meningitis, Migraine
Third Prizes: Tuberculosis, Arteriosclerosis, Rheumatism,
You can also have a chance to win consolation prizes such as: Stained Teeth, Appetite loss, and Swelled gums.

Join now!!!
Remember that the more sticks you puff, the more chances of easy winning.
Fabulous prizes await you!!!
See your X-Ray result for more details!!!

 喫煙者に良い知らせ
 国際煙草会社が創立50周年を記念して、あらゆる年齢層の喫煙者全てを、下記の豪華賞品が当たる抽選にご招待いたします。
外れ籤はありませんので奮ってご参加下さい。

一等賞:肺ガン、気管支炎、脳溢血
二等賞:喘息、髄膜炎、偏頭痛
三等賞:結核、動脈硬化、リューマチ
残念賞:ヤニで汚れた歯、食欲不振、歯茎のふくらみ

今すぐ応募手続きを!
煙草を吸えば吸うほど、賞品に当たる確率が高くなります。
素晴らしい賞品があなたをお待ちしています!
詳細はご自身のX線検査結果でお確かめ下さい!

喫煙者に良い知らせ!と言いながら、実際は禁煙キャンペーンになっています。

12-47 Misconceptions
(1)
Patient: Doctor, I've heard that cardiovascular exercise can prolong life. Is this true?
Doctor: Your heart is only good for so many beats and that's it. Don't waste them on exercise. Everything wears out eventually. Speeding up your heart will not make you live longer; that's like saying you can extend the life of your car by driving it faster. If you want to live longer, take a nap.

(2)
Patient: Should I reduce my alcohol intake?
Doctor: No, not at all. Wine is made from fruit. Brandy is distilled wine. That means they take the water out of the fruity bit so you get even more of the goodness that way. Beer is also made out of grain. Bottoms up!

(3)
Patient: Is swimming good for your figure?
Doctor: If swimming is good for your figure, explain whales to me.

 誤解
(1)
患者:先生、心臓血管を高める運動をすると、寿命を長くすることが出来ると聞きましたが、本当でしょうか?
医者:心臓は一生で限られた脈拍数しか鼓動しません。ただそれだけですから、運動で無駄な負担を心臓にかける必要はありません。どんなものでも、やがては寿命が訪れます。心臓の鼓動を速くすることは寿命を延ばすことには結びつきません。ちょうど自動車を高速で運転すれば、車の耐用年数が長くなると言っているようなものです。もしあなたが長生きしたいのなら、(心臓に負荷をかけるより)昼寝をして心臓を休めた方がよいでしょう。

(2)
患者:アルコール摂取を控えるべきでしょうか?
医者:その必要は全くありません。ワインは果物が原料ですし、ブランデーはワインを蒸留したものです。ということは、お酒を飲むと言うことはフルーツの水分を摂っているということで、酒を飲むことは健康に良いということです。ビールだって穀物からつくられますから、気にせず酒をどんどん飲みましょう!

(3)
患者:水泳をすると身体が引き締まりますか?
医者:水泳はシェープアップに良いですかって?じゃ、鯨の姿を見てどう思います?

もちろんジョークの世界の話ですので、本気にしないように。(^_-)

12-48 Involuntary
 S
onia enrolled in a nursing school and was attending an anatomy class.
The subject of the day was "involuntary muscles."
The instructor, hoping to perk up the students a bit, asked Sonia if she knew what her asshole does when she has an orgasm.
"Sure!!" Sonia said, "He's at home taking care of our kids."

 不随意筋肉
 ソニアは看護学校に入学し、解剖学の講義を受けていた。
その日の講義の主題は「不随意筋肉」だったので、講師が生徒達の緊張をほぐしてリラックスさせるために、「君が
セックスでエクスタシーを感じている時、肛門(asshole)はどういう状態になるか知っているかね?」とソニアに質問した。
「もちろんですわ」、とソニアは答えた。「そいつは家で私達の子供の面倒をみていますよ」

Assholeは(1)肛門、(2)大馬鹿野郎という二つの意味があります。
ソニアは「自分が(他の男性とセックスをして)エクスタシーを感じている時、
うちの大馬鹿野郎(=亭主)は家で自分達の子供の面倒をみていますよ」と、思わず答えてしまったのです。
もちろん看護学校の講師が期待した答えは、
「セックスの絶頂時、不随意筋である肛門はどういう反応をするか?」ということだったのですが…

12-49 You're in perfect health
 
"Doctor," a patient said, "I have a sexual problem. I can't get it up for my wife anymore."
"Mr. Thomas, bring her back with you tomorrow and let me see what I can do."
The next day, the worried fellow returned with his wife.
"Take off your clothes, Mrs. Thomas," the doctor said.
"Now turn all the way around. Lie down please. Uh-huh, I see. Okay, you may put your clothes on."
The doctor took the husband aside. "You're in perfect health," he said.
"Your wife didn't give me an erection either."

 あなたの健康状態は問題ありません
 「先生、私には性的悩みがあるんです。妻を見ても、ちっともその気にならなくなってしまったんです」と、患者が打ち明けた。
「トーマスさん、奥さんと一緒に明日もう一度ここに来て下さい。診察してからどう処置するか、私に任せて下さい」と医者が言うので、翌日悩みを抱えた男は妻を伴って再び病院を訪れた。
「トーマス夫人、着ている服を脱いでいただけませんか?」と医者は言った。
「裸のまま、こちらを向いて下さい。それから、このベッドの上に寝て下さい。はい、そうです。ああ、なるほど。結構です。服を着て下さい」と言ってから、医者は夫を別室に連れ出して行った。
「あなたの健康状態は問題ありません。私もあなたの奥さんの裸を見ましたが、下半身が全く反応せず、その気になりませんでしたからねぇ…」


12-50 VD chain
 
"Doc, I think my son has VD," a patient told his urologist on the phone. "He has screwed our maid."
"Okay, don't be hard on him. He's just a kid," he doctor soothed.
"Get him in here right away and I'll take care of him."
"But I've been screwing the maid too, and I've got the same symptoms he has."
"Then you come in with him and I'll fix you both up," replied the doctor.
"Well," the man admitted, "I think my wife has it too."
"Oh crap!" the doctor roared. "That means we've all got it!"

 性病蔓延
 「先生、私の息子が性病に罹っています。息子はうちのメイドと肉体関係を持ったからです」と、泌尿器科医にかかってきた電話で彼の患者である男が訴えた。
「わかりました。息子さんはまだ子供なのですから、あまり厳しく叱らないように」と、泌尿器科医は男をなだめた。
そして「すぐに息子さんを私のところに寄越して下さい。手当をしましょう」と言うと、男は「実は、私もこのメイドと肉体関係を持ってしまったので、息子と同じ症状が出ているんですよ」と告白した。
「そういうことなら、あなたも息子さんと一緒にいらっしゃい。二人とも治療しましょう」と医者が勧めると、「それが…その…つまり私のワイフにも移ってしまってね」と、男が白状した。
「なんてこった!」と泌尿科医は大声を出した。「ということは、私を含めて皆同じ症状が出るんだ!」

ということは、
この泌尿科医と電話をかけてきた男の奥さんとは不倫関係にあるのですね。

#12-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜50・51〜6061〜7071〜8081〜9091〜100


*  
*