●Kazさんのページ

#12.Doctor


#12-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜50・51〜60・61〜7071〜8081〜90


12-51 A call to a vet
 T
here's a phone call to a vet from a man.
Man on the phone: "My mother-in-law will come to you with an old dog. Please give an injection of the most powerful poison that saves from sufferings and leads to immediate death."
Vet: "Ok, but will the dog find the way home?"

 獣医への電話
 獣医に男の声で電話がかかってきた。
電話の主:「私の義理の母が、そちらへ老犬を一匹連れていきます。苦しみから救うために一発で即死する強力な毒薬を注射して下さい」
獣医:「わかりました、でもその犬は自分の家まで迷わずに戻れますかね?」

毒薬注射は犬に施すのか、それとも電話の主の義理の母に施すのか、どちらなんでしょうね?

12-52 According to their menus
Y
oung doctor: Why do you always ask your patients what they have for dinner?
Old doctor: It's most important question, because I make out my bills according to their menus.

 食事のメニューに従って
 若い医者:「先生はどうして毎回患者に、夕食のメニュー内容を尋ねるんですか?」
年長の医者:「それが一番大切な質問だからさ。その食事のメニュー内容にしたがって請求書金額を考えるんだ」


12-53 Really bad day
 U
pon arriving home in eager anticipation of a leisurely evening, the husband was met at the door by his sobbing wife.
Tearfully she explained, "It's the druggist. He insulted me terribly this morning on the phone."
Immediately the husband drove downtown to accost the druggist and demand an apology.

 Before he could say more than a word or two, the druggist told him, "Now, just a minute. Listen to my side of it. This morning the alarm failed to go off, so I was late getting up. I went without breakfast and hurried out to the car, but I'll be damned if I didn't lock the house with both house and car keys inside. I had to break a window to get my keys. Driving a little too fast, I got a speeding ticket. Then, about three blocks from the store I had a flat tire. When I finally got to the store there was a bunch of people waiting for me to open up. I got the store opened and started waiting on these people and all the time that damn phone was ringing. Then I had to break a roll of nickels against the cash register drawer to make change, and they spilled all over the floor. I got down on my hands and knees to pick up the nickels. The phone was still ringing. When I stood up, I bumped my head onto the open cash drawer, which made me stagger back against a showcase with a bunch of perfume bottles on it and half of them hit the floor and broke. The crazy phone was still ringing with no let up and I finally got back to answer it. It was your wife(!) She wanted to know how to use a rectal thermometer. And Mister, you can understand why I told her 'FUCK YOU!' "

 全くついていない日
 ゆったりくつろいで夜を過ごしたいと家に戻ってきた夫は、泣きじゃくっている妻に玄関で迎えられた。
彼女は涙を流しながら、「薬局の主人が悪いのよ。今朝電話で私のことをひどい言葉で侮辱したの」と説明した。
その言葉を聞くや否や夫はすぐに町へ車を飛ばし、薬局の主人に会うなり謝罪を要求した。

 夫が次の言葉を言う前に、薬局の主人は「ちょっと待って下さい。最初に、私の話を最初に聞いてからにして下さい。まず今朝は目覚まし時計が鳴らずいつもより遅く起床したため、朝食抜きで出勤のため慌てて車を出さねばなりませんでした。ところが忌々しいことに、車の鍵と家の鍵を家の中に忘れたまま玄関のドアをバタンとロックして表へ出てしまったのです。鍵を取るために仕方なく窓ガラスを外側から壊して、家の中に入らねばなりませんでした。いつもより車を急がせたて運転したため、途中でスピード違反の切符を切られてしまいました。さらに自分の店の三ブロック手前で、車のタイヤがパンクしてしまう始末です。ようやく薬局の前にたどり着くと、店の前には既にお客さん達が列を作って、店が開くのを待っている状態でした。店の鍵を開けて、並んでいたお客様に順番に対応している間中、店の電話は鳴り放しだったんです。お釣用の小銭がなくなったので、まとまって包まれた新しい小銭の束を破って小銭を金銭レジスターに移そうとしたら、その小銭がバーっと床の上にこぼれて撒き散らされてしまいました。私が身を屈め、四つん這いになって小銭を拾い集めている間もずっと忌々しい電話は鳴り続けていました。ようやく全ての小銭を拾い集めて立ち上がった瞬間、私は金銭レジスターから飛び出ていた金銭収納用の引き出しに、いやと言うほど頭をぶつけてしまいました。頭がボーっとして思わずフラフラっと後ずさりしたため、私の身体が香水の瓶が沢山入っていたガラスのショーケースに当たってしまい、香水の瓶の半分が床に転げ落ちて割れてしまいました。それでも気違い電話は諦めずに鳴り続けるので、仕方なく私は受話器を取り上げました。それがあなたの奥さんだったのですよ。彼女が何と言ったと思います?『ねぇ、体温計はどうやって使うの?』ですよ。ですからね、ご主人、私が彼女に『くそったれ!』と怒鳴った気持ちは、わかってもらえるでしょう?」


12-54 Side effects
 A
woman who was seeing a doctor for a rare skin ailment was prescribed male hormones for her condition.
She was a little worried about some of the side effects she was experiencing.
"Doctor, the hormones you've been giving me have really helped, but I'm afraid you're giving me too much. I've started growing hair in places that I've never grown hair before." She said.
The doctor reassuredher.
"A little hair growth is a perfectly normal side effect of testosterone. Just where has this hair appeared?"
"On my balls."

 副作用
 珍しい皮膚病の治療のため医者に通っている女性がいた。
医者は男性ホルモンを投与することで、皮膚病を治すことにした。
彼女は治療に使われている男性ホルモンの副作用について、少々気になることがあった。
「先生、ホルモンのおかげで皮膚は直っているんですが、投与ホルモンの量が多過ぎませんか?私、今まで毛が生えていなかった場所にまで毛が生えるようになってきているんです」
「多少毛が生えてくる現象は、男性ホルモン投与における極めて自然な副作用で、気になさることはありません」と医者は言って聞かせ、「で、どの部分に生えだした毛が気になるんですか?」と尋ねた。
彼女は「実は、私の睾丸に生えだした毛なんですけど…」

女性に睾丸が出来るほど多量の男性ホルモンを投与していたのですね。

12-55 Gynecologist assistant
 N
athan, an out-of-work young guy, is walking down when he sees a notice in thewindow of a local shop.
The notice says: Wanted - Assistant for well- known gynecologist. $3,000 per week, details available from Minky's Surgery.
This interests Nathan and he goes immediately to Minky's Surgery.
He walks over to a receptionist and quietly says, "I'm interested in the position advertised for agynecologist's assistant. Can you tell me what this assistant would have to do?"
"Well," replies the receptionist, "the role is quite a straight forward one. You just need to get the women ready for an examination by the gynecologist."
"And what does that entail?" asks Nathan.
"For each lady," replies the receptionist, "you have to help her undress and get her out of her underwear. Then you have to lay her down gently on the bed and thoroughly wash her private region. You must then apply some shaving foam, gently shave off her pubic hair, and finish by massaging in some soothing aromatic lavender oil. When you finish that, she is ready for the gynecologist to examine."
"How do I apply?" asks Nathan excitedly.
"Now you have to go to the Delaware Street for that," the receptionist replies.
"But that street is a mile away," says Nathan.
"Why do I have to go there? Is that where the job is based?"
"No," replies the receptionist.
"That's where the end of the line of applicants is."

 産婦人科助手
 失業中のネイサンが道を歩いていると、商店の窓に「有名産婦人科で産婦人科助手募集中。週休3,000ドル。詳細はミンキー外科医院に問合せのこと」という広告が、掲げられているのが目に入った。
ネイサンはこの広告にいたく興味を覚え、早速ミンキー外科医院に足を運んだ。
同病院の受付係に「私は広告に出ていた産婦人科助手募集に、応募したいのですが、どういう仕事をしなければならないか、説明していただけますか?」と、静かな口調で問いかけた。
「わかりました。仕事の内容は極めてわかりやすいものです。助手の役割は、産婦人科医の検査を受ける女性の準備を手伝うことです」、と受付係が話し始めた。
「具体的にはどういう手伝いをするのですか?」とネイサンが尋ねると、「検査を受ける女性の洋服と下着を脱がせます。それから裸になった女性を診療ベッドの上に優しく横たわらせて、彼女の陰部をきれいに洗います。その後に彼女の陰毛に石けんをつけて、丁寧にそり落とします。最後につるつるになった箇所にラベンダーオイルを塗って、マッサージをします。助手がこの作業を終えてから、産婦人科医が検査を始めます」と、受付係は詳しく説明した。
「どうやったら、この仕事に応募出来るのですか?」と、ネイサンは興奮して尋ねた。
「応募者は今からデラウエア通りに行かねばなりません」と受付係が答えたので、「でもその通りはここから1マイル先じゃありませんか。何故そこに行かなければならないんですか?そのデラウエア通りが働く場所なんですか?」とネイサンが尋ねると、受付係が言った。
「いいえ、そこが応募者の列の最後尾地点だからですよ」

病院から1マイル先まで、応募者が列をなして並んでいるということです。
そりゃやって来る女性を裸にして、ベッドに寝かせてマッサージして週休3,000ドルもらえるんですからねぇ…。

12-56 Playing soccer
 A
man went to doctor.
"Doctor, every night in my dream I am playing soccer."
The doctor said, "Take these pills, they will help you sleep better."
The man replied, "No, I can't take them tonight. Tonight is the final game."

 サッカー選手
 「先生、毎晩私は夢の中でサッカー選手になってうなされるんです」と、患者が訴えた。
「この薬を飲めば夢も見ずに、ぐっすり眠れますよ」と医者が言うと、患者は「ダメです、今晩は飲めません。だって今晩は決勝戦なのですから…」


12-57 Schizophrenia
 L
ionel has been seeing Dr. Myers, his psychiatrist, for some weeks now for his schizophrenia and eventually receives an invoice for the first month's treatment.
But when he reads it, he is shocked - it's for $1,000.
He immediately phones Dr. Myers.
"Doctor," Lionel says, "I've just got your bill for $1,000. I thought you told me your charge is $500 per month."
"But Lionel," replies Dr. Myers, "It is $500 per month for each character. Don't forget."

 精神分裂病
 ライオネルは精神分裂病の治療のため、マイヤーズ医師の治療を何週間も受け続けていた。
最初のひと月が経過した時、医師から1,000ドルの請求書を受け取ったのでライオネルはショックを受けて、直ぐにマイヤーズ医師に電話をかけた。
「先生、あなたから1,000ドルの請求書が届きました。確か治療費は一ヶ月500ドルのはずでしたよね?」と聞くと、医師は「ライオネル、一ヶ月500ドルというのは一人の性格についての治療費だよ。忘れてもらっちゃ困るね」

「君は精神分裂症で異なった性格を示すのから、治療費は二人分請求した」と、
マイヤーズ医師は主張しているのです。

12-58 Inferiority complex
 M
onty goes to see Dr. Jones.
"How can I help you?" asks Dr. Jones.
"I've not come about myself, it's about my wife Renee," replies Monty.
"So what's the matter with Renee?" asks Dr. Jones.
"Over the last few weeks, Renee has begun exhibiting signs of developing an inferiority complex," explains Monty.
"That can happen sometimes as we get older, but don't worry, I can help her," says Dr. Jones.
"Oh I didn't come to you for help in treating Renee," says Monty.
"I came here for advice on how I can keep Renee that way."

 劣等感
 モンティはジョーンズ医師の所に行き、「どこが悪いのか教えて下さい」と言われたので、「ここに来たのは私の具合が悪いからではありません。私の妻、レニーが問題なのです」と答えた。
「レニーはどこが具合悪いのですか?」と医師に聞かれて、「この数週間、レニーは劣等感を隠そうともしないんです」と、モンティは答えた。
「人は年を取ると劣等感を抱くことが、時には起こります。しかし心配はご無用です。私が彼女を立ち直らせてあげましょう」とジョーンズ医師が言うので、モンティは「私は、あなたにレニーの治療をしてくれと言うために、ここに来たのではありません」と答えて、こう付け加えた。
「私がここに来たのは、どうやったらレニーがこのまま劣等感を抱いたままの状態にさせておくか、教えて欲しかったんですよ」

夫は妻が劣等感で落ち込んだままの状態で、自分が優位性を保っていたいのです。
つまりそれ以前は、妻の尻に敷かれっぱなしで自分が優位な立場に立ったことはなかったのですね。

12-59 Illiterate
 A
man went to an eye specialist to get his eyes tested and asked, "Doctor, will I be able to read after wearing glasses?"
"Yes, of course," said the doctor, "why not!"
"Oh! How nice it would be!" said the patient with joy, "I have been illiterate for so long."

 文盲
 一人の男が眼科にやってきて、両目の視力テストを受けた。
「先生、眼鏡をかければ字が読めるようになりますか?」と男が質問したので、「もちろんですとも、読めるに決まっているじゃありませんか!」と眼科医は答えた。
「それは素晴らしい!」と患者は喜びを隠さなかった。
「私は文盲で、今までずっと字が読めなかったんですけどね」


12-60 Operation
 F
ive surgeons are discussing who makes the best patients to operate on.
The first surgeon says, "I like to see accountants on my operating table, because when you open them up, everything inside is numbered."
The second responds, "Yeah, but you should try electricians! Everything inside them is color coded."
The third surgeon says, "No, I really think librarians are the best; everything inside them is in alphabetical order."
The fourth surgeon chimes in: "You know, I like construction workers those guys always understand when you have a few parts left over at the end, and when the job takes longer than you said it would."

 But the fifth surgeon shut them all up when he observed: "You're all wrong. Politicians are the easiest to operate on. There's no guts, no heart, and no spine, and their head and butt are interchangeable, too."

 手術
 5人の外科医が、外科手術をする時どういう患者がやりやすいかという議論になった。
一番目の外科医が言った。「会計士が手術台に乗ると嬉しくなるね。彼等の身体にメスを入れると全て番号が振られているので手術しやすいんだ」
二番目の外科医が続ける。「そうかもしれない。でも電気技師を手術したことあるかい?身体の中は全て色分けのコードになっているので手術が楽だぜ」
三番目の外科医は、「いや、図書館の司書の方が最高だと思うね。連中の臓器は総てアルファベット順に並んでいるし…」
四番目の外科医が異議を唱える。「いや、それよりも建設労働者の方がいいね。この連中は手術で多少切り取りすぎたって、残った器官がどれとどれか、というのを理解してくれるし」

 しかし五番目の外科医の話を聞いた時、他の四人も納得せざるを得なくなった。「みんな間違ってるよ。一番手術しやすいのは政治家さ。だって根性がないだろ(=no guts:内臓がない)。それに人を思う気持ちがない(=no heart:心臓がない)。ピシっとした姿勢もないし(=no spine:背骨がない)、奴等の頭とお尻は、いつでも交換可能だもの」

#12-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜50・51〜60・61〜7071〜8081〜90


*  
*