●Kazさんのページ

#12.Doctor


#12-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜70・71〜80
81〜9091〜100

12-71 Insominiac
 A
doctor instructed his insomnia patient, "When you go to bed, count numbers from one to hundred. While counting numbers, you will naturally fall asleep."
The next day the patient came to the doctor and said that he could not count numbers until ten.
"So you fell asleep when you counted ten. That's good!" The doctor smiled at the patient.
"No, doctor, I couldn't sleep," said the patient.
"How come?" asked the doctor.
"When I started counting in bed 'one, two, three….ten,' my wife shouted at me 'Shut up!' and hit me with her pillow."

 不眠症患者
 不眠症の患者に医師が「ベッドに入ったら数を100数えて下さい。そうすれば自然に眠れます」と指示した。
翌日その患者がやって来て「先生、昨晩は10までしか数えられませんでした」と言った。
医師が「10まで数えたところで眠れたのですね?」と微笑むと、患者は「いえ、眠れませんでした」と答えた。
「え?どうしてですか?」と医者が尋
ねると、患者は「10まで数えていたら、隣の妻が『うるさい、黙れ!』って枕で私を殴ったからです」と言った。


12-72 Cataract surgery
 A
man named Dave Harper has sued St Paul's Hospital, saying that after his wife had surgery there, she lost all interest in sex.
A spokesman of the hospitalreplied: Mrs. Harper was admitted for cataract surgery.
All we did was correct her eyesight.

 白内障手術
 デーブ・ハーパーという名の男性が、聖パウロ病院を訴えた。ハーパー氏によれば彼の妻が聖パウロ病院で手術を受けて以来、セックスに全く関心を持たなくなったというのだが、同病院のスポークスマンは次の通り回答した。
「ハーパー夫人は白内障手術を受けただけです。当病院が行ったことは、単に彼女の視力を回復させただけに過ぎない」

視力が回復したハーパー夫人は、今まではぼやけていた夫の醜い顔がはっきり見えるようになったので、
それ以来セックスを拒んでいるということです。

12-73 A fear of someone under my bed
 E
ver since I was a child, I've always had a fear of someone under my bed at night.
So I went to a psychiatrist and told him I've got problems.
"Every time I go to bed I think there's somebody under it. I'm scared. I think I'm going crazy."
"Just put yourself in my hands for one year," said the psychiatrist.
"Come talk to me three times a week and we should be able to get rid of those fears."
"How much do you charge?"
"Eighty dollars per visit," replied the doctor.
"I'll sleep on it and if need, I will come back to you," I said.

 Six months later the psychiatrist met me on the street.
"Why didn't you come to see me about those fears you were having?" he asked.
"Well, Eighty bucks a visit three times a week for a year is an awful lot of money! A bartender cured me for $10. I was so happy to have saved all that money that I went and bought me a new SUV."
"Is that so!" With a bit of an attitude he said, "and how, may I ask, did a bartender cure you?"
"He told me to cut the legs off the bed - ain't nobody under there now!"

 ベッドの下に誰かが潜んでいる
 子供の頃から私は常にベッドの下に誰かが潜んでいるのではないか?という恐怖にとりつかれていた。
そこで私は精神科医を訪れて私の悩みを打ち明けた。
「先生、ベッドで眠ろうとすると、いつも誰かがベッドの下に潜んでいるような気がして怖くて仕方ないんです。そのことを考えると毎晩気が狂いそうになるんです」と打ち明けると、医者は「私に任せなさい。一年間で直してあげましょう。一週間に三回、私のところに通って話を聞かせて下さい。そうすればその恐怖心を取り除くことが出来ると思います」と答えた。
私が「で、先生、診療代金はいかほどでしょうか?」と聞くと、「一回の相談ごとに80ドルです」と医者が答えた。
「一晩寝て考えてみます。そして必要だと思ったら、また先生のところに相談に来ます」と私は言った。

 六ヶ月後、私はこの精神科医とバッタリ路上で顔を合わせた。
彼が「どうして私のところに、あなたの恐怖心克服の相談に来なかったんですか?」と聞いたので、私は答えた。
「一回の診療代金が80ドルで、週三回、それを一年続けるとすれば結構な金額になりますよね。でもね、バーテンダーはたった10ドルで僕のこの悩みを解決してくれたんですよ。おかげで先生に払う費用が節約出来て、それで新しいスポーツ用多目的車(SUV)を買うことが出来たんです」
「そうだったんですか?」と、いささか面白くなさそうな表情を見せた精神科医は、「で、どうやってそのバーテンダーは、あなたの恐怖心をなくす治療をしてくれたんですか?」と聞いたので、私は言ってやった。
「彼はね、ベッドの足を切れば済むことじゃないか、って言ってくれたんです。ただそれだけのことですよ」


12-74 Anesthesia
 A
lawyer was just waking up from anesthesia after surgery.
His wife was sitting by his side.
His eyes fluttered open and he said, "You're beautiful!" and then he fell asleep again.
His wife had never heard him say that so she stayed by his side.

 A couple minutes later his eyes fluttered open and he said "You'recute!"
Well, the wife was disappointed because instead of "beautiful" it was "cute."
She said "What happened to 'beautiful'?"
His reply was "The drugs are wearing off!"

 麻酔
 手術を終えた弁護士が麻酔による知覚麻痺から目覚めつつあった。
ベッドの横に座っていた妻に向かって目をぱちくりさせると、弁護士は「君は美しい!」と叫び、再び眠りに落ちた。
彼の妻は夫にそんなことを言われたことがなかったので、そのまま夫の横にずっと寄り添っていた。

 数分後に弁護士はまた目を開いて「君は可愛い!」と叫んだ。
今度は「美しい」の代わりに「可愛い」と言ったので、妻は少しがっかりして、「さっきは美しいって言ったじゃない」と夫に語りかけた。
夫は「麻酔が少しずつ切れてきたみたいだな」


12-75 Nitroglycerin
 A
28-year old male was brought into the emergency room after an attempted suicide.
The man had swallowed several nitroglycerin pills and a fifth of vodka.
When asked about the bruises about his head and chest he said that they were from him ramming himself into the wall in an attempt to make the nitroglycerin explode.

 ニトログリセリン
 自殺を試みて失敗した28歳の男性が、病院の緊急病棟へ運び込まれた。
この男はニトログリセリンを数錠飲み込み、ウオッカを5杯飲んだのだが、頭と胸に外傷が有った。
医者がその点を問うと、男は「この傷は、飲み込んだニトログリセリンを爆発させてやろうと思って、あちこちに身体をぶつけて刺激した時に出来た傷ですよ」、と答えた。


12-76 Purse(pulse?)
Patient: Am I getting better, Doc?
Doctor: I don't know. Let me feel your purse.

 財布(脈拍?)
患者:先生、私は良くなりそうですか?
医師:わかりません。まずはあなたのお財布を見させて下さい。

医者は"Let me feel your pulse"「あなたの脈(pulse)を見せて下さい」と言うべきところを、
うっかり口がすべって「財布(purse)を見せて下さい」と言ってしまったのです。
医は算術、です。

12-77 You don't have much time left
 A
man has been feeling very bad, so he goes to his doctor for a complete checkup.
Afterward, the doctor comes out with the results.
"I'm afraid I have some very bad news," the doctor says.
"You're dying, and you don't have much time left."
"Oh, that's terrible!" says the man.
"Give it to me straight, Doc. How long have I got?"
"Ten," the doctor says sadly.
"Ten?" the man asks.
"Ten what? Months? Weeks? What?"
"Nine..."

 残された時間はあまり有りません
 体調が非常に悪いと感じた男が、病院に行って全身を検査してもらった。
検査後に医者が結果を持ってこの男に告げた。
「残念ながら非常に悪いですね。あなたは死にかけています。しかも残された時間はあまり有りません」と言った。
男は「え?そんなに悪い状態なんですか?で、先生、本当のことを言ってください。残された時間はあとどのくらいなんですか?」と聞いた。
「10」と、医者は気の毒そうに答えた。
「10ですって?10ヶ月?10週間、それとも?」と男が畳みかけると、医者は「9」と答えた。

「10,9….」と医者が告げることは、つまりその単位は「秒」ということですね。

12-78 Arthritis
"I'll tell you," he said, "I've learned that arthritis is the cruelest disease."
"Crueler than cancer?" his friend asked.
"You bet," the first codger replied, "It makes every single one of your joints stiff, except the right one."

 関節炎
 「関節炎っていう病気はだな」、と偏屈な年寄りが力説した。「一番残酷な病気だ」
「癌よりも残酷かね?」と彼の友人が聞き返すと、「そりゃ、そうさ」と偏屈者が答えた。
「すべての関節を固くして使えないものにならなくしてしまうくせに、肝心の固くして使うところは固くしないんだからね」


12-79 If something happens to me
 
An elderly man was on the operating table awaiting surgery to be performed by his son, a renowned surgeon.
Just before they would put him under, he asked to speak to his son:
"Don't be nervous, son, do your best and just remember, if it doesn't go well, if something happens to me, your mother is going to come and live with you and your wife."

 もし、私に何かあったら
 老人が外科手術のテーブルの上に横たわり、著名な外科医である息子の執刀を待っていた。
麻酔薬を打たれる直前に老人は息子にひと言話したいと希望し、こう言った。
「心配しなくていいぞ、お前がベストを尽くせばいいのだから。もし手術が上手くいかず、私の身に万が一の事態が生じた時は、お前の母さんはお前の家で暮らすようになる。もちろん、お前の嫁さんとも一緒にな」

手術を失敗することは我が家で嫁姑の諍いを招くことになりますから、
失敗は許されませんね。

12-80 Next!
Patient: Doctor, doctor, people keep ignoring me.
Doctor:Next!

 はい、次の方!
患者:先生、先生、皆が私のことを無視するんです。
医者:はい、次の方!

#12-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜70・71〜8081〜9091〜100


*  
*