●Kazさんのページ

#12.Doctor


#12-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜80・81〜90・91〜100


12-81 Amputate
Patient : Doctor, doctor, I keep having these terrible dreams. Ten beautiful naked women keep running toward me and I keep pushing them away. The more they try to get at me, the more I badly keep pushing them away. That irritates me.
Doctor : I see. What do you want me to do?
Patient : Amputate my arms.

 切断する
患者:先生、先生、ひどい夢にうなされ続けなんです。素っ裸の美女10人が私に駆け寄って来るのに、私は彼女達を押しのけてしまうのです。彼女達が近づけば近づくほど、ムキになって私は押し返してしまうんです。全くイライラします。
医者:わかりました。で、私にどうして欲しいんですか?
患者:私のこの両手を切断してください。


12-82 It will seem like a century
Doc: "Unfortunately sir, you have only one week to live."
Patient: "Doctor, what on earth are you saying? Tell me what can I do to live at least a little longer, please…"
Doc: "Do you eat fried food?"
Patient: "Yes"
Doc: "You must stop!"
Patient: "I' ll do it"
Doc: "Do you eat fat food?"
Patient: "Yes"
Doc: "You must stop!"
Patient: "If it enables that I can live more… ok doc"
Doc: "Do you stay up late?"
Patient: "Yes"
Doc: "You must stop!"
Patient: "If it's so that I live more… ok"
Doc: "Do you have sex often?"
Patient: "Yes!"
Doc: "You must stop!"
Patient: "If it's so that I live more… I'll do that, too"
Doc: "Do you smoke?"
Patient: "Yes."
Doc: "You must stop!"
Patient: "If it's so that I live more… I will "
Doc: "Do you drink?"
Patient: "Yes."
Doc: "You must stop!"
Patient: "OK doctor, but if I do all the things you told me, how longer will I live?"
Doc: "You will still live for a week… but it will seem like a century."

 一世紀の長さに感じられる
医者:残念ながら、あなたはあと一週間しか生きていられません。
患者:何ですって、先生?どうやったらもう少し長く生きられるか教えてくださいよ。
医者:揚げ物を食べますか
患者:はい。
医者:じゃ、揚げ物を食べることを止めなさい。
患者:わかりました。
医者:カロリーが高い食べ物を食べますか?
患者:はい。
患者:じゃ、直ぐに止めて。
医者:そうすることで長生き出来るなら。。わかりました、先生。
患者:夜遅くまで起きていますか?
医者:はい。
患者:すぐに止めて!
患者:そうすることで長生き出来るなら、ハイ、わかりました。
医者:セックスは頻繁に行いますか?
患者:はい!
医者:すぐに止めて!
患者:そうすることで長生き出来るなら、ハイ、これもわかりました。
医者:煙草を吸いますか?
患者:はい。
医者:それも止めて!
患者:そうすることで長生き出来るなら、ハイ、わかりました。
医者:お酒を飲みますか。
患者:ええ。
医者:それも止めて!
患者:わかりました。でも先生、言われたことを全て守って、一体あとどの位長く生きられるのですか?
医者:生きられる日数は変わりません。一週間です。でも一世紀位に感じられると思いますよ。


12-83 Change your LAN cable
 A
psychiatrist had no patients in his office and he was bored.
Suddenly, the door opened slowly and a man crept into the room on four legs.
His mouth was full with pieces of colored plastic.
He was holding strange objects in his hands.
He was dragging cables along behind himself.
The doctor was glad because of the visit and exclaimed, "And what do we have here, a little snake? Come to Uncle Doctor, my snake..."
The man shook his head.
"Oh, sorry, I didn't notice your legs. You're a dragon, right?"
The man shook his head again angrily.
"Sorry... a worm?"
The visitor spitted out the plastic pieces.
"Go to hell, you idiot! I'm the system administrator and I came to change your LAN cable!"

 LANケーブルを交換に来ただけだ
 精神科医は患者が来なくて閑をもてあましていた。
突然病院のドアが開き、一人の男が四つん這いになりながら入ってきた。
彼は色とりどりのプラスチック部品を口にくわえ、両手に奇妙な道具を抱え、自分の背中にはケーブルをつなげて、一歩一歩こちらに這いつくばって近寄って来た。
精神科医はこの来訪者を喜んで迎え、「やぁ、可愛い蛇クン、ここで何をしているのかな?さぁ、こっちのお医者叔父さんの所まで這ってきてごらん。さぁ、蛇クン!」と大声で呼びかけた。
男が大きく首を振ったので、精神科医は「あ、ゴメンゴメン、君の足に気付かなかったな。君は龍なんだ、そうだろ?」と、相手に媚びながら訂正した。
男は怒った表情で再び大きく首を振った。
「違った?ゴメン。じゃ虫クンかな?」と精神科医が言うと、男は口にくわえたプラスチック部品をペッと吐き出して、「馬鹿野郎!地獄へでも行ってしまえ!俺はシステム管理人でLAN(コンピューター回線)敗戦交換に来ただけなんだよ!」

閑な精神科医は、この奇妙な格好で入って来た男を頭がイカレた患者だと勘違いしていたのです。

12-84 Too painful?
 A
s you lie back, your muscles tighten.
You put him off for a while searching for an excuse, but he refuses to be swayed as he approaches you.
He asks if you're afraid and you shake your head bravely.
He has had more experience, but it's the first time his finger has found the right place.
He probes deeply and you shiver; your body tenses; but he's gentle like he promised he'd be.
He looks deeply within your eyes and tells you to trust him ? he's done this many times before.
His cool smile relaxes you and you open wider to give him more room for an easy entrance.
You begin to plead and beg him to hurry, but he slowly takes his time, wanting to cause you as little pain as possible.
As he presses closer, going deeper, you feel the tissue give way; pain surges throughout your body and you feel the slight trickle of blood as he continues.
He looks at you concerned and asks you if it's too painful.
Your eyes are filled with tears but you shake your head and nod for him to go on.
He begins going in and out with skill but you are now too numb to feel him within you.
After a few moments, you feel something bursting within you and he pulls it out of you, you lay panting, glad to have it over.

 He looks at you and smiling warmly, tells you, with a chuckle, that you have been his most stubborn yet most rewarding experience.
You smile and thank your dentist.
After all, it was your first time to have a tooth pulled.

 かなり痛む?
 あなたは仰向けに寝かされ、筋肉は緊張でギュっと引き締まる。
もう少し後にしてくれないか、と言い訳をしながらなんとか拒もうとするが、彼は後戻りを許さず、真っ直ぐあなたに接近する。
彼が「怖い?」と尋ね、あなたは勇気を奮い起こしていいえと首を横に振る。
彼は経験豊かな男性だが、彼の指が私の正しい場所を探し当てるのは初めてのことだ。
彼が深々と指を入れて触るので、あなたはガタガタ震え、身体の神経が張り詰める。でも彼は約束した通り優しく接してくれる。
あなたの目をじっと見つめながら「僕を信じて。僕は沢山の回数をこなしているんだから」とあなたに伝える。
彼の冷静な笑顔があなたを緊張から解きほぐしてくれたので、あなたはもう少し広めに開き、彼が入りやすくしてあげる。
「なるべく早く済ませて」とあなたが懇願しても、彼は痛みを少なくするよう、ゆっくり時間をかけて行う。
彼がギュっと密着し、深く貫くと、あなたは皮膚が破れる感触がして、痛みが身体中を貫く。そして彼がその行為を続けている間、血がポタポタとこぼれる。彼は心配そうにあなたを見つめながら、「かなり痛む?」と聞く。
あなたは目に涙を一杯に浮かべながらも、痛くない、痛くないと首を左右に振る。
そして彼に「どうぞもっと続けて」と同意して、首を上下に振る。
彼は出したり入れたりと、上手な動きを再開するが、この時点であなたは痛みに麻痺して、彼があなたの中にいるのかどうかを感じないほどだった。
その少し後であなたは身体の中で何かが爆発したように感じ、彼がその残骸をあなたの身体から取り出してきた。
あなたはぜいぜい喘ぎながら、とにかく彼の行為が終わったことを喜んだ。

 彼はあなたを見つめて、ニッコリと笑顔を向け、そして「今までの僕の相手では一番頑固に抵抗したけれど、やりがいのある相手だったよ」とクスクス笑いながら、あなたに告げる。
あなたも微笑みながら、歯医者にお礼を言う。つまり、これは歯医者が患者の歯を抜く時の話をしているのですよ。
(ひょっとして、何か別のよからぬことを想像していたのではないでしょうね?)

(ひょっとして、何か別のよからぬことを想像していたのではないでしょうね?)は訳者が付け足しました。
この話は最初からずっと“女性の初めての性体験”を連想させるような表現が続きます。
そして最後のオチがdentistとtooth pulledなのですから、
おいおい、思わせぶりな書き方をするなよ、と言いたくなってしまいます。(笑)

12-85 One pill and one drink of whiskey a day
 A
doctor told Mrs. Stone to give her husband one pill a day and one drink of whiskey to improve his stamina.
A month later, when Mrs. Stone came in for another visit, the doctor asked, "How are we doing with the pill and the whiskey?"
Mrs. Stone answered, "Well, he's a little behind with the pills, but he's about six months ahead with the whiskey."

 一日一錠の薬と一杯のウイスキー
 医者は「御主人に一錠の薬と一杯のウイスキーを毎日与え続ければ、御主人のスタミナが増しますよ」と、ストーン夫人に告げた。
一ヶ月後ストーン夫人が別の用事で病院を訪れた時、医者は「一日一錠の薬と一杯のウイスキーの効果はどうですか?」と尋ねた。
「薬に関して主人は未だ規定量に満たないんですが、ウイスキーに関してはもう6ヶ月先分まで飲んでしまっているんですよ」と答えた。


12-86 Vanity
 A
woman goes to the doctor for her yearly physical check.
The nurse starts basic inquiries.
"How much do you weigh?" she asks.
"115 pounds" she says.
The nurse puts her on the scale.
It turns out her weight is 140.
The nurse asks, "Your height?"
"5 foot 8," she says.
The nurse checks and sees that she only measures 5' 5."
She then takes her blood pressure and tells the woman it is very high.
"Of course it's high!" she screams, "When I came in here I was tall and slender! Now I'm short and fat!"

 虚栄心
 一人の女性が年に一度の健康診断のため医者に行った。
看護婦が問診をした。「体重は?」
「115ポンド」と女性が答えたので、看護婦は体重計の上にその女性を乗せた。
数値は140ポンドを示していた。
「身長は?」と看護婦が聞くと、「5フィート8インチ」と彼女が答えたので、計ってみたら5フィート5インチだった。
看護婦が女性の血圧を測ると非常に高かった。
「血圧が高いのは当たり前よ!ここに来る前は背も高く痩せていたのに、ここに来たら背が縮んで体重が増えたんですもの!」と、その女性は大声で叫んだ。


12-87 Telltale scars
 T
wo Emergency Medical Technicians (EMT) rushed to the aid of an elderly man.
One took down his information and the other opened his shirt to attach electrocardiogram cables.
"Any history of heart trouble?" asked the first EMT.
"None,"said the patient.
Looking at the telltale scars of bypass surgery, the second EMT thought this old man was telling a lie.
So he said to the dishonest old man, "In that case, do you remember when the lion attacked you?"

 隠し通せない傷
 老人の救助のため、緊急医療士(EMT)が2名駆けつけた。
一人が老人の状態を記録し、もう一人が心電計のケーブルを付けるために、老人のシャツを脱がせた。
「以前心臓の具合が悪くなったことはありましたか?」と、初めの緊急医療士が老人に尋ねた。
「一度もないね」と老人は答えたが、二番目の緊急医療士は老人の身体に隠し通せない心臓パイパス手術の傷跡を見付け、この老人が嘘をついていると見抜いた。
そこでこの不正直な年寄りに対して、「だとすると、あなたがライオンに襲われた時のことを覚えていますか?」


12-88 Make love once a year
 A
therapist has a theory that couples who make love once a day are the happiest.
So he tests it at a seminar by asking those assembled, "How many people here make love once a day?"
Half the people raise their hands, each of them grinning widely.
"Once a week?"
A third of the audience members raise their hands, their grins a bit less vibrant.
"Once a month?"
A few hands tepidly go up.
Then he asks, "OK, how about once a year?"
One man in the back jumps up and down, jubilantly waving his hands.
The therapist is shocked-this disproves his theory.
"If you make love only once a year," he asks, "why are you so happy?"
The man yells, "Today's the day!"

 年に一度のセックス
 毎日セックスする人が一番幸福だ、という理論の持ち主である診療医が、ある講演会で参加者に質問した。
「毎日一度セックスする人はどの位いますか?」
参加者の半数がニヤニヤしながら手を挙げた。
「一週間に一度の人は?」
参加者の三分の一が手を挙げたが、ややバツが悪そうな笑みだった。
「一ヶ月に一度という人は?」
四、五人がさほど熱意が見られない感じで手を挙げた。
「オッケー、年に一度という人は?」と診療医が聞くと、後方に居た観客がぴょんぴょん飛び上がって、嬉しそうに手を大きく振って応えた。
医者は彼の理論と相反する事象を見せつけられ、ショックを受けた。
「あなたは年に一度しかセックスしないというのに、何故そんなに嬉しそうにしていられるのですか?」
その男は大声で叫び返した。「だって、今日がその日なんだから!」


12-89 Vasectomy
 A
fter a checkup, a doctor asked his patient, "Is there anything you'd like to discuss?"
"Well," said the patient, "I was thinking about getting a vasectomy."
"That's a big decision. Have you talked it over with your family?"
"Yes, we took a vote … and they're in favor of it 15 to 1."

 精管切除
 検診後に「ほかに何か相談したいことがありますか?」と医者が患者に聞くと、「実は精管切除を受けようかと考えているんです」と、患者が答えた。
「それは大きな決断ですが、ご家族とはその問題を話合いましたか?」
「えぇ、多数決で決めようということになり、15対1で決まりました」

祖父母等がいないとすれば、総投票数16ということは、夫と妻を除き14人子供がいることになります。
これ以上は要らないというのが普通の感覚。
1人だけ反対票を投じたのは患者である、この男性自身なのでしょう。

12-90 Suffocated in that plastic bag
 S
am and John were out cutting wood and John accidentally cut his arm off.
Sam wrapped the arm in a plastic bag and took John and the bag to the surgeon.
The surgeon said, "You're in luck! I'm an expert at reattaching limbs Come back in 4 hours."
So Sam left and when he returned in 4 hours, the surgeon said, "I got done faster than I expected. Your friend is down at the local pub."
Same went to the pub and there he found John throwing darts.

 A few weeks later, Sam and John were cutting wood again and John cut his leg off.
Sam put the bag in a plastic bag and took John and the bag to the same surgeon.
The surgeon said, "Legs are a little tougher. Come back in 6 hours. "
Sam left and when he left in 6 hours, the surgeon said, "I finished early. Your friend is down at the soccer field."
Sam went to the soccer field and found John kicking a ball toward a goalie.

 A few weeks later, John had a terrible accident and cut his head off(!)
Sam put the head in a plastic bag, as usual, and took John and the back to the surgeon.
"Gee, heads are really tough. Come back in 12 hours," the surgeon said.
When Sam returned in 12 hours, the surgeon said, "I am sorry. Your friend died."
Sam said, "I understand that reattaching heads are really tough."
The surgeon said, "Oh, you don't understand. The surgery went fine, but John suffocated in that plastic bag."

 窒息死
 サムとジョンは材木を切り出す樵仲間だったが、ある日ジョンが間違って自分の手を切り落としてしまった。
サムはジョンの腕をポリ袋に入れると、ジョンと一緒に外科医の所へ連れていった。
外科医は「君達は運が良いよ。僕は縫合手術の専門家なんだ。4時間後に戻っていらっしゃい」と言った。
そこでサムが一旦外科医の病院を離れ4時間後に戻って来ると、先程の医者が「思ったより早い時間で手術が終了したので、あなたの友人は退院して町のパブに酒を飲みに行ってしまいましたよ」と告げた。
サムが町のパブに行くと、そこでダーツ(投げ矢)を楽しんでいるジョンを見つけた。

 数週間後サムとジョンはまた樵の仕事を一緒にしていたが、ジョンが今度は足を切り落としてしまった。
サムはジョンの足をポリ袋に入れると、ジョンと一緒に例の外科医の所へやって来た。
「足の縫合は少し難しいので、6時間後にまた来て下さい」と医者に言われたサムが、6時間後に病院に戻ると、医者が「思ったより早い時間で手術が終了したので、あなたの友人は退院して町のサッカーグラウンドに行ってしまいましたよ」と告げた。
サムがサッカーグランウドに行くと、ジョンはそこでゴールキーパーに向かってボールを蹴っている最中だった。

 数週間後ジョンはひどい事故で首を切断されてしまった。
サムはジョンの首をいつもの様にポリ袋に入れて、ジョンの身体と一緒に例の外科医の所へ運んだ。
「ウーン、首となると非常に難しいねぇ。12時間後に戻って下さい」と医者は言った。
12時間後にサムが戻ると外科医は「大変申し訳ないが、あなたの友人は死にました」と言った。
サムは「切断した首を縫合するのがとても難しいということは、よくわかっています」と理解を示した。
すると外科医が言った。「あなたは誤解しているようですけど、彼の首縫合手術は成功したんですよ。でもジョンは頭をポリ袋にずっと入れたままだったので、窒息死したんですよ」

12-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜80・81〜90・91〜100


*  
*