●Kazさんのページ

#13.Driver

#13-1〜10・11〜20
21〜3031〜40

13-11 Not much of a truck driver
 A
grizzled old man was eating in a truck stop when three Hell's Angels bikers walked in.
The first walked up to the old man, pushed his cigarette into the old man's pie and then took a seat at the counter.
The second walked up to the old man, spit into the old man's milk and then he took a seat at the counter.
The third walked up to the old man, turned over the old man's plate, and then he took a seat at the counter.
Without a word of protest, the old man quietly left the diner.
Shortly thereafter, one of the bikers said to the waitress, "Humph, not much of a man, was he?"
The waitress replied, "Not much of a truck driver either. He just backed his truck over three motorcycles."
 トラック運転手みたいじゃないね
 白髪混じりの年寄りがドライブインで食事中に、三人のオートバイ野郎(地獄のエンジェル達)が歩いて入ってきた。
最初のオートバイ野郎はこの年寄りに近づくと、彼が食べていたパイの中に、自分の吸いかけの煙草をギュッと押しつけ、そのままカウンター の席へ歩いて行って腰をかけた。
二番目のオートバイ野郎は年寄りに近づいて彼が飲んでいたミルクの中へ、ペッと唾を吐いてカウンターの席へ歩いて行って腰をかけた。
三番目のオートバイ野郎は年寄りの食べているお皿をひっくり返して、食べ物を床の上に落としてしまうと、ウンターの席へ歩いて行って腰をかけた。
ひと言も文句を言わずにこの年寄りは静かに食事の席を離れた。
それを見ていたひとりのバイカー野郎が店のウエイトレスに、「なーんだ、あの男。意気地がなくって、男らしくないな。そう思わないか?」と話しかけた。
ウエイトレスが答える。「トラック運転手らしくもないですよ。あの人。トラックをバックさせる時に三台のオートバイを引っかけて、壊してしまいましたものね。」
年寄りのトラック運転手は、黙ってオートバイ野郎に逆らわなかったけれど、
仕返しに彼等のオートバイをしっかり壊してやったのですね。

13-12 Drive on, sir
 A
policeman was writing out a traffic ticket for a driver he had just stopped for speeding.
The woman sitting in the passenger seat started nagging. "There you are, idiot! Didn't I tell you that you were going too fast? You're the worst driver in the world. It's a wonder you haven't had a serious accident. I hope they give you, a worthless bum, a hefty fine!"
"Excuse me, sir, is this your wife?" asked the policeman.
"Yes," said the driver miserably.
"Drive on, sir ," said the policeman, tearing his ticket, "and may the Lord have mercy on you !"
 どうぞ運転を続けて下さい
 警官がスピード違反で捕まった車の運転手に、交通切符を切ろうとしていた。
助手席に座っている女性が、運転手に向かってギャーギャーわめき立てているのが聞こえた。「ほーら見たことか、馬鹿ったれ!スピード出し過ぎだってあたしがさんざん言ったのが聞こえなかったのかい?全く、あんたは世界一車の運転が下手くそだわよ。大体今迄大きな事故を起こさなかったことの方が不思議なくらいなのに!このろくでなしの能なし野郎め、たっぷり罰金を払えばいいんだ!」
あっけにとられた警官は運転手に声をかけた。「失礼、こちらの女性はあなたの奥さんですか?」
「そうですよ」、男は惨めそうに答えた。
警官は今記入したばかりの交通切符をちぎり捨てながら、「どうぞこ のまま運転を続けて下さい。そして神のご加護があなたに有りますように」と言った 。
助手席の奥さんのあまりの悪口雑言に、
この男に同情した警官は交通違反を見逃してくれたのです。

13-13 You must be what's passing through
 T
he sheriff of the small Kansas town pulled over a Porsche that was speeding 75 miles per hour in a 35-mile per hour zone.
The driver, a Chicago commodities trader, was steaming.
When he was finally brought before the local magistrate , he exploded, "I can't believe you stopped me. This town must be the asshole of the world."
The magistrate looked at him and replied, "And you must be what's passing through."
 じゃ、あんたはその中を通過する物体だな
 カンサス州の小さな町の警官が、制限速度時速35マイル(56km)の道路を時速75マイル(120km)で走っているポルシェをスピード違反で捕まえた。
ポルシェを運転していたシカゴ商品取引所の取引業者は、不満タラタラで腹を立てていた。
そして有無を言わせず簡易裁判所の判事の前に引き立てられた時、この男は怒りを爆発させ「こんなことで俺を止めるなんて、さっぱり理解出来ない。この町は世界のケツの穴(asshole)とでもいうべき、アホな町だ!」
判事はこの男を見据えて言った。
「この町がケツの穴ってかい。するってぇと、お前(めぇ)さんはその中を通過する物体ってわけだな。(つまり糞ったれ(shit)ということさ)」
Asshole(アホ!=ケツの穴)と言われて、さっとShit(糞ったれ=ウンコ)と切り返した判事の台詞を、落語風江戸っ子口調に訳してみました。

13-14 Your wife fell out
 A
drunk is driving through the city and his car is weaving violently all over the road.
A cop pulls him over. "So," says the cop to the driver, "where have you been?"
"I've been to the pub," slurs the drunk.
"Well," says the cop, "it looks like you've had quite a few."
"I did all right," the drunk says with a smile.
"Did you know," says the cop, standing straight and folding his arms, "that a few intersections back, your wife fell out of your car?"
"Oh, thank heavens," sighs the drunk.
"For a minute there, I thought I'd gone deaf."
 奥さんを落としましたよ
 酔っ払いが市内の道路で乱暴に大きく蛇行しながら車を運転していた。
警察官が彼の車を止めさせて、「さて、君は一体何所からやって来たのかね?」と尋ねた。
「ずーっとパブに居たんだよぉ」と呂律の回らない酔っ払いが答える。
「なるほど、かなり聞こし召しているようだね」と警官が言った。
「うん、確かにたっぷり飲んだよ」と酔っ払いはニコニコしている。
「ところで、あんたの奥さんが、四つ五つ前の交差点で、車から落っこちたことは、判っていた?」と警官が尋ねると、酔っ払いはホッと安堵のため息をつきながら言った。
「あー、そうだったんだ。どうりで何も聞こえなかったわけだ。耳がおかしくなったのかと思っていたけど…。」

13-15 Take the piss out of me
 A
policeman stops a driver for suspected drunk driving and asks him to blow in to the bag.
The driver produces a card saying; Asthmatic. Please don't take breath samples.
The policeman then asks to take a blood sample and the driver produces another card saying; Hemophiliac. Please don't take blood.
Somewhat annoyed the policeman decides it will have to be a urine test.
Once again the dri ver produces a card saying; Member of the National Association of Henpecked Hu sband (NAHH).
Please don't take the piss out of me.
 おちょくらないで
 酔っ払い運転取り締まり中の警官が疑わしい車を停めて、息の検査を要求した。
車の運転手は一枚のカードを警官に差し出した。『喘息病患者:この患者の息のサンプルを取らないように』と書かれていた。
そこで警官は血液検査をすると運転手に告げた。
すると別のカードを差し出した。『血友病患者:血液を採取しないように』と書かれていた。
多少煩わしくなった警官は尿検査をすることに決意した。
それを告げると再び運転手は別のカードを差し出した。『全国恐妻連盟会員(NAHH):おちょくらないように』と書かれてあった。
Take the piss out of は ”人をおちょくる”という慣用句です。
息の検査は喘息だからダメ、血液検査は血友病だからダメ、
そして最後の尿検査は『全国恐妻連盟会員』 だから”おちょくらない”でネ、と
すべて逃げてしまう酒酔い運転手です。相当な知能犯です。

13-16 Wrong way
 A
s a senior citizen was driving down the freeway, his car phone rang.
Answering, he heard his wife's voice urgently warning him, "Herman, I just heard on the news that there's a car going the wrong way on Interstate 280. Please be careful!"
"It's not just one car," said Herman. "It's hundreds of them!"
 逆送
 年配の男性が高速道路で車を運転していた時に、自動車電話が鳴った。心配そうな彼の妻の声が受話器の向こうから聞こえた。
「ハーマン、高速280号線を逆走している車が一台いるって、ニュースで言っていたのよ。気をつけて運転してね。」
「一台じゃない よ、何百台もの車が逆走しているぞ!」
この男性の車だけが逆送しているのですが、本人は他の車が逆走していると思っているのです。

13-17 No Fuck No Ride
 O
ne day a lonely truck driver was carrying a load of live chickens.His only companion being a talking parrot.
A few miles down the road, he saw a woman hit chhiking. So he pulled over and she climbed up into the cab.
Saying she only wanted a ride to the next town, he informed her "no fuck, no ride." So she graciously climbed back out of the truck.
A few miles down the road he saw a woman standing alongside the road topless. Again he pulled over, and again the same stipulation, "no fuck, no ride." Yet again he was turned down.
Growing more desperate, a few miles later, he came across a woman standing completely naked. Yet again he pulled over, gave her the rule and she accepted!
So he put the parrot in the back, did his thing with her, dropped her off in the next town and proceeded on his way.
A mile out of town he got pulled over by the cops. As the cop walked up to the truck he grew nervous, fearing the cop knew what took place.
"What seems to be the problem officer?" He asked.
"Well, your driving is excellent son," he replied, "my only problem is the parrot throwing your chickens off the back saying, 'No Fuck, No Ride.'"
 させてくれないなら、乗せてあげないよ
 寂しい独り者のトラック運転手が、ある日荷台にニワトリを沢山積んで走っていた。彼の唯一の話し相手は助手席にいるオームだけだった。
道を数マイル走るとヒッチハイクをしている女性が目に入った。トラックを止めると女性がトラックのステップに上がって隣町まで乗せていってくれないか、と頼んだ。
「Sexさせてくれないなら乗せてあげ ないよ」と運転手が言うと、彼女はあっさりとステップから降りて去ってしまった。
また数マイル走ると、今度は上半身裸の女性が道端に立っているのが目に入った。彼は再び車を止めると同じ台詞、「Sexさせてくれないなら乗せてあげないよ」で誘った。し かしまたしても彼の申し出は拒まれてしまった。
次第に憂鬱で不機嫌になった男は、そのまま車を数マイル走らせると、今度は素っ裸の女性が目に入った。またしても車を止めて同じ台詞を言うと、なんと彼女はOKした!
そこで男は助手席のオームをトラックの荷台に移すと、彼女とセックスをして、約束通 り次の町でその女性を降ろした。
そのまま町を出て1マイルど進んだところで彼のトラックは警官に止められた。警官が歩いてトラックに近づいて来るので、彼は自分がさっきやったことを警官が知っているのではないかと、内心ビクビクしていた。
「お巡りさん、何か、問題があるんですか?」と運転手は尋ねた。
「君の運転には何の問題もない、申し分ないよ。
問題なのは、荷台に居るオームが『Sexさせてくれないなら乗せてあげないよ!』とイイながら片っ端からニワトリを放り投げ続けているんだ。」と警官は答えた。
ご主人と同じようにこのオームはニワトリに交尾させろと迫って、OKしないニワトリをポンポントラックから降ろしていたのですね。

13-18 Religious experience
 T
he wife of a Southern Baptist preacher talks to her Sunday school class about a wonderful religious experience that she had last week:
The other day I went up to the local Christian book store where I saw a "Honk if you love Jesus" bumper sticker. I was feeling particularly exhilarating that day because I had just come from a thrilling choir performance at church, so I bought that sticker and put it on the back bumper of my car. I am really glad that I did. What an uplifting experience followed. I was stopped at the light of a busy intersection, just lost in thought about the Lord, and I did not notice that the light had changed. It's a good thing someone else loves Jesus or I may never have noticed that the light had changed. I found that lots of people love Jesus. Why, the guy behind me started to honk like crazy and then he leaned out of his window and screamed, "For the love of GOD, GO!...GO! Jesus Christ Go!" Everyone was honking. I leaned out my window, waved and smiled to all those loving people. I even honked my horn a few times to share in the love. There must have been a man from Florida back there because I heard him yelling something about a sunny beach. I saw another guy waving in a funny way with only his middle finger stuck up in the air. When I asked my teenage son in the back seat what this meant, he said that it was nothing, probably a Hawaiian good luck sign or something. While I have never even met a person from Hawaii, so I leaned out the window and gave him the good luck sign back. My son burst into laughter, why, even he was enjoying the love of this religious experience. A couple of the people were so caught up in the joy of the moment that they got out of their cars and were walking towards me. I bet they wanted to pray or ask what church I attended, but that is when I noticed that the light had changed, so I wave done more time to my loving brothers and sisters and drove through the inters ection. I was the only car that got across the intersection before the light changed again and I felt kind of bad that I had to leave them and all that love that we had shared so I slowed the car down, leaned out the window and give them all the Hawaiian good luck sign one more time as I drove away.
 宗教的経験
 キリスト教南部パプテスト派の牧師の妻が、教会の日曜学校で彼女が先週体験した素晴らしい宗教的経験について話を始めた。
「先日キリスト教関係の書物を売っている書店で、『イエスを愛するならクラクションを鳴らせ!』と書かれたバンパースティッカーを見つけました。その日私は教会のコーラスがゾクゾクするほど上手に歌えたので、非常に高揚した気分になっていたので、私はそのバンパースティッカーを買うと、私の車の後部バンパーに貼りつけました。そうしたことは本当に良かったと今でも喜んでいます。というのは、このことで気持ちが高ぶる素晴らしい経験が出来たからです。私の車は混み合った交差点で赤信号のため停止しました。信号待ちする間、神についてずっと考えていたので私は信号が青に変わったことに気付きませんでした。たまたま周りの車にキリストを愛する人が乗っていたせいか、はたまた信号が変わったことに気が付かなかったせいか、とにかくそのことは良いことでした。なぜって、私は多くの人がキリストを愛していることを確かめられたからです。まず私のすぐ後ろの車がもの凄い勢いでクラクションを鳴らしました。さらに運転していた男の人が窓から首を出すと大声で叫んだのです。『お願いだから(For the love of God)、行け!行け!(Go! Go!)、いい加減にしろよ(Jesus Christ!)とっとと行け!(Go!)』全ての車がそれに合わせてクラクションを鳴らし始めました。私も自分の車の窓を開け、この愛すべき仲間全てに手を振りました。さらに神に対する愛の気持ちを分かち合うために、私もクラクションを数回鳴らしました。多分この仲間の仲にはフロリダから来た男の人がいたようでした。というのは、私はその男の人が『太陽がいっぱいの海岸』(Sunny beach)とか、なんとか叫んでいたのが聞こえたからです。(注:Son of bitch:こん畜生!の聞き違い)別 の男 の人が自分の中指を、上に向けて突き立てる妙な仕草をしていました。(注:Fuck You !クソったれ!のサイン)私は後部座席に乗っていた私の十代の息子に、あれはどういう意味なのかと尋ねました。すると彼は『別 に大したことじゃないと思うよ。多分ハワイ原住民が幸運を呼ぶ仕草か何かでしょう』と答えました。だから私も窓から身を乗り出して、その男の人に向けて幸運を呼ぶ仕草を送りました。息子は笑い転げていました。多分彼もこの不思議な宗教的体験を楽しんでいたに違いありません。何人かの人はこの至高の喜びに感動したのか、車の中から飛び出して私の車に向かって歩き始めました。きっと彼等は私と一緒に祈りたかったのか、あるいは私がどこの教会に所属しているのか聞きたかったに違い有りません。ところがこの時、ようやく私は信号が青に変わっていることに気付いたので、慌てて愛すべき兄弟姉妹達にもう一度手を振り、車で交差点を走り抜けました。信号がすぐに赤に変わってしまったので、交差点を渡れたのは私の車一台だけでした。私は神への愛を分かち合った愛すべき兄弟達を残してしまったことに、少し後ろめたい気持ちになったので、車の速度を落として再び窓から身を乗り出すと、例のハワイの幸運を呼ぶサインをもう一度彼等に送って、その場を走り去ったのでした。」

この世間知らずでノー天気な牧師の妻がしていたことは、つまりこういうことです。

(1)交差点で信号が青になったのに進まなかったので、
(2)後ろの車からクラクションを鳴らされた。
(3)しかし彼女は、これは『イエスを愛するならクラクションを鳴らせ!』というバンパースティッカーに賛同してくれたのだと勘違いした。
(4)『お願いだから早く行け!』という罵り声を『キリストよ、進め!』と文字通 り受取り、
(5)『こん畜生!』の罵声を『太陽がいっぱいの海岸』と思い、
(6)中指を立てる侮辱行為を"ハワイの幸運を呼ぶサイン"と信じ込み、
(7)自分の車一台だけ交差点を通過し、
(8)後続の車に中指を立てて走り去った。

他人にこれだけの迷惑をかけながら、彼女は『神を愛する兄弟姉妹達と、素晴らしい宗教経験を共にした』と、
日曜学校でとくとくと語っているのですから…\(>o<)/ね。

13-19 Garbage strike in New York
 W
hen the garbage workers went out on strike, a clever New Yorker came up with an idea of clearing the inconvenience.
Each day he wrapped his garbage in gift paper and put it in a shopping bag.
When he parked his car, he left the bag on the front seat with the window open.
When he got back to the car, the garbage had always been collected.
 ニューヨーク市ゴミ清掃人ストライキ
 ニューヨーク市のゴミ清掃人がストライキを始めた時、ゴミ処理の不便さを解決するアイデアを思いついた賢い住民がいました。
ストライキの間中、この賢い男は自分の家のゴミをプレゼントの様にきれいに包装して、買い物用の紙袋に入れたそうです。
そして自分の車を駐車場に止める時に前の座席にその紙袋を置いて、わざと窓を閉めずに放置しておいたそうです。
勤めの帰りに駐車場に戻ると、いつも前の座席に置いてあった紙袋のゴミはなくなっていたそうです。

13-20 He doesn't know the road, either
 A
driver pulled up beside a run-down farmhouse and got out of the car.
When he knocked the door, a very old woman answered the door.
He asked her for direction to Minnesota.
"I don't know," the woman said.
He got back in his car and started the engine.
Then he heard voice and looked in his rearview mirror and saw that old woman and an equally old man were waving for him to come back.
He made a U-turn and drove up to them.
"This is my husband," the old woman said, "He doesn't know how to get to Minnesota, either."
 彼も道を知らないってさ
 自動車を運転していた男が、オンボロ農家の前に車を止めて降りた。
農家のドアをノックすると年取った女性が出てきた。
男はミネソタに行く道を尋ねると、「知らないねぇ」とその老婆は答えた。
男は踵を返して車に戻り、エンジンをスタートさせた。
すると後方から声が聞こえたので男がバックミラーを見ると、先程の老婆とその横に同じ位年を取った男が彼に手を振って戻ってくるように合図していた。
男は車をUターンさせるとこの老カップルの前で車を止めた。
「これは私の夫なんだけど」、と先程の老婆が言 った。「夫もミネソタまでの道はわからないそうよ。」
夫も道がわからないなら、わざわざ手を振って呼び戻すことはないのにねぇ…。

#13-1〜10・11〜2021〜3031〜40


*  
*