●Kazさんのページ

#13.Driver
Driver(ドライバー)は車の運転に関するjokeです。
交通違反をめぐってドライバーと警官との面白いやりとりが笑いを誘います。

#13-1〜1011〜2021〜30・31〜40

13-31 You may be a bad driver
1.You have a reserved parking space with your name on it -- at traffic court.
2.You spend much amount of time scraping hair and bone out of your front grille.
3.You get more unwanted traffic tickets than your friends and relatives have so far had.
4.You see more middle fingers than a manicurist.
5.The highway patrol cops in your state have memorized your date of birth, social security number, home address, license plate number.
6.Every time your cell phone rings while you're putting on makeup, you spill your tea, drop your Game Boy and rear-end the car in front of you on the freeway.
 あなたの車の運転は乱暴なんでしょうね
1.あなたは交通裁判所の駐車場に、自分の名前が入った専用駐車スペースを持っている。

年がら年中交通裁判所に出頭しなければならないからですね。
2.あなたは自分の車のフロントガラスについた髪の毛と骨を、削ぎ落とすのにかなりの時間を使っている。
一体何人を車ではねているんでしょうか…
3.あなたの友人や親戚が今までに切られた交通違反切符より、あなた一人が切られた交通違反切符の方が多い。
かなりの枚数の、交通違反切符を切られていることがわかります。
4.あなたはマニキュア美容師よりも、もっと多くの中指を見ている。
中指を立てる仕草は "Fuck You!"(こん畜生!)の意味ですから、あなたの運転には皆、迷惑をしているのです。
5.あなたの州の高速道路交通取締警官達は、あなたの号を記憶している。生年月日、社会保険証番号、現住所、免許証番号を記憶している。
常習違反者なので、警官はあなたの資料をそらんじているのです。
6.(車を運転しながら)化粧の最中に携帯電話が鳴る度に、あなたはお茶をこぼし、手にしたゲームボーイを落とし、あなたの車を前方を走っている車の後部に突っ込ませる。
化粧をして、お茶を飲んで、ゲームボーイで遊びながら、ハンドルを握って車を運転することが出来るんでしょうか?

13-32 Carburetor
WIFE: "There's trouble with the car. It has water in the carburetor."
HUSBAND: "Water in the carburetor? That's ridiculous."
WIFE: "I tell you the car has water in the carburetor."
HUSBAND: "You don't even know what a carburetor is. I'll check it out. Where's the car?"
WIFE: "In the swimming pool."
 キャブレター(燃料気化器)
妻:車にトラブルが起きたの。キャブレターの中に水が入っているの。
夫:キャブレターの中に水が入っているって?そんなバカな。
妻:キャブレターの中に水が入っている、って言ったのよ。
夫:キャブレターって車のどのパーツか知っているのかい?わかった、僕が調べよう。車はどこにあるんだ?
妻:プールの中よ。
奥さんは運転を間違えて自宅のプールに車を落としてしまったので、
エンジンの中まで水浸しになったのです。

13-33 Normal car is better than a F1 car
Reasons why a normal Car is a far superior vehicle than a F1 Car.
"Hundreds of people and tens of millions of dollars go into building an F1 car, but a normal car is a far superior vehicle.
You wonder what goes through those guys' minds when design their cars.
THEY'RE ALL WRONG!!!!"

1. No door... I mean, people have to climb in.
  Actually, ANYBODY can climb in and steal it. Pffft!
2. No radio (AM and FM), no cassette nor CD player...
  how boring it must be to drive in those things for close to two hours
  without having anything to listen to.
3. No coffee cup holder...
  Those guys can spill all the hot (and dangerous stuff) over themselves.
  What with them steering with one hand and trying to drink with the other.
4. No ashtrays and electric lighter.
5. No windshield wipers... and they expect them to race in the rain?
6. No turn signals... How can they indicate they intend to pass?
7. Only one seat... How can a guy go necking with his girlfriend at the local drive in?
8. No trunk... How can you carry your picnic basket?
9. High fuel consumption...

 普通の車の方がF1レースカーより良い
F1レースカーより普通の車の方が良いという理由です。
圧倒的に多くの人々が普通の車よりF1レースカーの方が凄いと思っていますし、F1カー1台を製造するには数千万ドルのお金が必要です。
でも普通の車の方がはるかに優れた車なんです。
車を設計する人達はどういう気持ちでスーパーカーを作ると思いますか?
連中は皆、間違っています!!

1.F1カーにはドアがないでしょ!誰でも図々しく乗り込めてしまうんです。
  だから簡単にこの高級車を盗めるんですねぇ〜。何てこった!
2.F1カーにAM/FMラジオなんて装備されていません。もちろんカセットデッキもCDもネ。
  2時間も音楽なしで車を走らせるなんて、とても退屈でしょうね。
3.F1カーにコーヒーカップを置く装置がついていませんね。
  熱い(=ということは危険な)コーヒーをこぼすのは、自分の洋服の上ってことですよね?
  片手でハンドルを握りしめ、片手で熱いコーヒーを飲もうとするなんて・・・
4.F1カーには灰皿とか電子ライターなんて装備していませんよね。
5.F1カーにはワイパーも付いていません。雨の日のレースはどうするんでしょうねぇ?
6.F1カーには方向指示器も有りません。追い抜く時にはどうやって合図すれば良いのでしょうか? 
7.F1カーには座席が一つしかないじゃありませんか!
  近所のドライブインに駐車して、彼女とイチャイチャすることって、出来ますかぁ?
8.F1カーにはトランクもないでしょ?
  ピクニックに行く時、お弁当箱をどこに乗せれば良いんでしょうね?
9.言うまでもないことですけど、普通の車よりF1カーはガソリン代は高いですよねぇ


13-34 Garage
 W
hy do American people leave cars worth thousands of dollars in the driveway and put our useless junk in the garage?

 ガレージ
 なぜアメリカ人は何千ドルもする自動車を私道に野ざらしで置いて、本来自動車を入れておくべきガレージの中に、役に立たないような道具を山積みして置くのだろうか?

13-35 Birth control pill
 A
speeding driver was pulled over by a State Trooper.
The patrolman told her to get out of the car and noticed that the driver appeared to be putting something in her mouth as she stepped out of the car.
Figuring that the driver was putting away her pep pills, the patrolman asked "Did I just see you swallow something?"
"Yep, that was my birth control pill," said the driver.
"Birth control pill?" asked the patrolman.
"Yep, when I saw your light, I knew I would be screwed."
 避妊薬
 スピード違反をした車が、州警察官に停止を命じられた。
警察官が車を運転していた女性に車の外に出てくるよう告げたが、彼女が車から降りる時、何かを口に入れている様子に気付いた。
ひょっとして覚醒剤を飲み込んだのではないかと疑った警察官は、「今、何かを飲みこんだだろう?」と問い詰めた。
「えぇ、そうよ。経口避妊薬よ」と女性が答えた。
「避妊薬だって?」と警察官は訝(いぶか)しんだ。
「そうよ、あなたの車のランプを見て、私はレイプされる運命なのだ、と悟ったからよ」
警察官の予想通り、この女性ドライバーは違反薬物が見つかるのを恐れて
慌てて口の中に飲み込んだのでしょう。
こういう言い方をされたら、警官も扱いづらいでしょうねぇ…。

13-36 Backseat driver's fault
 A
aron and his wife were driving back from a short holiday and he wasn't concentrating and hit his car into a parked car.
Fortunately, no one was hurt, but within minutes a police officer arrived at the scene and asked Aaron with a grin.
"So what happened? Why did you hit that parking car? It couldn't have been easy."
Aaron immediately replied, "It was my wife's fault."
"Why do you say that?" asked the officer, making notes.
"Because," replied Aaron, "she fell asleep in the back seat."
 後部座席に乗っていた人の責任です
 アーロンは妻と一緒に休暇旅行からの帰りに車を運転していたが、注意が散漫となって道に停まっていた車に自分達の車をぶつけてしまった。
幸い怪我人は出なかったが、数分経たないうちに警察の車が事故現場にやって来て、警官がアーロンに「どうして事故を起こしたんだ?停車している車にぶつけるなんて、そんなに難しいことじゃないだろう?」とニヤニヤ笑いながら聞いた。
「私の妻が悪いんです」とアーロンは間髪を置かずに答えた。
「どうしてそう言えるんだね?」と、警官は調書を取りながら尋ねた。
「だって」と、アーロンは答える。「妻は後部座席で眠っていたんです」
妻が後部座席で眠っていて、
(いつもの様にガミガミ)夫に運転を注意しなかったから、追突事故を起こしたのだ。
とこの男は妻に責任転嫁した主張をしています。

13-37 I just think you're jerk
 A
man was pulled over for driving too fast, even though he thought he was driving just fine.
Officer: You were speeding.
Man: No, I wasn't.
Officer: Yes, you were. I'm giving you a ticket.
Man: But I wasn't speeding.
Officer: Tell that to the judge! (The officer gives man the ticket.)
Man: Would I get another ticket if I called you a jerk?
Officer: Yes, you would.
Man: What if I just thought that you were?
Officer: I can't give you a ticket for what you think.
Man: Fine, I think you're a jerk!
 君は嫌みな阿呆男だ
 一人の男が車を運転中にスピード違反容疑で、警官に車を止められたが、この男は制限速度以内で走っていると思っていた。
警官:スピード違反です。
男 :そんなはずないでしょ。
警官:いや、違反しています。違反切符を切ります。
男 :僕は制限速度内で走っていましたよ。
警官:それは裁判で判事に言って下さい。(と警官は違反切符を男に渡す)
男 :もし僕が君のことを「嫌みな阿呆男だ」と言ったら、君はもう一枚違反切符を切るかい?
警官:そりゃ、そうしますよ。
男 :じゃ、僕が「君は嫌みな阿呆男だ」と考えるだけだったら切符を切る?
警官:あなたがそう考えただけなら、切符を切ることは出来ませんよ。
男 :そいつは良かった。君は嫌みな阿呆男だ、と僕は考えているよ。

13-38 How long did it take to get a driver's license
 H
ow long did it take your wife to get a driver's license?
It took about two and a half cars.
 運転免許取るのにどれくらいかかった?
 あなたの奥さんが運転免許取るのにどれくらいかかった?
車を2台半、ダメにしてからだね。

13-39 Worst sex
 A
n elderly couple was driving cross-country, and the woman was driving.
She gets pulled over by the Georgia highway patrol.
The officer said, "Ma'am, did you know you were speeding?"
The woman turns to her husband and asks, "What did he say?"
The old man yells, "HE SAYS YOU WERE SPEEDING."
The patrolman says, "May I see your license?"
The woman turns to her husband and asks, "What did hesay?"
The old man yells, "HE WANTS TO SEE YOUR LICENSE."
The woman gives himher license.
The patrolman says, "I see you are from Arkansas. I spent some time there once, had the worst sex with a woman I have ever had."
The woman turns to her husband and asks," What did he say?"
"HE THINKS HE KNOWS YOU," the old man yells.

 最低のセックス
 老夫婦が車で州境を越えようとしていた。
運転しているのは妻のほうだったが、ジョージア州の高速道路隊員に停車するよう命じられ、車を停めた。
警官が夫婦の車に歩み寄り「奥さん、スピード違反です」と言うと、耳の遠い妻は夫に向かって「お巡りさんが何と言っているの?」と聞いた。
夫は大声で「スピード違反だと言っているよ!」と叫んだ。
「免許証を見せて下さい」と警官が言うと、運転していた妻はまたしても夫に向かって、「お巡りさんは何と言っているの?」と尋ねた。
夫は大声で「君の免許証を見せろと、言っているよ!」と叫んだ。
老女が免許証を渡すと警官はそれを見て、「あぁ、アーカンソー州から来たんだね?私はあそこでしばらく勤務したことがあったけど、あそこで知り合った女は、今まで出会った中ではセックスが一番下手くそだったねぇ」と言った。
老女が夫に向かって尋ねた。「お巡りさんは何て言ってるの?」
夫は大声で怒鳴り返した。「この人は、お前のことを知っていると言ってるよ!」

13-40 Parking lot
 A
fter parking his car in a private parking lot of a condominium, a man heard awoman yelling at him.
He saw an attractive woman waving to him from a second floor balcony.
She said, "Come up to Room 225."
"Oh, what a lucky day!" the man hurried into the second floor.
The woman in a see-through pink negligee opened the door and offered him a drink.
As they sat on the sofa, she started to rub his right leg and he instantly became very hot.
When he took out his hard penis out of his pants, she asked him, "May I touch it?"
He said with a grin, "Oh, please do!"
She suddenly grabbed a whip and hit his penis really hard thatit bled.
She shouted, "Don't park your car in my place again!!"
 駐車場所
 マンション住民用指定駐車位置に車を停めた男は、女性が大声で叫んでいるのに気付いた。
二階のバルコニーから魅力的な女性が彼に向かって手を振っているのが目に入った。
その女性は「225号室に上がって来て!」と彼に向かって叫んだ。
「今日は、何てついているんだ!」と男は急いでマンションの二階に駆け上がった。
スケスケのピンクのネグリジェだけを身につけた女性が、225号室の扉を開くと、「一杯いかが?」と男を中に誘い入れた。
二人がソファーに並んで座ると、その女性は彼の右足を指でさすり始めた。男はすぐにその気になって、男性器はたちまちモッコリした状態になった。
「そこに触ってもいい?」と女性が言うので、男はニンマリ笑って「どうぞ、どうぞ、お願いします」と答えた。
すると彼女はいきなり皮の鞭を握ると、彼のペニスを思い切り叩いた。
激痛が走り、彼の男性器から血が吹き出た。
彼女は「私の駐車場所に、二度とあんたの車を止めるんじゃないよ!」と怒鳴りつけた。
おぉ〜怖い!
「話せばわかる」なんて言っても許して貰えそうもない凄い女性ですねぇ〜

#13-1〜1011〜2021〜30・31〜40


*  
*