●Kazさんのページ

#14.Drunk

#14ー1〜10・11〜2021〜3031〜4041〜50

14-1 Vintage
 W
hich would you rather give up, wine or woman?
It depends on the vintage.
 ビンデージ(年代物)
女性とワインのどちらかを諦めろと言われたら、どちらを選ぶ?
それはビンテージによるね。
ビンテージという単語は年代は古いが当たり年である時に使います。
例えば1994年製の赤ワイン「シャトーラフィットロートシルト」は一本\45,000-ですが、
それが1961年のビンテージ物となると一本\250,000-もします。
このジョークでは単純に「年齢」を意味して、女性かワインのどちらかを選ぶ時、

若いものなら女性を、年代物ならワインを選ぶと言っています。

14-2 Wine or Cheese
 W
omen in their 40s mature like good wine.
They become full-bodied and voluptuous.
 Men in their 40s, on the other hand, are like old cheese.
Just get smelly and eventually you have to throw them out.
 ワインとチーズ
  40代の女性は良いワインの様に熟成している。
体型は丸みを帯び、肉感的になる。
 一方40代の男性は古いチーズのようになる。
ただ臭くて、結局は捨てなければならない 。
年齢を重ねることにより女性はワインが熟成するように良くなっていくのに反して、
男性はただ古くさく魅力が無くなって、最後には見向きもされなくなると言っています。

14-3 Everybody has to pay
 "Everybody, have a drink!" shouted the man as he entered the pub.
"When I drink, everybody has to drink!"
The bartender served everyone in the pub with a free drink.
The generous man raised his glass, "When I am happy, everybody has to be happy!"
Draining his glass, the man left $1 on the bar counter and started to leave.
"That's only enough for your own drink, sir," the bartender pointed out.
"That's right," said the man.
"When I pay, everybody has to pay!"

 おんしら、払わにゃあかんぜよ
 男がパブに入るなり叫んだ。
「おんしら(貴方たち)、飲まにゃあかんぜよ(飲まなければなりません)!おらんく(私が)飲むときゃ、おんしら飲まにゃあかんぜよ!」
 バーテンがパブの客一人一人に一杯ずつお酒をふるまう。
 この気前のいい男は自分のグラスを高く掲げて叫ぶ。
「おらんく楽しむときゃ、おんしらも楽しまにゃあかんぜよ!」グッと自分の酒を飲み干すと、この男は1ドルをカウンターに置いて立ち去ろうとした。
 バーテンが慌てて注意する。
「ちょ、ちょっと、これだけじゃ、あなた一人分にしかなりませんよ。皆さんのお支払いはどうなってんですか?」
 男が陽気に答える。
「これでよかよ!(いいんだ)おらんく払うときゃ、おんしらも払わにゃいかんぜよ!」

高知県は酒豪で有名ですので、この酔っぱらいに高知弁で喋らせてみました。
でも格好つけておごったふりして、さっさと逃げるなんて、飲んべえの風上にもおけない!
なめたら、あかんぜヨ!

14-4 You talk just like her, too
 A
drunk guest embraced a woman at a party.
"Excuse me, madam, but I thought you were my wife," he mumbled apologetically as he realized his mistake.
"Behave yourself," said the irate lady, "You're clumsy, drunken, disgusting, filthy brute!"
"Good Heavens!" exclaimed the drunk.
"Not only looking like my wife, you talk just like her, too."
 女房と同じような話し方をするじゃないか
 パーティの席で酔っ払いのゲストが見知らぬ夫人に抱きついた。
男は間違いに気付き、「す、すいません、マダム。あなたのことを女房だと思ったものですから…」と口ごもって謝った。
激怒した女性は「何てことするの!不格好な酔っ払いのくせして!あー、なんて汚らわしい、虫ずが走るような獣みたいな男なんでしょ!」
「なんて こった!」と酔っ払いが叫ぶ。
「姿格好だけじゃなくて、話し方まで女房と同じじゃないか!」

14-5 Worst day
 F
or more than an hour the scrawny guy had sat at the bar staring down into his glass.
Suddenly a burly truck driver loped across the room, sat down next to him and drank the guy's drink.
The poor fellow burst out crying.
"Oh, come on, pal," the trucker said.
"I was just joking. Here, I'll buy you another drink."
"No, that's not it," the man replied.
"This has been the worst day of my life. I overslept this morning and was late for work and got fired. When I left the office, I came out only to find my car had been stolen. I hailed a cab to go home but realized I had left my wallet at the house, so I walked the six miles home. Then I found my wife in bed with our neighbor, so I grabbed my wallet and came here. And just when I was thinking about putting an end to my life," the guy sighs, "you show up and drink my poison."
 最悪の日
 ガリガリに痩せた男が一時間以上もバーのカウンターに座って、自分の飲み物をじっと見つめ続けていた。
突然大柄なトラック運転手が大股でバーに入って来ると、この男の隣に座り、サッとこの男の飲み物を飲み干してしまった。
この気の毒な痩せた男は声を上げて泣き出してしまった。
「おい、おい、わかったよ、泣くなってば」とトラック運転手が話しかける。
「ちょっとからかっただけだよ。ほら、俺が一杯払うから、これを飲めよ」
「違うんだよ、わかっちゃないなぁ・・・。」と痩せた男が答える。
「今日は我が人生最悪の日で、それが今でも続いているんだ。今朝寝坊して会社に遅刻したら即首になっちまった。会社から帰ろうと駐車場に行ったら止めておいた車を盗まれていた。仕方ないからタクシーを止めて帰ろうとして、今朝財布を家に置き忘れたことを思い出して結局6マイル(約10km)歩いて家に帰ったのさ。家に入ったら女房が隣人とベッドの中でセックスの真っ最中。もうやけくそで財布を掴むとこのバーに来たと言うわけ。」
男はため息をつきながら独白を続ける。「そしてもうこんな惨めな人生に終止符を打とうとしていたら、突然あんたが飛び込んできて僕が飲もうとしていた毒薬を飲んじまうんだから・・・。(死ぬことすら出来ないんだから、全くついてないよ)」
・・・ということは、このトラック野郎はあの世に行く運命なのですね・・・。

14-6 Tomorrow I'll be sober
 A
t a bar a drunk shouts at homely women who are talking loudly next to him, "Hey, you're too noisy. Stop blabbing, you ugly bags!"
The two women gets infuriated and yells back, "Hold your tongue, you filthy drunk!"
The drunk says, "I may be drunk, but I'll be sober tomorrow morning. But you two will still be ugly!"
 明日になればシラフになるさ
 バーで酔っ払いが彼の席の隣りで大声で喋っている器量の悪い女性二人に怒鳴った。「うるさいぞ、ギャーギャー騒ぐんじゃない、このブス共め!」
二人の女性はカンカンに怒って怒鳴り返した。「黙れ、この薄汚い酔っ払い!」
酔っ払いはこう言った。「そう だ、俺は酔っぱらってるぞ。でも明日になればシラフになるさ。それに引き換え、お前達は明日になったってブスのままじゃないか!」

14-7 Hangover
 M
arty wakes up at home with a huge hangover.
He forces himself to open his eyes, and the first thing he sees is a couple of aspirins and a glass of water on the side table.
He sits down and sees his clothing in front of him, all clean and pressed.
Marty looks around the room and sees that it's in perfect order, spotless, clean.
So is the rest of the house.
He takes the aspirins and not ices a note on the table: "Honey, breakfast is on the stove, I left early to go shopping. Love You!"
So he goes to the kitchen and sure enough, there is a hot breakfast and the morning newspaper.
His son is also at the table, eating.
Marty asks, "Son, what happened last night?"
His son says, "Well Dad, you came home after 3 AM, drunk and delirious! Broke some furniture, puked in the hallway, and gave yourself a black eye when you stumbled into the door!"
Confused, Marty asks, "So, why is everything in order and so clean, with breakfast on the table waiting for me?"
His son replies, "Oh, that! Mom dragged you to the bedroom, and when she tried to take your pants off, you said, "Lady, leave me alone, I'm married!"
Then he notices a note on the kitchen table.
"A self-induced hangover - $100.00 Broken furniture - $200.00 Breakfast - $10.00 Saying the right thing - PRICELESS."
 二日酔い
 マーティが目を覚ますと最悪の二日酔い状態で、やっとの思いで目を開けて見たものは、ベッドの脇のサイドテーブルに水の入ったグラスとアスピリンだった。
身体を起こしベッドの上に腰掛けると、アイロンがかけられた彼の洋服がきちんと畳んで置かれているのに気付いた。
部屋を見回すと完璧に片付けられており、シミひとつなくきれいに掃除されていた。
彼の寝室だけでなく家全体が見事に片付けられていた。
マーティがアスピリンを飲もうと手を伸ばすと、テーブルの上には妻の筆跡によるメモが置かれているのに気付いた。
『あなた、朝食はオーブンの上に準備しておきましたからね。私は買い物に出かけます。愛しているわ!』と書かれていたので、台所に行ってみると、確かにそこには暖かい朝食と朝刊が待っていた。
ちょうどテーブルで朝食を食べていた息子にマーティは尋ねた。「ねぇ、昨晩のこと全然覚えていないけど、一体全体何が起きたのかな?」
「パパはね、」と息子が答える。「明け方3時にベロベロに酔っぱらって、足元もフラフラで家具は壊すし、廊下にゲロを吐いちゃうし、ドアにぶつかって自分の目の回りに真っ黒な隈を作っちゃうし、最悪だったよ!」
バツが悪くなったマーティは、恐る恐る尋ねる。「だとしたら、家中がきちんときれいに片付いていて、朝食まで準備されているのは、どういうことなんだ?」
息子が答える。「あぁ、そのこと?ママが酔っぱらったパパを寝室まで引っぱって連れて行き、パパのズボンを脱がして寝かそうとしたんだよ。そうしたらパパが『お嬢さん、やめてくれ、僕は結婚している身なんだから!』とママに言ったんだ。」
マーティは、台所のテーブルの上にある妻のメモに気付いた。
『一人で勝手に酔っぱらって迷惑をかけた代金$100。壊れた家具の修理代 $200。朝食代$10。(あなたが外でよその女性と浮気しているという)事実の告白補償代金:無制限』
そういうわけで、マーティの奥さんは"無制限のお金"を使うために、
ショッピングに出かけた後だったのです。

14-8 Band-Aids
 A
fellow decides to take off early from work and go drinking.
He stays until the bar closes at 2am, at which time he is extremely drunk.
When he enters his house, he doesn't want to wake anyone, so he takes off his shoes and starts tip-toeing up the stairs.
Half-way up the stairs, he falls over backwards and lands flat on his rear end.
That wouldn't have been so bad, except that he had couple of empty pint bottles in his back pockets, and they broke, and the broken glass carved up his buttocks terribly.
But, he was so drunk that he didn't k now he was hurt.
A few minutes later, as he was undressing, he noticed blood, so he checked himself out in the mirror, and, sure enough, his behind was cut up something terrible.
Well, he repaired the damage as best he could under the circumstances, and he went to bed.
The next morning, his head was hurting, and his rear was hurting, and he was hunkering under the covers trying to think up some good story, when his wife came into the bedroom. "Well, you really tied one on last night," she said.
"Where'd you go?"
"I worked late," he said, "and I stopped off for a couple of beers."
"A couple of beers? That's a laugh," she replied.
"You got plastered last night. Where the heck did you go?"
"What makes you so sure I got drunk last night, anyway?"
"Well," she replied, "my first big clue was when I got up this morning and found a bunch of band-aids stuck to the mirror."
 バンドエイド
 男はいつもより早めに仕事を終えて飲みに行こうと決心した。
そのままバーで明け方2時まで飲み続けたため、グデングデンに酔っぱらってしまった。
家に戻った男は、寝ている家族を起こしてはいけないと考え、靴を脱いで家に入り抜き足差し足で階段を上った。
階段の途中で酔っぱらった男は後ろ向けに倒れ、お尻をいやというほど床にぶつけてしまった。
倒れただけならそれほどひどくなかったが、あいにく両方の尻ポケットに空の酒壜をひとつずつ入れていたものだから、壜が割れてガラスの破片が容赦なく男の尻の肉に食い込んだ。
しかし男はしたたか酔っていたので、痛みを感じず、数分後部屋で着替えようとして初めて手が血まみれなのに気付いた。
男は鏡に自分の姿を映して、ようやく自分のお尻がズタズタになっていることがわかった。
「まずいな、この傷を何とかしなきゃ」と、朦朧とした男は何とかこの状態で出来る最上の手当をしてからベッドに倒れ込んで眠ってしまった。
翌朝彼が目を醒ますと頭が痛み、お尻が痛んだが、ベッドカバーの下で前屈みになりながら何とか言い訳を考えねばと男は考えていた。
そこへ彼の妻が入って来て、「ずいぶん遅くまで帰って来なかったわね、一体どこに行ってたの!?」と詰問した。
「遅くまで働いていてね、その後ちょこっと立ち寄ってビールを二、三杯飲んだだけだよ」と夫がとぼけようとすると、「ビール二、三杯だって?笑わせないでよ」と妻が鼻先で言った。「あんたは昨晩戻って来た時は、泥酔状態だったんだから」
「いったい、何で僕が泥酔状態だったなんて言えるんだ?」と夫がシラを切ろうとすると、「それはね、今朝起きて鏡を見たら鏡の上にあっちこっちバンドエイドが貼ってあったからよ」と妻はピシャリと言った。
酔って朦朧としていた男は、
鏡に自分の傷付いたお尻を映してお尻にバンドエイドを貼ったつもりが、
お尻ではなく映している鏡の方にバンドエイドを貼ってしまったのです。

14-9 Out of your head
 A
brain walks into a bar and says, "I'll have a beer."
The bartender looks at him and says, "Sorry, I can't serve you."
"Why not?" asks the brain.
The bartender replies, "You're out of your head."
 酔っぱらって
 脳が歩いてバーに入って行った。
「ビールを一杯」と注文すると、バーテンは脳を見るなり、「酒を出すことは出来ないね」と言った。
「なぜ?」と脳が尋ねると、バーテンは答えた。「あんた、酔っぱらっているからね」
Out of your headは酔っぱらっているという意味の慣用句ですが、
脳が一人で歩いて いるということは、
頭の中から飛び出してきた(out of your head)ということになるので、そこが掛詞になっています。
脳が一人歩きするという設定が既に普通の感覚ではないのですが…。

14-10 All my customers are deaf and dumb
 M
ike answered an ad for a bartender.
The owner said, "You can have the job. But the only thing is, all my customers are deaf and dumb."
"That's okay with me ," said Mike.
"Just remember when they hold up one finger that means they want a beer. Two fingers mean a shot of whisky."
The boss left Mike behind the bar.
And in the evening, the bar became packed with deaf mutes.
Mike filled their orders. One finger for a beer. Two for whisky.
Around 10:00 pm, one deaf mute stood up, opened his mouth, shook his head and waved his hands.
Mike didn't understand what the man wanted.
Suddenly, another mute did the same thing. Then , another and another.
Soon, every man at the bar was waving his hands and shaking his head with his mouth opened.
Mike phoned the boss, "What am I gonna do ? I don't know what they mean."
"Oh, don't worry about it," said the owner.
"They're just singing."
 うちのお客は聾唖者なんだよ
 バーテン募集広告に応募したマイクに店のオーナーが、「じゃ働いてもらおうか。うちのお客はすべて聾唖者なんだが大丈夫かね?」と聞いた。
「問題有りません」と、マイクが答えると、「じゃ、これだけ覚えておけ。お客が指を一本上げたらそれは『ビール一杯!』ということだ。指を二本上げたらそれは『ウイスキー一杯!』ということだ」と、言ってオーナーは店をマイクに任せて出て行った。
夕方になって聾唖者の客がぞろぞろバーに集まって来た。
指一本はビール、指二本はウイスキーと、マイクは彼等の注文をせっせとこなしていった。
夜の10時近くに一人の聾唖者が立ち上がると、口を開けて頭を振りながら手を大きく動かした。
マイクがこの男が何を欲しがっているのか理解出来ずにいると、突然もう一人の聾唖者が、先程の男と同じ動作を始めた。
そして一人、また一人と続き、すぐにバーに居た全員が口を開けたまま、頭を振りながら手を大きく動かす動作を続けた。
マイクは慌てて店のオーナーに電話をかけて状況を説明し、「私はどうすればいいんでしょうか?彼等が何を言おうとしているか和からないんです!」と悲鳴をあげた。
「あぁ、それは気にしなくて大丈夫」、とオーナーは答えた。
「彼等はただ歌を歌っているだけなんだから」

#14ー1〜10・11〜2021〜3031〜4041〜50


*  
*