●Kazさんのページ

#14.Drunk

#14ー1〜10・11〜20・21〜3031〜4041〜50

14-11 5 Whiskey Shots
 A
man goes into a bar and seats himself on a stool.
The bartender looks at him and says, "What'll it be buddy?"
The man says, "Set me up with five whiskey shots, and make 'em doubles."
The bartender does this and watches the man slug one down, then the next, then the next, and so on until all five are gone almost as quickly as they were served.
Staring in disbelief, the bartender asks why he's doing all this drinking.
"You'd drink 'em this fast too if you had what I have," said the man.
The bartender hastily asks, "What do you have pal?"
The man drunkenly replies, "I only have a dollar."
 ウイスキー5杯
 男が一人バーにフラリと入ってくるとカウンターの椅子に腰掛けた。
バーテンが「お客さん、何にしますか?」と聞くと、「ウイスキーのダブルを5つ、ここに置いてくれ」と注文した。
バーテンは言われた通りに5つのグラスにウイスキーをダブルで注いで置いた。
この男がグラスを注ぐときと同じスピードで次々に空にしていくのを見て、ビックリして何故そんなスピードで飲み干すのか、と尋ねた。
「あんたが俺と同じ立場なら、あんたも俺と同じスピードで飲むに違いないぜ」と男が答えたので、「どういうことかね?」とバーテンが尋ねる。
男はトロンと酔った目つきで答えた。「俺、1ドルしか持っていないんだよ」
1杯ずつ代金引換で飲むのがバーの普通のやり方ですから、
お金を1ドルしか持っていないこの男を、ウイスキーのダブル5杯を頼んで一気に飲んでしまったのですね。

14-12 Bar Bet
 A
guy walks into a bar and orders a drink.
Then says to the bartender, "I'll bet you one-hundred bucks that I can pee in this cup from straight across the room."
The bartender says, "You're on."
The guy then buys two more drinks, and puts his money on the table.
The guy then goes across the room and pees all over the place not once getting it in the cup.
The bartender takes the money and smiles.
The guy smiles back at him.
The bartender asks, "Why are you smiling? You just lost one-hundred bucks."
The guy then says, "I bet everyone else in the bar one-thousand dollars that I could pee all over the place and make you smile!"
 バーテンとの賭け
 男が一人バーに入ってきて飲物を注文した。
バーテンに向かってこう言った。「部屋の端からこのコップに向けてオシッコをして、見事この中に入れられるかどうか、100ドル賭けないか?」
バーテンは「その賭け、乗った!」と答えた。
男はもう二杯飲むと賭け金の100ドルをカウンターの上に置いて、部屋の隅へ歩いていった。
そこからオシッコを始めたが、あたり一面汚したものの、カウンターの上のカップにはまるで入らなかった。
バーテンは賭け金の100ドルを掴むと、ニッコリ笑った。
するとこの男もニッコリ笑い返してきたので、「何で笑うんだ?あんたは100ドル損したじゃないか?」
男が答えた。「僕はこのバーにいる全員と賭をしたんだ。僕があたり一面オシッコをしても、バーテンがニコニコしていたら1000ドルずつ賭けないか?って」

14-13 Disorderly Conduct
 T
hree guys are having a drink at the bar when a drunk comes stumbling in off the street.
The drunk points at the tallest guy in the middle and exclaims in a loud voice, "Hey you! I screwed your mother rotten last night!"
The guy in the middle shrugs and continues his conversation with his friends.
Frustrated by the lack of response, the drunk stumbles back into the street.
A few minutes later the drunk stumbles into the same bar, points a grimy finger at the same guy and yells, "Did you hear me, asshole? I said I fucked your mother last night and she was great!"
Finally, the tall guy in middle responds, "I know dad! I heard you twice. Now let's go home!"
 無分別な振舞い
 三人の男がバーで酒を飲んでいると、道をフラフラと歩いていた酔っ払いが店に入ってきた。
酔っ払いは三人の中で一番背の高い男を指差して、大声で怒鳴った。「おい、お前!俺は昨夜お前のおふくろさんと、とことんセックスをしたんだぞ!」
背の高い男は酔っ払いはどうしようもないといった感じで肩をすくめると、仲間との話を途絶えさせなかった。
相手にしてもらえなかった酔っ払いはイライラしながら店の外に出て行った。
数分後にフラフラと同じ店に戻ってきたこの酔っ払いは、垢じみた指を再び先ほどの男に向けてこう叫んだ。
「俺の言ったことを聞いているのか、阿呆ったれ!俺はお前のおふくろと昨夜寝たんだよ。彼女ベッドの中ではなかなか良かったぞ!」
ようやくこの背の高い男が答えた。
「わかっているよ、親父。二回も言わなくたって。さ、一緒に家に帰ろうぜ!」
この酔っ払いは実の父親だったのです。
バーの客の前で息子に向かって「お前のおふくろと昨晩寝たぞ!」なんて、言いますかねぇ?

14-14 Oyakozake (The father and son who loved sake)
 T
here was once a father and son who drank so much that their health started to deteriorate.
They finally decided to give up sake altogether.
One day, however, while his son was out, the desperate father begged his wife for a little sake.
"Well, OK. But this time it'll really be only one bottle. You must finish it while our son is out," said his wife.
"OK, that's fine." But, as you know, that's not the way that sake works.
One bottle became two, two became three, t hree became four bottles and the father became as drunk as a rat.
Just then his wife told him that his son had come home. "He's back already? Keep him talki ng in the hall and give me some time before you bring him in here. Okay?"
He desperately cleared things away and tried to look sober.
 "Is that Genkichi?"
"Hi, Dad, I'm home," the son said and collapsed on the floor with a crash.
It turned out that he had been drinking with the owner of the shop he had just visited.
"What's the meaning of this?" slurred his father.
"Well, I went to visit Kawaguchiya, you know. The proprietor was just enjoying some sake and asked me to join him. I told him my father and I had given up drinking, but he got angry to hear that. He said to me, 'If you don't drink with me, you can never step foot in my house again!' I replied, 'It can't be helped. I vowed I won't drink sake any more.' Kawaguchiya-san praised me, 'Great! That's the spirit! With courage like that, you deserve a drink. Let's drink!' So finally I agreed and we downed three liters of sake between us. Tell me, Dad, is it really possible to give up your favorite thing?"
 "You idiot! You're really hopeless. I told you to stop drinking! Look at me. I can't even stand seeing sake. The reason why I am so strict with you is that I worry about your health. Ah…what's that? You've got seven, no eight faces now. Hey, no way! I can't leave my house and fortune to that kind of monster."
To which the son retorted, his body reeling from side to side, "Well, with this house spinning round and round like this, what's the point of my inheriting , anyway…"
 親子酒(酒好きの親と息子:古典落語『親子酒』より)
 昔飲み過ぎて体を悪くするほど酒好きの父親と息子がおりました。
これじゃいかんと、お互いに酒を飲むのはもうよそうという約束をしました。
ところがある日息子が出かけた時に、禁酒に我慢しきれなくなった父親が女房に「ちょっとだけ酒を飲ませてくれ」と哀願しました。
「仕方ないわねぇ、でも本当に一本だけですよ。息子が戻らないうちに飲み終えて下さいよ」と女房が言うと、亭主は「わかった、わかった、そうする」と答えました。
ところが飲んべえが酒を飲み出したら一本だけで済むわけがありません。一本が二本、二本が三本、三本が四本になって、この親父、いつの間にかベロンベロンになってしまいました。
その時女房から息子が帰宅したと言われて、この男は「えぇ!あいつがもう帰って来たのかい?ちょっと玄関でつないでから、ゆっくりこっちへ連れて来ておくれ、いいかい、わかったね」と言うと、あわててお銚子を片付けて素面 (しらふ)のふりをして息子を待ちました。
 「おや、源吉かい?」
「お父っつぁん、ただいま戻りました」と言うなり息子は、ドッターンと畳の上に倒れてしまいました。
実は息子は訪問先の旦那としこたま飲んできた帰りだったのです。「い、一体、ど、どういうことなんだ、このザマは?」と、ろれつが回らぬ 口調で親父が息子に尋ねます。
「いやね、あっしが川口屋さんに使いに行ったでしょ、そしたら旦那がちょうどご酒を召し上がってらしたんですよ。『お前さんも一緒に一杯どうだい?』と誘われたもんですから、『いえ、あっしは親父と一緒に酒を断ったもんで、それはご勘弁を』と断ったんですよ。そうしたら川口屋の旦那がえらい剣幕で、『俺の酒が飲めねぇってんなら、金輪際うちへの出入りは禁止だぞ!』て言うんです。あっしは『そう言われるなら、仕方ありません。でも二度と酒は口にしないと誓ったんですから、どうぞお酒は勘弁して下さい』とお答えしました。そうしたら川口屋さんたら、『偉い!その心意気が気にいった!さぁ飲め!』って言われるもんですから、『それじゃぁ、いただきます』ってことになって、結局二人で一升五合(約3リットル)飲んでしまいました。お父っつあん、やっぱり好きなものをやめるなんて、無理ですよねぇ」
 「馬鹿野郎!なんて情けねぇ奴なんだ、おめえは。あれほど酒を飲んじゃいけねぇって言ったのに。お父っつあんを見なさい。もう、お父っつあんは酒を見るだけでぞーっとしますよ。あたしがお前さんにやかましく言うのは、お前さんの身体を思えばこそでしょ。
ありゃりゃ、こりゃ何だ?お前の顔が七つにも、いや八つにも見えるぞ。じょ、冗談じゃねぇぞ、こんな化け物みてえな野郎に、この身代は譲れるもんか」と酔っ払った親父が言うと、息子も負けずに体をぐらぐら揺らつかせながら言い返します。「お、俺だって、こんなにグルグル回る家なんか、ほ、欲しくないわい!」

14-15 Past Closing Time
 A
policeman cruising past a bar after closing time notices two motor bikes still parked out front.
He goes around the back of the pub only to find two bikers, one with his fingers up the ass of the other.
"So, what's going on here?" the cop asks.
The biker replies, "My mate here has had too much to drink and I' m trying to make him vomit."
The cop says, "I think you should be sticking your fingers down his THROAT!"
The biker replies, "That's what I'm going to do next!"
 営業時間を過ぎて
 巡回中の警官が、営業時間を過ぎたバーの前に2台のオートバイが置かれているのに気付いた。
バーの裏手から中に入った警官は、二人のバイカーのうち一人が相手のお尻に指を突っ込んでいるのを見て、「何をやっているだ?」と尋ねた。
「友達がひどく酔っぱらっちゃったので、胃の中のものを吐かせてやろうとしているんですよ」とバイカーが答えたので、「そんなことしないで、指をそいつの口に突っ込めば良いじゃないか」 と警官が訝(いぶか)しんだ。
バイカーが事も無げに言う。「あ、これからそうするつもりだったんです。」
ただ指を突っ込むだけでなく、
その前にお尻のウンコを指につけて口に突っ込めば、 オエー…\(>o<)/

14-16 New Year's Eve
 O
n New Year's Eve a woman stood up at the local pub and said that it was time to get ready.
"At the stroke of midnight, I want every husband to be standing next to the one person who has made his life worth living!"
Well, it was kind of embarrassing.
The bartender was almost crushed to death.
 大晦日の夜
 ある大晦日の夜、町の酒場で一人の女性が立ち上がると、「皆さん、準備はいいですか?」と演説を始めた。
「年が変わるその瞬間、ここにいる全ての既婚男性は、ご自分の人生で一番大切な人の横に立つことをお願いします!」
それは、ちょっと目も当てられない風景になりました。
零時の時報とともにカウンターの中にいたバーテンは、周りに 寄ってきた男性群にあやうく押しつぶされるところだったそうです。
既婚男性が一番大切なのは、(この女性が期待していたこととは裏腹に)酒場のバーテンだったのです。
奥さんよりバーテン相手の方がよっぽど気が休まるということでし ょう。

14-17 Parka
 O
ne winter night it's forty below zero in Alaska.
Pat is drinking at his local saloon and the bartender says to him, "You owe me quite a bit on your tab."
" Sorry," says Pat, "I'm flat broke this week."
"That's okay," says the bartender. "I'll just write your name and the amount you owe me right here on the wall ."
"But," says Pat, "I don't want any of my friends to see that."
"They won't, " says the bartender. "I'll just hang your parka over it until it's paid."
 毛皮ジャケット
 氷点下40度の真冬のアラスカの夜、パットは地元のバーで酒を飲んでいた。
バーテンが彼に「お勘定が大部たまってちるんだけどねぇ」と言うと、パットは「悪いなぁ、でも払いたくても今週は一文無しなんだよ」と答えた。
すると「それは構わんさ、あんたの名前と今までの借金額合計を壁に書いておくよ」とバーテンが言うので、「でもさぁ、俺の友達にそいつを見られたくないんだよ」とパットが懇願した。
「大丈夫、そういうことにはならないよ。あんたが借金を払うまで、あんたの毛皮のジャケットをその文字の上に掛けて見えないようにしておくからさぁ」
お金が支払えないなら、パットは氷点下40度の表に毛皮ジャケットなしで歩いて出なければなりません。

14-18 Arthritis
 A
drunk that smelled like a brewery got on a subway one day.
He sat down next to a priest.
The drunk's shirt was stained, his face was full of bright red lipstick, and he had a half empty bottle of wine sticking out of his pocket.
He opened his newspaper and started reading.
A couple of minutes later he asked t he priest, "Father what causes arthritis?"
"Mister, it's caused by loose living, being with cheap wicked women, too much alcohol and contempt for your fellow man."
"Geez, I'll be damned," uttered the drunk and returned to reading his paper.
The priest, thinking about what he said turned to the man and apologized.
"I'm sorry son, I didn't mean to come on so strong. How long have you had arthritis?"
"I don't, father. I was just reading in the paper that the Pope has arthritis..."
 リューマチ
 ある日、それこそ醸造所みたいにアルコールの臭いをプンプンさせた酔っ払いが地下鉄に乗った。
彼は地下鉄乗っていた神父の隣の席にドスンと腰掛けたが、彼のシャツは酒のしみが広がり、顔のそこいら中に真っ赤な口紅のキスマークがつけられていた。
おまけに半分空になったワインの壜の先がポケットから突き出ていた。
酔っ払いは新聞を広げて読み出したが、数分後隣の神父に突然話しかけた。
「神父様、リューマチになる原因は何ですか?」
「それはだらしない生活をして、安っぽい女と一緒に過ごして、アルコールを飲み過ぎて、他の人のことを蔑むようなことをする人に起こる病気じゃよ」、と神父が酔っ払いに苦々しく答えた。
「ひぇー、そいつは驚いた」と言って、酔っ払いは再び新聞を読み出した。
神父はちょっときついことを言い過ぎたかな、と反省して酔っ払いに言葉をかけた。
「失礼、先程は少し言い過ぎたかもしれんが、あんたのリューマチの具合はそんなに悪いのかね?」
「私がリューマチだって?違いますよ、神父様。私が読んでいる新聞にローマ法皇がリューマチだって書いてあったものですから尋ねたんですよ」
神父はてっきりこの酔っ払いがリューマチで悩んでいるのだと思い、
言葉を強めて酔っ払いのだらしない生活を非難したのですが、
それがそっくり彼の崇めるローマ法皇を非難することになってしまったのです。

14-19 Pea
 T
here was a businessman, and he was not feeling well, so he went to see the doctor about it.
The doctor says to him, "Well, it must be your diet, what sort of greens do you eat?"
The man replies, "Well, actually, I only eat peas, I hate all other green foods."
The doctor was quite shocked at this and says, "Well man, that's your problem, all those peas will be clogging up your system, you'll have to give them up!!"
The guy says, "But how long for, I mean I really like peas!"
The doctor replies, "Forever, I'm afraid."
The man is quite shocked by this, but he gives it a go and sure enough, his condition improves, so he realizes that he will never eat a pea again.
Anyway, one night, years later, he's at a bar with his clients and getting quite sloshed.
One client says, "Well, I'd love to have a cigarette, because I haven't smoked for four years since I gave it up."
The barman goes, "Really? I haven't had a game of golf for 3 years. I gave it up because it cost me my first marriage."
The businessman says, "That's nothing. I haven't had a pea for 6 years."
Suddenly the barman jumps up screaming, "Okay, everyone who can't swim, grab a table..."
 豆
 体調が悪いビジネスマンが医者に相談に行った。
医者は「あなたの食生活に問題があるのではないかと思います。緑黄野菜は何を食べていますか?」と尋ねた。
ビジネスマンが「実は豆しか食べません。他の緑黄野菜全てが嫌いだからです」と答えたものだから、医者はとても驚いて、「それ、それが原因ですよ。豆しか食べないから血管が詰まってしまうのですよ。豆を食べることを止めなければなりません」と申し渡した。
ビジネスマンは「でも、僕は本当に豆が好きなんですよ。どの位の期間豆を食べることを我慢すればよいのですか?」と訴えたが、医者は「これから先ずっと、ですよ。気の毒ですけど」とにべもなかった。
男は大変ショックを受けたが、医者の言いつけを守ることにした。
そしてそのおかげで彼の健康は回復したので、彼は二度と豆を食べることはしなかった。
話は数年後に飛ぶ。ある夜このビジネスマンはお客さん達と一緒にバーで飲んでいたが、彼はかなり酔っぱらっていた。
一緒に飲んでいたお客の一人が「タバコを吸いたいなぁ。禁煙してからもう何年も経つけど、無性に吸いたくなることがあるよ」、と言った。
これを聞いていたバーテンが、こう言った。「本当ですか?僕はここ3年間ゴルフをしていないんですよ。というのはゴルフばかりしていたものだから、最初の女房とは離婚するはめになってしまったんですよ」
さてそこでこのビジネスマンが、口をはさんだ。「そんなことって、どうってことないよ。僕なんか、この6年間豆(Pea)を食べたことがない(haven't had)んだから」
それを聞いたバーテンダーが大あわてで飛び上がると、大声でバーの客に叫んだ。「いいかい、泳げない人はしっかりテーブルに掴まっていろよ!」
バーテンはPea(豆)を同じ発音のPee(オシッコ)と勘違いしたのです。
6年間もオシッコをしていない(haven't had)男が、この場でオシッコを始めたら
バー全体が洪水状態になってしまうと思ったので、慌てて叫んだのです。

14-20 Drinking Problems
 H
arry had a bit of a drinking problem. Every night, after dinner, he took off for the local pub.
He spent the whole evening there, and arrived home, well inebriated, around midnight each night.
He always had trouble getting his key in to the keyhole, and getting the door opened.
His wife, waiting up for him, would go to the door and let him in.
Then she would proceed to yell and scream at him, for his constant nights out, and coming home in a drunken state.
But, Harry continued his nightly routine.
 One day, the wife was talking to a friend a bout her husband's behavior, and was particularly distraught by it all.
The friend listened to her, and then said, "Why don't you treat him a little differently when he comes home? Instead of berating him, why don't you give him some loving words, and welcome him home with a kiss? He then might change his ways. "
The wife thought it was worth trying.
 That night, Harry took off again, after dinner. And, about midnight, he arrived home, in his usual condition.
His wife heard him at the door, quickly went to it, opened the door, and let Harry in.
This time, instead of berating him, as she had always done, she took his arm, and led him into the living room.
She sat him down in an easy chair, put his feet up on the ottoman and took his shoes off.
Then she went behind him, and started to cuddle him a little.
After a while, she said to him, "It's pretty late. I think we had better go upstairs to bed now, don't you?"
At that, Harry replied, in his inebriated state, "I guess we might as well. I'll get in trouble when I get home anyway!"
 飲み過ぎ
 ハリーは飲み過ぎが問題だった。
毎晩夕食を食べてから近所のパブに出かけて、そこでずっと飲み続け、真夜中過ぎにベロベロに酔っぱらって家に戻ってくるのが常だった。
玄関の鍵穴に鍵を差してドアを開けることもおぼつかず、家の中でハリーを待っている奥方が毎回玄関を開けて中に入れてやらねばならなかった。
奥方は火がついたように夫にわめきたてたが、ハリーの泥酔状態での帰宅は毎晩変わることはなかった。
 ある日奥方は自分の友人に旦那の酒乱振りを話して、このままでは自分もおかしくなってしまいそうだと嘆いた。
彼女の友人は話を聞くと、「旦那が酔っぱらって帰宅した時、いつもと違う対応をしてみたらどう?ガミガミ怒鳴るのではなく、優しい言葉で迎えてキスのひとつもしてあげたらどうかしら?そうすればハリーも行いを改めるかもしれなくてよ」とアドバイスした。
奥方はそのやり方は試してみる価値はあるかもしれないと考えた。
 さてその晩もいつもの通りハリーは夕食後パブに出かけ、真夜中過ぎにベロベロになって帰宅した。
夫がドアをがちゃがちゃさせているので、急いで出迎えるとドアを開けて彼を家の中に入れた。
今日はいつもの様に夫を怒鳴ることはせず、腕をかかえて居間に連れて行くとソファに夫を座らせ、足台に両足を乗せて、靴を脱がせてやった。
その後彼に向かって「もう夜も遅いから、二階に上がって寝室のベッドに行きましょうよ、ネ、いいでしょ?」と言った。
それを聞いたハリーは呂律もあやしくこう答えた。「うん、そうしよう。どっちみち家に戻ればギャンギャン怒鳴られるんだから…」
ハリーはこんなに親切な女性は自分の奥方ではなく、よその誰かだと思っているのです。

#14ー1〜10・11〜20・21〜3031〜4041〜50

*  
*