●Kazさんのページ

#14.Drunk

#14ー1〜1011〜20・21〜30・31〜4041〜50

14-21 Sun or moon?
 T
wo drunks were staggering home one night.
One looked up and asked, "Is that the sun or the moon up there?"
"I don't know," replied the other, "I don't live around here."
 月だっけ?太陽だっけ?
 ある晩二人の酔っぱらいが千鳥足で道を歩いていた。
一人の酔っぱらいが上空を見つめて、「おい、あれは月だっけ?太陽だっけ?」と言うと、連れの酔っ払いが答えた。
「よくわからんな。なにしろ俺はこの辺りに住んでるんじゃないからな」
月と太陽の区別もつかないほど酔っぱらっている男の相棒は、それをさらに上回るボケ振りで答えています。

14-22 Batman
 T
here was a guy in a bar one night that got really drunk, I mean REALLY, REALLY drunk.
When the bar closed he got up to go home.
As he tumbled out the door he saw a nun walking on the sidewalk.
So he stumbled over to the nun and punched her in the face.
Well the nun was really surprised but before she could do or say anything he punched her again.
This time she fell down and he stumbled over to her and kicked her in the butt, then he picked her up and threw her in to a wall.
By this time the nun was pretty weak and couldn't move very much so then he stumbled over to her, put his face right next to hers and said: "Not very strong tonight, are you Batman?"
 バットマン
 ある晩バーでベロベロに酔っぱらっている男がいた。
まさしく泥酔状態だったが、お店が閉店となってしまったので、その男は家に帰らねばならなくなった。
足許もあやしい状態でバーのドアを開けて表に出た男は、歩道をあるいている尼僧に気がついた。
男はよろけながらその尼僧に近づくなり、いきなり彼女の顔を殴りつけた。
尼僧は突然の出来事に何がなんだかわからず文句を言おうとしたが、その前にこの男は二発目のパンチを尼僧にみまっていた。
吹っ飛ばされた尼僧が道にうずくまると、酔っ払いは彼女のお尻めがけて思い切り蹴りをくらわした。
その上無抵抗の彼女を引きずり起こすと、壁に向かって思い切り叩き付けた。
ここまで酷い目にあわされた尼僧は意識を失いかけ、死んだように動かなくなってしまった。
千鳥足の酔っ払いは地面に横たわる尼僧の顔に自分の顔を近づけると、呂律の回らぬ 口で話しかけた。
「なんだ、今夜は大したことないじゃないか。お前、本当にバットマンなのか?」
ペンギンを思わせる黒い服の尼僧を、バットマンと間違える程この酔っ払いは酩酊状 態だったのですね。

14-23 40 dollars
 A
guy is drinking all afternoon and suddenly pukes all over his shirt.
He slobbers, "My wife is gonna kill me."
The bartender says, "Put a 20 dollar bill in your top pocket and tell your wife that a drunk threw up on you and then gave you the 20 bucks to get it cleaned."
He agrees it's a great idea.
When he gets home and tells his wife the story and hands her the money.
She says, "But there's 40 dollars here."
He says, "Yeah, he shit in my pants, too."
 40ドル
 昼間からずっとバーで飲み続けていた男が飲み過ぎで戻してしまって、汚物で自分のシャツを汚してしまった。
「これを見たらカミさんが怒って、僕は殺されてしまうかもしれないよぉ」と呂律の回らない口調で酔っ払いが言ったので、バーテンが助け船を出した。
「胸のポケットに20ドル入れておいて、奥さんには『酔っ払いにゲロをはかれて、そいつがクリーニング代としてこの20ドルを渡したんだ』と言ったらどうです?」
男はそれは良い考えだと思った。
さてこの男が自宅に戻りバーテンが考えた話を妻にして、ポケットのお金を渡した。
妻が「でもこれ20ドルじゃなくて40ドルじゃない?」と言うと、「そうなんだよ。その酔っ払いの男は僕のズボンにウンコまで漏らしちゃってね…」
他人のシャツにゲロを吐くことは考えられますが、他人のズボンにウンコを漏らすことは出来ませんよね。

14-24 Alcoholics Anonymous
 H
e is such a mean guy that he sends martini-flavored ice cream to Alcoholics A nonymous.
 禁酒運動協会
 禁酒運動協会にマティニ味のアイスクリームを送るなんて、あいつはとんでもなく底意地の悪い男だよ。
Alcoholics Anonymousは直訳すると「無名のアルコール依存症患者」という意味ですが、
酒を断つためにお互いに協力しあう禁酒運動協会です。

14-25 Too bloody drunk to walk
 A
drunk staggered out of a pub and got into his car, fumbling with his key.
A policeman watched him and went over to him. "Excuse me, sir. You are not thinking of driving that car, are you?"
"Certainly I am, officer," the drunk slurred, "I am too bloody drunk to walk."
 飲み過ぎて歩けないよ
 足元がおぼつかない酔っ払いがパブから出て、フラフラ歩いて駐めてある自分の車まで辿り着くと、鍵を開けようとしたが手許が定まらず、鍵穴をガチャガチャさせていた。
一部始終を見ていた警官が彼のところに歩み寄って、「失礼、まさか車を運転しようなんて考えていないでしょうね?」と尋ねた。
「お巡りさん、僕はそのつもりなんだけど 」と、呂律の回らない酔っ払いが答える。「な、なにしろ、飲み過ぎて歩けないんだもんね…」

14-26 Jesus Christ
 A
drunk stammers out of a bar and runs into two priests.
He runs up to them and says, "I'm Jesus Christ."
The first priest says, "No, son, you are not Jesus Christ."
The drunk says it to the second priest.
The second priest replies, " No, son, you are not Jesus Christ."
The drunk says, "Look, I can prove it." and walks back into the bar with the priests.
The moment the bartender takes a l ook at the drunk, he exclaims, "Jesus Christ! You're here again?"
 イエスキリスト(何てこった!)
 ふらつく足でバーから出てきた酔っ払いが、二人の神父を見てそこへ近づいていくなり、「俺はイエスキリスト(Jesus Christ)だ!」と大声で叫んだ。
最初の神父が「いえ、あなたはイエスキリストではありません」と否定した。
酔っ払いは同じことを二番目の神父にも言ったが、「いえ、あなたはイエスキリストではありません」と言われてしまった。
「いいか、よく見ていろよ、俺がイエスキリストだっていうことを証明してみせるからな」と言うなり、酔っ払いは千鳥足でバーの中へ戻って行った。
彼の姿を見るなりバーテンが叫んだ。「なんてこった(Jesus Christ!)また、お前戻ってきたのかよ」
Jesus Christは確かにイエスキリストという人名ですが、
"Oh my God!"などと同じように、驚きや悪態をつく時も"Christ!"とか、"Jesus Chrisit!"と使われます。

14-27 Yoga
 A
research confirms that drinking gives you the same benefits yoga does.
So let's start drinking in the interest of healthy relaxation.
1. Salambhasana
  This is great exercise to stimulate the waist, legs, and arms.
2. Ananda Balasana
 This position is great for massaging the hip area.
3. Marjayasana
 This position stimulates the midriff area and the spinal column.
 ヨガ
 ある調査によると、酔っぱらうことはヨガと同じ効果が有るということが確かめられた。
リラックスして健康な生活を送るために酒を飲んで酔っぱらいましょう!
1.サラムバサーナ 腰、手足を刺激するために良い運動です。
2.アランダバラサーナ この姿勢は臀部・股関節近辺をほぐします。
3.マラジャヤサーナ この姿勢は横隔膜と脊柱を刺激します。

14-28 Baptist cowgirl
 A
cowgirl from Arkansas moves to Texas and walks into a bar and orders three mugs of Bud.
She sits in the back of the room, drinking a sip out of each one in turn.
When she finishes them, she comes back to the bar and orders three more.
The bartender approaches and tells the cowgirl, "You know, a mug goes flat after I draw it. It would taste better if you bought one at a time."

 The cowgirl replies, "Well, you see, I have two sisters. One is in Australia, the other is in Dublin. When we all left our home in Arkansas, we promised that we'd drink this way to remember the days when we drank together. So I'm drinking one beer for each of my sisters and one for myself."
The bartender admits that this is a nice custom, and leaves it there.
The cowgirl becomes a regular in the bar, and always drinks the same way.
She orders three mugs and drinks them in turn.

 One day, she comes in and only orders two mugs.
All the regulars take notice and fall silent.
When she comes back to the bar for the second round, the bartender says, "I don't want to intrude on your grief, but I wanted to offer my condolences on your loss."
The cowgirl looks quite puzzled for a moment, then a light dawns in her yes and she laughs.
"Oh, no, everybody's just fine," she explains, "It's just that my husband and I joined the Baptist Church and I had to quit drinking. But it hasn't affected my sisters though."

 バプテスト派の牛飼い少女
 アーカンソーの牛飼い少女がテキサスに移って来た。
彼女はバーに入るなりバドワイザービールの生をジョッキで三杯注文した。
席に座ってビールが運ばれるやいなや、彼女はそれぞれのジョッキを一息で飲み干した。
ジョッキ三杯を空けるとバーテンに更に三杯注文した。
バーテンが再びジョッキを運んできて、「生ビールは注いだ後はどんどん気が抜けていくから、どうせなら一杯ずつ注文した方が美味しい味を楽しめますよ」と言った。

 牛飼い少女は「実はね、私達は三人姉妹で、現在一人はオーストラリアに、一人はダブリンにいるのよ。私達三人がアーカンソーの実家を出る時、三人一緒に飲んだことを思い出すために、自分が飲むときはいつでも三杯ずつ飲むことにしよう、と約束したのよ。つまりジョッキ一杯は私の分、残りの二杯は私の姉妹達のために飲んでいるのよ」と答えた。
バーテンは、それは素敵なやり方だと認めて黙ってジョッキを三つ置いて去った。
この牛飼い少女はバーの馴染み客となり、いつもこの飲み方、即ち一度に三杯のジョッキを注文して、順番にひとつずつ空にしていった。

ある日彼女はバーに入って来てジョッキ二杯を注文した。
バーの馴染み客はこの異変に気づいてシーンとなった。
彼女が二杯のジョッキを空にして、お替わりを頼みにバーテンのところにやって来た時、バーテンは「あなたの悲しみをお察しいたします。ご親族を亡くされた悲しみを心よりお悔やみ申しあげます」と言った。
彼女は一瞬何のことだかわからずに、目をパチクリさせたがすぐに顔が明るくなり大声で笑った。
「あーら、違うのよ。私の姉妹は皆元気ですよ」と説明を始めた。
「二杯になったのは、私と夫がバプテスト派の教会に行くようになって、私はお酒を飲むことは出来なくなったの。でも私の二人の姉妹には関係ないことですものね」


14-29 Snail
 O
ne night a pregnant wife says to his husband, "I want some escargot."
The husband is puzzled and says, "What?"
"Escargot! Snails! I want to eat some snails!" she screams.
The husband looks at her and pleads, "Oh, come on, honey. The refrigerator is full of food in case you get cravings - pickles, ice cream, sweets. Everything you like. But, what's up with the snails?"
"I want snails! Right now!" she screams.
"All right, all right," the husband says, "but where am I going to get snails this time of night?"
"There is a gourmet deli six blocks from here. It opens all night," the wife says.
The husband gets dressed and goes to the deli.
He buys a bag full of fresh snails and starts to walk home, but on the way he passes the local pub and sees his buddies in the window, waiving for him to com in.
He goes in and says he can only stay for one drink.
Well, you know, how boozers are. One drink leads to another and the next thing you know it is 4 a.m.
The guy grabs the bag of snails and runs home.
At the entrance he drops the bag and all the snails fall out.
At that moment, the door opens and the wife yells, "Where the hell have you been?"
The guy looks at the snails walking toward the hall and then looks back at his wife with a gesture of his arm, saying, "Come on, let's go! We're almost there!"
 カタツムリ
 ある晩妊娠中の妻が夫に向かって「エスカルゴが欲しい!」と言った。
夫は不思議そうな顔をして「何だって?」と聞き返した。
「エスカルゴ!カタツムリよ!カタツムリが食べたいの!」と妻が大声を上げた。
妻の顔を見つめながら夫がなだめるように言った。「冗談もほどほどにしろよ。妊娠した君が欲しがりそうな食べ物は全て冷蔵庫に入っているんだから。酢漬けの野菜、アイスクリーム、甘い御菓子とか。でもカタツムリなんて考えもつかなかったし…」
「今すぐカタツムリを食べたいの!」と妻はヒステリックな声を上げる。
「わ、わかったよ、でもこんな夜遅くどこでカタツムリが手に入るっていうんだい?」
「この家から6ブロック先に、終夜営業の食道楽用食材店があるわ」と妻が答える。
夫は洋服を着替えるとその食材店に歩いて向かった。
その店で生きているカタツムリを袋一杯買って、 家に向かって戻り始めた。
途中いつも立ち寄る酒場の横を過ぎた時、ガラス窓越しに彼の飲み仲間が手を振って、中に入れよと合図しているのが見えた。
彼は酒場に足を踏み入れると、「悪いけど、一杯だけしか付き合えないよ」と言った。
でも、飲んべえがそんなもので収まる訳がないってことはご存じでしょ?一杯が二杯になり、とどのつまりは午前4時になってしまうことに…男はカタツムリの入った袋を掴むと、慌てて家へ走り帰った。
家の玄関の前に袋の中から出したカタツムリをぶちまけた丁度その時、玄関のドアが開いて「今まで、いったいどこに居たのよ!」と、妻の怒鳴り声が響き渡った。
夫は玄関から家の中に向かってゆっくり歩むカタツムリを見つめてから、妻の方へ顔を向けて、両手を広げて仕方ないといったジェスチャーで、カタツムリたちに言った。「ほら、頑張れ!あと一息で到着だぞ!」
酒場で飲んできたことをごまかすために、
カタツムリ達をずっと歩かせてきたふりをしているのです。

14-30 Pay your grandfather's bill
 T
here was a notice on the door of a bar; "You can charge it to your grandchildren!"
The customers were very glad to read it and rushed to the bar.
After drinking gallons of beer and whisky without worrying about payment, a drunk happily waved his hand to the bartender and staggered to the door.
The bartender shouted at him, "Sir, it'll be $150!"
The drunk shouted back at him, "Hey, we can put it on our grandchildren's tab, can't we?"
The bartender said, "Yes, you can. Your grandchildren will be charged $150 for tonight's payment. But you have to pay your grandfather's bill now."
 お爺さんのツケを支払う
 あるバーの入口のドアに「支払いはツケにして、あなたの孫に回せます」という看板が掲げられていたので、お客達は大喜びでこのバーに殺到した。
勘定の心配をしなくてよいので、ビールと酒をしこたま飲んで酔っ払った男が、嬉しそうにバーテンに手を振ってそのまま千鳥足で出口に向かって歩きだした。
「その通りですよ。あなたのお孫さんにあなたの今日の150ドルのツケを払ってもらいますが、あなたはあなたのお爺さんのツケを、今支払ってもらわなければならないんですよ」
形の上ではツケがきくように思わせて、実はその場で支払うことになるのですから、
酒を沢山飲ませるための、巧妙な営業テクニックなのですね。

#14ー1〜1011〜20・21〜30・31〜4041〜50


*  
*