●Kazさんのページ

#14.Drunk

#14ー1〜1011〜2021〜30・31〜40・41〜50

14-31 Crowbar from Sears
 A
small, meager guy was drinking at a bar when all of a sudden a big, brute guy came in and --WHACK!! -- knocked the small guy off the bar stool and onto the floor.
The big guy shouted, "That was a kung-fu chop from China."
The little guy grumbled "GEEZ," but he got back up on the stool and started drinking again.
Then, -WHACK-- the big guy knocked him down again and hollered, "That was a karate chop from Japan."
So the little guy had enough of this and he brushed himself off and quietly left.

 This little guy returned in 15 minutes and without saying a word, he walked up behind the big idiot and --Bong!!!-- banged the big guy off his stool, knocking him out cold!!!
The little guy looked at the bartender and said, "'When he comes to, tell him that was a crowbar from Sears."

 シアーズ製の金棒
 小柄で貧弱な身体の男がバーで酒を飲んでいると、突然獣みたいな大男がやって来て小柄な男をガツーンと殴り飛ばした。
小柄な男はバーの椅子から吹っ飛んで床に叩きつけられた。
大男は「これは中国のカンフーチョップだ!」と大声で怒鳴った。
床に叩きつけられた男は「チェッ」と呻くと、座っていたバーの椅子に戻ると再び酒を飲み出した。
すると大男はもう一度ガーン!と小男を殴り飛ばすと、「これは日本の空手チョップだ!」とわめいた。
小男はもう沢山だと言わんばかりに床から起き上がると、周りの客をかき分けて黙ってバーから去って行った。

 15分後この小男はバーに戻って来ると、ひと言も喋らずに先程の大男の後ろに歩み寄り、ボカーン!と大きな音を立てて男の頭を
殴りつけた。
大男は椅子から吹っ飛んで意識を失ってピクとも動かなくなった。
小男はバーテンに向かって、「こいつの意識が戻ったら、これはシアーズ(=アメリカの量販店)製の金棒だったと言ってやんな」と言った。

小男は腕力ではかなわないので、鉄製の金棒を購入し、
そいつで大男の頭を思い切り引っぱたいたのです。

14-32 Beetender
 A
n inebriated lady stumbles into a bar and says, "Beetender, give me a dribble martuni, and put a pickle in it."
The bartender gives it to her and she drinks it down.
Then she says, "Beetender, give me another dribble martuni and you better put two pickles in it, because I've got heartburn."
The bartender says, "Lady, it's not beetender, it's bartender. It's not martuni but martini and it's not dribble but double. That's not a pickle but an onion. And you haven't got heartburn. You've got your left tit in the ashtray."

 ビーテンダー
 酩酊した女性が、ふらつく足取りでバーに入って来ると、「ビーテンダー(Beetender)、ボタボタこぼれる(dribble)マルテュニ(martuni)を一杯ちょうだい。中にキュウリのピクルスを一個入れてよ」と注文した。
バーテンダーは酔っ払ったその女性に飲み物を渡すと、彼女は一気に飲み干してしまった。
そして彼女は「ビーテンダー、もう一杯、ボタボタこぼれるマルテュニをちょうだい。ピクルスは二個入れてね。どうも胸焼けがするのよ」と頼んだ。
バーテンダーが彼女に注意した。「いいですか、奥さん、僕はビーテンダーじゃなくてバーテンダーですからね。それから飲み物はマルテュニではなく、マティニで、ボタボタこぼれている(dribble)んじゃなくて"二杯分"(double)という意味ですからね。中に入っているのはピクルスではなくて、オニオン(タマネギ)ですよ。あなたは胸焼けしているんじゃありません。あなたの左のオッパイが灰皿の中で焦げているんですよ」


14-33 One drink to get me loaded
 A
ctually it only takes one drink to get me loaded.
Trouble is, I can't remember if it is thirteenth or fourteenth.

 酔うには一杯で充分
 僕は酔っぱらうには一杯で充分だ。
ただ問題はそれが13杯目なのか、14杯目なのか、それが定かでない点だ。


14-34 Push-UP
 A
drunk staggers into a bar demanding a beer.
The bartender informed him that he was not allowed to serve alcohol to drunken patrons.
After a few harsh words, the bartender suggested to the drunk to prove he wasn't drunk by doing twenty push-ups on the floor.
As he was doing the push-ups, another drunk staggers into the bar and sees this guy on the floor doing push-ups.
He looks at him for a minute and then kicks him in the ribs saying, "You stupid! Your girl- friend has gone home."

 腕立て伏せ
 足下もおぼつかない酔っ払いが一人バーに入って来るなり、ビールを注文した。
バーテンが酔っ払いにはお酒を出せないと断ったので、この酔っ払いと激しい口論になった。
そこでバーテンが「床で腕立て伏せを20回行って、酔っていないことを証明してみろ」と言った。
男が腕立て伏せを始めると、別の酔っ払いがバーに入って来て、最初の酔っ払いが腕立て伏せをしている様子を暫く見つめていたが、二番目の酔っ払いは腕立て伏せをしている酔っ払いのあばら骨を、いきなり蹴りつけた。
「馬鹿だなぁ、お前のお相手の彼女はとっくにいなくなっちゃったぞ!」(それなのに、何を一人でそんなピストン運動行っているんだ!)


14-35 Spit in
 A
guy walks in a bar, and buys a huge beer.
Then he sees someone he knows, and decides to go and say hi to them, but he does not want to drag his beer mug with him.
So he sets it on a table, along with a note "I spit in this beer" hoping that no one will steal it then.
Upon return, he sees another note saying "Me too!"

 唾を吐く
 バーに入って来た男がビールを大ジョッキで注文した。
ビールを飲もうとしたら、バーの中で知人が飲んでいることに気付き、挨拶をしようと思った。
席を離れている間に、誰かに自分が飲もうとしているビールジョッキを持って行かれるのは嫌だったので、テーブルの上においたジョッキの横に、「このビールには俺が唾を吐いておいた」と書いたメモを添えてから、席を離れた。
知人と挨拶を交わし終わって自分の席に戻ると、ビールジョッキのそばに、もう一枚のメモが置かれていた。
「俺も唾を吐いておいたぞ!」


14-36 Reaction of human beings
 T
he man at the bar, deep in private thoughts of his own, turned to a woman just passing and said, "Pardon me Miss, do you happen to have the time?"
In a strident voice, she responded, "HOW DARE YOU MAKE SUCH A PROPOSITION TO ME!"
The man snapped to attention in surprise and was uncomfortably aware that every pair of eyes in the place had turned to his direction.
He mumbled, "I just askedfor the time, miss."
In an even louder voice, the woman shrieked, "I WILL CALL THE POLICE IF YOU SAY ANOTHER WORD!"
Grabbing his drink and embarrassed very nearly to death, the man hastened to the far end of the room and huddled at a table, holding his breath and wondering how soon he could sneak out the door.

 Not more than half a minute later, the woman joined him. In a quiet voice, she said, "I'm terribly sorry to have embarrassed you, but I am a psychologist and I am studying the reaction of human beings to shocking statements."
The man stared at her for five seconds, then he leaned back and bellowed, "YOU'D DO ALL THAT FOR ME ALL NIGHT LONG FOR JUST TWO DOLLARS? WHAT'S THAT? AND YOU'D DO IT TO EVERY GUY IN THIS BAR FOR ANOTHER TEN DOLLARS?!?!"

 人間の反応
 バーで考え事にふけっていた男が目の前を通りかかった女性に、ふと「失礼ですがお嬢さん、今何時でしょうか?」と尋ねた。
その女性はバー中に響くような耳障りな大声で「何よ、いやらしい誘い方して。いったいどういうつもりなの!」と叫んだ。
男はびっくりして言葉を引っ込めたが、バーの客総てが自分のことをじっと見つめているので、嫌〜な気持ちになった。
慌てて「ぼ、僕はただ時間を聞いただけですよ、お、お嬢さん」とぼそぼそ弁明した。
この女性はもっと声を荒げて彼を怒鳴りつけた。「それ以上一言でも私に話しかけたら、警察を呼ぶからね!」
男は自分の飲み物を掴んで死にたいほど恥ずかしい思いでバーの端へ移動して、テーブルの陰に隠れて息を殺して、どうやってここから逃げだそうかと冷や汗をかいていた。

 30秒も経たないうちに先程の女性が彼の横にやって来て、落ち着いた声でこう言った。
「先程はあなたに大恥をかかせて大変失礼しました。実は私は心理学者で、人間が予想もしないようなことを言われた時にどういう反応をするかを研究しているんです。」
男は5秒間じっとこの女性心理学者を見つめていたが、椅子の後ろに反っくり返るとバー中に聞こえるよう大声で叫んだ。
「えー、なんだって?たった2ドルで一晩中俺の相手をしてくれるって言うのかい?何、10ドル出すならここにいる誰とでも寝るって言ってるのかい?」

男にしっぺい返しをくらって、この女性心理学者はどういう反応をしたのでしょうね?

14-37 Mix-up
 D
ead drunk and staggering, a man came home at 23:00 as usual and his wife implored him to follow her request.
"Please do not drink more than 2 glasses of vodka. Please come home by 22:00."
The pop-eyed husband slurred, "Oh…yeah, yeah."
The next day the husband came home at 2 a.m. and the wife was infuriated with him.
"Don't you remember what I told you last night?"
"Oh, yes, of course, darling. You told me I shouldn't drink more than 22 glasses of vodka and I should come home by 2 a.m."

 混乱
 酔っ払いの夫がいつものようにへべれけになって、23時に帰宅した。
妻は「あなたお願いだからウオッカは2杯までにして。それと22時までには戻ってきて下さいね」と頼んだ。
「あぁ、わかったよ」と夫は答えたが、翌日夫はまた酔っ払って帰ってきた。午前2時だった。
妻は夫を怒鳴りつけた。「あなた、私が昨日言ったこと、覚えている?」
「あぁ、覚えているよ。ウオッカは22杯まで、2時までには帰ってこいっていったよな。ちゃんと約束守ったじゃないか」


14-38 Stupid dog
Patient: Doctor, doctor, I was bitten by a dog.
Doctor: Whose dog was it?
Patient: My stupid, crazy, ungrateful dog!
Doctor: Why did that dog bite its master?
Patient: Once in a blue moon, I came home sober.That bitch mistook me for a burglar!

 バカ犬
患者:先生、犬に噛まれたんです。
医師:どこの犬ですか?
患者:うちのバカ犬です。
医師:どうしてお宅のワンちゃんにご主人のあなたが噛みつかれたんですか?
患者:昨日珍しくシラフで帰ったら、あのバカ犬、泥棒かと勘違いしたんです。


14-39 The big game hunter
 T
he big game hunter walked in the bar and bragged to everyone about his hunting skills.
The man was undoubtedly a good shot and no one could dispute that.
But then he said that they could blindfold him and he would recognize any animal's skin from its feel, and if he could locate the bullet hole he would even tell them what caliber the bullet was that killed the animal.
The hunter said that he was willing to prove it if they would put up the drinks, and so the bet was on.
They blindfolded him carefully and took him to his first animal skin.

 After feeling it for a few moments, he announced "Bear."
Then he felt the bullet hole and declared, "Shot with a .308 rifle."
He was right.
They brought him another skin, one that someone had in their car trunk.
He took a bit longer this time and then said, "Elk, Shot with a 7mm Mag rifle. He was right again.
Through the night, he proved his skills again and again, every time against a round of drinks.

 Finally he staggered home, drunk out of his mind, and went tosleep.
The next morning he got up and saw in the mirror.
He said to his wife, "I know I was drunk last night, but not drunk enough to get in a fight and not remember it. Where did I get this black eye?"
His wife angrily replied, "I gave it to you. You got into bed and put your hand down my panties. Then you fiddled around a bit and loudly announced, "Skunk, killed with an axe."

 大きな動物が得意な猟師
 大きな動物を仕留めるのが得意な猟師が、バーに入ってくると自分の腕前について誰これ構わず自慢した。
その猟師は腕前が確かであることに異論はなかったが、彼が自分は目隠しをされても、動物の毛皮を触ればどの動物かを当てることが出来るし、その動物の毛皮に空いた穴を触れば、仕留めた銃の口径まで当てられるとまで言った。
そして「嘘だと思うなら賭をしようじゃないか。自分が当てられたら飲物を一杯驕ってくれ」と言ったので、皆は彼に目隠しをすると、最初の動物の毛皮を差し出した。

 猟師はしばらくその毛皮を触っていたが、「熊だな」と言って弾丸の穴を触り、「0.308口径のライフルで撃たれたな」と言った。
その通りだった。
バーの客の一人が自分の車のトランクに在った別の動物の皮を差し出した。
この男は先程よりやや時間をかけて嗅ぎわけ、「大鹿を7mmのライフルで仕留めたものだ」と、またしても当ててしまった。
その晩この男はその才能を何度も何度も見せつけ、その度に何度も何度も酒を奢られることとなった。

 深夜バーから千鳥足で家に戻り、彼は意識朦朧として眠り込んでしまった。
翌朝彼が目を覚まし鏡で自分の顔を見て、妻を呼んだ。
「俺は昨晩へべれけに酔っ払ったことは覚えているが、喧嘩をするほどではなかった。どこで殴られて目の周りが黒くなっているんだ?」と言うと、妻はプリプリ怒りながら「私が殴ったのよ。あんたはベッドに入ってくるなり、私のパンティの中に手を入れて、指であちこち触ってから『こいつはスカンクだ。斧で殺されたので深い割れ目があるぞ』って大声で叫んだからよ!


14-40 Sooner or later
 T
here were three men at a bar.
One man got drunk and started a fight with the other two men.
The police came and took the drunk guy to jail.
The next day the man went before the judge.
The judge asked the man, "Where do you work?"
The man said, "Here and there."
The judge asked the man, "What do you do for a living?"
The man said, "This and that."
The judge then said, "Take him away."
The man said, "Wait, judge when will I get out?"
The judge said to the man, "Sooner or later."

 そのうちいつか
 三人の男がバーで飲んでいるうちに、一人の男がべろべろに酔っ払って他の二人と喧嘩となり、警察が駆けつけ酔っ払いを取り押さえ留置場に入れた。
翌朝この酔っ払いは裁判所に連れて行かれ、判事の前に立たされて尋問を受けた。
判事「職業は?どこで働いている?」
男「あっち、こっち」
判事「どうやって生計を立てている?」
男「あれやったり、これやったりして」
判事が「この男をここから連れ出せ!」と言ったので、男は「判事さん、ちょっと、待って。僕はいつ釈放されるんだ?」と聞くと判事が答えた。
判事「そのうち、いつか」

#14ー1〜1011〜2021〜30・31〜4041〜50


*  
*