●Kazさんのページ

#14.Drunk
古今東西、Drunk(酔っぱらい)に関するjokeは星の数ほどあります。
信じられない程酔っぱらった状態や、ウイットに富んだ酒の話、禁酒するための涙ぐましい努力など
さまざまなバリエーションを紹介していこうと思います。

#14ー1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜50

14-41 Ballerina
 O
ne day a nasty, sweaty woman wearing a raggedy sleeveless sundress walks intoa bar.
She raises her right arm, revealing a big hairy armpit as she points to all the people sitting at the bar and asks, "What man out there will buy a lady a drink?"
The whole bar goes dead silent as the patrons try to ignore her.

 At the end of the bar, a skinny drunk slams his hand on the bar and says, "Barman, I want to buy that ballerina a drink."
The barman pours the drink and the woman chugs it down.
After she's completed the drink, she turns again to the throng and points around at all of them, again revealing the hairy armpit, saying, "What man out there will buy a lady a drink?"

 Once again, the little drunk slaps his hand down on the bar and slurs to the barman, "Barman, I would like to buy the ballerina another drink."
After serving the lady her second drink, the barman approaches the little drunkard and says, "It's your business if you want to buy the lady a drink, but why do you keep calling her a ballerina?"

 To which, the drunk replies, "In my eyes, any woman who can lift her leg up that high must be a ballerina."

 バレリーナ
 ある日袖無しのボロボロのワンピースを着た、みすぼらしく汗だらけの女性がバーに入って来るなり、腋から黒いもじゃもじゃの脇毛がハッキリ見えるほど右腕を高く上げて、「ここにいる男の中で、女性に酒を一杯驕ってくれるという男気のある客はいないかね」と叫んだ。
バーの客はシーンとなり、誰も彼女に一杯驕ろうと言う者はいなかった。

 −と思いきや、バーの片隅に座っていた痩せた酔っ払いが、バーのカウンター板を自分の手で叩いて「バーテン、あのバレリーナに俺が一杯驕るよ」と言った。
バーテンはみすぼらしい女性に酒を注いだグラスを渡すと、彼女は一気にそれを飲み干し、また脇毛がハッキリ見えるほど右腕を高く上げて、「ここにいる男の中で、女性に酒を一杯驕ってくれるという男気のある客はいないかね」と同じことを叫んだ。

 あの痩せた酔っ払いが、またバーのカウンター板を手で叩いて、呂律の回らない口調で「バーテン、あのバレリーナに俺がもう一杯驕るよ」と言った。
バーテンはみすぼらしい女性に二杯目の酒を注ぎ終わるとこの奇特な酔っ払いに近づき、「この女性に酒を驕るのはあんたの自由だから構わないけどさ、どうして彼女のことをバレリーナと言うのかね?」と尋ねた。

 酔っ払いは「僕の目から見ると、自分の足をあんなに高く上げられる女性は、バレリーナしか考えられないからだよ」と答えた。

この酔客は、この女性の腕を足と、脇毛を陰毛と勘違いするほど酔っ払っていたのです。

14-42 Calculations
Fay: Do you drink beer?
David: Yes
Fay: How many beers a day?
David: Usually about 3
Fay: How much do you pay per beer?
David: $5.00
Fay: And how long have you been drinking?
David: About 20 years, I suppose
Fay: So a beer costs $5 and you have 3 beers a day which puts your spending each month at $450. In one year, it would be approximately $5400 …correct?
David: Correct
Fay: If in 1 year you spend $5400, not accounting for inflation, the past 20 years puts your spending at $108,000, correct?
David: Correct
Fay: Do you know that if you didn't drink so much beer, that money could have been put in a step-up interest savings account and after accounting for compound interest for the past 20 years, you could have now bought a Ferrari?
David: Do you drink beer?
Fay: No
David: Where's your Ferrari?

 計算
フェイ: 君、ビール飲む?
デヴィッド: ああ。
フェイ: 一日どの位飲む?
デヴィッド: 普通3杯だね。
フェイ: 一杯のビールにいくら払う?
デヴィッド: 5ドルかな。
フェイ: ビール飲み始めてから、どの位の年数が経っている?
デヴィッド: 多分20年位だね。
フェイ: 一杯のビールが5ドルで、一日3杯ということは一月に450ドルかかるね。
一年だと、エーッと5,400ドルになるよね。計算合っているかな?
デヴィッド: 合っているよ。
フェイ: 一年に5,400ドル費やすとして、インフレによる数値補正をしなくても、
過去20年間で108,000ドル費やしたことになるね。合っているかな?
デヴィッド: 合っているよ。
フェイ: もし君がビールを飲まないで、その金を逓増金利預金に預けたとして、
20年の複利計算をすれば、その金額で高級車フェラーリが買えていたことにならないか?
デヴィッド: 君、ビール飲むの?
フェイ: いや、飲まないよ。
デヴィッド: じゃ、君のフェラーリはどこにあるの?

#14ー1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜50


*  
*