●Kazさんのページ

#15.Excrement


#15-1〜10・11〜2021〜3031〜4041〜50

15-1 Pee contest
 A
man had been married 15 years and his wife had always beaten him at everything from tennis to sex.
He racked his brains trying to think of something he could beat her.
 At last he had an idea and he said to his wife. "Let's pee against the garden wall and whoever pees the highest wins the game."
"That sounds interesting. O.K.!" Without hesitation she went to the wall and lifted up her dress and her leg and peed about 6 inches above the ground.
 Eager to prove his superiority, her husband unzipped his fly and pulled out his penis.
Just as he was about to pee when his wife interrupted. "Come on, no cheating! No hands are allowed."
 放尿合戦
  男は結婚して15年になるが、性生活からテニスに至るまで全く妻に勝てない。
何とか妻を打ち負かすことは出来ないかと頭をかきむしって考えた結果、あることを考えついて妻に提案した。
 「庭の壁に向かってオシッコをして、どっちが高い位置までオシッコを届かせることが出来るか競争しよう」
「それはおもしろそう、OK、やりましょう!」と即同意した妻が壁に向かって、スカートの裾をめくり、片足を上げてオシッコをした。
地面から6インチ(=約15cm)の高さに尿の跡がついた。
 自分の方がもっと高い位置にオシッコをかけることが出来ることを証明したくて、夫はズボンのジッパーを下げてオチンチンを引っ張り出した。
さぁー放尿するぞという直前に妻がこう叫んだ。「ちょっと、ちょっと、ズルしちゃダメ!手を使っちゃダメよ!」
男性が手を使わずに立ちションをしたら、当然尿は自分の足下に下向きに放出されます。
どうやってもこの男は奥さんに勝てそうもありませんね。 (^_^)

15-2 Connoisseur
 A
stuck-up fellow came into a bar and proclaimed himse lf the finest connoisseur in the world.
The bartender skeptically put down a glass of white wine in front of him.
"Chassagne Montrachet," he named instantly.
"1979 was a very poor year . Please offer me something better."
The next was a rich glass of red.
"Chateau Mouton Rothschild, 1966, from the first row of the vineyard in the western hill."
The man went on identifying German whites, Spanish roses, California reds until the bartender got sick of him.
Turning aside, the bartender peed in a glass, chilled it and set it before the connoisseur.
"Why, that's piss!" he spit it on the floor.
"Yea," grinned the bartender, "but whose?"
 ワイン通
気取った男がバーにやって来て自分は世界一のワイン通だとのたまった。
バーテンは半信半疑で白ワインをグラスに入れて彼の前に置いた。
「シャサーニュ・モンラッシェ!」彼は即座に言い当てた。
「1979年はあまり良い年ではないので、私にはもっと良い物を出したまえ」と自信たっぷりである。
次にバーテンは濃厚な赤ワインを出した。
「シャートームートン・ロッシールドの1996年物だな。
西側の丘の畑、最初の一列目のブドウから作られている」と事も無げに言う。
この男、ドイツの白ワイン、スペインのロゼワイン、カリフォルニアの赤ワインと、出てくるワインの名前を次から次に当ててしまい、バーテンはいささかウンザリしてしまった。
バーテンはくるりと後ろを向いて男に見えないようにワイングラスにおしっこをして、それを冷やしてからワイン通の男の前に黙って出した。
男は液体を一口含むとペッと床に吐き出して、「な、なんだ?こりゃおしっこじゃないか?」と顔をしかめる。
バーテンはニヤッと笑いながら言った。「そうだよ、でもどこの誰のおしっこか当ててみな!」

15-3 Hypnotist
 I
t was opening night at the Opera house and The Amazing Claude was topping the bill.
People came from miles around to see the famed hypnotist do his stuff.
As Claude took to the stage, he announced, "Unlike most stage hypnotists who invite two or three people up onto the stage to be put into a trance, I intend to hypnotize each and every member of this audience."
The excitement was almost electric as Claude withdrew an antique pocket watch from his coat.
"I want you each to keep your eye on this antique watch. It's a very special watch. It's been in my family for six generations."
He began to swing the watch gently back and forth while quietly chanting, "Watch the watch, watch the watch, watch the watch.."
The crowd became mesmerized as the watch swayed back and forth, light gleaming off its polished surface.
Hundreds of pairs of eyes followed the swaying watch, until suddenly it slipped from the hypnotist's fingers and fell to the floor, breaking into a hundred pieces.
"Shit!" said the hypnotist.
It took three weeks to clean up the theater.
 催眠術師
 オペラハウスのこけら落としの催し物として、「驚異のクロード」が真打ちとして登場した。
この有名な催眠術師がどんな腕前を発揮するかと、遠来のあちこちからやって来た観衆は期待に胸をふくらませていた。
壇上に登場したクロードはこう演説をぶった。「並の催眠術師は2、3人の観衆を舞台に上げて催眠術をかけますが、この私クロードは、観衆の皆様全員を催眠術にかけてみせます。」
そしてクロードがコートから年代物の懐中時計を取り出した時には、観衆は電気で打たれたように興奮していた。
「皆さん、この古い時計をじっと見つめて下さい。この時計は我が家で6代引き継がれてきた特別な時計なのです。」と言いながらクロードはこの時計をゆっくり前後に振らし始めた。
「時計を見て(Watch the watch)、時計を見て(Watch the watch)・・・」と、ささやきを繰り返す。
照明の光が磨き上げられた表面にキラッ、キラッと光る時計が前後にゆっくり揺れる動きを見ているうちに、観衆は次第に催眠状態に陥って来た。
何百という目が時計の動きと一緒に揺れだした。と、その時催眠術師の手から時計がポロっとこぼれ落ちて、床に当たって粉々に砕けてしまった。
「くそ! (Shit)」と催眠術師がうめく。
その後、この劇場を掃除するには3週間かかったという。
催眠状態だった観衆は催眠術師が「くそ(Shit)!」と言ったものですから、
全員何の疑いもなくにウンコをしてしまった・・・。
その結果劇場はクソだらけとなって清掃が終わるまで3週間もかかった、ということです。

15-4 Elevator
 A
n old woman is riding in an elevator in a very lavish New York City building, when a young and beautiful woman gets into the elevator, smelling of expensive perfume.
She turns to the old woman and says arrogantly, "Romance, by Ralph Lauren, $150 an ounce!"
Then another young and beautiful woman gets on the elevator, and also very arrogantly turns to the old woman saying, "Chanel No. 5, $200 an ounce!"
About three floors later, the old woman has reached her destination and is about to get off the elevator.
Before she leaves, she looks both beautiful women in the eye, then bends over and farts and says ... "Broccoli. 49 cents a pound."
 エレベータ
 ニューヨークの豪奢なビルディングのエレベーターに一人の老女が乗っていた。
香水の香りをプンプンさせた若くて美しい女性が乗り込んで来るなり、この老女に向かって「これ、ラルフローレン製のロマンスという香水。1オンス150ドルもする のよ」と驕り高ぶった口調で言う。
もう一人の若くて美しい女性がこのエレベーターに 乗り込んで来たが、同じ様にもったいぶった口調で老女に「この香水、シャネルのNo. 5 。1オンス200ドルもするのよ」と言う。
そのまま3階程通過して老女が降りる階にエレベーターが止まると、老女は出入り口まで進んで降りようとした。
エレベーターから降りる寸前に老女は二人の美女の目を見て、くるっと向きを変えて身を屈め、 お尻をエレベーターの中に突き出突き出すとプーっとオナラをした。
「これ、1ポンド49セントのブロッコリーの香りざますの・・・。」

15-5 Potty training
 M
y 3-year-old son Danny had a lot of problems with potty training and I was on him constantly.
One day we stopped at Taco Bell for a quick lunch in between errands.
It was very busy, with a full dining room.
While enjoying my taco, I smelled something funny, so of course I checked my seven-month-old daughter, and she was clean.
Then I realized that Danny had not asked to go potty in a while, so I asked him if he needed to go, and he said "No."
I kept thinking, "Oh Lord, that child has had an accident, and I don't have any clothes with me."
Then I said, "Danny, are you SURE you didn't have an accident?"
"No," he replied.
I just KNEW that he must have had an accident, because the smell was getting worse.
Soooooo! I asked one more time, "Danny, did you have an accident? "
This time he jumped up, yanked down his pants, bent over and spread his cheeks and yelled.
"SEE MOM, IT'S JUST FARTS!!"
While 30 people nearly choked to death on their tacos laughing, he calmly pulled up his pants and sat down.
 トイレの練習
 3歳になる私の息子ダニーはトイレで用便する練習中だが、失敗しておしめに漏らしてしまうことが多いので、私はいつも用心して見張らねばならない。
ある日用事があって出かけた時、メキシコ料理のファーストフード店「タコベル」で手短に昼食を取ることにした。
店はお客でごったかえし満席状態だった。
私がタコスを食べている時に変な臭いがしたので、まずは7歳の娘のお尻を調べたが彼女は漏らしていなかった。
私はダニーが「トイレに行く」と言わなかったことを思い出し、「ダニー、トイレへ行かなくて大丈夫?」と聞いたが彼の答えは「うん、行かない」だった。
本当にダニーは大丈夫なのかと考えているうちに大変なことに気づいた。
「何てことなの、この子はきっと漏らしてしまったに違いないわ。私、おしめを持ってくるの忘れちゃったのよね!」
そこで「ダニー、あなた本当にウンチ漏らしていない?大丈夫?」と私が確認すると、「漏らしてないってば」とダニーは言い張る。
そんなはずない、臭いはますますひどくなるので私はもう一度尋ねた。
「ダニー、あなたウンチ漏らしたでしょう」言われたダニーは席から立ち上がると自分のズボンを下げて、お尻を私の方に向けるとほっぺたを膨らませて大声で叫んだ。
「ね、ママ見てよ。ウンチ漏らしてないでしょ?あれはオ、ナ、ラだったの!」周りにいた30人前後のお客はこの言葉を聞いてプーッと吹き出し、自分が食べているタコスを詰まらせそうになる始末だった。
ダニーは何事もなかったようにパンツを上げて自分の席に座り直した。

15-6 Can you break $10?
 A
guy is in a public toilet, but soon discovers there is no toilet paper on the roll.
He calls into the next booth, "Do you have any tissue paper in there?"
"No," comes the reply.
"Do you have any newspaper?"
"Sorry!"
"Ummm, can you break $10 into ten $1 bills?"
 10ドル崩れる?
 男が公衆便所に入ったがトイレットペーパーが切れていることに気づいた。
隣の便所に向かって叫んだ。「そっちに備え付けのティシュペ−パーか何かありませんか?」
「いや、無いね」という答えが返って来た。
「新聞をお持ちじゃないですか?」
「悪いね、持っていないんだ」
困った男がこう尋ねた「うーん、それなら10ドル 札を1ドル札10枚に崩してくれませんか?」

15-7 Urine sample
 A
doctor said to the patient, "Mrs. Jones, this isn't a urine sample you brought in. It's apple juice."
"Oh, my God! I need a phone call," said the woman,
"I must have packed the other bottle in Jimmy's lunch box."
 尿検査
 医者が患者に言った。
「ジョーンズ夫人、あなたが持ってきたサンプル、これは尿ではなくてリンゴジュースですよ」
「まぁ、何てこと!直ぐに電話しなければ!」と大慌てのジョーンズ夫人。
「息子のジミーのお弁当箱に検尿瓶を入れてしまったに違いないわ!」

15-8 Gold urinal
 O
ne night a man went out and got dead drunk in Las Vegas.
The next morning he found out that he had lost his wallet.
He asked a hotel manager to give him a hand.
The manager asked him if he could remember the last place he had dropped in.
With gigantic hangover, the guy thought for a while and said, "A bar that was all gold. The walls were gold, the writing on napkins were gold, and even the urinal was gold."
"That must be help," the manager said and dialed possible clubs.
He asked a man who answered the phone if his club had gold walls and gold writings on napkins.
"Yea," the man replied. "What about a urinal? Is it gold, too?"
"Hold on," the man said and called out, "Hey, Joe, I got a lead on that drunken shit-head who pissed in your saxophone last night."
 金色の便器
 ある晩ラスベガスのホテルの泊まり客が表に飲みにでかけて、へべれけになるまで酔っぱらった。
翌朝彼は財布をなくしたことに気づきホテルのマネージャーに、財布を捜すのを手伝ってくれと頼んだ。
マネージャーは男に昨晩最後に訪れた場所のことを何か覚えていないかと尋ねた。
ひどい二日酔いでガンガンしている頭をひねって暫く考えて、男はマネージャーにこう答えた。
「何もかも金色のバーだったな。壁は金色、ナプキンの文字も金色、そう、便器さえ金色だったな。」
「それは、手がかりになりそうですね」とマネージャーは言うと、思い当たるクラブに片っ端から電話をかけた。
「おたくの店の壁は金色で、ナプキンの文字も金色ですか?」と、電話に出た男にこのマネージャーが質問する。
「あぁ、そうだよ」という答えが電話で伝わる。
「つかぬことをお聞きしますが、便器も金色でしょうか?」
「ちょっと、待って」と電話口のクラブの男が中断する。
男が店の中に向かって叫ぶ。「ヘイ、ジョー!昨晩お前のサキソホンに小便したクソったれ野郎のことがわかったぜ!」

15-9 Spot
 A
young man was delighted to finally be asked home to meet the parents of the young woman he'd been seeing for some time.
He was quite nervous about the meeting, though, and by the time he arrived punctually at the doorstep he was in a state of gastric distress.
The problem developed into one of acute flatulence, and halfway through the canapes the young man realized he couldn't hold it in one second longer without exploding.
A tiny fart escaped. "SPOT!" called out the young woman's mother to the family dog, lying at the young man's feet.
Relieved at the dog's having been blamed, the young man let another, slightly larger one go.
"Spot!" she called out sharply.
"I've got it made," thought the fellow to himself.
"One more and I'll feel fine." So he let loose a really big one.
"Spot!" shrieked the mother. "Get over here before he shits on you!"
 スポット
 交際を始めてから暫く経ってから、ようやく彼女の家で両親と会ってくれるようにと彼女に言われ、若い男はとても喜んだ。
しかし彼女の両親と会うことでひどくストレスを感じ、約束の時間に彼女の家のドアの前に立った時は、胃が痛くなっていた。
家の中に入ると胃の調子はますますおかしくなり、胃袋がガスで膨れた状態になってしまった。
食卓でカナッペを食べている途中で、この男はもはやガスを出さないと一秒たりとも耐えられなくなり、小さなオナラをプーっと漏らしてしまった。
「スポット!」と彼女のお母さんが、彼の席の足元に座っていた家族の愛犬を叱った。
犬が犯人だと疑われたことにホっとした青年は、続けてもう一発、やや大きめなオナラをブゥーっと漏らした。
「スポット!」と彼女のお母さんが厳しく犬をたしなめた。
『この手で行けば大丈夫。もう一発出せばスッキリするだろう』と考えた青年は、思い切り大きなオナラを放った 。
「スポット!」と彼女のお母さんは金切り声を上げた。
「その男がお前にウンコを漏らす前に、こっちに逃げておいで!」

15-10 Star-Spangled Banner
 S
hirley, Sally, and Dorothy play bridge each Wednesday at Alma's house.
While she is shuffling the cards Alma says, "Listen, gals, when you use the bathroom upstairs, I have a little surprise for you."
Shirley excuses herself and goes to the bathroom.
A few minutes later, she comes downstairs and says, "You won't believe it! When I sat down, it played a Strauss waltz!"
After playing a few hands, Sally feels the call of nature and she hurries to the second floor.
She returns humming and says, "I sat down and it played 'Moon River.'"
Finally it is Dorothy's turn.
Ten minutes pass, then fifteen. Alma gets worried and goes upstairs.
Dorothy is kneeling on the floor, wiping it up.
"What happened!?" asks Alma.
"Wouldn't you know it?" says Dorothy.
"When I sat down, it played 'The Star-Spangled Banner!'"
 星条旗よ永遠なれ(アメリカ国歌)
 毎週水曜日シャーリ、サリー、ドロシーはアルマの家でブリッジを楽しむ女性仲間だ。
アルマがカードを切りながら「ねぇ皆さん、二階のトイレを使う時はビックリすることがあるからお楽しみにネ」と、言った。
シャーリーが「ちょっと失礼」と席を外して二階のトイレに行って数分後、下の居間に戻ってきた。
「信じられないわ!トイレに座った途端にシュトラウスのワルツが流れて来たのよ!」
それからブリッジゲームを数回行った後でサリーが尿意を催し、二階のトイレに急いで向かった。
彼女は鼻歌を歌いながら戻ってきて、「私がトイレに座ったら『ムーンリバー』のメロディが流れたのよ」。
最後はドロシーの番だった。
トイレに言って10分経っても、15分経っても戻って来ないので心配したアルマが二階に様子を見に行った。
ドロシーはトイレの床にはいつくばって一生懸命床を拭いていた。
「一体どうしたの?」とアルマが聞くと、
「あなた、こんな曲が流れるなんて知っていたの?」とドロシーが逆に尋ねる。
「私がトイレに座った途端に『星条旗よ永遠なれ』が演奏されたのよ!」
国歌が流れたのでドロシーは反射的に起立して手を胸に当ててしまったのです。
排尿中であるにもかかわらず‥。

#15-1〜10・11〜2021〜3031〜4041〜50


*  
*