●Kazさんのページ

#15.Excrement

#15-1〜10・11〜20・21〜3031〜4041〜50

15-11 Outhouse
 A
traveler stopped in a little backwoods restaurant for lunch, after which he inquired the way to the rest room.
Going around to the back of the building, he found the outhouse and took a shit only to discover that no toilet paper has been provided.
But a sign on the wall read; WIPE YOURSELF WITH YOUR FINGER AND INSERT IT IN THIS HOLE. IT WILL BE CLEANED WITH GREAT ATTENTION.
So he followed the instructions and stuck his finger through the hole.
On the other side of the wall, a little boy holding two bricks clapped them together.
Howling with pain and surprise, the man yanked back his hand and popped the injured finger into his mouth!
 屋外便所
 僻地にある小さなレストランに旅行者が昼食に立ち寄った。
昼食後この旅行者はトイレの場所を尋ねて、建物の後ろにまわって用を足すために屋外便所へ入った。
大便を排泄し終わった時、彼はこの便所にはトイレットペーパーが備え付けられていないことに気付いた。
しかし壁に「排便後自分の指でお尻を拭いて、その指をこの穴の中に入れて下さい。すぐにきれいになります」と書かれた標識が掲げられていたので、この男は指示通り指でお尻を拭いてその指を穴の中に突っ込んだ。
穴の空いた壁の反対側には小さな男の子がレンガを二つ両手に抱えて待っていた。
汚れた指が突き出されると、男の子は拍手をするように両手のレンガでこの指をバチンと挟んだ。
中に居た旅行者は突然の激痛に驚き、急いで指を穴から引っ込め、痛みを和らげるために自分の口に入れて舐めた!
指についた便を、思わず自分で舐めてしまったのです。確かに指はきれいになりますが…

15-12 All three of us were wrong
 A
man was walking along a sidewalk in a very gentle manner, almost as if he were walking on eggs.
Two doctors, also on foot, were across the street.
They spotted the man and began to discuss his condition. "Prostrate trouble," said the first doctor.
"Oh no, not at all. That's a case of hemorrhoids if ever I saw one", said the other.
They tossed it back and forth until one of them suggested going over to talk to the man.
"Mister, this gentleman and I are both doctors," said one, "and if you'll pardon our intrusion, I figured you have a bad prostrate problem, but my colleague thought it to be hemorrhoids. Might you state the problem so that we can solve our little dilemma?"
"Well", said the man, "all three of us were wrong. I thought it was gas, but it turned out to be diarrhea."
 我々三人共、皆間違っているよ
 まるで卵の上を歩くように、歩道を恐る恐る歩いている男を見て、道路の反対側を歩いていた二人の医者が、奇妙な歩き方をする男について話し始めた。
一人の医者が、「あれは腰が悪くて前屈姿勢が取れない状態に違いない」と言うと、もう一人の医者は「いや、全然違うと思うよ。僕が今まで診察した例で言えば、ああいう格好になるのは痔のせいだよ」と言い張った。
二人はお互いの意見を譲らずああでもない、こうでもないと言い合っていたが、一人の医者がそれなら奇妙な歩き方をするあの男に直接聞いてみたらどうだ、と提案した。
二人は道を横切ってこの男に近づき、一人の医者が「失礼ですが、僕とこの男は二人とも医者なんです」と話を切り出した。
「もしお差し支えなければ、質問させていただきたいのですが、あなたの症状に関して私は腰が悪いのではないかと思いますが、この同僚は痔病に違いないと言います。我々の言い争いを終えるために教えてほしいんですが、あなたの本当の症状は何なんでしょうか?」
「あのね、我々 三人共、皆間違っているよ」と、この男は答えた。
「わしはオナラが漏れそうだと思っていたんだ。でもオナラじゃなくって下痢だったんだよ」
この男は下痢のため歩きながらパンツにウンコを漏らしたので、
恐る恐る歩くような形になってしまったのです。

15-13 Fart Contest
 L
ittle Johnny kept disrupting his third grade class by regularly letting loud farts.
His teacher kept him after school.
When she insisted on knowing why he exhibited such offensive behavior, Little Johnny said, "I do it because I can do it better than anybody, and I'm very proud of that fact."
The teacher says, "If I show you I can do it better than you, will you stop?"
Little Johnny agreed and the teacher placed two pieces of paper on the floor with identical piles of chalk dust on each one.
Johnny dropped his pants, squatted down, farted and blew all but a tiny little speck of dust off the paper.
The teacher dropped her panties, lifted her skirt, squatted down and farted, but when she was done there was not a trace of chalk dust left on the paper.
Johnny was astonished and asked if he could see her do it again.
She was willing and as she repeated the process, Johnny peeked up underneath her skirt.
"No wonder you won!" he exclaimed indignantly, "You've got a Double-Barrel!"
 放屁競争
 小学三年生ちびのジョニーは授業中に大きなオナラをするので、いつもクラスのやっか い者だった。
担任の女の先生が放課後、ジョニーを教室に残して、なぜそういう迷惑なことをするのか問い糾(ただ)した。
ちびのジョニーは「僕は誰よりも大きなオナラをすることが出来るし、そのことを自慢したいからそうするんです。」と答えた。
先生は「もし私の方があなたよりも大きなオナラが出来ることを見せれば、あなたはもう授業中にオナラをすることを止めてくれるかしら?」
ちびのジョニーが頷くと女の先生は紙を二枚床の上に置いて、チョークの粉で同じ大きさの山をそれぞれの紙の上に作った。
まずジョニーがズボンとパンツを下げて、一枚の紙の上に屈み込んでプーとオナラをした。
チョークの粉はほとんど吹っ飛んだが、わずかな粉は紙の上に残った。
次に先生がパンティを下げ、スカートをまくり上げてもう一枚の紙の上に屈み込んで、オナラをするとチョークの粉はすべて吹っ飛んでしまった。
ジョニーはびっくりして、先生にもう一度やってみてほしいと頼んだ。
先生は頷くともう一度同じことを繰り返した。
ジョニーは今回は先生のスカートの下からしっかりのぞいて見ていたが、いまいましそうにこう叫んだ。
「そりゃ、先生が勝つに決まってるよ!だって先生のは二連発銃なんだもの !」

15-14 Breaking wind
 H
erman and Martha were happily married for nearly forty years.
The only fricti on in their marriage was caused by the husband's habit of breaking wind nearly every morning as he awoke.
The noise would always wake up Martha and the smell would cause her eyes to water as she would choke and gasp for air.
Nearly every morning she would plead with him to stop ripping one in the morning.
Herman told her that he couldn't help it.
She begged him to visit a doctor to see if anything could be done, but the husband wouldn't hear of it.
He told her that it was just a natural bodily function, and then he would laugh in her face as she tried to wave the fumes away with her hands.
She told him that there was nothing natural about it and if he didn't stop, he was one day going to "fart his guts out".

 The years went by and Martha continued to suffer and Herman continued to ignore her warnings about "farting his guts out" until one Christmas morning. Before dawn, Martha went downstairs to prepare the family feast.
She fixed Christmas pudding, mashed potatoes, gravy and of course a turkey.
While she was taking out the turkey's innards, a thought occurred to the wife as to how she might solve her husband's problem.
With a devilish grin on her face, she placed the turkey guts into a bowl and quietly walked upstairs hours before her flatulent husband would awake.

 While he was still soundly asleep, she pulled back the covers and then gently pulled back her husband's jockey shorts.
She then placed all of the turkey gut s into her husband's underwear, pulled them up, replaced the covers and tiptoed back downstairs to finish preparing the family meal.

 Several hours later she heard Herman awake with his normal loud ass trumpeting.
This was soon followed by a blood curdling scream and the sound of frantic footsteps as her husband ran to the upstairs bathroom.
Martha could not control herself and her eyes began to tear up as she rolled on the floor laughing.
Af ter years of putting up with him she had finally gotten even.
About twenty minutes later, Herman came downstairs in his blood stained underpants with a look of horror in his eyes.
She bit her lip to keep from laughing and she asked him what was the matter. "Honey," he said.
"You were right - all those years you warned me and I didn't listen to you".
"What do you mean?" asked Martha.
"Well you always told me that I would end up farting my guts out one of these days and today it finally happened. But by the grace of God and these two fingers, I think I got 'em all back in."

 放屁(オナラ)
 ハーマンとマーサは40年近く幸せに過ごしてきた夫婦だった。
彼等の結婚生活で唯一問題だったのは、夫のヘルマンが毎朝目覚める時に大きなオナラをすることだった。
夫のオナラの音のもの凄さにマーサはベッドから飛び起き、その臭いのひどさに彼女は涙を流し、窒息状態から逃げて新鮮な空気を吸うため、口をパクパクせざるを得なかった。
来る日も来る日もマーサは夫に、起きがけにオナラをしないでほしいと頼んだが、ハーマンは自分でコントロール出来ないのだと言った。
それなら医者に行って治療してほしいという妻の願いに対して、夫は「これは人体の自然の摂理なんだから」と聞く耳をもたず、鼻先の臭気を手で追い払おうとする妻をゲラゲラ笑い飛ばすだけだった。
マーサは「これは自然の摂理なんかじゃない!この習慣を止めないと、いつかあんたは自分のオナラで内臓を吹っ飛ばしてしまうからね」、と言うしかなかった。

 月日が経ってもマーサは相変わらず夫のオナラに悩まされ続け、ハーマンは妻の「自分のオナラで内蔵を吹っ飛ばしてしまうからね」という警告を無視し続けてきた。
ある年のクリスマス、家族に特別料理を作るためマーサは夜明け前から起きて、下の台所へ降りて行った。
クリスマス用のプリン、マッシュポテト、そしてもちろん七面鳥とグレービーソースの準備を始めた。
七面鳥の内臓を体内から取り出す作業をしている時、彼女が長年苦しめられてきたあの問題を、ひょっとしたら解決することが出来るかもしれない、という考えが閃いた。
ニヤっと悪魔の様な笑いを浮かべると、彼女は取り出したばかりの七面鳥の内臓をどんぶりに移すと、威張りくさった夫が目を覚ます前に、物音を立てないように階段を上ってベッドで眠っている夫の横に戻った。

夫がぐっすり眠っていることを確かめると、マーサはベッドカバーをそっと剥がし、眠っている夫のズボンを脱がせて、その下に着ているパンツの中にどんぶりの中に入っていた七面鳥の内臓を全部空けて、ズボンを元通りに戻した。
彼女は抜き足差し足で階段を降りると、台所でクリスマス料理の準備を再び始めた。

 数時間後ハーマンが目覚めて、いつもの様にトランペットの様な音を立ててオナラをするのがマーサには聞こえた。
続いて血も凍るような悲鳴と、ドタバタと床を走る音が聞こえ、夫は二階のトイレへ駆け込んだようだった。
『してやったり!』とマーサは可笑しさをこらえきれず、床の上を笑い転げ回り、笑いすぎて涙が止まらなかった。
『長年に渡りさんざん我慢してきたけれど、ようやくお返しをしてやることが出来たんだわ!』20分程経ってから、恐怖で目が引きつった夫が、血で汚れたパンツ姿で階下に降りて来た。
マーサは口元をギュッと閉じて笑いを殺し、そ知らぬ顔で「どうしたの?」と夫に尋ねた。
「なぁ、お前、お前が正しかったよ。お前がずうっと警告していたのに、俺は聞く耳を持たなかった。」
「何のことを言ってるの?」とマーサが聞き返す。
「お前は、いつか俺が自分のオナラで内蔵を吹っ飛ばしてしまうんじゃないか、って言い続けていたよな。とうとう今日、それが起こってしまった。でも神様のおかげで、ほら、この指二本を使って、吹っ飛んだ内蔵を何とか肛門から押し込んで、元に戻せたみたいだぞ…」

どんぶり一杯の七面鳥の内臓を、自分の指をつかって肛門から腸に押し込んだのですね。

15-15 Odorless fart
 T
he famous prima ballerina went to see the doctor and said, "Doctor, I've got a very embarrassing problem. I am all right while I am dancing but when I twist round, I break wind. It doesn't smell but it is very embarrassing."
"Can you give me a demonstration, Miss?" the doctor asked.
She then started to dance her routine and as she was doing the twist, she let one out right under the doctor's nose.
"You see what I mean, doctor. It doesn't smell, but it is embarrassing."
"I will give you some tablets for the wind, but I'm afraid you will have to have an operation on your nose."
"On my nose? Why, doctor?"
"Because, Miss, it stinks like hell."

 臭わない(?)オナラ
 有名なバレリーナが医者のところにやって来て悩みを打ち明けた。「先生、私とっても恥ずかしい悩みを抱えているんです。普通 にバレーを踊っている時は問題ないんですが、身体を回転させて踊る時、オナラが出てしまうんです。臭わないからまだましですけれど、みっともない問題ですので、何とかして下さい」
「お嬢さん、実演して見せてくれませんか?」と医者が促した。
バレリーナはいつもの踊りを始めた。そして身体を回転する場面では確かに、医者の鼻先にオナラを放った。
「ね、私の言った通りでしょう、先生。臭わないけれど恥ずかしいわぁ」と彼女が言うと、医者は「オナラが出なくなる薬を処方しましょう。でもお嬢さん、あなたは鼻も悪いので直した方が良いですよ」と答えた。
「え、鼻ですって?先生、何故ですか?」
「だってね、お嬢さん、あなたのオナラは目茶苦茶臭いですよ。(自分で気が付かないんですか?)」


15-16 Cut out the middleman
 A
guy walked into a pub and ordered a pitcher of beer.
When it arrived, he picked it up and carried it into the bathroom.
He dumped it into the urinal.
"Wha t the hell are you doing?" asked the bartender.
"Well, just cutting out the middleman," the guy replied.

 中間工程省略
 パブにふらっと入って来た男がピッチャー(水差し用の大きなグラス)一杯のビールを注文した。
ビールが運ばれてくると男はそれをもってトイレに歩いて行った。
便器の中に今運ばれたばかりのビールをジャーっと流してしまった。
「一体何でそんなことするんだ!」とバーテンダーが聞くと、「中間工程を省略しただけさ」と男は答えた。

飲んだビールが尿になって便器に流されるなら、
中間工程(喉→胃袋→尿道)を省略してビールを最初から流してしまえ、ということなんでしょうが、
それなら最初から注文する必要はないのにねぇ…。

15-17 Piss in the same pot
 W
hat is it that two men can do easily, a man and a woman with difficulty, and two women can't do at all?
Piss in the same pot.

 ひとつの壺にオシッコを入れること
 二人の男性なら簡単に出来て、男女ひとりずつだと少し難しく、二人の女性だと全くできないということは何でしょうか?
ひとつの壺に同時にオシッコを入れることです。


15-18 The man who loved beans
 O
nce upon a time, there lived a man who had a terrible passion for baked beans.
He loved them, but they always had an embarrassing and somewhat lively reaction on him.
One day he met a girl and fell in love.
When it was apparent that they would marry, he thought to himself, "She'll never go through with the marriage with me carrying on like this" so he made the supreme sacrifice and gave up beans.

 Shortly after that they were married, a few months later, on the way home from work, his car broke down and since they lived in the country, he phoned his wife and told her that he would be late because he had to walk.
On his way home, he passed a small cafe and the wonderful aroma of baked beans overwhelmed him.
Since he still had several miles to walk he thought he would walk off any ill effects before he got home.
So he went in and ordered three extra large helpings of beans.
All the way home he farted.
By the time he arrived home he felt reasonably safe.
His wife met him at the door and seemed somewhat excited.
She exclaimed, "Darling, I have the most wonderful surprise for you for dinner tonight!"
She put a blindfold on him and led him to his chair at the head of the table and made him promise not to peek.

 At this point he was beginning to feel another fart coming on.
Just as his wife was about to remove the blindfold, the phone rang.
She again made him promise not to peek until she returned and went to answer the phone.
While she was gone, he seized the oppor tunity.
He shifted his weight to one leg and let go.
It was not only loud, but ripe as a rotten egg.
He had a hard time breathing, so he felt for his napkin and fanned the air about him.
He had just started to feel better when another urge came on.
He raised his leg and rriiipppp!
It sounded like a diesel engine revving and smelled worse.
To keep himself from gagging, he tried fanning his arms a while, hoping the smell would dissipate.
Things had just about returned to normal when he felt another urge coming.
He shifted his weight to his ot her leg and let go.
This was a real blue ribbon winner; the windows shook, the dishes on the table rattled and a minute later the flowers on the table were dead.
While keeping an ear tuned in on the conversation in the hallway, and keeping his promise of staying blindfolded, he carried on like this for the next 10 minutes, farting and then fanning each time with his napkin.
When he heard the phone farewells (indicating the end of his loneliness and freedom) he neatly laid his napkin on his lap and folded his hands on top of it.
Smiling contentedly, he was the picture of innocence when his wife walked in.
Apologizing for taking so long, she asked if he had peeked at the dinner table.
After assuring her he had not peeked, she removed the blindfold and yelled "SURPRISE!"

 To his shock and horror, there were twelve dinner guests seated around the tabl e for his surprise birthday party.

 豆が大好きな男
 昔ある所に、炒った豆がとびきり好きな男が住んでいた。
豆は大好きだけれど、食べた後に恥ずかしくなるような大きなオナラが出るのが彼の悩みの種だった。
ある日彼は少女に出会い恋に落ちた。
彼女結婚しようとまで考えたので、「僕がオナラをしたら、彼女は結婚をOKするはずがないから、清水の舞台から飛び降りる気持ちで豆を食べることを止めよう」と自分自身に言い聞かせた。

 二人が結婚して数ヶ月後、仕事からの帰りに彼の車が故障した。
彼等が住んでいる場所は田舎で直ぐに車が修理できそうにないので、彼は「今日は歩いて帰らなければならないので、帰りが遅くなるよ」と妻に電話した。
歩きながら家に向かう途中、彼が通り過ぎようとしたカフェから炒った豆の香ばしい香りが、彼の鼻先をくすぐった。
そこから彼の家まで数マイルは歩かねばならないので、少しぐらい豆を食べても家に戻るまでは、オナラも出尽くしてしまうだろうと考え、カフェに入ると炒り豆の大盛りを三袋買って一気に食べた。
家まで歩いて戻る途中、彼はオナラのし放しだった。
家の前に立った時は、「これで大丈夫。もうオナラは出尽くしたぞ」と彼は思った。
妻がドアを開けてくれたが、何やら興奮している様子だった。
「ねぇ、あなた、今日はあなたをビックリさせる夕食を作ったのよ。覗き見したらダメよ」というと、彼女は夫に目隠しをさせると、彼の手を取って食卓の彼の席に導いた。

 この時彼はオナラが急に出たくなったことに気付いた。
妻が目隠しをほどこうとした時、電話の鳴る音が聞こえた。
「電話だから、戻ってくるまで目隠しをほどいたり、除いたりしちゃダメよ」と妻が念を押して、電話を取りに行った。
チャンスだ!と男は片足に体重をかけて一気に放屁した。
そのオナラたるやもの凄い音を立てたのみならず、腐った卵の様なもの凄い悪臭を伴ったものだった。
自分のオナラで息が吸えなくなって苦しくなったので、彼はテーブルナプキンを掴んで、自分の回りの空気を扇ぎまくった。
少し苦しくなくなったと思った時、彼はまたオナラをしたくなって、片足を上げた。
「ルルルルプププ〜」とジーゼルエンジンを回転させるような爆音と共に、先程よりもっとひどい悪臭が漂った。
ゴホゴホ言いながら男は両腕をグルグル回して、悪臭が散るように空気をかき回した。
ようやく回りの空気が落ち着いた時、彼はまたしてもオナラがしたくなり、先程とは別の足に体重をかけ再び放屁した。
これはまさしく今迄で一番のオナラだった。
ガラス窓は風圧でガタガタ震え、テーブルの上の料理が乗った皿はガタガタ音を立て、一分後には花瓶の花が枯れてしまうほどの強烈さだった。
妻との約束通り目隠しを取らずに廊下で妻が電話で交わしている会話の内容に聞き耳を立てつつ、男はそれから10分近く放屁しては、ナプキンで扇いで臭いを散らす作業を続けた。
妻が電話の相手に「それじゃ、またね」と言っているのを聞いて、こうやって好き勝手やって放屁しているのもこれまでと思い、彼はナプキンを膝の上に置いて両手を膝の上に乗せて椅子に腰掛け直した。
満足そうな笑みを浮かべ、妻が部屋に戻ってくる足音を何事もなかったようなフリをして彼は待ち受けた。
「長電話になってゴメンなさい」と謝りながら、妻は夫に「約束を破って、目隠しをズラしてテーブルの周りを覗き見しなかったでしょうね?」と尋ねた。
夫が「そんなことしていないよ」というのを確かめて、妻は目隠しを外すなり叫んだ。「ね、見て!ビックリしたでしょ!」

 初めて周りを見た夫はショックで凍りついた。
テーブルの周りには12人の客が彼の誕生日を祝うために着席していたのだった。

目隠ししたまま、やりたい放題オナラしまくったこの夫の姿は
すべて12人の客に目撃されていたわけです。

15-19 Shit over your necktie
 A
man went into a barber shop to get a haircut.
The barber found some curly blonde hair in the guy's beard.
The man said, "Ah, every morning I kiss my wife on the head before I go to work."
The barber chuckled, "That doesn't explain why you have shit over your necktie."

 ネクタイにこびりついたウンコ
 一人の男が散髪をするために床屋に行って椅子に座った。
床屋は男の髭に縮れた金髪が絡まっているのを見つけた。
男は慌てて「あぁ、僕は毎朝出勤前にワイフの額にキスをするんだよ」と答えた。
床屋はクスクス笑いながら、「じゃ、なんであなたのネクタイにウンコがこびりついているんですかねぇ…」

男がキスした場所は女性の額ではなくて、陰部だったのですね。

15-20 GAP Sweater
 T
his guy lives in Westchester, NY and goes to school at Ithaca College.
For t wo years, he has wanted to ask a certain girl (who is also from Westchester and also goes to Ithaca) out on a date, but has never had the courage.
Finally, one day over the summer, he sees her at home and musters up the courage to ask her out.
She accepts, and they make dinner plans for Saturday night.
Friday night, this guy goes out with all of his buddies, and drinks like Prohibition is coming back.
Saturday, he is in such bad shape that he can't make it through twenty minutes without either throwing up or using the bathroom.
After several hours of this, he is able to stop throwing up, but he is still running to the toilet every 20 minutes.
He doesn't want to cancel the date, because he's afraid he won't ever talk to her again.
So they meet in Westchester, and take the train to New York City (about a 30 minute ride).
They get to the restauran t, and he excuses himself during the appetizers to use the bathroom.
They enjoy the rest of the appetizers without interruption, but he has to go back again during the entrees.
They decide to get dessert.
During dessert, our hero feels another rumbling, but doesn't want to look like a complete bathroom freak, so he holds it.
After a few minutes, the rumbling subsides, but he still has a bit of gas stored up.
He decides to let this little bit of gas fly right ther eat the table (discreetly, of course).
Unfortunately, this little bit of gas came with another little surprise.
"Oh crap," he thinks (and feels).
Instead of running to the bathroom right away, our hero immediately leans on the arms of his chair to keep from sitting on this surprise.
He maintains this yoga position for the rest of dessert, trying to figure out what to do before his tan pants (a) start to smell, or (b) start to show stains on the outside.
He quickly pays for dinner and they leave the restaurant.
Oh, by the way, he is walking like a cowboy.

 On the way to the train station, they pass the Gap.
"Do you mind if I run in and buy a sweater that I was looking at last week?" he asks.
"No problem, I'd like to look around too," she replies. They go into the Gap.
Fortunately, at the Gap, men's fashions are on the right, women's fashions are on the left. They split up.
Our hero grabs the first sweater within reach, and hurries back to the khakis.
After selecting a pair that most closely resembles his current outfit, he brings both items to the register.
His eyes are on his date (still on the other side of the store) to make sure that she doesn't see him buying the pants.
He doesn't even want the sweater, so he says through clenched teeth (just in case his date can read lips from 40 feet away) "Just the pants."
"What?" asks the Gap girl.
"Just the pants!" (Eyes still trained on his date.)
Gap girl: "Oh, OK."
He pays for the pants and walks over to his date, then they leave the store.

 They board the train just before it leaves the station and find two seats in the middle of the car.
Without sitting down, our hero excuses himself and walks to the bathroom in the back of the car.
He gets to the bathroom as the train departs, and quickly rips off his pants and boxer shorts.
He rolls them into a ball and throws them out the window.
After cleaning himself off, he opens the Gap bag and pulls out...just the sweater.

 GAPのセーター
 ニューヨークのウエッチェスターに住んでいるこの男は、イサカ大学に通っていた。
彼は自分と同じ町に住んで同じ大学に通っている女子大生に、デートしてほしいと思っていたが、話を切り出す勇気がないため二年間じっと気持ちを秘めたままだった。
そして遂にある夏の日、彼は彼女が家に居ることを確認して、勇気を奮い起こして彼女にデートを申し込んだ。
彼女がOKしたので、二人は土曜日の夜、一緒に食事に出かけることにした。
その前日の金曜日彼は仲の良い男仲間と飲みに出かけ、まるで明日から禁酒法が再開されるから今晩はトコトン飲むぞ!というハイペースでグデングデンになるまで酒を飲んだ。
翌朝彼は20分おきに吐いたり、トイレに駆け込んで下痢をしたりして、全く使い物にならない状態だった。
ゲーゲーゲーゲー数時間苦しみ、ようやくもう胃袋の中には吐く物もなくなったが、それでも20分おきにトイレに行っては下痢をすることは止められなかった。
折角のデートをキャンセルすると彼女と話す機会はもう永遠に訪れなくなってしまうと思ったので、彼は約束通り彼女とウエッチェスターで会って、電車で30分の距離にあるニューヨーク市までやって来た。
二人がレストランの席に着き前菜が運ばれて来た時、男は「失礼」と席を外してトイレに駆け込んだ。
前菜を食べている間は大丈夫だった男だが、メイン料理の時に再びトイレに行くため席を外した。
最後に二人はデザートを注文したが、デザートを食べている最中に我等がヒーローは再びお腹がグルグル鳴りだしたのが、トイレ気違いと思われたくないので、彼はグっとこらえていた。
数分後にこの腹のグルグルは治まったが、まだ空気が肛門近くに残っている感じだった。
男は何とかこのオナラを目立たないように、コッソリこの場でもらしてしまおうと決心した。
ところがそぉっと出したオナラが、予期せぬ事態を引き起こした。「いけねぇ、ウンコ漏らしちゃった!」と男は考えた。
確かにズボンの中にその感触がある。
その場を離れてトイレに行く代わりに、我等がヒーローは腰掛けている椅子から少し腰を浮かし、椅子の両サイドの肘かけの上にお尻を置いたヨガのような苦しい格好で、デザートの残りを食べ続けた。
彼はウンコで汚れたズボンが(a)臭いだしてくるか、(b)外から見てもわかるほどシミが出てくるか、と冷や汗をかきながら考えていた。
デザートが終わったので彼は急いで勘定を済ませて、レストランを出た。
そういう状態なので 、我等がヒーローはまるでカウボーイのようにガニ股で歩いていた。

 駅に向かう途中で、二人はGAP(アメリカの有名なアパレル会社)店の横を通り過ぎた。
「先週ここで見 つけたセーターを買いたいので、この店に入っていいかな?」と彼は彼女に聞いた。
「いいわよ、私もお店の中で商品を見ているから」と彼女は答えた。
二人がGAPの店の中に入ると、幸いなことに男性物は右に、女性物は左に陳列されていたので、二人は別々 の方向に向かった。
我等がヒーローは最初に目についたセーターを掴むなり、カーキ色のズボンのコーナーに向かったそして彼が現在履いているウンコ漏れズボンに似ているズボンを一着選ぶと、それと先程掴んだセーターを持ってレジに行った。
彼は女性用商品売り場に居る彼のデート相手の様子をうかがって、彼がズボンを買ったことを悟られていないことを確かめた。
彼は無理してセーターを買う必要はなかったので、売り場の女性に口を動かさずに、「ズボンダケデイイヨ」と囁いた。
というのは、デート相手とは40フィート離れていたが、ひょっとして彼女が読唇術をマスターしていて、口の動きだけで彼の言葉を読み取ってしまうことを恐れたからだった。
我等がヒーローは売り場の女性と向き合いながら、目だけはまだデート相手をしっかり観察していた。
「エッ、何ですって?」とGAPの女性店員が聞き直した。
「ズボンダケデイイヨ」と目線はデート相手に釘付けのまま、彼はもう一度店員に囁いた。
「OK、わかりました」と女性店員が言ったので、彼はズボンの代金を払って、女性物売り場にいるデート相手の所まで歩いて行き、二人は揃って店を出た。

 電車が出発する寸前に駅に着いた二人は、電車に飛び乗ると客車の真ん中に空いている席を見つけてそこまで歩いた。
我等がヒーローは席に座らず、「すぐに戻るから」と断って、客車の後尾にある洗面所へ歩き去った。
彼がトイレの中に入って扉を閉めた途端に電車が動き出した。
彼は急いでウンコまみれのズボンと下着のパンツを脱ぎ捨て、それを一緒にクルクルと丸めて、トイレの窓から線路の外へポイっと投げ捨てた。
身体についた汚物をきれいに水で流した後、ギャップの紙袋からさっき買ったものを取り出して、履こうとして、目が点になってしまった。
それはGAPのセーターだったのだ!

GAPの店員が、「ズボンだけでいいよ」と我等がヒーローに言われて紙袋にしまったのはズボンでなく、
彼が店に入る言い訳のために選んで一緒にレジまで持ってきたセーターだったのです。
下半身スッポンポンで身に着けるのはセーターしか有りません。
さぁ、我等がヒーローはこれからどうするのでしょう。
セーターを逆さにして無理矢理両脚を突っ込むしかありませんね。(笑)

#15-1〜10・11〜20・21〜3031〜4041〜50


*  
*