●Kazさんのページ

#15.Excrement


#15-1〜1011〜20・21〜30・31〜4041〜50


15-21 Blow-dry
 W
hy do women fart after they piss?
They can't shake it, so they blow-dry it.

 風で乾かす
 何故女性は小便をした後にオナラをするのでしょうか?
女性は男性のように性器を振っ て滴を切ることが出来ないので、風で乾かすためです。


15-22 Noiseless & odorless fart
 A
guy said to the doctor that everything he ate turned into gas.
"I just had a steak and potatoes for lunch and it turned into gas."
"That could be serious, " replied the doctor.
"Fortunately my gas is noiseless and odorless. I'll do it."
The guy said and broke a gigantic wind. "See doctor? Can you cure it?"
The doctor pinched his noes with his thumb and index finger, grimacing at the guy and said, "I'll be able to help, but I'm going to fit you with a hearing aid and fix your nose first."

 無音無臭のオナラ
 男が医者に相談に来て、自分は何を食べてもすぐオナラが出てしまうので困っていると言った。
「昼食にステーキとポテトを食べたら、直ぐにオナラが出てしまったんです。」と男が言うので、「それは深刻な悩みですな、」と医者が相槌を打った。
「でも、幸いなことに僕のオナラは音もしないし臭いもしないんです。やってみましょうか?」と男は言うとものすごい大きなオナラをした。
「ね、先生、この通りなんですよ。で、直していただけますか?」と男が聞いた。
医者は親指と人差し指で自分の鼻をつまみ、たまらんと言った表情でこの男に言って聞かせた。
「直せると思いますがね、まずはあなたの耳に補聴器をつけて、あなたの嗅覚を直すことが先決ですな。」

無音無臭どころか、はた迷惑なもの凄い音と臭いのオナラなのに、この男は自覚症状がないのです。

15-23 Breaking wind
 H
erman and Martha were happily married for nearly forty years.
The only friction in their marriage was caused by the husband's habit of breaking wind nearly every morning as he awoke.
The noise would always wake up Martha and the smell would cause her eyes to water as she would choke and gasp for air.
Nearly every morning she would plead with him to stop ripping one in the morning.
Herman told her that he couldn't help it.
She begged him to visit a doctor to see if anything could be done, but the husband wouldn't hear of it.
He told her that it was just a natural bodily function, and then he would laugh in her face as she tried to wave the fumes away with her hands.
She told him that there was nothing natural about it and if he didn't stop, he was one day going to "fart his guts out".

 The years went by and Martha continued to suffer and Herman continued to ignore her warnings about "farting his guts out" until one Christmas morning.
Before dawn, Martha went downstairs to prepare the family feast.
She fixed Christmas pudding, mashed potatoes, gravy and of course a turkey.
While she was taking out the turkey's innards, a thought occurred to the wife as to how she might solve her husband's problem.
With a devilish grin on her face, she placed the turkey guts into a bowl and quietly walked upstairs hours before her flatulent husband would awake.

 While he was still soundly asleep, she pulled back the covers and then gently pulled back her husband's jockey shorts.
She then placed all of the turkey guts into her husband's underwear, pulled them up, replaced the covers and tiptoed back downstairs to finish preparing the family meal.

 Several hours later she heard Herman awake with his normal loud ass trumpeting.
This was soon followed by a blood curdling scream and the sound of frantic footsteps as her husband ran to the upstairs bathroom.
Martha could not control herself and her eyes began to tear up as she rolled on the floor laughing.
After years of putting up with him she had finally gotten even.
About twenty minutes later, Herman came downstairs in his blood stained underpants with a look of horror in his eyes.
She bit her lip to keep from laughing and she asked him what was the matter.
"Honey," he said. "You were right - all those years you warned me and I didn't listen to you."
"What do you mean?" asked Martha.
"Well you always told me that I would end up farting my guts out one of these days and today it finally happened. But by the grace of God and these two fingers, I think I got 'em all back in."

 放屁(オナラ)
 ハーマンとマーサは40年近く幸せに過ごしてきた夫婦だった。
彼等の結婚生活で唯一問題だったのは、夫のヘルマンが毎朝目覚める時に大きなオナラをすることだった。
夫のオナラの音のもの凄さにマーサはベッドから飛び起き、その臭いのひどさに彼女は涙を流し、窒息状態から逃げて新鮮な空気を吸うため、口をパクパクせざるを得なかった。
来る日も来る日もマーサは夫に、起きがけにオナラをしないでほしいと頼んだが、ハーマンは自分でコントロール出来ないのだと言った。
それなら医者に行って治療して欲しいという妻の願いに対して、夫は「これは人体の自然の摂理なんだから」と聞く耳をもたず、鼻先の臭気を手で追い払おうとする妻をゲラゲラ笑い飛ばすだけだった。
マーサは「これは自然の摂理なんかじゃない!この習慣を止めないと、いつかあんたは自分のオナラで内臓を吹っ飛ばしてしまうからね」、と言うしかなかった。

 月日が経ってもマーサは相変わらず夫のオナラに悩まされ続け、ハーマンは妻の「自分のオナラで内蔵を吹っ飛ばしてしまうからね」という警告を無視し続けてきた。
ある年のクリスマス、家族に特別料理を作るためマーサは夜明け前から起きて、下の台所へ降りて行った。
クリスマス用のプリン、マッシュポテト、そしてもちろん七面鳥とグレービーソースの準備を始めた。
七面鳥の内臓を体内から取り出す作業をしている時、彼女が長年苦しめられてきたあの問題を、ひょっとしたら解決することが出来るかもしれない、という考えが閃いた。
ニヤっと悪魔の様な笑いを浮かべると、彼女は取り出したばかりの七面鳥の内臓をどんぶりに移すと、威張りくさった夫が目を覚ます前に、物音を立てないように階段を上ってベッドで眠っている夫の横に戻った。

 夫がぐっすり眠っていることを確かめると、マーサはベッドカバーをそっと剥がすと、眠っている夫のズボンを脱がせて、その下に着ているパンツの中にどんぶりの中に入っていた七面 鳥の内臓を全部空けて、ズボンを元通りに戻した。
彼女は抜き足差し足で階段を降りると、台所でクリスマス料理の準備を再び始めた。

 数時間後ハーマンが目覚めて、いつもの様にトランペットの様な音を立ててオナラをするのがマーサには聞こえた。
続いて血も凍るような悲鳴と、ドタバタと床を走る音が聞こえ、夫は二階のトイレへ駆け込んだようだった。
『してやったり!』とマーサは可笑しさをこらえきれず、床の上を笑い転げ回り、笑いすぎて涙が止まらなかった。
『長年に渡りさんざん我慢してきたけれど、ようやくお返しをしてやることが出来たんだわ!』
20分程経ってから、恐怖で目が引きつった夫が、血で汚れたパンツ姿で階下に降りて来た。
マーサは口元をギュッと閉じて笑いを殺し、そ知らぬ顔で「どうしたの?」と夫に尋ねた。
「なぁ、お前お前が正しかったよ。お前がずうっと警告していたのに、俺は聞く耳を持たなかった。」
「何のことを言ってるの?」とマーサが聞き返す。
「お前は、いつか俺が自分のオナラで内蔵を吹っ飛ばしてしまうんじゃないか、って言い続けていたよな。とうとう今日、それが起こってしまった。でも神様のおかげで、ほら、この指二本を使って、吹っ飛んだ内蔵を何とか肛門から押し込んで、元に戻せたみたいだぞ…」

どんぶり一杯の七面鳥の内臓を、自分の指をつかって肛門から腸に押し込んだのですね。

15-24 Sewage disposal plant
 A
public servant from the Deep South comes to New York and he is amazed by the indoor plumbing.
He is so intrigued by the way the toilets work that he goes to the sewage disposal plant to check it out.
One of the inspectors shows him to the conveyor belt that carries all the bowel movements.
As the piles of shit parade by them, the inspector says, "You can tell by inspection whose assorted feces belong to. See that one? I'm sure it's turd of a Mexican. See the pieces of taco shell and tomato seeds. And this next one is obviously the turd of a Chinaman or a Japanese. See the fish eyes and the rice in it? And this next one is surely from a queer."
The hick says, "How can you tell?"
The inspector says, "It's dented on one end."

 下水処理プラント
 南部の山奥の村からニューヨークに視察にやってきた公務員は、トイレの下水配管システムにすっかり感心し、各家庭から運ばれる下水の処理はどうしているか気になったので、下水処理場を見学させてもらった。
処理場の監督者がコンベアベルトで運ばれてくる大便を指差しながら、「慣れてくると、この糞がどこの家庭から来たものかも言い当てられるようになるんだ」と言った。
「いいか、例えばだな、これはメキシコ人の家の糞だな。ほらタコスの滓とトマトの種がは言っているだろ。その隣の糞は明らかに中国人か日本人の家から来たものだな。な、魚の目と米粒があるだろ。それから、次の糞はホモセクシャルの家から来たものだな」
田舎者の公務員はビックリして聞き返した。「どうしてそれがわかるんですか?」
監督者は指差しながら答えた。「ホラ、ウンコの角にへこみがあるだろ?」

ホモセクシャルは肛門セックスをするので、ウンコもへこみの跡があるというのです。

15-25 Champagne bath
 A
woman wanted to take a champagne bath on her birthday.
Reluctantly her husband agreed and purchased a case of champagne bottles and poured the contents into the bathtub.
The woman hopped in and enjoyed herself immensely.
Afterwards the husband decided all that champagne shouldn't go to waste, so he began pouring it back into the bottles.
When he finished, he found he had a cup of champagne left over.
"Oh, no, honey," he cried in dismay, "you shouldn't have done that…"

 シャンペン風呂
 自分の誕生日にシャンペン風呂に入りたいと願っていた女性がいた。
彼女の夫は不承不承彼女の要望を聞き入れ、シャンペンを一ケース買って浴槽の中に全て注ぎ込んだ。
妻は喜んでその風呂の中に飛び込み、高価な入浴を大いに楽しんだ。
妻が入浴を終えた後に夫はこんなに沢山のシャンペンを無駄に捨てることはないと考え、浴槽のシャンペンを空の壜に戻し始めた。
すべての壜に詰め戻した時、まだ浴槽の中にコップ一杯分のシャンペンが残っているのに気づいた夫がガッカリして叫んだ。
「オー、お前はなんてことしてくれたんだ!オシッコするなんて…」

奥さんがシャンペン風呂の中でオシッコをしたので、その分だけ入れたシャンペンの量より増えていたのですね。
せっかく回収したシャンペンもどこにオシッコが混ざっているかわからないので、飲めませんね。

15-26 Yellow in front, brown behind
 H
ow are redneck children taught to put on their underwear?
Yellow in front, brown behind.

 黄色が前で茶色は後ろ
 田舎っぺの子供には、パンツの履き方をどう教えるでしょうか?
「黄色が前で茶色は後ろ」

オシッコの汚れが付いている方が前で、
ウンコの汚れが着いている方が後ろ、と教えるそうです。

15-27 Abdul's gigantic fart
 A
n Arab merchant named Abdul Dubai was in the marketplace one day when he felt a terrible urge to break wind.
No longer able to control himself, he let forth a tremendously loud and long fart.
All the people in the marketplace stared at him and Abdul was so embarrassed and ran back to his home where he immediately packed a few belongings and ran away.
From that day on, he traveled from one place to another, always careful to avoid his hometown.
Many decades had passed and the man became old and weary.
He thought his long beard and weathered face would make him look different enough so as not to be recognized finally, he returned to the streets he used to walk around.
Upon arriving, he went directly to the marketplace.
To his surprise, he noticed that a big building now stood at the entrance.
He turned to a man nearby him and asked, "My friend, when was that building built?"
"Oh, that building?" replied the man.
"It was about four years after Abdul Dubai gigantically farted in the marketplace."

 巨大なオナラ
アブダル・デュバイというアラブの商人が、ある日市場でオナラをしたくてたまらなくなった。
我慢が出来なくなりオナラをしたところ、それはそれはデカい音が長く続いたので、市場に居た人全員が、アブダルをジーッと睨んだ。
アブダルは気恥ずかしくて、家へ飛んで帰り、すぐに身の回りのものをまとめて逃げ出した。
その日以来彼は旅から旅への毎日だったが、故郷には決して立ち寄らなかった。
長い年月が経ち、アブダルは年を取り身体も弱くなった。
彼の長い髭と年月を重ねた顔付きはもはや昔日の面影はなく、誰にも見破られることはないだろうと考え、ついに彼はかつて歩き回った懐かしい通りへ戻ることにした。
故郷に戻るなり、彼はその足ですぐ市場に向かった。
驚いたことに市場の入り口に大きなビルが建っていたので、彼はすぐ近くにいた男に顔を向けて聞いてみた。
「そこの人、このビルはいつ建てられたのかね?」
「え、あのビルのことですかい?」男は応えた。
「あれはアブダル・デュバイが市場でもの凄いオナラをしてから4年後のことだったね」

アブダルのオナラは伝説になっていたのです。

15-28 Snot
 A
well-dressed guy went into a bar for a Martini and found himself beside a scruffy-looking drunk who kept mumbling and studying something in his hand.
The guy leaned closer while the drunk held the tiny object up to the light, slurring, "Well, it looks plastic".
Then he rolled it between his fingers, adding, "But it feels like rubber."
Curious, the guy asked, "What do you have there?"
The drunk replied, "Fucked if I know, but it looks like plastic and feels like rubber."

 The guy said, "Let me take a look."
So the drunk handed it over.
The guy rolled between his thumb and fingers, then examined it closely.
"Yeah, it does look like plastic and feel like rubber, but I don't know what it is. Where did you get it anyway?"
The drunk replied, "Out of my nose."

 鼻くそ
 キチンとした身なりの男がバーでマティニを注文して、ふと横を見るとだらしない顔をした酔っ払いが何かブツブツ言いながら、自分の掌にある物をあれこれいじくりまわしてることに気付いた。
男は少し身体をそちらの方へ傾けると、酔っ払いが小さな物質をよく見えるようにと灯りに近づけて、呂律が回らない口調で、「プラスチックのように見えるけれど、」と言った。
続いて彼はその物質を指の間でクルクルと回して、「でも感触はゴムみたいなんだよな。」と付け加えた。
好奇心が沸いてきた男は、「一体それは何なんですか?」と酔っ払いに尋ねた。
「クソ、それがわかっていれば苦労しねぇさ。プラスチックみたいなんだけど、ゴムみたいな手触りでさ。」と酔っ払いが答える。

 男が「ちょっと拝見させて下さい」と頼むと、酔っ払いはその物質を彼に手渡した。
男はそれを親指と他の指の間で転がし、目元まで近づけてまじまじと眺めた。
「確かにプラスチックみたいに見えるけれど、ゴムみたいな感触だね、ウーン何なんだろう、こいつは?ところでこいつはどこで手に入れたの?」
酔っ払いが答える。「僕の鼻の穴の中から。」


15-29 Just humming along!
 I
was in the pub yesterday when I suddenly realized I desperately needed to pass wind.
The music was really, really loud, so I broke wind with the beat.
After a couple of songs, I finished my pint and noticed that everybody was staring at me.
Then I suddenly remembered that I was listening to my iPod.

 鼻歌を歌っていただけなんだ!
 私が昨日パブで飲んでいる時突然オナラがしたくなり、どうにも我慢できなくなった。
耳に響いてくる音楽は非常に大きかったので、どうせわかりっこないから構うもんかと、私は思い切り勢いよく放屁した。
そのまま数曲聞いてビールを飲み終わって、周りを見回すと、皆ジロジロ私のことを睨んでいる。
私は突然気が付いた。私はアイポッド(携帯電話)から聞こえてくる音楽を聞いていたんだ、と。

アイポッドから聞こえて来る音楽をヘッドフォンで聴きながら、ビールを飲んでいたので、
このパブが部屋全体に大音量で音楽を流していたのではなかったのです。

15-30 Beer & urine
 W
hy is beer served cold?
So you can tell it from urine.

 ビールと尿
 何故ビールは冷たく冷やしてから出されるのですか?
そうすればオシッコと間違えないでしょ。

#15-1〜1011〜20・21〜30・31〜4041〜50


*  
*