●Kazさんのページ


#15.Excrement

Excrement(糞尿)は大小便、オナラなどに関するjokeで、Scatology(糞便学)jokeとも呼ばれます。
当然のことながら食事中には喋るべきではありません。

#15-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜50


15-41 Fart glossary
1. A prelude to shit.
2. Anal airwaves.
3. Blowing the butt trumpet.
4. Bottom burp.
5. Firing skunk missile.
6. Natural music box.
7. Stinky cough.
8. Turd honking.

 オナラ語彙解説
1.糞序奏曲
2.肛門放送局
3.お尻トランペット吹奏
4.臀部のゲップ
5.スカンクミサイル発射
6.自然のオルゴール
7.臭〜い咳
8.ウンコ警笛


15-42 Definitely
 T
he teacher asked little Johnny to use the word "definitely" in a sentence.
Little Johnny asked the teacher.
"Miss, do farts have lumps in them?"
The teacher said, "Of course not, Johnny."
To which Johnny replied, "Then I have definitely shit my pants."

 間違いなく
 先生がチビのジョニーに「間違いなく」という単語を使った文章を作るように言った。
チビのジョニーは、「先生、オナラには固形物が含まれますか?」と聞くので、「もちろん含まれないわよ、ジョニー」と先生は答えた。
それを聞いてジョニーが文章を作った。「それなら、間違いなく僕はウンコを漏らしています」


15-43 You're shitting in the bed!
 R
alph came home drunk one night, slid into bed beside his sleeping wife, and fell into a deep slumber.
He awoke before the Pearly Gates where St.Peter said, "You died in your sleep, Ralph."
Ralph was stunned.
"I'm dead? No, I can't be! I've got too much to live for. Send me back!"
"I'm sorry, but there's only one way you can go back, and that is as a chicken," St. Peter said.
Ralph was devastated, but begged St. Peter to send him to a farm near his home.
The next thing he knew, he was covered with feathers, clucking, and pecking the ground.
A rooster strolled past.
"So, you're a new hen, huh? How's your first day here?"
"Not bad," replied Ralph the hen, "but I have this strange feeling inside. Like I'm gonna explode!"
"You're ovulating," explained the rooster.
"Don't tell me you've never laid an egg before."
"Never," replied Ralph.
"Well, just relax and let it happen," says the rooster.
"It's no big deal."
Ralph did, and a few uncomfortable seconds later, out popped an egg! 
Ralph was overcome with emotion as he experienced motherhood.
He soon laid another egg -- his joy was overwhelming.
As he was about to lay his third egg, he felt a smack on the back of his head, and heard his wife shout, "Dammit, Ralph! Wake up. You're shitting in the bed!"

 ベッドにウンコを漏らしている
 ある晩ラルフが酔っ払って家に戻ると、ベッドで眠っている妻の横にもぐり込んで、深い眠りに落ちた。
彼が目を覚ますと天国の門でセントピーターに迎えられ、「ラルフ、君は寝ているうちに死んだよ」と言われた。
ラルフはビックリ仰天して「死んだって?そんなわけないでしょ!もっともっと生きていられるのに。地上にもどしてくださいよ!」
「残念だがラルフ、地上に戻るにはたった一つの方法しかない。それは君が鶏として生き返ることだよ」とセントピーターが言った。
それを聞いてラルフは打ちのめされたが、セントピーターに彼の家の近くの農場に送り返してもらうよう懇願した。
次に彼が気付いたことは自分自身が羽毛で覆われ、雌鳥の鳴き声を出しながら地面を嘴でつついている姿だった。
一羽の雄鳥がやって来て、「お前は新しい雌鳥か?初日の今日はどんな具合だ?」と尋ねた。
ラルフは「悪くないね。でも腹の辺りに変な感触があるんだ。まるで爆発物をかかえているような」と言った。
「お前は卵を産もうとしているんだよ。今まで産んだこと、あるだろう?」と雄鳥が説明した。
「いや、一度もないよ」とラルフは答えた。
「じゃ、気を楽にして自然に起こるままにしておけばいいさ。別に大袈裟に騒ぐほどのことじゃない」と雄鳥が言った。
ラルフは言われた通り何もせずにいると、数秒間ちょっと不快な感じがしたが、卵が一個ポンと排卵された。
ラルフはまるで母親になったような気持ちになった。そしてもう一つの卵を産むと、喜びが増した。
三個目の卵を産もうと力むと、ラルフは頭の後ろを叩かれた強い衝撃で意識が戻り、妻の怒鳴り声が聞こえた。
「何てことするの、ラルフ!目を覚まして!あんたベッドにウンコを漏らしているのよ!」


#15-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜50
*  
*