●Kazさんのページ

#16.Female anatomy

#16-1〜10・11ー20・21〜3031〜4041〜50

16-11 Parachute & condom
 W
hat's the difference between a parachute and a condom?
When a parachute fails, somebody dies and when a condom fails, somebody is born.

 パラシュートとコンドーム
 パラシュートとコンドームの違いは何ですか?
パラシュートをで失敗すると人間が死にますが、コンドームで失敗すると人間が生まれます。


16-12 Tittsburgh
 T
hree priests wanted to buy train tickets to Pittsburgh at a railway station.
The young girl selling tickets was very pretty and endowed with a large, shapely set of breasts.
Every time she bent forward, her great mammary displayed through her T-shirt.
The youngest priest approached the ticket booth and said, " Miss, please ive me three tits to Tittsville."
"How dare you say?" remonstrated the girl.
The second priest stammered, "L, let me handle this, Miss. Three pickets to Tittsburgh and give me the change in nipples and dimes."
"I beg your pardon?" said the angry girl.
The third priest, the eldest of the three, tried to calm her down.
"Three tickets to Pittsburgh, please. But you should dress more decorously, young woman, or St. Finger is going to point his Peter at you!"

 ティッツバーグ
 三人の神父がピッツバーグ(Pittsburgh:地名)までの切符を買うために駅にやって来た。
窓口の若い女性はとても可愛らしく、その上形のよい立派な乳房の持ち主だった。彼 女が前に屈むたびに豊かなオッパイがTシャツからこぼれそうに見えるので、三人の中で一番若い神父が窓口で切符を買おうとして、(つい乳房に見とれて)「お嬢さん、すみませんけどティッツビル(オッパイ村)まで3枚切符をお願いします」と行ってしまった。
「何ですって!?」窓口の女性は抗議した。
二番目の神父が慌ててどもりながら 訂正する。「ち、ちがうんです。つ、つまり杭(ピケット:チケットの間違い)を3本 、ティッツバーグ(ピッツバーグの間違い)まで買いたいんです。お釣りの小銭は乳首(ニップル:5セントニッケル硬貨の間違い)とダイム(10セント銀貨)でお願いします」
「もう一度言ってごらん!」と乳房の大きな女性はカンカンに怒った。
三番目の神父は一番年長者だったので、この女性をなだめようとこう行った。
「ピッツバーグまで切符を3枚お願いします。でもね、お嬢さん、もうちょっと上品な洋服を着ましょうよ。そうでないと聖人のフィンガー(ピーターの間違い)が、あなたにピーター(オチンチン:指(フィンガー)の間違い)を突きつけますぞ!」

三人ともこの女性のたわわな乳房に目を奪われて、つい乳房に関係ある言葉を喋ってしまうのです。
最後の年長の神父は"St. Peter is going to point his finger at you !"と言いたかったのに、
Peterとfingerを逆にしてしまったので、「さもないと、オチンチンをつきつけますぞ!」と
三人の中では一番下品なことを口走ってしまう結果になりました。

16-13 Lopsided breast
 A
woman goes to the doctor.
As he examines her, he says, "Ma'am, I can't belive my eyes. Your right breast is three times as big as your left."
She says, " My husband loves to sleep with one of them in his mouth."
The doctor says, "I sleep with my wife the same way, but hers are normal."
The woman says, "I guess you don't have twin beds."

 片方だけ大きい乳房
 診療に来た女性の乳房を調べていた医者が声を上げた。
「奥さん、私は自分の目が信じられません。あなたの右の乳房は左の乳房の三倍もあります!」
女性が答える。「うちの夫は眠るときに私の片一方の乳房を口にくわえながら眠るからです」
医者が反論する。「実は私もワイフと眠るときに同じことをするんですが、彼女の乳房はこんなに左右の大きさが違うということは有りませんよ」
すると女性がこう言った。「でも、先生達夫婦はツインベッドで眠るわけじゃないでしょう?」

この女性患者は夫とツインベッドで別々に眠るのに、
夫がずっと彼女の乳房をくわえたままなので、引っ張られて片一方だけが大きくなってしまったのです。

16-14 Three types of Bras
 A
man walked into the ladies department of a Macy's, one of the largest department store chains.
He shyly walked up to the woman behind the counter and said . "I'd like to buy a bra for my wife."
"What type of bra?" asked the clerk.
"Type?" inquires the man "There is more than one type?"
"Look Around," said the sales lady, as she showed a sea of bras in every shape, size, color and material.
"Actually, even with all of this variety, there are really only three type s of bras," replied the salesclerk.
Confused, the man asked what were the types.
The saleslady replied "The Catholic type, the, Salvation Army type, and the Baptist type. Which one do you need?"
Still confused the man asked, "What is the difference between them?"
The lady responded, "It is all really quite simple. The Catholic type supports the masses, the Salvation Army type lifts up the fallen, and the Baptist type makes mountains out of mole hills."

 三種類のブラジャー
 アメリカで最も大きなデパートチェーンであるメーシー百貨店の女性下着売り場に、男の客がやってきて、売り場の女性店員に恥ずかしそうに話しかけた。
「うちの奥さん用のブラジャーを買いたいんですが」と聞くと、その店員が「どんなタイプのブラですか?」と尋ねる。
「タイプ?一種類じゃないんですか?」と男が逆に質問する。
「ここを見渡してご覧なさい。」と、あらゆる形、大きさ、色とそれこそブラの大洪水のような売り場にこの男を案内した女店員は、「まぁ、これだけ沢山の種類がありましても、実際のところは3タイプに分類できるんですのよ。」と言う。
ますます混乱した男性客はその3種類のブラはどういう物かと説明を求めた。
「カトリックタイプ、救世軍タイプ、そしてパブティスト派タイプの3つです。どちらのタイプをお望みですか?」
さっぱりわからなくなった男は「その3つのタイプの違いってどういう点ですか?」と尋ねる。
「非常にわかりやすいですよ。まずカトリックタイプですが、サイズが大きい方向きです。救世軍タイプ、これはタレ気味の乳を引き上げます。バプティスト派タイプは小さい乳大きくみせるブラです。」

カトリックは信者数が一番多いことから「サイズの大きい人向け」、
落ちこぼれた貧 しい人を救う救世軍タイプは「タレ気味の乳を引き上げ」、
針小棒大(make a mountain out of a mole)な言い方をするバプテスト派タイプは「小さい乳を大きく見せる」タイプです、
と独自な分類をしています。

16-15 Menstruation
 W
hat do menstruation and a salary have in common?
You wait for it for a month, but it only lasts three days.

 生理
 生理と給与との共通点は?
一ヶ月待っても三日でなくなる。


16-16 Bite your breasts
 A
guy walking down the street sees a woman with perfect breasts.
He says to her, "Hey miss, would you let me bite your breasts for $100 dollars? "
"Are you nuts? " she replies, and keeps walking away.
He turns around, runs around the block and gets to the corner before she does. "Would you let me bite your breasts for $1,000 dollars?" he asks again.
"Listen you; I'm not that kind of woman! Got it?"
So the guy runs around the next block and faces her again. "Would you let me bite your breasts just once for $10,000 dollars?"
She thinks about it for a while and says, "Hmmm, $10,000 dollars, eh? Ok, just once, but not here. Let's go to that dark alley over there."
So they go into the alley, where she takes off her blouse to reveal the most perfect breasts in the world.
As soon as he sees them, he grabs them and starts caressing them, fondling them slowly, kissing them, licking them, burying his face in them, but not biting them.
The woman finally gets annoyed and asks, "Well? Are you gonna bite them or not?"
"Nah," he replies. "It costs too much."

 あんたの胸を噛みたい
 男が道路を歩いていると完璧な乳房を持った女性に目が点になった。
「ねぇ、お嬢さん、100ドルあげるから、あんたの胸を噛ませてくれない?」と男は声をかけた。
「バカ!」とその女性は言い捨てると歩き去った。
男は向きを変えて走り出し、グルッと遠回りして彼女が歩いて来る街角へ先回りして待っていた。
男は彼女に「ねぇ、1000ドルあげるから、あんたの胸を噛ませてくれない?」、と再び声をかけた。
女性が答える。「あのね、私はあんたが考えているようなだらしない女とは違うの!わかった?」
そこでこの男は懲りずに彼女が歩いて来る次の街角へ先回りして待っていて、また彼女の前に立ちはだかった。
「じゃあ、10,000ドルあげるから、あんたの胸を噛ませてくれよ?ネ、どう?」
彼女は暫く考えてからこう言った。「そうね、10,000ドルって言ったわよね 。うーん、わかった。じゃ一回だけならOKよ。でもこんな人前じゃ嫌よ。あそこの脇道の人目につかない所でしてちょうだい。」
そこで二人は暗い脇道に外れると、この女性はブラウスを脱いでこんな見事な乳房はないと思われるほど素晴らしい胸をさらけ出した。
男はたわわな乳房を見るやいなや、両手で掴み、丁寧になで回し、ゆっくり愛おしそうに唇を這わせ、舌で舐めまくり、見事な谷間に顔を埋めて恍惚とした表情になった。
しかし、歯をたてて噛みつきはしなかった。
彼女はしつこい男の行為に煩わしくなり、「ねぇ、あんた噛みつくの、噛みつかないの、どっちなの!」と尋ねた。
男は答えた「やめとこう。噛みつくと高くつくから」

噛みつかないから約束の10,000ドルは払わないよ、ということですけど、
こんなズルいやり方ってアリですか?

16-17 Cure baldness
 A
man with rapidly thinning hair goes into his regular barber shop and sits down for his haircut.
Looking at the shiny dome of the barber, the man feels a certain kinship and says, "I bet you wish as much as I do that there could be an instant cure for baldness."
The barber looks around lowers his voice, leans in close to the man and says, "Actually, I have discovered a cure. The best thing to cure baldness is ummm….er…shall we say, "female juice"
The guy looks up at the barber and exclaims, "But you're as bald as a cue ball!"
"Yeah," replies the barber, "but you've got to admit I have got a helluva mustache!"

 ハゲの治療法
 急激に頭髪が薄くなった男が、馴染みの床屋に散髪に行った。
男は椅子に腰掛け、ピカピカに禿げ上がった床屋の店主を見ていると同病相憐れむ感じがしてきて、「ハゲに即効く治療法があれば良いと僕は常々思っているけれど、君も同意見だろ?」と話しかけた。
床屋は辺りを見回すと声をひそめて、椅子に座っている男の耳元でこうささやいた。「実は、ハゲの即効薬を見つけたんですよ。ハゲを直すのに一番効くのは、エーっと、つまり『女性の愛液』なんですよ」
男は床屋をしげしげと見上げて、「でも、君の頭はビリヤードの球みたいにツルツルじゃないか!」と言った。
「頭はそうですけどね、でも、ほら、私のこのふさふさした髭を見て下さいよ…」

床屋の店主は女性器を口で愛撫して髭がぐんぐん育ったので、
きっと女性の愛液はハゲに効くのだろうと言っています。

16-18 Sponge
 T
his little boy is riding his bike around the house as his mother is washing the windows on the second floor.
The little boy looks up and says, "Mommy what is that?"
The mother, thinking, "Oh my, I forgot to put on my panties" and she replies, "Oh, that is just my sponge"
The little boy is happy with that answer and continues riding around the house.
The mother in the meantime puts on her panties.
The little boy returns and says: "Mommy what happened to your sponge?"
The mother replies, "Oh, I lost it" the mother laughs and continues to wash the windows as the little boy rides his bike.
The little boy returns and says, "Mommy, Mommy, I found your sponge."
The mother, confused, forgetting about what she said, remembers. "Yes, my dear, and where did you find my sponge?"
The little boy loudly replies, "The lady next door is washing Daddy's face with it!"

 海綿(スポンジ)
 少年が家の周りを自転車で回っている時、母親が二階の窓ガラスを拭いている姿が眼に入った。
母親を見上げながら、「ママ、ママの足の間にあるもの、それ何?」と声をかけた。
母親は『あら、大変。パンティーを履いていないんだわ』と気付いて、「あぁ、これ?ママのスポンジ(海綿)よ」と答えた。
少年はこの答えに納得して、自転車を漕いで立ち去った。
母親はその隙に急いでパンティーを履いた。
少年が再び家の下に戻ってくると、「ママ、ママのスポンジはどこ行っちゃったの?」と声を出して尋ねた。
「あぁ、あれ、なくしちゃったのよ」と母親が笑いながら答えて、窓拭き作業を続けた。
少年は再び自転車を漕いでそこを離れたが、直ぐに戻って来て母親に声をかけた。
「ママ、ママ、僕、ママのスポンジを見つけたよ」
母親はさっき自分が言ったことを忘れていたので当惑したが、直ぐに思い出して息子に聞き返した。
「あら、そう。で、あなたはどこでママのスポンジを見つけたの?」
少年は大声で叫んだ。「隣の家の奥さんが、ママのスポンジを使ってパパの顔をこすっているんだ!」

それはママのスポンジじゃなくて、隣の奥さんのスポンジなんですが…(笑)

16-19 Grass growing on a competition track
 A
man picked up a young woman and took her to a motel.
After finishing making love, he looked down on her and shouted, "My dear, you don't have any hair on your pussy. Why?"
She answered, "Did you ever see grass growing on a competiti on track?"

 競技用トラックに生えている草
 男が若い娘を引っかけてモーテルに連れ込んだ。
セックスを終えた男が彼女の下半身を見て驚いて叫んだ。
「なんてこった!あそこに毛が生えていないじゃないか!何故なん だ?」
若い娘はこたえた。「競技用トラックに、草なんて生えている?」

彼女のその部分は頻繁に使用しているので、毛が擦り切れて残っていないということです。

16-20 Wiggle your itchy ear
 A
man and a woman were having drinks, getting to know one another and started bantering back and forth about male / female issues.
They talked about who was better in certain sports, who were the better entertainers, etc.
The flirting continued for more than an hour when the topic of sex came up.
So they got into an argument about who enjoyed sex more.
The man said, "Men obviously enjoy sex more than women. Why do you think we're so obsessed with getting laid?"
He then went on for several hours arguing his point, even going so far as to ask other men in the bar for their opinions.
The woman listened quietly until the man was finished making his point.
Confident in the strength of his argument, the man awaited her response.
"That doesn't prove anything," the woman count ered.
"Think about this - When your ear itches and you put your little finger in it and wiggle it around, then pull it out, which feels better - your ear or your finger?

 痒い耳をコチョコチョ掻く
 酒場で男と女が酒を飲みながらお互いのことを理解したつもりで、男女の問題についてあれこれ議論をしているうちに、ある種のスポーツでは男女どちらが優れているか、役者や歌手などエンターテナーとしては男女どちらが優れているか、と段々エスカレートしていった。
さらに一時間以上軽口を叩き合っているうちに、おきまりのセックスの話題になった。
となると男女どちらの方がセックスを楽しむのか、という論点になり、男は「男の方が女よりセックスを楽しむに決まっているじゃないか。なぜ男は女と寝るという考えに常に取り付かれていると思うかい?」と言った。
そして彼はその酒場で飲んでいた男性に質問したりして、自分の主張点について延々数時間も喋り続けた。
女は男が喋り終わるまでじっと黙って聴いていた。
男は自分の議論が正しいと自信を持って女の論評を待った。
「あなたの言っていることは何の証明にもならないわ」、と女は反論を始めた。
「こう考えてみたらどうかしら?あなたの耳が痒くなって、小指で耳の穴をコチョコチョと掻いてからその小指を抜いた時、あなたの耳とあなたの小指とどっちが気持ち良いと感じる?どう?」


#16-1〜10・11ー20・21〜3031〜4041〜50


*  
*