●Kazさんのページ

#16.Female anatomy

#16-1〜1011ー20・21〜30
31〜4041〜50

16-21 My pussy must have eaten the mouse
 A
t a cocktail party, a beautiful woman whispered into my ear, "Do you want to see my tattoo?"
Naturally I replied yes and she lifted up her skirt.
Then she pulled her panty down a little, saying "Do you see the mouse on my thigh?"
I said no and she pulled her panty down a little more. "Now do you see the mouse? " she asked and I said no.
She then pulled her panty down a little farther and asked the same question.
I said no again.
"Well," she said, "My pussy must have eaten it."

 私の猫がネズミを食べてしまったに違いない
 カクテルパーティで知り合った美女が、僕の耳元で囁いた。「私の刺青を見てみたい?」
僕は当然「もちろん!」と答えた。
すると彼女はスカートをチラっとまくり上げ、その下に履いていたパンティを少しズリ下げた。「私の太股に彫ってあるネズミが見えるでしょ?」
僕が「いや、見えないけど」と言うと、彼女はもっとパンティを下げて「ほら、これならネズミが見えるでしょ?」と囁いた。
「いや、やっぱり見えない」と僕が言うと、彼女は更にパンティを下に下げて同じ質問をした。
僕も同じ答えを繰り返した。「そうなの?じゃ私の猫がネズミを食べてしまったのかも知れないわね」

ここで可笑しいのはpussy(猫)が女性器も意味するからです。
この美女は最初から僕を誘惑するつもりでパンティをズリ下げているのに、
鈍い僕はそのシグナルに気付かないのです。

16-22 Geographic location
 A
man goes to the famous Lucas Carton restaurant in Paris with his girlfriend and orders the Mouton Rothschild 1928.
The waiter returns with a bottle full of red wine, pours a small amount in the glass for tasting.
The customer picks up the glass, smells the wine, and puts it down on the table with a thud. "This is not the 1928 Mouton."
The waiter assures him it is and soon there are another twenty people surrounding the table, including the chef and the manager trying to convince the man that the wine is the 1928 Mouton.
Someone asks him how he knows that it is not the 1928 Mouton. "My name is Phillipe de Rothschild and I make that wine."
Finally, the original waiter steps forward and admits that he poured the Clerc Milon 1928.
"I could not bear to part with our last bottle of 1928 Mouton. You know Clerc Milon, it is the same village as Mouton and you pick the grapes at the same time, the same cepage. You crush in the same way and you put them into similar barrels. You bottle at the same time, you even use eggs from the same chickens to fine them. The wines are the same, except for a small matter of geographic location."
Rothschild beckons the waiter forward and whispered to him, "When you return home tonight, ask your girlfriend to remove her underwear. Put one finger in one opening, another finger in the other opening, and then smell the both fingers. You will understand what difference a small distance in geographic location makes."

 畑のわずかな違い
 パリの有名なレストラン「ルカ・キャルトン」に一人の男性が女友達と一緒に入って来て、ムートン・ロートシルト1928年物ワインを注文した。
ウエイターが赤ワインのボトルを運んでくるとテイスティングのために、少しだけグラスに注いだ。『男性客はグラスを持ち上げて香りを嗅ぐと、グラスをドスンとテーブルの上に置くなり、「これは1928年物のムートンではない!」と言った。
ウエイターはその客に、これは間違いなく注文したワインであると述べ、テーブルの周りには店のシェフや支配人など20人近い人々が集まり、このワインは1928年物のムートンであると、必死に説明した。
回りを囲んでいた人々の中の一人が、「なぜ、あなたはこのワインが1928年物のムートンでないとわかるのですか?」と男性客に尋ねた。
「私の名前はフィリップ・ロスチャイルド(ロートシルト)。このワインを作った男だ!」と答えたので、観念したウエイターが一歩前に歩み出ると、「私が注いだワインはクレールミロンの1928年物でした」と、告白した。
そして「私は当店最後の1928年物ムートンボトルを失うことに、耐えられなかったのです。だってクレールミロンはムートンと同じ村で作られ、原料であるブドウ品種もブドウを摘み取る時期も同じ、ブドウを絞ってワインにする工程も、絞ったブドウの汁を入れる樽の種類も変わらないでしょう?ワインを瓶詰めする時期も一緒ですし、不純物を取り除くために使われる卵白だって同じ農場の鶏が産んだ卵を使っているでしょ?クレールミロンも、ムートンも同じワインと言えますよ。ただ違うのはそのブドウが植えられたわずかな畑の差だけじゃありませんか」と、ウエイターはムートンの生産者であるロスチャイルドに訴えた。
ロスチャイルドはウエイターを手招きして自分のそばに呼び寄せ、小声で囁いた。「君が家に戻ったら、君の恋人に下着を取るように言いなさい。そして君の指を一本彼女の開口部に入れて、もう一本の指のその近くにあるもう一つの開口部に入れなさい。そして両方の指の臭いを嗅ぎ比べてみたまえ。ほんのわずかな地理的ズレで、いかに大きな差が出てくるかということが、よくわかると思うよ」


16-23 Clearasil
 A
very flat-chested woman finally decided she needed a bra and set out to the mall in search of one in her size.
She entered an upscale department store and approached the saleslady in lingerie, "Do you have a size 28AAAA bra?"
The cl erk haughtily replied in the negative, so she left the store and proceeded to another department store where she is rebuffed in much the same manner.
After a third try at another department store in the mall, she had become disgusted.
Leaving the mall, she drove to K-Mart.
Marching up to the sales clerk, she unbuttoned and threw open her blouse, yelling, "Do you have anything for this?"
The lady looked closely at her and replied, "Have you tried Clearasil?"

 クレアラシル(=ニキビ治療薬)
 乳房が極端に小さい女性が、自分の胸に合うブラジャーを買おうと思ってショッピングモールへ出かけた。
高級デパートに入り下着売り場の女性店員に、「28AAAAサイズのブラ有ります?」と聞くと、店員は無愛想な態度で「有りませんよ」と相手にもしなかった。
仕方ないのでこの女性は別のデパートに行って尋ねたが、ここでも同様ににべもない返事をもらっただけだった。
三軒目のデパートでも同じ扱いをされたので彼女はうんざりして、ショッピングモールを離れて、スーパーのKマートへ車を走らせた。
店員のところにずかずかと近寄るなり、彼女は自分のブラウスのボタンを外して「これに合うもの売ってる?」と胸をはだけた。
女性店員は彼女のブラウスの中味に顔を近づけて言った。「クレアラシルをお使いになったことあります?」

彼女の乳房の乳頭はニキビほど小さいということです。

16-24 Instrument
 T
he conductor was hard at work on his podium when he heard severe disharmony from the cello section.
Stopping the orchestra, he glared at the lady cellist.
"My dear Madam," he snapped, "you have magnificent instrument between your legs. Will you stand there and simply scratch at it?"

 楽器
 指揮者が指揮台から熱心にタクトを振るっていた時、チェロがとてつもなく外れた音を奏でた。
彼はオーケストラの演奏を中断させると、女性のチェロ奏者を憎々しげな目付きで睨んでピシャリと言った。
「そこの女性演奏者、君は両足の間に馬鹿でかい楽器を抱えているがね、ただこすっているだけかね?」

Insturumentは器具・楽器という意味ですが、女性の両足の間の器具といえば女性器を指します。
Scratch at itch(かゆいところをかく)とscratch at it(それをこする )とを掛けて、
「楽器をただこすっているだけで、音が外れているぞ!」と言いながら
「あんたは股の間がかゆくて掻いているだけかい!」と嫌味を言っているのです。

16-25 Firm up
 O
ne morning while making breakfast, a man walked up to his wife and pinched her on her butt and said, "You know if you firmed this up we could get rid of your girdle."
While this was on the edge of intolerable, she thought and replied with silence.
The next morning the man woke his wife with a pinch on the breast and said, "You know if you firmed these up we could get rid of your bra."
This was beyond a silent response, so she rolled over and grabbed him by the penis.
With a death grip in place she said, "You know if you firmed this up we could get rid of the postman, the gardener, the milkman and your brother.

 固かったならば
ある朝、朝食を支度中の妻の後ろに歩み寄った夫が妻のお尻をつまんで言った。「おまえのお尻がこんなに垂れ下がらずに固かったならば、ガードルをしなくて済むのにな。」
カチンと来た妻だったが、黙って我慢した。
翌朝夫が同じように彼女の胸をつまんで「おまえの胸がこんなんに垂れ下がらずに固かったならばブラジャーをする必要はないのにな。」
この言葉には妻もプッツン切れて、夫に突進して夫のペニスを思い切り握りながらわめいた。
「あんたの持ち物がこんなに垂れ下がらずに固かったならば、私は郵便配達人も、庭師も、牛乳配達人も、あんたの弟もいらなくて済むのよ!」


16-26 Piece (Peace)
 W
hat do a rapist and a militarist have in common?
They both believe in piece (peace) through violence.

 女性器(平和)
 婦女暴行犯と軍国主義者の共通点は何か?
どちらもらも暴力でそれを得るという点が共通している

Piece(一切れ=女性器)とPeace(平和)は同音異義語です。
どちらも暴力でそれを得るという点が共通していると言っています。

16-27 Combine
 A
farmer was sitting at the table while his wife was preparing dinner.
His wife dropped a spoon and bent over to pick it up.
As she bent over, the farmer said "Honey, your butt is as big as a combine".
The wife picked up the spoon and continued cooking with no comment to her husband.
As she put the dinner on the table she dropped the pepper shaker on the floor.
While she was bent over picking it up the farmer said, "Honey, I take that back. Your butt is as big as two combines!"
The wife picked up the pepper, set it on the table and began eating still with no comment to her husband.

 Later on that night after the couple had gone to bed, the farmer started feeling a little frisky.
As he cuddled up to his wife, he noticed that there was no response on her end.
He tapped his wife on the shoulder and asked her what was wrong.
She replied, "Do you really think that I am going to fire up $300,000 worth of machinery for one little corn cob?"

 コンバイン農機
 農夫がテーブルの前で、夕食の準備をしている妻を見ていた。
妻がスプーンを落として拾おうとして屈んだ姿を見て、夫が「お前の尻はコンバイン農機みたいにデカいなぁ」と言った。
妻は何も言わずにスプーンを拾うと、調理を続けた。
妻が夕食をテーブルに運んだ時、胡椒入れを床に落としてしまい、それを拾うため屈んだ妻の後ろ姿を覗いた夫が再び口を開いた。「なぁ、お前、さっき言ったことを取り消すよ。お前の尻は、コンバイン2台分はあるなぁ」
妻は胡椒入れを拾うと、夫に一言も言わずに夕食を食べ始めた。

 その夜農夫と妻が寝室で眠ろうとした時、夫は妻の肉体が欲しくなり、すり寄って両手を妻の体に回したが、妻は何の反応も示さなかった。
夫は妻の肩を軽く叩いて、「どうしたんだ?どこか気分でも悪いのか?」と尋ねた。
すると妻がこう答えた。「あなたはそんな小さな玉蜀黍一本のために、私が本気になって30万ドルもするコンバインを始動するとでも思っているの?」

「コンバイン2台分もあるデカ尻女」と言われた妻が、そのことを逆手に取って、
「そんなに小さな玉蜀黍一本(=夫のペニスを指す)を刈り取るために、
コンバインを動かす必要なんてないでしょ!」と拒んでいるのです。

16-28 Apples
 A
guy's driving down an Alabama country road when he comes upon a sign saying "Apples - $5.00 each."
He thinks that is a lot of money so he decides to go see what's up.
He goes up to the farmer and says, "Hey, how come these apples are 5 bucks each?"
The farmer replies, "They are peanut butter and jelly apples."
The farmer hands him one and says, "Here, try one."
So the man takes a bite out of the apple and says, "Peanut butter - that's great, but I thought you said that they were peanut butter and jelly apples."
The farmer tells the man to turn it around.
The man bites the other side and exclaims "Son of a gun - jelly!"
The man says, "These apples are great - give me some."

 He gets back in his car and drives a little further down the road and then sees another sign "Apples - $10 each."
Again, he pulls over, goes to the farmer and says, "Hey, what's up with these apples?"
The farmer says, "They're ham and cheese apples. Here, try one."
The guy takes a bit and exclaims, "Son of a gun - ham!"
The guy then says, "Let me guess - I have to turn it around."
The farmer says "You got it."
The guy bites the other side and says, "Cheese."
Again the man says, "These apples are great - give me some."

 Then he gets back in his car and drives down the road.
He comes upon a third sign that says "Apples - $50 each."
The guy really wants to see what's up with these apples.
Again, he pulls over, goes up to the farmer and says, "What's the deal with these apples? 50 bucks each?"
The farmer tells him that "These apples are pussy apples. Here, try one."
The guy takes a bite out of it and says, "Yuck! This apple tastes like shit."
The farmer says, "Turn it around!"

 林檎
 アラバマ州の田舎道を車で通過中の男が、「林檎一個5ドル」という広告看板に気が付いた。
随分高い林檎だなと思って、ひとつ手にとって確かめてみようと車を止めた。
林檎を売っている農夫に「ねぇ、なんで林檎一個が5ドルもするの?」と聞くと、農夫は「ピーナツバターとゼリーの味がする林檎だからさ」と答えた。
彼は「試しに食べてごらん」と林檎を男に一つ渡した。
男は林檎をひと囓りすると、「本当だ、ピーナツバターの味がする。凄い!」と言った。
「でも、君は確かピーナツバターとゼリーの味がすると言ったよね?」と聞くと、農夫は「反対側を食べてごらん」と言った。
林檎の反対側を囓った男は「信じられない!ゼリーの味だ!」と叫んだ。
「この林檎にはビックリだ。買っていくよ」と男は言った。

 車に戻ってさらに田舎道を下ると「林檎一個10ドル」という広告看板が目に入った。
彼は再び車を停めると、林檎を売っている農夫に「ねぇ、この林檎は何でこんなに高いの?」と尋ねた。
農夫は「それはハムとチーズの味がするからさ。一個食べてみな」と男に林檎を渡した。
彼はひと口囓ると「なんてこった!ハムの味だ」と叫んだ。
そして「当ててみようか?次はこの林檎反対にひっくり返して囓るんだろう?」と言った。
農夫は「その通りさぁ」と言ったので、男は林檎の反対側を囓ると「チーズの味だ!この林檎は優れもんだな。買っていくよ」と言った。

 男は車に戻り更に進むと三番目の看板に出遭った。
「林檎一個50ドル」こいつは、なんとしても確かめなければと思った男は、車を再び停めて林檎を売っている農夫に歩いて近付き、「一体全体この林檎の値段はどういうことかね?一個50ドルだなんて!」と尋ねた。
「この林檎は女性器の味がするからさ。一個試してごらん」と農夫は林檎を男に渡した。
男は一口食べるなり、「ウゲェ、この林檎はウンコの味がするじゃないか!」と文句を言った。
すると農夫は「そっちじゃない、反対側だってば!」と言った。

この男は反対側の肛門部分の味がする方を囓ってしまったのですね。

16-29 Breast-fed
 A
woman and a baby were in the doctor's examining room, waiting for the doctor to come in for the baby's first exam.
The doctor arrived, and examined the baby, checked his weight, and being a little concerned, asked if the baby was breast-fed or bottle-fed.
"Breast-fed," she replied.
"Well, strip down to your waist," the doctor ordered.
She did and the doctor pinched her nipples, pressed, kneaded, and rubbed both breasts for a while in a very professional and detailed examination.
Motioning to her to get dressed, the doctor said, "No wonder this baby is underweight. You don't have any milk."
"I know," she said, "I'm his Grandma, but I'm glad I came."

 母乳
 赤ん坊を連れた女性が、赤ん坊の発育健康初検査のために診察室で医者を待っていた。
医者がやって来て赤ん坊の体重を量り発育具合を調べてから、少し心配そうに「この赤ん坊は母乳で育てていますか?」と、女性に尋ねた。
「母乳ですよ」と彼女が答えたので、医者は「あなたの乳房を見たいので、洋服を腰まで下げてください」と命じた。
彼女が言われた通り上半身裸になると、医者は専門家の手つきで彼女の乳首をつまみ、ギューッと押してから、両方の乳房を揉んだり擦ったりした。
診察を終えた医師は、洋服を着るようにと言ってから、「この赤ん坊の体重が不足しているのは、あなたの母乳が出ないからですよ」と告げた。
「わかっていますわ」と、その女性は答えた。「私はこの子の祖母なんですから。でも今日、ここに来てよかった。楽しかった!」


16-30 Bra sizes
 A
Have you ever wondered why A, B, C, D, E, F, G, and H are the letters used to define bra sizes?
{A} Almost Boobs.
{B} Barely there.
{C} Can't Complain.
{D} Dang.
{E} Enormous.
{F} Fake.
{G} Get a Reduction.
{H} Help me, I've fallen and I can't get up!

 ブラジャーのサイズ
 なぜブラジャーのサイズをA, B, C, D, E, F, G, Hという頭文字で表示するのか、考えたことがありますか?その理由は以下の通りです。
{A} かろうじて(Almost)乳房といえるかな。
{B} なんとか(Barely)そこにあると感じられる。
{C} まぁ、文句は言えない(Can't complain)大きさかな。
{D} くそ!(Dang)、こんな程度のものか。
{E} でっかい(Enormous)なあ。
{F} シリコンを注入した偽物(Fake)だな。
{G} 少し小さく(Get a reduction)したほうがいいな。
{H} 助けてくれ!胸の谷間に落ちたら抜けられないよ!

#16-1〜1011ー20・21〜3031〜4041〜50


*  
*