●Kazさんのページ

#16.Female anatomy


#16-1〜1011ー2021〜30・31〜40
41〜50

16-31 Toupee
 A
middle-aged guy and his young date are in the movies making out hot and heavy when his toupee slides off.
As he is groping around for it, his hand goes between her legs, up her skirt, and lands on her twat.
She says, "That's it! That's it!"
He says, "It can't be. I part mine on the side."

 かつら
 中年男性が若い女性とデートをして、映画館の暗闇でお互いの身体をまさぐりあって興奮しているうちに、男性のかつらがポロリと外れてしまった。
慌てて暗闇の中でかつらを手探りしているうちに、男性の手がスカートを持ち上げて女性の両脚の中に入り、彼女の秘部にまでのびた。
「あ、それ、それよ」と女性が呻くと、「そんなはずないよ。僕のかつらは横で分け目が入っているんだから

女性は男性の手が自分の秘部に届いたので「それ、それ」と言ったのですが、
かつらを必死に探している男性は、手が触れている部分が自分のかつらとは様子が違うので
「分け目の位置が違うぞ」と言っているのです。

16-32 A girl in bikini
 A
n old perverted geezer was on the beach and walked up to a beautiful girl in a bikini, "I want to feel your breasts" he exclaimed.
"Get away from me, you crazy old man" she replied.
"I want to feel your breasts, I will give you 20 dollars" he says.
"Twenty dollars, are you nuts!? Get away from me!
"I want to feel your breasts, I will give you ONE HUNDRED DOLLARS" he says.
"NO! Get away from me"
"TWO HUNDRED DOLLARS" he says.
She pauses to think about it, but then comes to her senses and says "I said NO!"
"FIVE HUNDRED DOLLARS if you let me feel your breasts" he says.

 She thinks, well, he is old, and he seems harmless enough...and five hundred dollars is a lot of money.... "Well, OK...but only for a minute" she says.
She loosens her bikini top and while both are standing there on the beach, he slides his hands underneath and begins to feel... and then he starts saying, "OH MY GOD...OH MY GOD...OH MY GOD..." while he is caressing them.
So out of curiosity, she asks him, "Why do you keep saying 'Oh my god, oh my god'?"

 While continuing to feel her breasts he answers: "OH MY GOD...OH MY GOD, OH MY GOD... Where am I ever going to get 500 dollars?"

 ビキニ水着のお嬢さん
 ちょっと危ない変態爺さんが、海岸を歩いていてビキニ水着の美しい若い女性に、つかつかと近づいて、「おっぱい、触らせておくれよ」と言った。
「あっちへ行ってよ、変態爺!」と女性は答えた。
「おっぱい触らせてくれたら20ドルあげるからさぁ」と、老人は諦めない。
「20ドルですって?スケベ親父、何考えているの!さっさと離れてよ」と女性に言われ、「じゃあ、100ドル出すからさぁ、おっぱい触らせて」と老人は立ち去らない。
「やめて!とっとと失せなさいよ!」
「じゃ、200ドルならどう?」今度はちょっと考えてから、はっと我に戻って彼女は再び「嫌だって言っているでしょ!もうこれ以上まとわりつかないでよ!」と叫んだ。
「わかった、じゃ500ドル出すからさぁ、ね、お願い、おっぱい触らせて!」

 彼女は再び考えた。『まぁ、相手は年寄りだし危険なことはしないだろうし、500ドルっていったらちょっとした金額じゃないの、まぁ、この際いいっか』と決心し、「わかったわよ、じゃ1分間だけならOKよ」と言った。
彼女はビキニの上を外して胸をさらけだした。
海岸の上に上半身裸の美女と、助平爺が並んで立って、老人は手をすべらせると彼女の胸をまさぐりだした。
「あぁ、神様、神様、神様」と、胸を撫でながら老人はずっと同じことをつぶやいた。
不思議に思った女性が老人に尋ねた。「ね、どうして『神様、神様、神様』ってつぶやき続けるの?」
女性の胸を撫でる手を休めようともせずに、変態老人がつぶやいた。

 「あぁ、神様、神様、神様、どうやったら500ドル手にいれられるでしょうかね…」

この好色爺さんはお金なんて持っていないのに、500ドルあげるからと騙して
若い女性の胸を触って楽しんでいるのです。

16-33 Hanging basket
 A
teenage granddaughter comes downstairs for her date with this see-through blouse on and no bra.
Her grandmother tells her not to dare go out like that!
The teenager tells her, "Loosen up Grams. These are modern times. You let your rose buds show!" and out she goes.

 The next day the teenager comes down stairs, and the grandmother is sitting there with no top on.
The teenager wants to die.
She explains to her grandmother that she has friends coming over and that it is just not appropriate.
The grandmother says, "Loosen up, Sweetie. If you can show off your rose buds, then I can display my hanging baskets."

 垂れ下がった花籠
 十代の孫娘がデートに出かけるために、家の一階に降りて来た。
彼女はシースルーのブラウスにノーブラという格好だったので、彼女の祖母はそんな格好でデートに出かけるんじゃないと注意した。
十代の孫娘は「リラックスしてよ、お祖母ちゃん。今はお祖母ちゃんの時代と違うの。きれいなバラの蕾は見せびらかす価値があるのよ」と言って、外出した。

翌日十代の孫娘が二階から階段を降りてくると、お祖母ちゃんが上半身丸裸で一階の部屋に座っていたので、孫娘は恥ずかしくて卒倒しそうだった。
「お祖母ちゃん、私の友達がここにやって来るのよ。その格好はいただけないわ」と孫娘に言われた祖母は、「リラックスしなさいよ。あんたがきれいなバラの蕾は見せびらかせるんだから、私は垂れ下がったバラの花籠を見せてあげようと思っているんだよ」


16-34 For ladies
 A
man went into a women's rest room and casually unzipped his fly.
"Sir," a woman in the room said sternly, "This is for ladies."
"Yea?" he said, "So is this!"

 女性専用
 一人の男が女性トイレに入ると、なんのてらいもなくズボンのジッパーを外した。
「失礼」と中にいた女性がハッキリした口調で注意した。「ここは女性専用なんですけど!」
「あぁ、そうかい、でもこれも女性専用だぜ」とこの男は自分の男性器を見せびらかした。


16-35 Facelift
 A
lady goes to the doctor to see about getting a facelift.
"Well," says the doctor, "I can do the facelift, and then you'll have to come back in six months for a follow-up."
"Oh, no," the woman replies. "I want it all done in one shot. I don't want to have to come back."
The doctor thinks for a second, then offers, "There is a new procedure where we put a screw in the top of your head. Then any time you see wrinkles appearing, you just give it a little turn, which pulls the skin up, and they disappear."
"That's what I want!" exclaims the lady. "Let's do that."

 Six months later the lady charges into the doctor's office.
"Well, how's the procedure holding up?" the doctor asks.
"Terrible!" the lady bellows. "It's the worst mistake I've ever made!"
"What's wrong?" asks the doctor.
"Just look at these bags under my eyes!" she hollers.
"Lady," the doctor retorts, "those aren't bags, those are your tits. And if you don't leave that screw alone, you're going to have a beard!"

 美容整形
 ある女性が美容整形の相談のため医者を訪れた。
「そうですね、あなたの顔を美容整形することは出来ますが、6ヶ月後に再度調整する必要があります」と医者が告げると、
「それは困るわ。一回で終わる美容整形にしてほしいの。もう一度戻って来るなんて嫌だわ」」と女性が言った。
医者は暫し考えてから「最新の美容整形方法で、あなたの頭部にネジを入れる方法があります。整形手術後顔に皺が出てきた時、そのネジを少し締めると皮膚が引き締まって皺がなくなります」と提案した。
「それ、それ、そういう方法がいいわ。それでやって!」と女性が喜んだ。

 6ヶ月後その女性が医者の所に、カンカンになって飛び込んできた。
「美容整形後の調子はどうですか?」と医者が尋ねると、「最悪!今まで私がやってきたことで、一番の失敗よ!」と女性は吠え立てた。
「どこが具合悪いんですか?」と医者が聞くと、「私の目の下のこのたるみを見てよ!」とその女性は指差した。
「奥さん、それはたるみじゃありませんよ」と医者が反論した。
「それはあなたのオッパイですよ。それ以上あなたの頭にあるネジを締め付けると、次は口の周りに髭が現れてきますよ」

この女性が皺を気にしてネジをキリキリ巻きすぎたものだから、オッパイが目の下まで引き上がり、そのまま巻続けたら、
局部まで口の部分へ引き上がってしまいますよ、と医者に警告されたのです。

16-36 Anything smaller
 A
young woman from the South was visiting New York for the first time and she thought she could get a free ride when she got into a taxi.
She waited until the driver turned around to look at her and she pulled up her skirt to reveal her pussy.
"Driver, I'm just a poor young woman. I was hoping you might take this as my fare."
The taxi drive remarked, "Haven't you got anything smaller?"

 もう少し小さいものはないのかい?
 初めてニューヨークにやって来たアメリカ南部の娘が、タクシーを拾った時にただ乗りしようと考えた。
彼女は運転手が振り向いて彼女を見た時に、後部座席でスカートを下げて女性器を露出させてこう言った。
「運転手さん、私は貧乏な娘です。運賃をこれで受け取ってもらえませえん?」タクシーの運転手はチラっと見てこう言った。
「小銭はないのかい?(もう少し小さいものはないのかい?)」

身体で払うという娘の女性器を見て、
運転手は「そんな大きな持ち物の女とセックスするのははご免だ!」という意味で
"Haven't you got anything smaller?" (もう少し小さいものはないのかい?)と言ったのですが、
この言い方は「小銭はないのかい?」という意味にもなるので、
タクシーの運転手の会話として面白いオチになっています。

16-37 Change of plan
 O
ne day a young man and woman were in their bedroom making love.
All of a sudden a bumble bee entered the bedroom window.
As the young lady parted her legs the bee entered her vagina.
The woman started screaming "Oh my god, help me, there's a bee in my vagina!"
The husband immediately took her to the local doctor and explained the situation.
The doctor thought for a moment and said "Hmm, tricky situation. But I have a solution to the problem if young sir would permit."
The husband being very concerned agreed that the doctor could use whatever method to get the bee out of his wife's vagina.

 The doctor said "OK, what I'm gonna do is rub some honey over the top of my penis and insert it into your wife's vagina. When I feel the bee getting closer to the tip of my penis I shall withdraw it and the bee should hopefully follow my penis out of your wife's vagina."
The husband nodded and gave his approval.
The young lady said "Yes, Yes, whatever, just get on with it."
So the doctor, after covering the tip of his penis with honey, inserted it into the young lady's vagina.
After a few gentle strokes, the doctor said, "I don't think the bee has noticed the honey yet.
Perhaps I should go a bit deeper." So the doctor went deeper and deeper.
After a while the doctor began shafting the young lady very hard indeed.
The young lady began to quiver with excitement.
She began to moan and groan aloud.
The doctor, concentrating very hard, looked like he was enjoying himself, he then put his hands on the young lady's breasts and started making loud noises.

 The husband at this point suddenly became very annoyed and shouted, "Now wait a minute! What the Hell do you think you're doing?"
The doctor, still concentrating, replied, "Change of plan. I'm gonna drown the bastard!"

 方針変更
 ある日若い男女が寝室のベッドの中でで愛し合っていると、突然一匹のbumble bee(=マルハナ蜂)が寝室の窓から入ってきた。
ちょうどその時女性は股を大きく開いていたため、蜂は彼女の膣内にスーッと入ってしまった。
彼女は「きゃぁぁ、助けてぇー。私のアソコに蜂が入ってしまったわー」と大声で叫んだ。
夫は急いで彼女を近くの医者に連れて行って、状況を説明した。
医者は少し考えてから、「うーん、やっかいな状況ですな。しかし、ご主人、あなたさえ同意していただけるなら、何とか問題を解決出来そうです」と言った。
妻が気になって仕方がない若い夫は、医者が妻の膣から蜂を取り出してくれるなら、どんな手段を使っても構わないと、医者の言うことに同意した。

 「OK。じゃ僕のペニスの先端に少し蜂蜜を塗って、それを奥様の膣に挿入します。ペニスの先端に蜂が近づいてきたと私が感じたら、私はペニスをゆっくり後退させますから、それに釣られて中に居た蜂も奥様の体外に出て来るだろうと思います」と医者が説明するので、夫は肯き、妻は「そう、そう、何でもいいから早くしてよ。すぐ始めて」と言った。
そこで医者は自分のペニスの先に蜂蜜を塗ると、この女性の膣内に挿入し、ゆっくりと前後に動かした。
少ししてから「どうも蜂が気付かないらしいので、もう少し奥まで入れてみましょう」と言うと、ペニスを奥へ奥へと押し込み、やがて激しくピストン運動を始めた。
女性は快感に震えて、「アー」とか「ウー」とかよがり声を出し始めた。
医者は一心不乱にピストン運動を続けて、自分も快感に耐えきれず思わず女性の乳房を両手で掴み、荒々しい声をあげてしまった。

 今まで黙って見ていた夫もさすがにここまで来ると心配になり、大声で叫んだ。
「ちょっと待てよ。あんた、一体何やってんだ!」
医者は自分のやっていることに抑えが利かずに答えた。
「わ、わ、わかった。方針を変更しよう。この蜂を溺死させてやろう」

「蜂を溺死させる」とは、自分が射精することを言っています。
とんでもない破廉恥スケベ医者ですね。

16-38 Do you have a vagina?
 A
woman is at home when she hears someone knocking at her door.
She goes to the door opens it and sees a man standing there.
He asks the lady, "Do you have a Vagina?"
She slams the door in disgust.
The next morning she hears a knock at the door, it is the same man and he asks the same question to the woman, "Do you have a Vagina?"
She slams the door again.
Later that night when her husband gets home she tells him what has happened for the last two days.
The husband tells his wife in a loving and concerned voice, "Honey, I am taking an off tomorrow so as to be home, just in case this guy shows up again."
The next morning they hear a knock at the door and both ran for the door.
The husband whispers to the wife, "Honey, I'm going to hide behind the door and listen and if it is the same guy I want you to answer yes to the question because I want to a see where he's going with this."
She nods yes to her husband and opens the door.
Sure enough the same fellow is standing there, he asks, "Do you have a Vagina?"
"Yes I do." says the lady.
The man replies, "Good, would you mind telling your husband to leave my wife's alone and start using yours!"

 あなたは膣をお持ちですか?
 誰かがドアを叩く音に気付いた主婦がドアを開けると、一人の男が立っており、「あなたは膣をお持ちですか?」と尋ねたので、ひどく不快になりドアをバシャンと閉めた。
翌朝彼女はまたドアを叩く音を聞いて、ドアを開けると昨日の男が「あなたは膣をお持ちですか?」と尋ねたので彼女はまたバシャンとドアを閉めた。
その晩遅く帰ってきた夫にこの二日間に起きた不愉快な出来事を話すと、夫は妻が愛おしく気になって仕方がないといった言い方で「ハニー、そのヘンテコな男が再び現れるかもしれないから、僕は明日会社を休んで家に居よう」と言った。
翌朝またしてもドアを叩く音が聞こえたので、夫と妻二人が玄関に走った。
「ハニー、僕はドアの後ろに隠れて奴が何て言うか聞いていよう。そして奴がまた同じことを言ったら、『YES』って答えるんだよ。というのは、その後そいつがどうするか見たいんでね」と、妻に囁いた。
妻は「わかったわ」と無言で頷き、ドアを開けた。予想通り同じ男が立っていた。
そして「あなたは膣をお持ちですか?」と尋ねたので、「えぇ、持っているわよ」と答えた。
するとその男は「あぁ、よかった。じゃあなたのご主人にこう言って下さい。『僕の妻にまとわりつくのは止めて、自分の奥さんのものを使うようにしなさい!』って」

変態男を懲らしめようとドアの陰に隠れていた夫は、この後妻にどういう言い訳をするのでしょうね?(笑)

16-39 Bikini
 A
woman in a bikini reveals about 90% of her body.... and yet most men are so polite they only look at the covered parts.

 ビキニ
 女性がビキニ姿でいれば、彼女の肉体の90%は露出されています。
でも男性は親切なことにその露出部分ではなく、残された部分に視線を集中させるのです。


16-40 Female librarian
 A
well-dressed young man walked up to an attractive female librarian and said, "Miss, I bet you $5,000 that by this time tomorrow, you will have no nipples."
She was shocked but interested, $5,000 is a lot of money to her.
When the man laid the money on the counter, she finally agreed.
Deciding that she shouldn't take any risks, she left work early and stayed at home, watching the television with her arms crossed over her breast.

 At the same time the next day, the young man walked into the lilbrary with a sharp-looking businessman.
"Well, how are you today?" the young man talked to her.
With a smile of triumph, the librarian ripped open the front of her dress to reveal two breasts, both with nipples intact.
Shocked, the businessman fainted onto the floor and the young man took $5,000 bills from his bag and handed them to the librarian.
"What's the matter with him?" she asked, pointing to the businessman passed out on the floor.
"Simple," the young man said, "I bet him $20,000 that I could walk in the library and you would immediately show me your tits."

 女性図書館員
 身なりの良い若い男性が魅力的な女性図書館員に近づき、「明日のこの時刻までに、あなたの乳首は二つとも無くなっていることに、5,000ドル賭けるよ」といった。
彼女はショックを受けたが、5,000ドルという金額は彼女にとって大金だったので、男が現金をカウンターに置いてみせたので、結局この賭けを受けた。
どんな危険にも遭わないようにしようと彼女は早退して自宅に戻り、胸の上に両腕を組んで乳房を隠しながらテレビを見て過ごした。

 昨日の若い男は翌日ピッタリ同じ時刻に図書館にやって来た。
今度は抜け目のなさそうなビジネスマンと一緒だった。
「やぁ、今日はご機嫌いかがですか?」と若い男は女性図書館員に話しかけた。
彼女は勝ち誇った笑みを浮かべ、洋服の前をパッと開き、どちらの築武も全く無傷の乳房を突きだして見せた。
同行したビジネスマンはショックを受け、床の上に倒れた。
若い男は鞄から5,000ドル紙幣を取り出し、女性図書館員に手渡した。
「一体全体どういうこと?この人は誰?」と床の上で気絶している男を指差した。
「簡単なことさ」と男は言った。「僕が図書館に入ったらすぐに女性図書館員が僕にオッパイを見せるかどうか、僕はこいつと20,000ドルの賭けをしたんだ」

#16-1〜1011ー2021〜30・31〜40・41〜50


*  
*