●Kazさんのページ

#18.Genie

#18-1〜10・11〜2021〜3031〜40

18-1 Neutered
 A
lonely woman is walking her faithful dog along a beach.
She finds an old lamp on the sand. She picks it up and tries to rub the sand off.
A genie jumps out and says he will grant her three wishes.
"Well, I hope I can always use money", she says and 'Poof" her pockets are filled with solid gold coins.
"I want to be a beautiful princess." 'Poof" She becomes a radiant beauty.
"One more." says the genie.
The girl looks down at her trusty canine companion and requests that he be made into a handsome prince.
'Poof" a gorgeous young man stands before her.
The genie vanishes, the prince kisses her hand, looks deep into her eyes and says, "now aren't you sorry you had me neutered?"
 去勢されて
 恋人がいない寂しい女性が自分に忠実な犬を連れて海岸を散歩していた。
砂の上に古いランプが落ちているのを見つけ、拾い上げて砂をこすり落とすとランプの精が中から飛び出してきて彼女に三つの願いを叶えてやると告げる。
「そうね、いつもお金に困らない状態でいたいわ」と彼女が答えると、"パッ"、あら不思議、彼女のポケットは金貨で一杯になった。
「そして美しい王女様になりたいわ」 "パッ"、あら不思議、彼女は光り輝く美女になった。
「最後のひとつの願いは?」とランプの精が尋ねる。
彼女は足下に控えているいつも彼女の忠実な友である愛犬を見つめながらこう要求した。「この犬をハンサムな王子様にして!」"パッ"、あら不思議、格好いい若い男性が彼女の横に出現した。
そしてランプの精は姿を消す。憧れの王子様は彼女の手にキスして彼女の瞳をじっと見つめながら言った。「こうなると私を去勢しておいたことが悔やまれますね」
まさか、愛犬が恋人になると思わないので去勢したばかりに・・・。

18-2 Muneo Suzuki
 T
he notorious lawmaker Muneo Suzuki was walking along the beach with a heavy heart when he came across a strange bottle.
Muneo opened the bottle,and POOF! a genie appeared.
The genie said, "I am so happy to be free. I'll grant you three wishes."
Muneo glared at him and said, "Are you sure? If so, do it righ t now! Otherwise I'll stuff you back in the bottle again!"
"Mind what you're saying. Don't threaten me," the genie was a bit miffed.
Muneo went on and on. "First, delete all the Foreign Ministry documents which are disadvantageous to me. Then, cast out Makiko Tanaka, the former Foreign Minister, from the Diet building! Next, fill the bathtub with caviar and champagne! And fire all the public prosecutor's office officials! And..."
"Hold on! Remember, I said 'only three wishes.' Right? Okay, I'll grant you your first three wishes." The genie paused.
"But why are you weeping now?"
Muneo sobbed out, "Only three months ago, I…I could have done all those things without your help!" (weeping)

 鈴木宗男
 悪名高い衆議院議員鈴木宗男がションボリと海岸を歩いていると、奇妙なビンをみつけた 。
ビンをとりあげ、フタを開けると大きな音がして、中から精霊が現れてこう言った。
「自由にしてくれてありがとう。お礼に3つの願いを叶えてあげます。」
「ほんとか? じゃあ早く叶えてみろ。できなかったらビンに戻すぞ!」
ムッとした精霊が忠告する。「あなた、私を恫喝するのはいかがなものか?」
構わずにまくしたてるムネオ先生。「じゃあ外務省にある俺に都合の悪い文書を抹消してくれ。それと田中真紀子前外相を 議員辞職させてくれ。それから風呂桶をキャビアとシャンペンで一杯にしてくれ。それ
から検察庁幹部を全て馘にしてくれ、それから・・・。」
「ちょ、ちょっと待って!願いは3つまでです。3つ目までは叶えてあげましょう。でもなぜ泣いているんです?」
「こんな願いなんか・・・(泣く)。3ヶ月前なら、お前に頼まなくても全部自分で出来たのに!」


18-3 No work
 A
government employee sits in his office and out of boredom, decides to see what's in his old filing cabinet.
He pokes through the contents and comes across an old brass lamp.
"This will look nice on my mantle piece," he decides, and takes it home with him.
While polishing the lamp, a genie appears and grants him three wishes.
"I wish for an ice cold beer right now!"
He gets his beer and drinks it.
Now that he can think more clearly, he states his second wish.
"I wish to be on an island where beautiful nymphomaniacs reside."
Suddenly he is on an island with gorgeous females eyeing him lustfully.
He tells the genie his third and last wish.
"I wish I'd never have to work ever again."
POOF! He's back in his government office.

 仕事をしたくない
 政府の役人がする仕事もなく自分の机に座っていた。
退屈で退屈で仕方がないので、「古いファイルキャビネットの中でも覗いてみるか」と考えキャビネットの中の書類をあれこれ突っつき回していると古い真鍮製ランプが見つかった。
彼は「これは自宅の暖炉に飾るのにちょうどいいな」と考え、その古いランプを家に持ち帰った。
家でランプを磨いているとランプの精が現れ三つの願い事を聞いてやると言った。
「氷のように冷えたビールを今すぐここに持ってきてくれ。」
ビールは直ちに現れ彼はそれを飲み干した。
「南の島に行って横にセックス好きな美女達を侍らせたいな。」
突然彼はセックス好きな超豪華な美女達に囲まれた島にポーンと運ばれた。
彼はランプの精に三番目の願いを言った。
「もう二度と仕事をしたくないな」
ピュッ!彼は役所の自分 の部屋に戻ってしまいましたとさ。

仕事をしなくてよい場所、それは彼が毎日働いているお役所だったのです。

18-4 Snake charmer
 I
t was spring in the old west.
A cowboy rode the still snow-choked trails looking for cattle that survived the winter.
As one cowboy's horse went around the narrow trail, it came upon a rattlesnake warming itself in the spring sunshine.
The horse reared and the cowboy drew his six-gun to shoot the snake.
"Hold on there, partner," said the snake, "don't shoot - I'm an enchanted rattlesnake, and if you don't shoot me, I'll give you any three wishes you want."
The cowboy decided to take a chance.
He knew he was safely out of the snake's striking range.
He said, "OK, first, I'd like to have a face like Clark Gable, then, I'd like a body like Arnold Schwarzenegger, and finally, I'd like sexual equipment like this horse I'm riding."
The rattlesnake said, "All right, when you get back to the house you'll have all three wishes."
The cowboy turned his horse around and galloped at full speed all the way to the house.
He dismounted and went straight inside to the mirror.
Staring back at him in the mirror was the face of Clark Gable.
He ripped the shirt off his back and revealed bulging, rippling muscles, just like Arnold Schwarzenegger's.
Really excited now, he tore down his jeans, looked at his crotch and shouted, "My God, I was riding the mare!"

 魔法使いの蛇
 昔アメリカ西部の春の話。
一人のカウボーイが冬を過ごした家畜達の様子を見るために、まだ雪の残る道を馬で走っていた。
カウボーイの馬が狭い獣道に足を踏み入れた時、 一匹のガラガラ蛇が春の陽射しを楽しんでいた。
馬が後ずさりし、カウボーイがこの蛇を撃つために6連発拳銃を身構えた途端、「友よ、しばし待て!」とこの蛇が叫んだ。
「私を撃つな。私はガラガラ蛇の魔法使いなのだ。もし私を撃たないでくれるなら、お前の望むことを三つ叶えてやろう。」
カウボーイは蛇が飛びかかってこれない安全な距離にいたので、こう答えた。
「OK、まず最初にクラーク・ゲーブルの様なハンサムな顔が欲しい。それからアーノルド・シュワルツネッガーみたいな逞しい身体にして欲しい。それから最後に私が乗っている馬みたいな性器の持ち主にしてくれないか?」
「わかった。家に戻ればお前の望みはすべて実現されておるぞ」と蛇が答えた。
カウボーイは馬の鼻先を翻すと全速力で馬を走らせて家に戻った。
馬から降り、真っ直ぐに家の中の鏡に向かうと、そこにはクラーク・ゲーブルの顔が映ってい た。
急いでシャツを脱ぎ捨てると、アーノルド・シュワツルツネッガーのような盛り上 がって躍動する筋肉が全身についていた。
すっかり興奮してジーンズを脱いで下半身を鏡に映した瞬間、カウボーイはこう叫んだ。
「しまった!俺は雌馬に乗っていたんだ! 」

ハンサムな顔、筋肉ムキムキの身体、そして馬のように大きな逸物を持てば女にモテること間違いなし!
と思ったのですが・・・雌馬に乗っていたとはねぇ・・・。

18-5 Donate a kidney
 A man found an old lamp and rubbed it.
A genie popped out of it and said, "I will grant your three wishes. But remember, every politician in the world gets twice as much as you wish for."
The man said, "All right. I wish I had a million bucks."
A big pile of cash appeared in front of him and the genie said, "Now, every politician has two million."
The man said, "Never mind. I want a sports car, HONDA NSX."
A white NSX appeared in front of him and the genie said, "Now, every politician has two of it."
The man said, "Never mind. Well, you know, I have always wanted to donate a kidney..."

 腎臓を提供します
 一人の男が古いランプを見つけてこすったところ、ランプの精が現れて「三つの願いを叶えてあげましょう。ただし世界中の政治家があなたの望んだ願いの2倍分だけもらえることを付け加えておきます」
男は言った。「わかった。じゃ、まず100万ドルを手にしたい」
札束100万ドル札が男の目の前に出現した。
「いいですか、今、世界中の政治家は200万ドルずつ手にしましたよ」とランプの精が言う。
「別に構わんよ」男は答えて続ける。
「スポーツカーが1台欲しいんだ。ホンダのNSXがいいな。」白いホンダNSXが彼の目の前に現れ、ランプの精が告げる。
「いいですか、今世界中の政治家がそれぞれ2台ずつホンダNSXを手にしましたよ」
「別に構わんよ。さて、それじゃ最後の願いだけれど、僕は常々腎臓のひとつを臓器提供していと願っていたたんだけれど、実現してくれるかい?」

このオチが強烈ですね。
世界中の政治家はその2倍、つまり腎臓を2個とも提供することになるわけですから、
世界中の政治家はすべて死んでしまうことになります。

18-6 Tampon
 A
black drunk rummaging through a garbage can found an old lamp.
As he rubbed it, it emitted smoke and, sure enough, a genie appeared.
"Hot dog! I know I get three wishes," the guy exclaimed.
"No, you don't. I can only give you two wishes," the genie said.
"Two? You jive-ass motherfucker!" roared the drunk.
"I know this shit works. You gotta me three, honky shithead!"
The genie glared at him asking, "Listen, man, you want wishes or not?"
The black guy grumbled and swore, but finally he said, "All right, turdface, two wishes. I wanna be white and I wanna be surrounded by pussy all the time."
"Your wishes are granted," the genie said."Poof! You're a tampon."

 タンポン
 ゴミ箱を漁っていた黒人の酔っ払いが古いランプを見つけた。
ランプをこすると案の定煙が出てきてランプの精が現れた。
「やったぜ!俺は願いを三つかなえてもらえるんだ!」黒人は大喜びで叫んだ。
するとランプの精は「いや違うぞ。かなえられる願いは二つだけだ」と言った。
「二つだって?このハッタリ野郎の糞ったれめ!俺がこの手の話を知らないとでも思ってるのか?三つだよ、かなえられる願いは三つだろう、この大馬鹿白人野郎!」と酔っぱらった黒人はわめく。
ランプの精は、物凄い形相で黒人を睨み付けて言った。
「いいか、よく聞けよ。お前は願いをかなえて欲しいのか、欲しくないのか?」
黒人はぶつぶつ文句を言ったり、口汚く罵ったりしたが最後にはこう折れた。
「わかったよ、糞野郎、じゃ二つでいいから聞いてくれよ。まずな、俺は白くなりたいんだ。それから年がらしょっちゅう女性器に囲まれていたいんだ。」
「よろしい、お前をタンポンにしてやろう」
プッ!黒人はタンポンになってしまいましたとさ。

なるほど確かにタンポンなら白くて年がらしょっちゅう女性器に囲まれていますけど、
あーあ、言わんこっちゃない、ランプの精を怒らせるからですよ。
それにしてもこの黒人の汚い言葉のオンパレード、皆さんの辞書に載っていました?
jive-ass =いかさまの尻→はったり野郎
motherfucker =母親とセックスする奴→とんでもない奴
shithead =うんこ並の頭→ど阿呆、たわけ者
turdface =うんこまみれの顔→糞ったれ野郎

18-7 Blonde Genie
 A
white guy is walking along a beach when he comes across a lamp partially buried in the sand.
He picks up the lamp and gives it a rub.
Two blonde genies appear and tell him he has been granted three wishes.
The guy makes his three wi shes and the blonde genies disappear.
The next thing the guy knows, he's in a bedroom, in a mansion surrounded by 50 beautiful women.
He makes love to all of them and begins to explore the house.
Suddenly he feels something soft under his feet... He looks down and... the floor is covered in $100 bills.
Then, there is a knock at the door.
He answers the door and standing there are two people dressed in Klu Klux Klan outfits.
They drag him outside to the nearest tree, throw a rope over a limb and hang him by the neck until he is dead.
The Klansmen walk off.
As they are walking away, they remove their hoods; it's the two blonde genies.
One blonde genie says to the other one, "I don't get it... I can understand the first wish, having all those beautiful women in a big mansion to make love to. I can also understand him wanting to be a millionaire. But... WHY he'd want to be hung like a black man is beyond me..."

 ブロンドのランプの精
 海岸を歩いていた白人の男が砂に半分埋もれたランプを見つけたので、拾い上げてこすってみた。
ブロンドのランプの精が二人現れて彼に三つの願いを聞いてあげると言った。
この男は三つの願いを託すと、二人のランプの精は消え去った。
途端に彼は豪華な家のベッドルームで50人の美女に囲まれていた。
彼は美女達すべてとセックスをやりまくった後で、大きな家の中を探訪し始めた。
突然彼は足元に何か柔らかい感触を感じた。
下をみるとなんと床一面が100ドル札で埋まっていた。
次にドアをノックする音が聞 こえた。
彼がドアを開けるとそこにはKKK(キュークラックスクラン)の装束をした人間が二人立っていた。
彼等はこの男を部屋の中から表の手近な木まで引きずり出すと、大きな枝にロープをかけて彼を首吊りにして殺してしまった。
KKKの人間は男の死亡を確かめると歩き去ったが、彼等がが覆面の衣装を取り去ると、なんと先ほどの二人のブロンドのランプの精だった。
「よくわからないのよね」、と一人のランプの精がもう一人に話しかける。
「彼の最初の願い、大きな家に住んで沢山の美女とセックスをしたい、これはわかるのよ。二番目の願い、ものすごい金持ちになりたい、これもわかるのよ。でも、最後の黒人みたいに吊されたいと言う願い、これが理解できないのよね…」

ちょっと頭の弱いブロンドのランプの精は
"to be hung like a black man"
(=黒人の男の様に垂れ下がるほど大きなペニスが欲しい)というのを
"to be hanged like a black man"(=黒人の様に首吊りにして欲しい)と勘違いしたのです。

18-8 Fill it up with water
 T
hree guys, a Canadian, an Iraqi and an Israeli are out walking together one day.
They come across a lantern and a Genie pops out of it.
"I will give you each one wish, that's three wishes total," says the Genie.
The Canadian says, "I am a farmer, my dad was a farmer, and my son will also farm. I want the land to be forever fertile in Canada."
With a blink of the Genie's eye, 'FOOM' the land in Canada is forever made fertile for farming.
The Iraqi is amazed, so he says, "I want a wall around Iraq, so that no infidels and Jews can come into our precious state."
Again, with a blink of the Genie's eye, 'POOF' there is a huge wall around Iraq.
The Israeli asks, "I'm very curious. Please tell me more about this wall."
The genie explains, "Well, it's about 150 feet high, 50 feet thick and completely surrounds the country; nothing can get in or out."
The Israeli says, "Fill it up with water."

 そこを水で一杯に満たしてよ
 ある日カナダ人、イラク人、イスラエル人が一緒に歩いていたら、ランプが落ちていたので拾って擦ると、ランプの精が現れた。
「三人にひとつずつ望みを叶えてあげよう」とランプの精が言うと、
カナダ人は「僕は農民なんだ。父も農民だし、僕の息子も農業をやっている。だから僕はカナダの土地は未来永劫豊かな実り多い大地であってほしい 」と言った。
ランプの精がウインクをすると、ボムッ!カナダの土地は未来永劫豊かな 実り多い大地になった。
びっくりしたイラク人は、早速願いをかけた。
「イラクの国全体を壁で囲ってほしい。そうすればユダヤ人達が、私達の祖国に侵入することは出来なくなるから。」
再びランプの精がウインクをすると、ボムッ!イラクの国境にそって壁 が出現した。イスラエル人はこう尋ねた。
「凄いねぇ…。ところでこの壁はどの位の大きさか教えてくれない?」
ランプの精は答えた。「そうだねぇ、高さが150フィート(約45m)、壁の厚さは50フィート(約15m)で、イラク全体を囲っているので、誰もこの中に入ったり出たりすることは出来ないよ」
「じゃ、僕の願いだけれど、その中を水で一杯に満たしてよ」

そんなことをしたら、壁の中でイラク国民は全員溺れ死んでしまいますね。
凄い発想 です。\(>o<)/

18-9 12-inch pianist
 A
man entered with a large suitcase and walked into a talent agent office.
He opened it and popped out a midget who promptly began to play beautiful songs on the piano.
"This is incredible! Where did you get such an incredible one? What's the story?" the agent demanded to know.
"It's like this. I found a bottle on the beach and when I opened it, there was a Genie who said he would grant me only one wish because he had become old and feeble after too many centuries in the bottle. And this stupid, half-deaf old Genie thought I wished for a 12 -inch PIANIST."

 12インチのピアニスト
 一人の男が大きなスーツケースを抱えて芸能事務所に入って来た。
彼がスーツケースを開けると、中から小人が飛び出してきてすぐさま美しい曲をピアノで弾き始めた。
「信じられない!あんたは、どこでこんな凄い物を手にいれたんだ?話してくれないか?」芸能事務所社員は男に詰問する。
「つまり、こういう話さ。砂浜を歩いていたら瓶を見つけて、そいつを開けたらランプの精(Genie)が出て来た。彼は何千年も瓶の中に閉じこめられていたので年を取って弱くなっちまったから、俺の願いは一つだけしかかなえられないと言うんだ。そしてこの殆どツンボの老いぼれランプの精は、俺が12インチ(=30cm)のペニスを望んだのに、12インチのピアニストと聞き間違えちまって…。それがこいつさ」

耳が遠いGenieはPENIS をPIANISTと聞き間違えたのです。

18-10 Peace in Middle East
 A
guy is walking along the beach when he trips over a bottle and a genie comes out.
"Thank you. I've been stuck in that bottle for centuries. I'll tell you what. I'll give you one wish. Anything you want," the genie says.
The guy pulls out a map of the Middle East and says, "Could you bring peace to this part of the world?"
The genie replies, "Gee, I don't know. They were fighting there hundreds of years before I was even trapped in the bottle. Haven't you got another wish?"
The guy says, "Well, could you make it once a month my wife volunt arily gives me a blow job?"
The genie says, "Let me see that map again."

 中東に平和を
 海岸を歩いていた男が瓶に躓いた。ふたの開いた瓶から精霊(genie)が飛び出して、「この瓶の中に何世紀も閉じこめられていたんだが、出してくれて有難う。お礼にあなたの願いをひとつ叶えてあげよう」と言った。
男は中東の地図を取り出し、「地図のこの部分に平和をもたらしてくれますか?」と頼んだ。
精霊は「うーん、それは難しいな。ここの住民達は私がこの瓶に閉じこめられる以前から、ずっと何百年も争い続けてきたのだからね。何か他の願いに変えてもらえないかな?」と答えた。
「それじゃ、私の妻が毎月一回でよいから自分から進んで僕にオーラルセックスをしてもらえるよう、お願いできますか?」と男が頼むと、精霊は「ちょっと、さっきの地図をもう一度見せてくれないか?」と言った。

つまり奥さんに自主的にオーラルセックスをしてもらうことは、
中東平和をもたらすことより難しいということです。

#18-1〜10・11〜2021〜3031〜40


*  
*