●Kazさんのページ

#18.Genie

#18-1〜10・11〜20・21〜3031〜40


18-11 Turn the lake into beer
 T
wo Irish guys are fishing.
The first guy reels in his line and sees that he's snagged an old bottle.
As he's taking it off the hook, a genie pops out of the bottle.
The genie says, "Ahh! That's great. I was trapped in there for centuries. I have to give you one wish."
The Irish guy says, "Turn the lake into beer."
The genie says, "Done!" He waves his hand, and the lake turns into beer.
The Irish guy says to his pal, "So what do you think?"
The second guy says, "I think you're a fool. Now we have to pee in the boat."
 池をビールに変えてくれ
  二人のアイルランド人が湖で釣りをしていた。
最初の男が釣り糸を巻き上げると古い瓶が引っ掛かっていた 。
釣り針から外そうと瓶を触った途端、瓶の中からランプの精が現れた。
ランプの精は、「あー、よかった、この瓶に閉じこめられてから何千年経ったんだろうか?お礼に二人にそれぞれひとつの願いを叶えてあげよう」と言った。
アイルランド人は「この湖をビールに変えてくれ」と頼んだ。
「願いは叶えられる!」とランプの精が言って手を払うと、たちまち湖の水がビールになった。
このアイルランド人は相棒に、「で、お前はどんな願いを考えているんだ?」と尋ねた。
「お前は馬鹿か?湖の水が全部ビールになったなら、俺たちボートの中に小便しなければならないじゃないか!」

18-12 Mermaid
 T
here're three guys and they're out having a relaxing day fishing.
Out of the blue, they catch a mermaid who begs to be set free in return for granting each of them a wish.
One of the guys just doesn't believe it, and says:"OK if you can really grant wishes, then double my I.Q."
The mermaid says: "Done."
Suddenly, the guy starts reciting Shakespeare flawlessly and analyzing it with extre me insight.
 The second guy is so amazed he says to the mermaid: "Triple my I.Q ."
The mermaid says: "Done."
The guy starts to spout out all the mathematical solutions to problems that have been stumping all the scientists of varying fields: physics, chemistry, etc.
 The last guy is so enthralled with the changes in his friends that he says to the mermaid: "Quintuple my I.Q."
The mermaid looks at him and says: "You know, I normally don't try to change people's minds when they make a wish, but I really wish you'd reconsider."
The guy says: "Nope , I want you to increase my I.Q. times five, and if you don't do it, I won't set you free."
"Please," says the mermaid, "You don't know what you're asking.. .it'll change your entire view on the universe...won't you ask for something else...a million dollars, anything?"
But no matter what the mermaid said, the guy insisted on having his I.Q. increased by five times its usual power.
So the mermaid sighed and said: "Done." And he became a woman.
 人魚
 三人の男が釣りに出かけて、のんびりした一日を過ごしていた。
突然彼等の網に人魚が かかった。
人魚は「どうか私を逃がして下さい。逃がしてくれるのなら、あなた方一人にひとつずつ好きな願いを叶えてあげますから」と哀願した。
人魚の言っていることは信じられなかったが、一人の男は「OK、もしも本当に僕の願いを叶えられるなら、僕の知能指数を二倍にしてくれよ」と言った。
「願いは叶った!」と人魚が言うと、この男はシェークスピアの台詞を寸分違えず暗唱し、さらにその深い内容を分析してみせた。
 これを見た二番目の男はビックリして人魚に、「僕の知能指数を三倍にしてくれ」と言った。
「願いは叶った!」と人魚が言うと、この男はそれまで物理・化学など多方面の科学者達を悩ませてきた難しい数式の解をスラスラと口にした。
 最後の男は友人二名の変わり方の素晴らしさに圧倒され、夢中になって人魚に叫んだ。「僕の知能指数を五倍にしてくれ!」
人魚は三番目の男の顔を見つめて言った。「私は通常皆さんの願いを変更させることはしませんが、あなたの願いについては、なにか別のものに考え直した方が良いと思います」
男は即座に「嫌だね。僕は自分の知能指数を五倍にしてほしいんだ。願いを叶えてくれないならお前を逃がしてやらないぞ」
人魚は「どうかお願いですから考え直して下さい。あなたは私の言っていることを理解されていないようですが、あなたの願いを叶えるということはあなたの姿形全てを変えてしまう結果になるのです。何か別の願いに変えませんか?例えば百万ドルのお金がほしいとか…」と男に再考を促した。
しかしどの様に説得しようとも男は最初の要求すなわち「知能指数を現在のレベルの五倍にするという願い」を変えないので、人魚は諦めてため息をつきながらいった。
「願いは叶った!」するとこの三番目の男は突然女になった。
この話のオチは普通の人の五倍も知能指数が高い人間は女性しかいない、という点です。
つまり男と女とどちらが賢いかと言えば、究極に賢いのは女性だということを示唆しているのです。
多分男女同権主義者(feminist)が作ったジョークなのでしょう。

18-13 YOUR WIFE GETS DOUBLE WHAT YOU GET
 W
hile on vacation at a beautiful island get-a-way, a man discovers a lamp while walking on the beach.
As these stories always go, he rubs the lamp and out pops a genie.
The genie grants him three wishes but adds one stipulation; "what ever you wish for your wife will get double."
This really upsets the man who is in the middle of a nasty divorce.
He decides on his three wishes and tells the genie, "First, I want to have 100 million dollars."
"Done." says the genie.
As promised, his wife receives 200 million dollars.
"For my second wish, I want a huge mansion."
Again it was done and his wife received a house twice as large.
"So," said the man, "let me get this straight. I have a 100 million dollars and my wife has 200 million. I have a huge mansion and my wife has one twice that size."
"Correct" says the genie. "What do you want for your third wish ?"
The man ponders momentarily and replies, "I want you to scare me half to death."
 奥様には二倍のプレゼント
 美しい島の保養地で休暇を過ごしていた男が海辺を散歩していると、ランプが一個落ちていた。
さてこれからいつもの「ランプの精」ジョークのパターンだが、男がランプをこすると精霊が現れる。
精霊は三つの願いを叶えてやると言った。ただし一つ条件があった。
それは男が望んだものの二倍がその妻に与えられるという条件だ。
離婚調停の泥沼の真っ直中にいる男は、この条件にかなりガックリ来たが、三つの願いを決めて精霊に伝えた。
「まず最初の願いは、1億ドルのお金だな」
「かしこまりました」と精霊が言うと、約束どおり妻には2億ドルが贈られた。
「二つ目の願いは、大きな邸宅だな」と男が言うと、この願いも叶えられ、妻はその2倍の広さの邸宅を受け取った。
「もう一度確認しておきたいんだけど、僕には1億ドル、妻には2億ドル、そして僕は大邸宅、あいつはその2倍の広さの家ってことだよね?」
「その通り。三番目の願いは何にしますか?」と精霊が聞くと、男はしばらく考え込んでから言った。
「僕を思いっきり怖がらせて、半殺しにしてくれない?」
ということは、妻は半殺しの二倍、つまり怖がって死んでしまうということです。
大金と大邸宅が手に入り、泥沼の離婚訴訟も片がつくという訳です。

18-14 Still believes in genies
 A
man and his wife were playing golf.
The man tees off and his ball veers off to the right, right into the window of a house.
The wife says you must go and apologize and pay for the window.
Both the man and his wife walk up to the house, ring the door but no one answers.
He opens the door and steps inside, next to the window he sees a broken vase with his golf ball laying on the floor.
Suddenly a man comes out of a nearby room, the golfer starts to apologize for breaking his window and the vase.
The man inside the house says, "No, don't apologize, I am a genie and have been in that vase for 10,000 years. You have rescued me and I owe you deeply. For helping me I will grant three wishes. I will give you one, your lovely wife one and I would like to keep one for myself."
He asks the man what he wishes for and the husband studied awhile and said, "I wish for a million dollars."
The genie waves his hand and says, "A million dollars, it's yours, it has been deposited into your bank account."
He asks the wife what is her wish. She says, "I wish for a condominium in Hawaii."
The genie waves his hand and says, "A condominium in Hawaii, it's yours."
The genie says, "Now it is my turn."
He thinks awhile and says, "You know it's been 10,000 years since I have had a woman. Could I make love to your wife?"
The man thinks for a while and says, "Honey, he gave us a million dollars and a condominium in Hawaii. You could do is to make love to him."
She agrees and they both go to the back bedroom.
After making passionate love, the woman says, "I can't believe that my husband let you do this to me."
The genie says, "And I can't believe that your husband still believes in genies."
 まだランプの精だと信じているのかい?
 夫婦がゴルフを楽しんでいた。
夫が最初の一打を打つと大きく右に外れてゴルフ場の外の家の窓の当たって、ガラスを壊してしまった。
妻があの家の持ち主にお詫びをしてガラス代を弁償すべきだと言って、夫と妻はその家まで歩いて行って玄関のベルを押した。
誰も出てこなかった。
夫がドアを押すと鍵はかかっていなかったので二人は家の中に入った。
ボールが当たった窓の横には砕けた花瓶があり、夫の打ったボールは床の上にころがっていた。
すると一人の男が、隣の部屋から出てきた。夫が「窓ガラスと花瓶を壊してしまって申し訳ありません」と謝ると、この男は「いや、謝る必要なんかありません。私はランプの精でこの花瓶の中に一万年も閉じこめられていたのです。ですから貴方は私の恩人ですし、それに対してお礼をしなければなりません。私を助けてくれたので三つの願いを叶えてあげます。まずご主人、あなたの願いを一つ、そして奥さん、あなたの願いを一つ、そして最後の願いは私のために使わせて下さい」と言った。
男は夫に何を望むかと聞くと、夫はしばし考えてから、「100万ドル欲しい」と言った。
ランプの精は手を大きく振ると、「100万ドルはあなたのもの。あなたの銀行口座に入金されました」と言った。
続いてランプの精はこの夫婦の奥さんに何を望むかと聞いた。
彼女は「ハワイにマンションが欲しいわ」と答えた。
ランプの精は手を大きく振ると、「ハワイのマンションはあなたのもの」と言った。
そして「さて、今度は私の番なんだが」と少し考えてから、こう言った。
「私は最後に女性と交わってから一万年も花瓶の中に閉じこめられていたので、そのう、この奥さんとナニさせてくれませんかね?」
夫はしばらく考えてから答えた。「ハニー、この人は僕らに100万ドルとハワイのマンションをプレゼントしてくれたんだから、君がこの男と寝てやってもいいんじゃないかな」
妻も同意して、この見知らぬ男と妻は寝室へと消えて行った。
この見知らぬ男と情熱的な一時を過ごした後、妻は「何故夫はこんなことを許したのか理解に苦しむわ」言うと、その男は「僕もあなたの旦那さんが僕のことをランプの精だと信じていることが理解できないんですよね」、と言った。
この男はランプの精でも何でもない、普通の男性、この家の主人なのです。
口先だけ の約束で、タダでよその奥さんをいただいてしまったのです。

18-15 Another two of them
 I
rishman finds a Genie lamp and rubs it.
Out comes the Genie and asks "Master, you have released me from the lamp and I grant you three wishes, what would you like"
Irishman scratches his head, then answers "A bottle of Guinness that never gets empty."
"Granted, master" replied the Genie and produced the bottle.
The man was delighted and got drunk on this one magic Guinness bottle for weeks then he remembered that he had two other wishes.
He rubbed the lamp again and the Genie appeared. "Yes, master, you have two more wishes, what would you like?"
"You know that magic, never ending Guinness bottle" he asks the Genies.
"Well, for my final two wishes, I'd like another two of them"
 もう二つ同じ物を
 アイルランド人が魔法のランプを見つけてこすると、ランプの精が現れて「ご主人様、私をランプから出していただき有難うございます。お礼に三つの願いを叶えて差し上げます。どのようなことがお望みですか?」と言った。
頭をボリボリ掻きながらアイルランド人は答えた。「じゃ、いくら飲んでも空にならないギネスビールの瓶が欲しいな」
ランプの精は「かしこまりました、ご主人様」と言うなり、ポンとビール瓶を差し出した。
アイルランド人は大喜びでこの魔法のギネスビール瓶で数週間毎日酔っぱらって過ごした。
そして彼はふと考えた。「そうだ、俺はあと二つ、願い事を叶えてもらえるんだ」
そこで彼はランプを再び擦るとランプの精が現れ、「ご主人様、及びでしょうか。後二つの願いを叶えて差し上げますが、何をお望みですか?」と尋ねた。
アイルランド人はこう頼んだ。「ほら、あのいくら飲んでも空にならない魔法のギネスビール瓶、あれが欲しいんだよ。あと二個同じ物をお願いするよ」
この魔法のビール瓶一本あればいくら飲んでも空にならないですから、
あと二本同じ ものを頼む必要は全くないのですが…

18-16 Two lanes or four?
 A
man was walking along the beach and found a bottle.
He looked around and didn't see anyone so he opened the bottle.
A genie appeared and thanked the man for letting him out.
The genie said, "I am so grateful to get out of that bottle that I will grant you any wish, but I can only grant one."
The man thought for a while and finally said, "I have always wanted to go to Hawaii. I've never been able to go because I cannot fly. Airplanes are much too frightening for me. On a boat, I see all that water and I become very claustrophobic. So I wish for a road to be built from here to Hawaii."
The genie thought for a few minutes and finally said, "No, I don't think I can do that. Just think of all the work involved. Consider all the piling needed to hold up a highway and how deep they would have to go to reach the bottom of the ocean. Imagine all the pavement needed. No, that is just too much to ask."
The man thought for a few minutes and then told the genie, "There is one other thing I have always wanted. I would like to be able to understand women. What makes them laugh and cry, why are they temperamental, why are they so difficult to get along with, when they want attention, when they don't."
The genie considered for a few minutes and said, "So, do you want two lanes or four toward Hawaii?"
 二車線、それとも四車線?
 海岸を歩いていた男が、足下に転がっている一本の瓶を見つけた。
辺りを確かめ誰も居ないことを確認すると、彼はその瓶の蓋を開けた。
中からランプの精が現れ、瓶の中から出してくれたことに対してお礼を言った。
「瓶の中から出していただき、本当に有難うございました。お礼にあなたの望みを何でも一つ叶えてさし上げましょう。ただし一つだけですよ」
男は暫し考えてからこう言った。「いつかハワイに行ってみたいとずっと思っていたんだけど、行けないんだよ。というのは、僕は飛行機は怖くて乗れないし、船に乗ってまわりの海を見ると閉所恐怖症になってしまうんだ。だからこの海岸からハワイまで道路でつなげてくれないかな?」
ランプの精は数分間考えてから、ようやく口を開いた。「それはちょっと無理な願いですね。どのくらい工事が大変かわかるでしょ?海上に高速道路を通すためには、それを支える支柱を作らねばなりません。支柱の先端は海底まで届かせ、しっかり固定しなければなりません。それに道路を舗装するためにはものすごい量の敷石・コンクリートが必要です。ハッキリ言って出来ません。この願いを叶えることは無理です」
男はもう一度考え直すことにして数分後に、ランプの精に頼んだ。「もうひとつ、ずっと実現したいことがあったんだ。僕は女心を理解したいんだ。女性はどういう時に笑って、泣くのか?どうして女性は気分がコロコロ変わるんだろうか?女性とずっと上手くやって行くことが何故こんなに大変なのか?どんな時女性は注目してほしいのか?どんな時女性は注目されたくないのか?−とか、理解できないかな?」
ランプの精は再び数分間考えてから男に聞き返した。「で、ハワイ向けの高速道路は二車線?それとも四車線がご希望ですか?」
ハワイまで海の上に高速道路を建設する方が、女心を理解するより簡単だということです。

18-17 Guinness beer
 T
wo Irishmen, Patrick & Michael, were adrift in a lifeboat following a dramatic escape from a burning freighter.
While rummaging through the boat's provisions, Patrick stumbled across an old lamp.
Secretly hoping that a genie would appear, he rubbed the lamp vigorously.
To the amazement of Patrick, a genie came forth.
This particular genie, however, stated that he could deliver only one wish, not the standard three.
Without giving much thought to the matter, Patrick blurted out, "Make the entire ocean into Guinness Beer!"
The genie clapped his hands with a deafening crash, and immediately the entire sea turned into the finest brew ever sampled by mortals.
Simultaneously, the genie vanished.
Only the gentle lapping of Guinness on the hull broke the stillness as the two men considered their circumstances.
Michael looked disgustedly at Patrick whose wish had been granted.
After a long, tension filled moment, he spoke, "Nice going Patrick! Now we're going to have to pee in the boat."
 ギネスビール
 貨物船が洋上で火災を起こし、命からがら船から逃れた二人のアイルランド人船員パトリックとマイケルが、救命ボートに乗って海の上をさまよっていた。
救命ボートの備品をくまなく探したパトリックは古いランプに蹴躓いた。
ひょっとしてランプの精が出てきてくれるのではないかと期待したパトリックは、一生懸命ランプを擦った。
驚いたことに本当にランプの精が出現したのだ!
しかしこのランプの精は、自分は通常のランプの精みたいに三つの願いを聞くことは出来ず、願いは一つだけにしてほしいと述べた。
あまり深く考えもせず、パトリックは「海全体がギネスビールになってほしいなぁ」とボソボソと言った。
ランプの精が大きな音を立てて両手を叩くと、直ちに海一面が今まで人類が醸造したなかでも最上級の出来栄えのビールに変わってしまった。と同時にラ ンプの精はスッと二人の前から消えていなくなった。
救命ボートの周りにパシャッ、パシャッと打ち寄せるギネスビールの音だけが静かな海に響いた。
二人のアイルランド人はしばし、現実が信じられず茫然としていた。
マイケルがアホな願いをしてしまったパトリックに軽蔑的な眼差しで睨み付けていたが、ついにブチ切れて怒鳴りつけた。
「とんでもないことしてくれたよな、パトリック!これじゃ小便をボートの中にしなければならなくなっちゃったじゃないか!」
たった一つの願いが叶うなら、普通なら「陸地に戻して下さい」と頼むでしょうけれど、
「海水をギネスビールに変えてくれ」と頼み、
そのアホらしい願いに対して、もう一人が怒っているのはその事ではなくて、
果てしないビールを飲んで小便がしたくなっても、外に出来ない事なのですから…
飲むことしか考えないアイルランド人、 というステレオタイプジョークです。

18-18 Jewish genie
 A
n Arab has spent many days crossing the desert without finding a source of water.
It gets so bad that his camel dies of thirst.
He's crawling through the sands, certain that he has breathed his last, when all of a sudden he sees a shiny object sticking out of the sand several yards ahead of him.
He crawls to the object, pulls is out of the sand, and discovers that he has a Manischevitz wine bottle.
It appears that there may be a drop or two left in the bottle, so he unscrews the top and out pops a genie.
But this is no ordinary genie.
This genie appears to be a Hasidic rabbi, complete with black traditional coat, black hat, side curls, etc.
"Well, kid," says the genie.
"You know how it works. You have three wishes."
"I'm not going to trust you," says the Arab.
"I'm not going to trust a Jewish genie!"
"What do you have to lose? It looks like you're a goner anyway!"
The Arab thinks about this for a minute, and decides that the genie is right.
"OK, I wish I were in a lush oasis with plentiful food and drink."
***POOF*** The Arab finds himself in the most beautiful oasis he has ever seen.
He's surrounded with jugs of wine and platters of delicacies.
"OK, kid, what's your second wish."
"My second wish is that I were rich beyond my wildest dreams."
***POOF*** The Arab finds himself surrounded by treasure chests filled with rare gold coins and precious gems.
"OK, kid, you have just one more wish. Better make it a good one!"
After thinking for a few minutes, the Arab says: "I wish I were white and surrounded by beautiful women all the time."
***POOF*** The Arab is turned into a Tampax.
THE MORAL OF THE STORY: If you do business with a Jewish genie, there's going to be a string attached.
 ユダヤ人のランプの精
 砂漠を横断中の一人のアラブ人が、水を求めて何日も彷徨っていた。
とうとう乗っていたラクダも水に飢えて死んでしまった。
仕方なくアラブ人は砂の上を這うようにしてあてもなく進んだが、もうこれまでだと死を覚悟した時にピカピカ光る物体が砂の中から飛び出しているのが目に入った。
必死になってその物体まで這い進み、その物体を砂の中から引っ張り出してみたら、それはメインシュビッツワイン(=ユダヤ系食品会社メインシュビッツのワイン)の壜だった。
壜の底に一口でも二口でもワインの滴が残っていないかと思って、彼はワインの栓を抜くとそこからランプの精が飛び出して来た。
しかしこのランプの精はありきたりのランプの精ではなかった。(ユダヤ教の中でも特に理論的に厳密な)ハシディック派のラビのランプの精なので、縮れ毛で伝統的な黒い僧服と黒い帽子を被っていた。
「さて、わが子よ」とランプの精は言った。「わしが出てきたということは、どういうことなのか、わかっておるな?三つの願いを叶えてやるのじゃ」
「あんたの言うことは信用出来ないね」とアラブ人は言った。「ユダヤ人のランプの精なんか信じる気にはなれない!」
するとランプの精は「なぜそんな態度を取るのかね?何も望まずそのままお陀仏になりたいと言うのかね?」
アラブ人は少し考えてから、確かにランプの精の言う通りだと考え直し、「わかった。食べ物も飲み物もふんだんにある青々と緑が繁ったオアシスが欲しい」と言った。
ポン!アラブ人は今まで一度も見たことがないような美しいオアシスの中に居ることに気付いた。
彼はワインが入った水差しと美味しい食べ物が乗った皿に囲まれていた。
「さて息子よ、次の望みを言うがよい」とランプの精が言った。
「僕の二番目の願いは、世界一のどえらい金持ちになることだ」とアラブ人が答えた。
ポン!アラブ人は金貨や貴重な宝石などの宝で一杯の金庫に囲まれた。
「息子よ、よいか、次が最後の願いとなるぞ。よく考えてから望めよ 」とランプの精が言ったので、アラブ人は数分考えてから「色が白くなって、いつも美女に囲まれている身分になりたい」と答えた。
ポン!このアラブ人は女性用生理用品タンポンになってしまった。
【この話の教訓】ユダヤ人のランプの精と交渉する時は、必ず落とし穴があるので気をつけないとひどい目に遭う。

18-19 No shit
 T
wo guys are in a locker room when one guy notices the other guy has a cork in his ass.
He says, "How'd you get a cork in your ass?"
The other guy says, "I was walking along the beach and I tripped over a lamp. There was a puff of smoke, and then a red man in a turban came oozing out."
He said, "I am Tonto, Indian Genie. I can grant you one wish." And I said, "No shit."
 まじかよ?
 二人の男性がロッカールームで着替え中だった。
一人の男がもう一人の男の尻にコルクが突き刺さっているのに気付き、「どうして尻の穴にコルクを入れているんだ?」と尋ねた。
聞かれた男が答えた。「海岸を歩いていた時にランプに躓いて転びそうになったんだ。そうしたら足下から煙が上がって、ターバンを巻いたアメリカインディアンが飛び出してきてこう言うんだ。『私はインディアンのランプの精、トントだ。お前の望みを一つだけ叶えてやるぞ。』僕は『まじかよ?(No shit)』と言ったら、この態(ざま)さ!」
No shit!は口語で「冗談だろう?」という意味ですが、
インディアンのランプの精は文字通り「糞が出ないのが望み」と理解したので、
この男の尻にコルクで栓をしてしまったのです。

18-20 Oh, I wish I were an Oscar-Mayer Wiener
 T
his guy was walking along the beach in Malibu when he came across this salt-encrusted piece of metal.
He worked for an hour or so to remove the salt.
Lo and behold it was a very old oil lamp.
The guy started to buff it to remove the verdigris when "poof" a genie appeared.
This genie, like all genies, was so happy to be freed of the lamp that he granted the guy three wishes.
"I wish to be a dollar richer than Bill Gates," said the guy.
The genie wasn't sure who Bill Gates was until the guy told him to check Forbes magazine.
When the genie called up Forbes from inside the lamp he learned that Bill Gates was indeed the richest man in the world.
"Guy," the genie said, "You will forever be a dollar richer than Bill Gates. What's your second wish?"
"Genie, I want the most expensive Porsche made: Fire engine red, on board GPS and the finest audio system ever installed in an automobile."
"That's easy, Guy," says the genie.
He waves his hand and best car anybody had ever seen pops out of the lamp.
The genie then asks the guy for his third wish.
The guy mulls the problem over and over.
A girl-- nah, with billions and billions of dollars he certainly had become a chick magnet.
World peace? Only wackos want that.
The guy found a reason not to wish for anything that came to his mind.
"Genie," the guy said, "I can't think of anything now. May I save the third wish for later."
"Gee, this is most unusual. But you hold the hammer, I can't escape from this lamp until you make a third wish. Call me when you're ready," and whoosh the genie disappears in to the lamp.
The guy carefully picks up the now-ever-so-valuable lamp and places it in the trunk of the fire engine red Porsche.
He turns the radio on to balance the sounds and makes all the other adjustments needed to get his great audio system customized to his ears.
After that, he pulled off the beach and he aded south along the Pacific Coast Highway.
Soon he was up to 60, then 70, then 80.
The Porsche handled perfectly. The guy was so happy that he began to sing along with the familiar commercial on the radio "Oh, I wish I were an Oscar- Mayer Wiener..."

【NOTE】Oscar Mayer is an American meat and cold cut production company, now owned by Kraft Foods, known for its hot dogs, bologna, bacon and Lunch products. Bavarian immigrant Oscar Ferdinand Mayer (1859-1955) began working at a meat market in Detroit, Michigan, and later in Chicago, Illinois. In 1883 in Chicago, Oscar Mayer opened the Kolling Meat Market along with his brother, Gottfried Mayer. The two sold German-styles sausages and their products were popular in the predominantly German neighborhood of Chicago around the market. Here's its well-known advertising jingle written in 1963 by Richard D.Trentlage.
♪Oh, I wish I were an Oscar Mayer wiener
♪That is what I truly want to be
♪'Cause if I were an Oscar Mayer wiener
♪Everyone would be in love with me.

 オスカーメーヤーのウインナーになりたい
 一人の男がマリブ海岸(カリフォルニア)を歩いている時、塩で腐食した金属を見つけた。
一時間位時間をかけて塩を取り除くと、見よ、それは古い石油ランプだった(!)
男はさらに皮革を使って表面の緑青を丹念に落とすと、ポン!という音と共にランプの精が現れた。
このランプの精もご多分に漏れず、ランプの中から出してもらったことを喜び、男の望むことを三つ叶えてやると行った。
「僕はビルゲイツより一ドル多くのお金を持ちたいな」と男は最初の願いを言った。
ランプの精はビルゲイツという人物が誰だかわからなかったので、男は雑誌フォーブスで調べてみろと言った。
ランプの精はランプの中からフォーブス誌を取りだし、ビルゲイツは世界一の金持ちであることがわかった。
「あんたは、今後生きている限り、いつでもビルゲイツよりも一ドルだけ多くの金を持つことになる!で、次の願いは?」とランプの精が尋ねた。
「ランプの精よ、僕は今まで製造されたポルシェの中で一番高い車を所有したいな。消防車みたいな真っ赤な塗装で、カーナビシステムと最高級オーディオが装備されている車がいいな」と男が言うと、「それは、いとも簡単なことさ」とランプの精は手を振ると、今まで作られた車の中で最高級の車がランプの中から飛び出てきた。
ランプの精が三番目の願いを聞くと、男ははたと考え込んでしまった。
女?億万長者だから若い女はいくらでも向こうから飛びついてくるに違いない。世界平和?そんなこと考えるのは気違いくらいだ。どういう理由をつけて三番目の願いを保留するかな?そしてこう言った。
「ランプの精よ、何を望んだらいいか今はわからないので、後でお願いすることにしてくれないかな?」
「エー、それはルール通りではないので困るなぁ。でもあんたが三番目の願いを言わない限り、僕はこのランプから出ることが出来ないので、いわばあんたが僕の生殺与奪権を持っているだよね。わかった、望みが決まったらいつでも僕を呼んでくれたまえ」とランプの精は言うと、ヒューっとランプの中に姿を消してしまった。
男は今や貴重品となった古ぼけたランプを大切に手で抱えると、真っ赤なポルシェのトランクにしまって、自分は運転席に座るとカーラジオのスイッチを入れ、音量その他を自分が満足出来るレベルに調節した。
その後エンジンをかけて、海岸から太平洋高速道路に沿って南へと車を走らせた。
車はたちまち60,70,80マイルの速度に達した。
このポルシェは完璧だ!男は嬉しくなってラジオから聞こえてくるお馴染みのコマーシャルソングに合わせて鼻歌を歌った。
「♪僕はオスカーメーヤーのウインナーになりたいな〜」

【脚注】オスカーメーヤーはアメリカの食肉製品会社で、現在はクラフトフード社の傘下になっていますが、ホットドッグ、ボローニャソーセージ、ベーコン、その他の昼食用肉製品が有名です。ババリア(=ドイツバイエルン州)移民であったオスカー・フェルディナンド・メイヤー(1859−1955)は、アメリカミシガン州デトロイトの肉市場で仕事を始め、後にイリノイ州シカゴに移りました。1883年シカゴで弟のゴットフリード・メイヤーと一緒に「コーリング肉市場」を始め、二人が販売したドイツスタイルのソーセージは、市場近くのドイツ移民居住区で大人気になりました。下記の同社の有名なCMソングは1963年にリチャードD.トレンタージが作詞したものです。
♪僕はオスカーメーヤーのウインナーになりたいな
♪本気でそう思っているんだ
♪もし僕がオスカーメーヤーのウインナーになれたなら
♪誰もが僕に恋するからさ

下線部の歌詞がこのジョークの落ちになっています。
つまり最後までとっておいた願 いは、「僕はオスカーメーヤーのウインナーになりたいな」と鼻歌を歌ってしまったので、
ポン!この男はウインナーになってしまった、ということです。

#18-1〜10・11〜20・21〜3031〜40


*  
*