●Kazさんのページ

#18.Genie

#18-1〜1011〜20・21〜30
31〜40

18-21 A chick with long legs
 A
man and an ostrich walk into a restaurant.
The waitress asks, "What will it be?"
The man replied "a burger and a coke."
"And you?"
"I'll have the same," the ostrich replies.
They finish their meal and pay.
"That will be $4.50,"
The man reached into his pocket and pulled out the exact amount.
They do this every day till Fri.
"The usual?" she asked.
"No, today is Friday. I'll have steak and a coke."
"Me too." says the ostrich.
They finish and pay.
"That will be $10.95"
The man reached in and pulls out the exact amount again just like all week.
The waitress was dumbfounded. "How is it that you always have the exact am ount?"
"Well," says the man. "I was cleaning my attic and I found a dusty lamp . I rubbed it and a genie appeared."
"Wow!" said the waitress. "What did you wish for?"
"I asked that when I needed to pay for something, the exact amount would appear in my pocket."
"Amazing! Most people would ask for a million dollars. But what's with the ostrich?"
"Well," said the man. "I also asked for a chick with long legs."

 足の長い小娘
駝鳥(ダチョウ)を連れた男がレストランに入って来た。
ウエイトレスが「何になさいますか?」と聞くと、男は「ハンバーガーとコカコーラを」と答えた。
「で、あなたは?」と駝鳥に聞くと、駝鳥は「同じ物を頼みます」と言った。
彼等が食事を終えてお勘定と言ったので、ウエイトレスは「4ドル50セントです」と言うと、男はポケットの中からきっかり4ドル50セントを出して支払った。
男と駝鳥は週末金曜日まで毎日やって来て同じ注文をした。
「いつものやつですか?」とウエイトレスが尋ねると、「いや、今日は金曜日だからステーキとコカコーラにしよう」と男が答えた。
「私も同じで」と駝鳥が言った。
彼等は食事を終えてお勘定を頼んだ。
「10ドル95セントです」とウエイトレスが答えると、男はポケットをまさぐって、ピッタリ10ドル95セントを出して支払ったので、ウエイトレスは驚いてポカーンと口を開けてしまった。
「いつも、どうして細かいお金までピッタリの金額を持っているんですか?」
「実はな」、と男が言った。「先日屋根裏部屋を掃除していた時に、埃だらけのランプを見つけたんだ。そいつを擦るとランプの精が現れた」
「うわぁ、それは凄い!」とウエイトレスは叫び、「で、あなたはランプの精に何を望んだの?」と聞くと男は「僕が支払いをしなければならない時は、いつもその勘定ピッタリの金額のお金がポケットに入るように、と願ったんだ」と答えた。
「それは、初めて聞いたわ。大概の人は百万ドルとかを望むのにね。で、この駝鳥をわざわざ望んだ理由は?」とウエイトレスが尋ねると、男が答えた。
「実は足の長い小娘を望んだんだけどね…」

足の長い小娘 a chick with long legsのchickは
(1)小娘、(2)ひよこ・小鳥、という意味があるので、
このランプの精は若くて足の長い女性の代わりに、
この男に足の長い鳥 、即ち駝鳥を与えてしまったのです。

18-22 Can opener
 W
hen O'brien was fishing, he hauled up a small lamp from the ocean.
He rubbed it and out came a genie.
"I've been there ten thousand years. You know the rule, I owe you three wishes," said the genie.
O'brien rushed home and told his wife what had happened.
His wife said they should have a quick dinner before thinking about wishes.
She reached for a can of beans but couldn't find the can opener.
His wife muttered, "I wish I could find that can opener."
Kazaaam! The opener appeared in her hand.
"Christ! You've wasted one wish on that bloody can opener!" roared angry O'brien.
"I wish it was up your ass!" It took the third wish to get it out again.

 缶切り
 オブライエンが釣りをしている時、海の中から小さなランプを釣り上げた。
そのランプを擦るとランプの精が現れ、「わしはこの中に一万年も閉じこめられていたんだ。お礼に願いを三つ叶えてやろう」と言った。
オブライエンは急いで家に戻ると、妻に何が起こったかを話した。
彼の妻は「まずは食事をしてから、ゆっくり願いを考えましょうよ」と言った。
豆の缶詰に手を伸ばして料理を作ろうとしたが缶切りが見つからず、「缶切りが見つかればいいのに」と呟いた。
カザーン!缶切りが彼女の手の上に出現した。
「何てことしてくれたんだ!そんなアホみたいな缶切りのために大切な願いの一つを使ってしまうなんて!」とオブライエンは激怒して、「そんな缶切りなんて、お前の尻にささってしまえばいいんだ!」と罵った。
その缶切りを妻の尻から取り出すために、結局彼等は最後の願いを使わねばならなかった。


18-23 Three wishes
 A
secretary, a paralegal and a partner in a city law firm are walking through a park on their way to lunch when they find an antique oil lamp.
They rub it and a Genie comes out in a puff of smoke.
The Genie says, "I usually only grant three wishes, so I'll give each of you Just one."
"Me first! Me first!" says the secretary. "I want to be in the Bahamas, driving a speedboat, without a care in the world."
Poof! She's gone.
"Me next! Me next!" says the paralegal. "I want to be in Hawaii, relaxing on the beach with my personal masseuse, an end less supply of pina coladas and the love of my life."
Poof! He's gone.
"You're next," the Genie says to the partner.
The partner says, "I want those two back in the office after lunch."

 三つの願い
 法律事務所に勤める弁護士と、秘書と、事務職員が昼食に出かけた。
途中公園を歩いている時に古い石油ランプを見つけたので、こすってみると煙と共にランプの精が現れた。
ランプの精は「私は三つの願いを叶えるのが常なので、今回はそれぞれ一人ひとつずつの願いを聞こうではないか。」と言った。
「私が最初!私が最初!」と秘書がしゃしゃり出て、「バハマへ行って、浮き世のことなどすべて忘れてモーターボートを運転して遊びたいわ!」
パっと彼女が消えた。
「次は、僕、次は僕!」と法律事務職員が声を出した。「僕はハワイに行って浜辺で寝そべって専用の女性マッサージ師に身体を揉ませ、(カクテルの)ピナコラーダを好きなだけ飲んで、楽しく遊び暮らしたいな。」
パっと彼が消えた。
ランプの精は残った弁護士に「君の番だぞ」と促した。
弁護士は「僕の願いはあの二人が昼食を終えたら法律事務所に戻って来ることだよ」と言った。

せっかくバハマやハワイで遊んでいた二人は、またパっと戻されてしまうのですね。

18-24 Genie & Truck
 D
river A truck driver was driving down the highway one afternoon and heard a "pop." Thinking that perhaps he had blown a tire, he steered his truck onto the shoulder and walked back to check his tires.
He found a bottle laying in the gutter near his truck.
He picked it up and wiped off the label to see what kind of bottle it was when a very old genie popped out.
The genie said, "Man, I'm too old for this! You get one wish -- not three -- just one."
The driver thought long and hard, and finally said, "It would be really nice for all the bridges to be wide enough that over-sized loads could get through without any trouble."
The genie said, "Do you know how many bridges that would be?! Can't you come up with something simpler?"
The driver replied, "How about if you make all the blondes as smart as brunettes?"
The genie shook his head vigorously and answered, "How wide would you like those bridges?"

 ランプの精とトラック運転手
 ある日の午後トラック運転手が高速道路を走っていると「ポン」という音が聞こえたので、タイヤがパンクしたのではと思って、彼は自分のトラックを路肩に乗り上げ停車し、車を降りてタイヤの状態を調べに行った。
車の近くの溝に瓶が一本落ちていたので、それを拾うとラベルを確かめるために埃を拭き払った。
すると非常に年を取ったランプの精がポンと飛び出してきた。
「お若いの、わしはご覧の通りの老いぼれでな、叶えてやれる願いは三つではなく、一つだけなんじゃよ」と言うので、トラック運転手は一生懸命考えてから一つの願いを申し出た。
「道路に架けられた全ての橋を、積載重量がオーバーするようなトラックでも、問題なく通行できるように広げてほしい」
年老いたランプの精は「いったい、橋の数がいくつになるか、知っておるのか?もうすこし簡単で分かり易い願いに変えてくれんかのぉ」と言った。
トラック運転手が「じゃ、全てのブロンドを赤毛と同じ程度の知能にしてくれませんか?」と提案すると、ランプの精は絶対無理と言わんばかりに激しく首を振ってから、「で、最初の話だが、橋の幅をどの位まで広げればよいのかのぉ?」

ブロンドの知能を高めるよりは、
道路に架けられた全ての橋の幅を広くする方が簡単 だということです。

18-25 12-inch Bic
 A
guy walks into a bar, sits down next to another guy and immediately notices the guy has a very large Bic cigarette lighter and an old lamp.
The guy says, "Wow, what a big lighter! Where did you get it?"
The other guy replies, "A genie from the lamp granted me one wish."
"Great, can I try it?"
"Sure."
So the first guy rubs the lamp and the genie appears.
"You are granted one wish," says the genie.
The guy says, "I want a million bucks!"
"Done," says the genie and disappears.

 A few minutes go by and suddenly the bar door swings open and ducks come running in.
Thousands of ducks falling all over each other through the bar door.
"I can't believe this," says the guy who had just placed his wish, "I asked for a million bucks, not a million ducks!"
The second guy then says, "Do you really think I wished for a 12 -inch Bic?"

 12インチのライター
 一人の男がバーに入って腰をかけると、隣に座っていた男が今入って来た男が、もの凄く大きなビック(=アメリカで一般的なライター)のライターと古びたランプを持っていることに、直ぐに気付き、「うわぁ、なんてでっかいライターなんだ!何処で手にいれたの?」と聞いた。
聞かれた男は「このランプの精が一つだけ願いを叶えてやるって言ったんだ」と答えた。
「凄いな!僕にも試させてくれないかい?」ともう一人の男が言うと、「ああ、いいとも」と男は鷹揚に答えた。
そこで頼んだ男がランプをこすると、ランプの精が早速現れて、「願いを一つだけ叶えてやろう」と言った。
「紙幣で百万ドル(million bucks)欲しい!」と男が言うと、「願いは聞き届けられた!」とランプの精が答え、サッと目の前から消えた。

 数分後にバーのドアが突然開いて、アヒルが入って来た。その後ろから数千匹のアヒルが次々とバーになだれ込んで来た。
「どうなっちゃってるんだ?さっぱりわからん!」と先程願いを頼んだ男が叫んだ。
「僕は紙幣で百万ドル(million bucks)欲しいと、言ったんだ!何も百万匹のアヒル(million ducks)が欲しいって言った訳じゃないのに!」
隣に座っていた男が言った。「俺だって12インチ(=30cm)のBicが欲しいと言ったと思うか?」

このランプの精は耳が遠いので、buckとduckを聞き間違えたのです。
最後の告白から、この男の願いは12インチのBicではなく、12インチのDick(男性器)であったことがわかります。

18-26 Off-the-shelf gifts
 W
alking along the beach, John tripped over a half-buried lantern and he rubbed its side.
Sure enough, a Genie appeared. "Sorry, but due to my poor ability, I can't grant your wishes," explained the Genie.
"But I'll give you three off-the-shelf gifts for releasing me instead. They are a potion to cure ill health, a very large diamond, and a dinner date with a famous movie star. By tomorrow afternoon, you will have received all these gifts."
When John returned home from work the next evening, he excitedly asked his mother if anything had been delivered. "Yes," she replied.
"It's been an unusual day. At 2 pm, a 55 gallon drum of chicken soup arrived. About a half-hour later, a telegram came, saying that a long-lost relative had left you a minor-league baseball stadium. Tenminutes ago, MGM called, inviting you to dinner with Lassie tonight."

 在庫品の贈り物
 海辺を歩いていたジョンは、半分砂に埋まったランプに蹴つまずき、それを拾い上げて擦ると思った通りランプの精が現れた。
「申し訳ないが、私はそれ程能力があるランプの精ではないので、あなたの望むことを叶えることは出来ない」と語り、「しかし、閉じこめられたランプの中から救ってくれたお礼として、替わりに三点セットになった在庫品の贈り物を差し上げよう。その三点とは病気を治す滋養物と、非常に大きなダイアモンド、そして有名な映画スターとデートして食事をすることだ。明日の午後にこれらの贈り物全てが届くことになろう」と、ランプの精は告げた。
翌日の晩ジョンは仕事から家に戻ると、母親に何か自分宛に物が届いていないかと尋ねた。
「えぇ、今日はおかしな日だったわ。午後2時頃55ガロンのドラム缶に入った鶏スープが届いたの。それから一時間半後には『長い間行き来がなかった親戚の一人が、ジョン宛に野球のマイナーリーグチーム球場を遺贈した』という電報が来たわ。10分程前に映画会社のMGMから、あなたを名犬ラッシーと一緒の食事会に招待するという電話が有ったのよ」

病気を治す滋養物とは鶏のスープ、大きなダイアモンドとは野球場の内野ベース(ダイアモンド)、
そしてデートして食事をする有名な映画スターとは女優ではなく、犬だったのです。

18-27 Narcotics
 A
Puerto Rican, a black guy, and a white guy stumble upon a genie's magic lamp.
They rub the lamp and a genie appears.
The genie says, "I will give you each one wish."
The Puerto Rican says, "I wish all of the Puerto Rican people in the U.S. were back to Puerto Rico and happy."
*Poof* The wish comes true.
The black guy says, "I wish all of the black people in the U.S. were back in Africa and happy."
*Poof* The wish comes true.
The white guy says to the genie, "Let me get this straight. All of the Puerto Ricans and niggers are out of the U.S. Right? "
The genie nods.
Then the white guy says, "Okay then, I want to deal all the narcotics in the U.S."

 麻薬
 プエルトリコ人、黒人、白人の三人が歩いていて偶然魔法のランプを見つけた。
三人がランプを擦るとランプの精が現れ、「お前達に、それぞれ一つずつ願いを叶えてやろう」と言った。
プエルトリコ人が「アメリカ合衆国に住んでいるプエルトリコ人全員がプエルトリコに戻り、幸福に暮らせるようにしてほしい」というと、ポン!とその願いは叶えられた。
黒人が「アメリカ合衆国に住んでいる黒人全員がアフリカに戻り、幸福に暮らせるようにしてほしい」というと、ポン!とその願いは叶えられた。
白人がランプの精に「ひとつ確認しておきたいんだが」と前置きして、「アメリカ合衆国に住んでいるプエルトリコ人と黒人は、一人残らず消えたんだな?」と尋ねた。
ランプの精が頷くと白人は「それなら、僕の願いはアメリカ合衆国で取引される麻薬をすべて扱いたい、ということなんだ」と言った。

アメリカ合衆国での麻薬取引は、主にプエルトリコ人、黒人が取り扱っているということです。

18-28 Hung like niggers
 J
oel and Evan are walking along the beach when they spot an old bottle half-burried in the sand.
Upon rubbing it a genie pops out.
The genie looks then over and says, "Are you two guys gay?"
They admit that they are gay and the genie says, "To tell you the truth, I don't like gay people, but you've freed me from this bottle after thousands of years. So I'll grant you only one wish instead of three wishes. Think carefully and when you're ready, just make the wish."
The genie disappears.

 Joel and Evan return to their hotel room.
A few minutes later, the door burst open and a dozen white-sheeted men storm into the place.
"We're KKK and we're gonna string you all up!"
Sure enough, they start putting ropes around the gays' necks.
"Joel," Evan says to his lover, "this might be a good time to make that wish to avoid the worst ending."
"I already did," Evan replies.
"What do you mean, you already did?"
Joel asks as he feels the rope tighten around his neck.
"I wished that we could both be hung like niggers," Evan says.

 黒人みたいになりたい
 ジョーとエヴァンが海岸を歩いていると、半分砂に埋まった古い瓶を見つけた。
二人が瓶を引き抜いて擦ってみると、ランプの精が現れた。
ランプの精は二人を見つめて「君達はゲイだな?」と尋ねた。
二人がそうだと認めると、ランプの精は「本当の事を言うと、俺はホモセクシャルが好きじゃないんだけど、君達は俺が数千年閉じこめられていた瓶の中から助け出してくれたから、そのお礼の意味で通常なら三つの願いを聞くところを、一つだけ聞くことにする。よーく考えて、決心がついたら願い事をするんだぞ」と言って、消え去った。

 ジョーとエヴァンはホテルの部屋に歩いて戻った。
数分経つと部屋の扉が乱暴に開かれ、白い衣装で身体をスッポリ被った男達が乱入してきた。
「俺達はKKK団だ。お前達を縛り首にして吊してやる」と叫ぶと、二人のゲイの首に縄を巻いた。
「ジョエル」、とエヴァンが恋人に呼びかけた。
「今こそさっきのランプの精に願いをすべきだよ。そうすれば最悪の事態は避けられるぞ」
「もう僕は既に願い事をしちゃったよ」とエヴァンが答えた。
「もう願い事をしちゃった、ってどういう事なんだ?」と、首の周りのロープがきつくなってきたのを感じながらジョエルが聞き返した。
エヴァンは「僕はさっき、僕等二人とも黒人みたいに大きく垂れ下がった逸物が欲しい、って願い事をしたんだよ」と言った。

このジョークのオチは "We could both be hung like niggers"です。
エヴァンは「黒人の様に大きく垂れ下がった逸物の持ち主になりたい」と思ったのですが、
"be hanged like niggers"となると「黒人の様に首を吊られる」という意味だからです。
Hangの過去形はhung、hangedと二通り有りますが、hangedとなった時は「絞首刑になる」となります。

18-29 A spectacular job
 O
ne day a man spotted a lamp by the roadside.
He picked it up, rubbed it vigorously and a genie appeared.
"I'll grant you your fondest wish," the genie said.
The man thought for a moment, and then said, "I want a spectacular job - a job that no man has ever succeeded at or has ever attempted to do."
"Done!!" said the Genie, "You're a housewife."?

 あっと言わせる仕事
 ある日、道路の脇にランプが放置されているのに気付いた男が、それを拾い上げて思い切り擦るとランプの精が現れた。
「あなたが一番望んでいる願いを叶えてあげましょう」とランプの精に言われた男は、少し考えてからこう答えた。
「あっと言わせるような仕事がしてみたいな。今までどんな男も成功したことがなく、やってみようと試みられることさえなかったような凄い仕事をしてみたい」
「願いは叶えられた!」と、ランプの精は答えた。
「あなたは主婦になる!」

いかなる男性も試みようとせず、誰も成功しなかった仕事とは「家事」のことです。

18-30 Innocence
 T
he family strolled along the beach on a beautiful day. Suddenly, little Mary,6, found an old lamp.
She picked it up and rubbed it. A genie popped out and granted them one wish apiece.
Pop said "I want to be head of the company!" The genie made him the president of his company.
Mom said, "Give me a million bucks a week, tax free." The genie granted her wish.
The little Mary said, "My neighbor's cat scratches me when I pick it up. I want it killed."

 無邪気
 ある天気の良い日、家族三人が海岸を歩いていて、6歳のメアリが古いランプを見つけた。
メアリはそれを拾ってこすると、ランプの精が出てきてそれぞれひとつずつ、願い事を叶えてあげようと言った。
パパは「会社のトップになりたい!」と言うと、彼は自分が勤めている会社の社長になった。
ママが「毎週税金なしで、100万ドルずつ欲しいわ」というと、その願いも叶えられた。
小さなメアリが頼んだ。「隣の家の猫を抱き上げたら、そいつったら私のことを引っ掻いたのよ。あの猫を殺して!」

もっと夢のある願いを頼んでも良さそうなものですが、子供は無邪気ですね。

#18-1〜1011〜20・21〜3031〜40


*  
*