●Kazさんのページ

#18.Genie
Genie(ランプの精)jokeは「アラジンと魔法のランプ」でお馴染みのランプの精が
ランプをこすると煙と共に登場し、三つの願いを叶えてくれるという筋書きです。
ケチなユダヤ人のランプの精は願いを値切ったり、弁護士のランプの精はあれこれ難癖をつけて
願いを実現させなかったりと、ジョークならではの展開になります。

#18-1〜1011〜2021〜30・31〜40


18-31 Refugee claimant
 A
beautiful fairy appeared one day to a destitute refugee claimant outside the Dover immigration offices.
'My good man,' the fairy said, 'I've been told to grant you three wishes, since you just arrived in England with your wife and three children.'
The man told the fairy.
'Well, I come from the country where we don't have good teeth, so I want new teeth, maybe a lot of gold in them.'
The fairy looked at the man's almost toothless grin and -- PING ! -- he had a brand new shining set of gold teeth in his mouth!
'What else?' asked the fairy, 'two more to go.'

 The refugee claimant now got bolder.
'I need a big house with a three car garage in Wiltshire with eight bedrooms for my family and the rest of my refugee relatives who still live in my country. I want to bring them all over here. '
PING ! - In the distance there could be seen a beautiful mansion with a three car garage, a long driveway, a patio with a BBQ , overlooking the river.
'One more wish', said the fairy, waving her wand.

 'Yes, one more wish. I want to be like an Englishman with designer clothes instead of thobes, and a silk hat instead of this turban. And I want to have white skin like Brits.. '
PING ! - The man was transformed, wearing worn out jeans, a Man U T-shirt and a baseball cap.
He had his bad teeth back and the mansion had disappeared from the horizon..

 'What happened to my new teeth?' he wailed.
'Where is my new house?'
The fairy said 'Tough luck, Dick-head, Now that you are a Brit, you have to fend for yourself.'
And she disappeared!

 難民入国希望者
 ある日ドーバーにある出入国管理事務所の外で、途方にくれている貧しい難民入国希望者の前に、美しい妖精が現れて「善良なる難民よ、お前は妻と三人の子供を連れて英国に到着したばかりだ。お前の願いを三つ叶えてあげよう」と言った。
難民の男は「私が逃れて来た国では、まともな歯の治療が出来ないので、こんなにボロボロの歯になってしまった。私の歯をきれいに治してほしい。それも素材に金を使って」と頼んだ。
妖精は殆ど歯がない顔でニヤニヤしている難民を眺め、ピン!とつぶやくと難民の歯はピカピカの金歯になった。
「他には?あと二つの願いを叶えてやろう」と妖精が尋ねた。

 難民は少し大胆になり、「私達一家と私達の親戚が住むために、寝室が8室あって車庫が3台ある大きな家がウイルトシャーに欲しい。親戚達はまだ母国に住んでいるので、こちらに呼び寄せたいんだ」と要求した。
ピン!はるか彼方のウイルトシャーの川の畔に、入り口から長い私道が続き、車庫を三つ備え、中にはではバーベキューが出来る様になった大きく美しい邸宅が現れた

「最後の願いは?」と手に持った棒を振りながら妖精が尋ねた。

 「最後の願いはだね、こんな回教服(thobes)ではなく、有名デザイナーが作った洋服を着たいんだ。そして頭にはターバンの代わりにシルクハットを被りたいんだ。それに英国人みたいに白い肌になりたいんだ、英国人みたいにね」
ピン!難民の男は使い古したジーンズとMan Uとサッカーチームの名が入ったTシャツを着て、頭には野球帽を被った姿に変身した。そして歯は以前と同じボロボロに戻り、美しい邸宅はいつの間にか地平線の彼方に消え去ってしまった。

 「一体全体、どうなってんだ?僕の新しい歯はどこに行ったんだ?僕の新しい家はどこにあるんだ?」と難民は泣き出した。
妖精は「不運だったね。お前さんは英国人になりたいと言っただろ、オバカさん。英国人になるのだったら、自分自身で何とかやりくりしなければならないのが実情なのさ!」と言って消え去った。


18-32 Oh, Shit!
 A
German, an American, and a Polish guy climb a mountain, because they want to make a wish from the genie on the top.
When they make it to the top, they find the lamp and all rub it.
The genie appears and says, "For your wish to be granted, you must yell it out while you are jumping off of this mountain."
So the German jumps off and yells, "I wish to be a fighter plane!" and the German becomes a fighter plane.
The American jumps off and yells, "I wish to be an eagle!" and the American becomes an eagle and flies away.
The Polish man runs to the edge, accidentally trips on a rock, and yells, "Oh Shit!"

 クソ!
 ドイツ人、アメリカ人、ポーランド人が山に登った。というのは、その山の頂上にはランプの精が住んでおり、彼等は願い事を叶えてほしいと思っていたからだ。
頂上でランプを見つけると三人はそれを擦り、ランプの精が現れて「お前達の望むことを、この頂上から飛び降りながら叫ぶと、それは叶えられるであろう」と言った。
ドイツ人が「戦闘機になりたい!」と叫びながら飛び降りると、ドイツ人は戦闘機になった。
アメリカ人が「鷲になりたい!」と叫びながら飛び降りると、アメリカ人は鷲になった。
ポーランド人は飛び降りようとした時、間違って岩の上で転んでしまい、思わず「糞!」と叫んでしまった。

#18-1〜1011〜2021〜30・31〜40


*  
*