●Kazさんのページ

#21.Hillbilly

#21-1〜1011〜2021〜3031〜40

21-21 Emergency brake
 A
n Amish lady is trotting down the road in her horse and buggy when she is pul led over by a cop.
"Ma'am, I'm not going to ticket you, but I do have to issue you a warning. You have a broken reflector on your buggy."
"Oh, I'll let my husband, Jacob, know as soon as I get home."
"That's fine. Another thing, ma'am. I don't like the way that one rein loops across the horse's back and around one of his testicles. I consider that animal abuse. That's cruelty to animals. Have your husband take care of that right away!"
Later that day, the lady is home telling her husband about her encounter with the cop.
"Well, dear, what exactly did he say?"
"He said the reflector is broken."
"I can fix that in two minutes. What else?"
"I'm not sure, Jacob... something about the emergency brake..."

 緊急ブレーキ
 エーミッシュの女性が荷馬車で道をゆっくり走っていると警察官が彼女を呼び止めた。
「奥さん、違反切符は切りませんが、あなたに警告しておかなくてはなりません。荷馬車の反射鏡が壊れていますよ」
「あら、そうですか。家に戻ったら私の夫のジャコブに伝えます」
「それで結構です。それから別のことですが、奥さん、その手綱の一本が馬の背中を回って睾丸に巻き付いていますが、これが問題です。動物虐待に該当します。 動物に残酷なことをしてますから、旦那さんにすぐ直してもらってください!」
その日遅く、彼女は夫には警察官と出くわしたことを伝えた。
「それで、彼は何と言ったんだい?正確に話しておくれ」と夫が尋ねた。
「反射鏡が壊れてるって」と妻が答える。
「 それは二分で直せるよ。他には?」
「あんまり良く分からないの、ジャコブ。何か緊急ブレーキの事について言ってたけど…」

エーミッシュはアメリカのキリスト教一派で、
電気や自動車など現代文明を拒絶して昔ながらの生活で暮らす人達です。
それにしても馬の睾丸に手綱の一本をかけて緊急停 止の時はそれを引っ張るなんてねぇ…。

21-22 Is it midnight already?
 T
he police arrested Patrick Lawrence, a 22-year-old white male resident in Georgia, in a pumpkin patch at 11:38 p.m. on Friday.
Lawrence will be charged with lewd and lascivious behavior, public indecency, and public intoxication at the Gwinnett County courthouse on Monday.
The suspect explained that as he was passing a pumpkin patch he decided to stop.
"You know, a pumpkin is soft and s quishy inside, and there was no one around here for miles. At least I thought there wasn't," he stated in a phone interview.
Lawrence went on to say that he pulled over to the side of the road, picked out a pumpkin that he felt was appropriate to his purposes and cut a hole in it, and proceeded to satisfy his a lleged "need."
"I guess I was just really into it, you know?" he commented with evident embarrassment.

 In the process, Lawrence apparently failed to notice a Gwinnett County police car approaching and was unaware of his audience until an officer Brenda Taylor approached him.
"It was an unusual situation, that's for sure," said Taylor.
"I walked up to that guy and he's...just working away at this pumpkin."
Taylor went on to describe what happened when she approached Lawrence.
"I just went up and said, 'Excuse me sir, but do you realize that you are screwing a pumpkin?'"
He froze and was clearly very surprised that I was there, and then looked me straight in the face and said,
"A pumpkin?! Damn...is it midnight already?"

 え、もう真夜中12時を過ぎちゃったんだ?
 警察はジョージア州住民の22歳の白人男性パトリック・ローレンス(22歳)を、金曜日夜11時38分にカボチャ畑で逮捕した。
ローレンスは変態行為及び猥褻物陳列罪で月曜日にグイネエト地方裁判所に於いて起訴される予定である。
ローレンス容疑者は電話インタビューで次の様に語った。「僕はカボチャ畑の横を通ったので、車を停めて降りてみようと思ったんです。つまり、その、カボチャは柔らかくで中味はヌルヌルしているでしょ。しかもその辺り一面 誰もいなかったので…あ、少なくとも自分ではそう思っていました。で、車を畑の脇に停めて、適当な大きさのカボチャを一個選んで、真ん中に穴を開けてそこにオチンチンを突っ込んでしこしこ楽しんでいたんです。すっかり自分がやっていることに夢中になってしまって…」と、ローレンスは明らかに照れながら告白した。

 快楽に酔いしれていたローレンスは、グイネット警察暑のパトロールカーが近づいてくることに全く気付かなかった。
パトカーを運転していた婦人警官ブレンダ・テイラーが語る。「それは実に異常な光景でした。私が変態行為に夢中な男の所まで歩み寄って、『失礼ですが、あなた、カボチャ相手にセックスをしているんですか?』と聞いたら、その男は一瞬凍りついたようになり、私の出現に非常に驚いた様子で、私の顔をまじまじと見ながらこう言ったんです。『え、もう真夜中12時を過ぎちゃったんだ?』」

この変態男は女性警官に咎められた時、
咄嗟にシンデレラの童話(=真夜中12時を過ぎると魔法が解けて
シンデレラは貧しい少女に、馬車はカボチャに戻ってしまう)でごまかそうとしたのですね。

21-23 I love you in different language
English..........I Love You
French..........Je T'aime
German........Ich Liebe Dich
Italian..........Ti Amo
Spanish........Te Amo
Russian........Ya Lyublyu Tyebya
Hawaiian.....Aloha Wau la Oe
Japanese......Ai Shite Imasu
Chinese.......Wo Ai Ni

Redneck..... Nice Tits

 各国語による「愛してる」
英語   :アイラブユー
フランス語:ジュテーム
ドイツ語 :イッヒ・リーベ・ディッヒ
イタリア語:ティアーモ
スペイン語:テ・アーモ
ロシア語 :ヤー・ルブリュー・ティエビャ
ハワイ語 :アロハ・ワウラオエ
日本語  :愛しています
中国語  :我愛汝(ウォーアイーニー)

アメリカ南部の田舎者:いい、オッパイしてるな


21-24 Redneck wedding
 H
ow do you know when you are at a redneck wedding?
Everyone is sitting on the same side of the church.

 ド田舎者の結婚式
 あなたがド田舎者の結婚式に列席していることがわかるのは何故ですか?
教会で親族友人一同がすべて同じ列の席に座っているので。
通常の結婚式では、花婿側と花嫁側は教会の真ん中の廊下を挟んで左右に分かれて座ります。
ド田舎では他に住民が居ないのですべて親族一同、即ち近親結婚になります。

21-25 $18 Bill
 A
big-city counterfeiter decided the best place to pass off his phony $18 bills would be in some small hick Southern town.
So, he got into his car and off he went.
He found a tiny town with a single store.
He entered the store and handed one of the bogus bills to the man behind the counter.
"Can you change this for me, please?" he said.
The store clerk looked at the $18 bill a short time, then smiled and told the man, "Sure, Mister. Ya'll want 2 nines or 3 sixes?"

 18ドル
 大都市に住んでいる偽札作りが、彼が作った18ドル札を試してみるには、南部の田舎者の町が適しているだろうと考え、車に乗って南部へ向かった。
店が一軒しかないような小さな村で車を停めると、彼はその店に入って行った。
彼は店のカウンターの後ろにいた男に偽札を差し出すと、「両替してくれませんかね?」と行った。
店員は18ドル札をサっと眺めてから男に答えた。「結構ですよ、9ドル札2枚にしますか、それとも3ドル札で3枚にします?」
この男が偽造した18ドル札なんて現実には流通していないし、
騙せると思った田舎町の店員に逆に9ドル札で2枚か3ドル札3枚かとからかわれているのです。
【注】アメリカで実際に流通しているドル紙幣は、1、5、10、20、50、100ドル紙幣です。

21-26 Taste like peppermints
 T
wo farmers met at the General store.
"Why does your stock breed so good and mine hardly breed at all?" one asked.
The other explained he was giving the animals special sex pills from the vet that made them crazy to mate.
"Sex pills? What's in them?" the first guy asked.
"I don't know what is in them, but they taste like peppermints."

 ペパーミントの味がする
 二人の農民が田舎のよろずや(=何でも売っている店)で出会った。
「君のところの家畜は次々と子供を産むのに、どうしてうちの家畜は全然子供を産まないんだろうなぁ」と一人が尋ねると、もう一人の男が「獣医から特別な催淫剤を調合してもらっているからだよ。これを飲ませると、奴等狂ったみたいにセックスを始めるんだ」と答えた。
「催淫剤?中味は何が入っているのかい?」と最初の男が聞くと、二番目の男は答えた。
「さぁ、何だかよくわからないけれど、でもそいつはペパーミントの味がするぜ。」
「ペパーミントの味がする」ことを知っているということは、
二番目の男は、獣医が家畜用に調合した薬を自分達の性生活用にも使っているということです。

21-27 Coldwater
 A
man went to visit his 90 year old grandfather in a very secluded, rural area of Montana.
After spending the night, his grandfather prepared breakfast for him consisting of eggs and bacon.
He noticed a film-like substance on his plate and he questioned, "Grandfather, are these plates clean?"
His Grandfather replied, "Those plates are as clean as cold water can get them, so go on and finish your meal."

 Later on that afternoon, while eating the hamburgers his grandfather made for lunch, he noticed tiny specks around the edge of his plate, and a substance that looked like dried egg yokes so he asked again.
"Grandfather, are you sure these plates are clean?"
Without looking up from his hamburger, the grandfather says, "I told you before, those dishes are as clean as cold water can get them, now don't ask me about it anymore!"

 Still later on that afternoon, he decided to get dinner in a nearby town.
As he was leaving, his Grandfather's dog started to growl and would not let him pass, so he said, "Grandfather, the dog won't let me out."
Without diverting his attention from the baseball game his Grandfather was watching, he shouted, "COLDWATER, GET YOUR BUTT OUT OF THE WAY!"

 冷たい水
 ある男が、モンタナの人里離れた山奥に住む90歳の祖父の家を訪れた。
一晩過ごした翌朝、祖父は彼のためにベーコンエッグの朝食を作ってくれた。
男は自分の皿の上に薄いフィルム状の汚れがへばり付いているのに気づき、「お祖父ちゃん、僕のお皿きれいに洗ってある?」と聞いた。
祖父は「『冷たい水』(Cold Water)で処理しているからきれいだよ。さっさと食事を済ませてしまいな」と答えた。

 その日の昼食用に祖父が作ってくれたハンバーガーを食べた時も、小さな汚れのかたまりが自分の皿の端のあちこち付いており、どうやらそれが卵の黄身が乾いたもののようだったので、男は祖父に再び尋ねた。「ねえ、お祖父ちゃん、本当にお皿を洗っている?」
自分のハンバーグを食べ続けながら、視線も上げずに祖父はボソっと言った。「さっきも『冷たい水』で処理しているからきれいだと、言っただろう。もう同じことを何度も聞くんじゃない!」

 そこで夕方になると、男は晩ご飯は近くの町まで出かけて外食しようと決めた。男が祖父の家から出て行こうとすると、祖父の犬が彼に向かってワンワン吠えだし、彼を通そうとしなかった。
「お祖父ちゃん、この犬が僕を通してくれないんだよ!」と叫ぶと、TVの野球観戦から目を離さずに祖父は大声で叫んだ。「おい『冷たい水』、お前のケツをそこからどけて、奴を通しておやり!」

つまり『冷たい水』(Cold Water)とは犬の名前だったのです。
ということは
『冷たい水』で処理しているお皿とは、犬に舐めさせていたということです。


21-28 Things I learned living in Alabama
1. The local papers cover national and international news on one page, but require 6 pages for local high school sports, the motor sports, and gossip.

2. You don't need no driver's education. If your mama says you can drive, you can drive on the roads. Who cares drivers' license?

3. You don't have to wear a watch, because it doesn't matter what time it is, you work until you're tired or it's too dark to see.

4. All the festivals across the state are named after fruit, vegetable, grain, animal, or insect.

 アラバマで暮らして学んだこと
1.地方新聞を読むと国内ニュースと国際ニュースは1頁にまとめ、残った6
頁には地方の高校のスポーツ試合の結果、自動車競争の結果、そしてゴシップで埋まっている。

2.自動車教習の必要はない。自分の母親が「運転しなさいよ」と言えば、すぐに路上で運転することが出来る。誰も運転免許のことなんて気にしていないからね。

3.時間を気にすることがないので、腕時計をする必要はない。疲れた時、暗くなって辺りがよく見えなくなったら仕事を終えれば良いのだから。

4.この州のお祭りはすべて果物、野菜、穀物、動物、或いは昆虫の名前を付けた祭りになっている。


21-29 Ornery game warden
 A
redneck went hunting one day in Georgia and bagged three ducks.
He put them in the bed of his pickup truck and was about to drive home when he was confronted by an ornery game warden who didn't like rednecks.
The game warden ordered to the redneck to show his hunting license, and the hillbilly pulled out a valid Georgia hunting license.

 The game warden looked at the license, then reached over and picked up one of the ducks, sniffed its butt, and said, "This duck ain't from Georgia. This is a Tennessee duck. You got a Tennessee hunting license, boy?"
The redneck reached into his wallet and produced a Tennessee hunting license.

 The game warden looked at it, then reached over and grabbed the second duck, sniffed its butt, and said, "This ain't no Tennessee duck. This duck's from Mississippi. You got a Mississippi license?"
The redneck reached into his wallet and produced a Mississippi hunting license.

 The warden then reached over and picked up the third duck, sniffed its butt, and said, "This ain't no Mississippi duck. This here duck's from South Carolina. You got a South Carolina hunting license?"
Again the hillbilly reached into his wallet and brought out a South Carolina hunting license.
The game warden was extremely frustrated at this point, and he yelled at the redneck, "Boy, just where the hell are you from?"

 The redneck turned around, dropped his pants, bent over, and said, "You tell me. You're the expert."

 怒りっぽい狩猟監督官
 ある日ジョージアの田舎者が狩猟に出かけ、三羽の鴨を撃ち落とした。
彼は獲物をピックアップトラックの荷台に乗せ、家に戻ろうと車を動かそうとした時、田舎者が大嫌いな怒りっぽい狩猟監督官が彼の前に立ちはだかった。
狩猟監督官が狩猟許可証を見せるように命じたので、田舎者は期限が有効であるジョージア州狩猟許可証を提示した。

 狩猟監督官は許可証を眺めてから、トラックの荷台にあった獲物の一羽に手を伸ばし、その尻に鼻を近づけて臭いを嗅ぎ、「この鴨はジョージア州の鴨じゃない。これはテネシー州の鴨だ。お前、テネシー州の狩猟許可証を持っているのか?」と言った。
田舎者は財布をまさぐって、テネシー州の狩猟許可証を差し出した。

 狩猟監督官はそれを確かめると、再びトラックの荷台にあった獲物の一羽に手を伸ばし、その尻の臭いを嗅ぎ、「この鴨はテネシー州の鴨じゃない。これはミシッシピー州の鴨だ。お前、ミシシッピー州の狩猟許可証を持っているのか?」と言った。
田舎者は財布の中からミシシッピー州の狩猟許可証を見つけて、それを差し出した。

 狩猟監督官は最後に残った鴨に手を伸ばして尻の臭いを嗅ぐと、この鴨はミシシッピー州の鴨じゃない。これはサウスカロライナ州の鴨だ。お前、サウスカロライナ州の狩猟許可証を持っているのか?」と言った。
再びこの田舎者は、平然と財布からサウスカロライナ州の狩猟許可証を取り出して見せたので、狩猟監督官のイラつきは極限に達し、この男に大声で叫んだ。「いったい、お前はどこの何者だ?どこからやって来たんだ?」

 男はクルリと後ろ向きになり、ズボンを下げて自分の裸の尻を狩猟監督官に突きつけて、こう言い返した。「あんた、その道のプロだろう?当ててみなよ!」


21-30 Painting
 T
he out-of-state couple was camping on the shores of a lake near a hillbilly hamlet.
The husband went to the forest to get some wood for fire while his young, stunningly built wife was sunbathing in the nude.
About thirty minutes later, the husband returned to the campsite and found his wife in tears.
One of her breasts was painted green, the other red and her ass was blue.
"What on earth happened to you, dear?" he asked.
"Some of those rednecks from town came over and told me they didn't allow any nakedness around these parts. Then they gave me this paint job after raping me."

 "Damn! Those trouble-makers! I'll fix them!" the husband shouted and rode into the town and found the rednecks in a bar.
"Who painted my wife red, green and blue and harassed my wife?" he shouted.
A huge, bully redneck over 6-feet height steped forward with a shotgun in his hand.
"I did it," he bellowed.
"What you got to say about it?"
The husband answered meekly, "I just wanted you to know the first coat of paint is dry."

 ペンキ塗り
 他州からやってきた夫婦が、山奥にある小さな部落近くの湖畔でキャンプをしていた。
夫が森に薪を探しに行っている間、若くてスタイル抜群の妻は一糸まとわぬ姿で日光浴をしていた。
30後に夫がキャンプ地へ戻ると、妻が涙を流して途方に暮れていた。
彼女の片方の乳房は緑に、もう片方の乳房は赤に、そして臀部は青色のペンキで塗られていた。
「一体全体何が起きたんだ?」と夫が尋ねると、妻は「ここに住んでいる田舎の男達がやって来て、この辺りではヌードは許されないのだと言って、私をレイプした後、私の裸体にペンキを塗っていったの」と訴えた。

 「クソ、なんてことしやがるんだ!落とし前をつけてやる」と夫は大声で叫ぶと、車を町へと走らせた。
そこにあったバーには田舎の男達がたむろしていたので、「僕の妻の身体に赤、緑、青のペンキを塗って、辱めたやつはどいつだ!」と叫んだ。
6フィート以上の図体の大きな、見るからに強そうな田舎者が手に散弾銃を抱えて一歩前に進み出た。
「俺がやったんだが、それがどうかしたっていうのか?」と、その男は吠えるような声で妻を犯された夫に告げた。
夫は意気地ない声で「いや、一回目に塗ったペンキは乾いたよ、って言いに来ただけさ」と答えた。

#21-1〜1011〜2021〜3031〜40


*  
*